インド人庭友カップルの家におよばれ



初めてできた庭友、インド人男性ジェイと奥さんのローラ(二人とも30代後半)からディナーに招待されました。



この夜に合わせて私が選んだのは、淡いバラ色のよそ行きTシャツとインド製の白いロングスカート、

薄手のコットン生地に、白いレースと極細銀糸の刺繍が入っています。

ピンクの小粒パールのロングネックレスを付けて、ちょっとドレスアップしました。



私達が家に着くと、ジェイがキッチンで食事の準備中、ローラとワンちゃんが出迎えてくれました。

ローラとジェイに子供はいなくて、二人は「タラ」という名の16歳の犬を飼っています。

タラは年老いているだけでなく、後ろ足を引きずって歩くと言うか、1本の足が動かない感じでした。



まだ子犬だった頃に、通りがかりの人に頭を殴られ、

その時の怪我が元で頭に障害を負って、足が動かせなくなったのだそうです。



ローラとジェイはアメリカに移住する時、

タラも一緒に飛行機に乗せて、はるばるインドから連れて来ました。

タラは体に障害があるけれど、大人しくて、人間の言うことがよくわかる賢い犬です。



そして元々はタラがいるお陰で、若いカップルと私達夫婦は知り合うことが出来たのです。



ジェイとローラがうちの近所に引っ越して来て間もなく、

タラの散歩のために、二人は偶然私達の家の前を通りがかり、庭を見て、

「この家には、一体どういう人達が住んでるんだろう?」とすごく気になったのだそうです。



ジェイとローラの家は、コテージ南側の道路を上った丘の上にあって、

私達が出かける時には必ず、その家の前を通らないといけないので、

家の前庭でいつも庭仕事をしているジェイや、たまに彼を手伝っているローラと手を振り合う仲になりました。



”人生で出会う人は皆友達” 的超フレンドリーな哲学を持つジェイは、誰にでも手を振っているようですが、

ある日の夕方、ジェイがタラを連れてコテージの前を散歩していて、

前庭で草取りをしていた私に花の名前を訊いたことがきっかけで、ジェイと私は庭友になったのです。



ジェイが昼も夜も庭仕事をしているので、

夫と私は、「彼はどんな仕事をしている人なんだろう?

それとも、ものすごいお金持ちで働かなくてもいいのかな?」なんて、ちょっぴり気になっていました。



うちのアフタヌーンティに招待した時に、夫が二人の仕事について訊いてみると、

ジェイはインドでは写真家だったそうですが、

アメリカでのワーキングビザはITエンジニアのローラが持っていて、ジェイは配偶者ビザでついて来たのだそうです。



そのビザでは外で働くことが出来ないので、彼が家事を受け持ち、ローラを支えているのです。

ステレオタイプですが…威張っている男性に黙って仕えている感じが、インド人女性に対する私のイメージだったので、

大黒柱としてアメリカで働いているローラは、まさに「目から鱗」でした。



二人はローラが13歳の時、ジェイの住んでいた家の近くに引っ越して来て、それ以来の付き合いだそうです。

その頃から、ジェイのお母さんはローラのことが大好きで、

二人が結婚することになった時、当の本人達以上に喜ばれたそうです。



ジェイのお母さんは、もし万が一、二人が離婚でもすることになったら、

自分は絶対、ローラの側につくと宣言しているそうです。



持参金が少ないこと等で、死に至るような暴力とか、

インドの既婚女性が受ける酷い仕打ちを ニュースで見聞きするので、

ジェイのお母さんとローラの関係を聞いて、またもや、私が抱いていたインド人のイメージが変わりました。



こんなにまでお嫁さんのことが好きなお姑さんて…微笑ましい限りですが、

ローラが愛される理由は私にもよくわかります。



優秀で素晴らしい仕事が出来ても、すごく謙虚で、

彼女がいると、その場の空気が柔らかくなるほど愛らしいのです。

だから、私もすぐに彼女のファンになりました♡


f0359879_05125248.jpg

(庭のミントで作ったチャツネのディップ)



さて、ディナーに出た食事は、

今まで私達がインド料理レストランでは食べたことがないものばかりでした。


f0359879_05134029.jpg


インドでは地方によって料理が全く違い、

また地方でも町によって違い、同じ町の中でも家によって全く違うのだそうです。



インドは一つの国家とは言い切れない程文化の多様性があって、料理も千差万別、

一口に、「これがインド料理です。」とは言えないほど、多種多様な料理があるのだそうです。


f0359879_05135166.jpg


ジェイが作ったラムのミートボール
ローラが作ったダルーと呼ばれるシチューのようなもの
もう一つ野菜料理は何だったのか忘れました。

f0359879_05175726.jpg


ローラが作ったパウンドケーキ
半分をお土産に頂きました。



美味しいインド料理を頂いて、喋って喋って、ふと時計を見ると午後9時半過ぎ、

「ディナーの後、皆で庭を見に行きましょうね。」と話していたのに、

話が止まらなくて…気が付くと日はとっぷりと暮れ、庭を見るには遅過ぎました。



だから、残念ながら、庭の写真がありません💦

部屋も素敵で、アンティークの家具もあったのに、

お喋りに夢中で、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。ごめんなさい。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-08-04 05:45 | 友人、ホームパーティ
<< 和風ガーデンのドラマチックな植物 『大草原の小さな家』作者のこと... >>