日本からの来客


先日、日本から来客がありました。

勤続30年を労うために会社がまとまった休みをくれたと仰る、夫の友人Uさん、

銀婚式のお祝いを兼ねて奥様同伴で、アメリカ西海岸を2週間旅行されています。



Uさんは20年前、日本の企業からシアトルへ派遣され、少しの間、夫と一緒に仕事をしたそうです。

Uさんにとって、今回が最後のアメリカ旅行になるかもしれないので、

シアトルで思い出の場所を辿り、ついでに夫を訪ねて下さいました。



Uさん夫妻は、私達夫婦と何処かで一緒に外食するつもりだったようですが、

2週間の間、外食ばかりでは大変だろうと我が家へ招待しました。

経験上、旅の途中で頂ける家庭料理ほど美味しいものはないと感じるからです。


f0359879_01102149.jpg


(この日テーブルに飾ったのは、ポタジェの植え替えで引き抜いたレタスです。)



f0359879_01092076.jpg



Uさんのご希望で、日本へ帰られた後も交流のあったSさんも招待しました。

Sさんも夫の日本人友達の一人であり、元同僚です。



夫の仕事がらみの交友関係はITエンジニアの方が大勢いるので、

コンピューターオタク的な話が多くて、私にとってはちょっと退屈なのですが💦



Uさんの奥様Tさんは、コンピューターとは全く関係ない業種で長年仕事をされ、

おまけにビールもワインもお好きという頼もしい方だったので、

(Uさんは召し上がらない)

仕事やその他いろいろな面白い話が聞けて、お酒も進みました。

f0359879_02574639.jpg

(左からTさん、ミモザ、夫、Sさん、Uさん)


f0359879_06363005.jpg


この日は豆のサラダ、チキン、カプレーゼ、トウモロコシ(以上4品は夫)、
茄子の蒸し焼き、味噌乗せキュウリ、デザート(ミモザ)

我が家のキッチンガーデンで採れた野菜(キュウリ、トマト、紫蘇、ネギ)たっぷりメニューです。

f0359879_06364045.jpg

(今日のデザートは苺の3色ムース)



翌日仕事があったSさんは少し先に帰られて、

その後、UさんTさんお二人の大学の話をしている時に、流れで家計の話になりました。



Uさん夫妻は結婚した時に、どちらが家計を握るかということで話し合いになり、

Uさんは大学の専攻が数学だったので、「数字に強いから、家計は自分がしたい。」と主張したところ、



奥様のTさんは「私は経済学部卒業よ。」と一言、

Uさんはあっさり、「参りました~🙇」

と家計簿を奥様に渡されたそうな。



Tさんは経済学の知識を生かし、早々と家のローンを返し、

今は二人で優雅に旅行を楽しまれているのだから、Tさんに任せて大成功!



私は家計を握るのは夫or妻、どちらでもいいと思うのですが、

どちらか一方が不満を持ったり、無理を強いられるのは健全でないと考えています。



因みに、我が家の家計は夫が握っています。

結婚した時に、「君が良ければ、家計は俺がやりたいんだけど…」と言われたので、

ミモザは「そんな面倒なこと、やりたくないな~」と考えて、即、夫に同意しました。



彼は私の買物に文句をつけたことは一度もないし、

私も家計に関して不満は無いので、うちは一応、上手く行ってると言えるかな?



Uさん夫妻にお子さんはいらっしゃらなくて、二人の生活を心から楽しんでおられるご様子、

25年間、二人で手に手を取って仲良く生きて来たという感じで、ほんとに微笑ましいのです。



我が家は銀婚式にはまだまだ遠いですが、

Uさん夫妻のようにずっと仲睦まじく暮らせたらいいなと思いました。



夜が更けても楽しいおしゃべりは尽きず、

日本で再会を約束しお開きになったのは、午後11時過ぎでした。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-08-18 07:05 | 友人、ホームパーティ
<< 青い垣根を剪定しました☆ ハート形のトマト&スイカが大き... >>