ラベンダーの小径&キッチンガーデンの胡瓜とスイカ



今、裏庭のラベンダーの小径はイングリッシュ・ラベンダーの蕾がいっぱい✨


f0359879_02394734.jpg


茎が踏み石まで伸びて、ここを歩くと花が脚に当たるので、

歩くたびに、ラベンダーがプンと香ります。



f0359879_02361113.jpg

f0359879_06432921.jpg


踏み石の先に見えているのはキュウリ用のトレリスです。



我が家はダウンタウンまで歩いて行ける距離にあるので、田舎とは言えないのですが、

庭に野菜用のトレリスがあると、ぐっとカントリー風?

庭全体が素朴に見えるので、この景色、とても気に入っています。


f0359879_06422970.jpg


この辺りは両側にラベンダーがありますが、

奥の方は左側に大きいブッドレアや古い木の切り株があるので、

ラベンダーは片側だけ、


f0359879_03121553.jpg

(奥のラベンダー:別の日に撮影しました。
カンカン照りだと、ラベンダーがあまり綺麗に見えないですね…)



小径を通り抜けると、ポタジェとはまた別の菜園、

ここは実用的に野菜を育てている『英国風キッチンガーデン』です。

今年はスイカ2本と日本のキュウリ6本を植えています。


f0359879_03241007.jpg

f0359879_03502274.jpg




3つのトレリスのうち、2つは、

刈り込んだブッドレアの枝を使って自作しました。

…少し素朴過ぎる?




キュウリは4月初めに室内で種蒔きして、5月初めに植え付けました。

種の袋には、”Tasty Green”と書いてありましたが、

和名では何と呼ばれているのでしょう?



f0359879_05200196.jpg

(一番大きいのが7~8㎝になりました)


今年は例年より3週間早く種蒔きをしたので、

実がなったのも今までで一番早くて、あと数日で食べれそうです。

f0359879_05220061.jpg


スイカは初めての試みです。

私が野菜作りの師匠と仰ぐ『絵とガーデン・アンの庭』 Annさんの、

スイカ作りの記事に触発されて植えてみたくなったのです。



冷涼なワシントン州の夏は日本のように気温が上がらないので、

食べられるようなスイカが育つかどうか?

イチかバチかの賭けのようなものですが、一度は試してみたい…(*^^*)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2018-06-19 06:49 | ハーブガーデン
<< ベリーの季節 できた!幸せの☆ポタジェ☆(後半) >>