未来の大統領?一家と薔薇見ディナー


バラの季節はまだ続いています。

コテージは来客が相次ぎ、アフタヌーンティーパーティの後も、3組お客さんが来ました。



1組目は夫の元上司Pさん夫妻、この二人は昨年もこの季節に招待して、

それをブログに書いたので、今年は省略します。


f0359879_23224027.jpg
(その時のデザート:ダークチョコレートで作った生チョコ味のクリームたっぷり)




次に来たのは、近所に住んでいる「斜め向かいのアン」ことベイリーちゃん一家でした。




ベイリーちゃんは小学3年生で、私達が旅行でコテージを留守にする時、庭の世話をしてくれる女の子です。

世話をしてもらったバラがどうなっているか?一番美しい時に見てもらいたかったので、

夕方、「ちょっとバラを見に来て下さい。」とベイリーちゃんのお母さん、クリスティに声をかけたのです。



一応、おつまみとフルーツを用意して、

クリスティとアンソニ―(ベイリーちゃんのお父さん)に、「ワインは如何ですか?」と声をかけると、

「ハイ、頂きます!」元気な返事が返って来ました。



その日、私達は前日の残り物とスープで簡単な夕食をするつもりだったのですが、

皆で話し始めると、盛り上がって止まらなくなって来たので、



「残り物でよかったら、一緒に夕食を召し上がりませんか?」

ズッキーニスープと前日のローストビーフを温めて、

パティオのテーブルに運んだところ、
(作ったのはどちらも夫、彼はいつも大量に作るので急なお客さんでも大丈夫109.png)



ローストビーフはアンソニーの大好物、ズッキーニスープはクリスティの♡だったので、

いつの間にか本格的なディナーになりました。



さて、私達が何の話で盛り上がっていたかと言うと、アメリカ大統領のことです。

おととし11月の大統領選の話になって、

「アメリカに初めての女性大統領が誕生するチャンスだったのに、残念だったわ。」私が言うと、



ベイリーちゃんは、「トランプが大統領に選ばれたのは、

私が2年生だった時に起きた出来事の中で一番悲しい出来事だったわ。」大人顔負けなことを言います。


そして、「でもいつかは、私がきっと大統領になるわ。」頼もしいことを言うので、皆から拍手喝采!

全員が、”I would vote for you!" 「(その時は)あなたに投票しますよ。」と言って、

未来の大統領候補を応援する約束をしたのです。



大統領の話は夫が言い始め、言い出した本人が「ごめんね、つまんないこと言い始めて、話題を変えようよ…」と言うので、

私はベイリーちゃんに「学校ではどんなことをしてるの?」と聞くと、リコーダーを習っててそれが好きだと言います。



「あら、私もリコーダー好きなのよ。一緒に吹きましょうよ。」と言うと、

ベイリーちゃんはダダーッと走って家に帰り、リコーダーと楽譜を手に戻ってきました。



『オールドマクドナルド』とか、彼女が今学校で習っている曲やテストの課題曲を何曲か一緒に吹いたり、

ちょっとだけ、私のレパートリーもソロで披露しました。



後で夫が言っていましたが、

ベイリーちゃんと私が一緒にリコーダーを吹いている姿を見て、クリスティ(お母さん)は、

何度も「素晴らしいわ!」と言いながら、目にうっすら涙を浮かべていたそうです。



私も9歳の子供と一緒にリコーダーを演奏するなんて、考えたこともなく、

リコーダーを吹いている間中わくわくしていたので、何となくクリスティの気持ちがわかります。


f0359879_13000212.jpg


(まだ仄明るいですが、夜9時半頃です。)



音楽とダンスが好きなベイリーちゃん、夜が更けるまでいろんなダンスを見せて皆を楽しませてくれ、

結局、その日の薔薇見パーティがお開きになったのは夜10時過ぎ、

「どっちかの家でまた食事会をしましょうよ。」と言って別れました。


f0359879_12591175.jpg


ベイリーちゃんのオリジナルダンス、『クレージー・ジャズ』というタイトルなんだそうです。

何となく、ジャズの雰囲気が出てると思いませんか?🎷



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村







[PR]
by mimozacottage | 2018-06-10 13:27 | 友人、ホームパーティ
<< 同性カップルをゲストに迎えて 初めてのガーデニング友達★ >>