2018年 06月 14日 ( 1 )

できた!幸せの☆ポタジェ☆(前半)



去年の暮れ、私が「ポタジェ、ポタジェ」と大騒ぎしてたのを

覚えている方がいらっしゃるかもしれません。

(ポタジェとは…フランス語≪Potager≫で「家庭菜園」の意味、
実用と観賞用両目的のために野菜と草花を一緒に植えたガーデンスペース)




それが今、どうなっているのか?

何を隠そう…大喜びで植えたはずの青ネギ、葉ボタン、パンジーが全部ウサギに食べられて( ノД`)、

ポタジェ作りにめげてしまったのであります。



で、今はその場所に、

紫蘇やパクチョイとか、ウサギが食べない野菜系ハーブを細々と育てています。142.png



かと言って、キャベツやレタスや赤かぶ等の

野菜をお洒落に育てるポタジェ・ガーデンの夢を捨てた訳ではありません。




ウサギを裏庭から追い出すために、

ミモザは夫をプッシュして、夫はハンディマンのRさんをプッシュして、

(ハンディマンとは家の仕事、特に大工仕事や土木関係の仕事を請け負う人のことです。)



じわりじわりと

ウサギ防止用ゲート&フェンス工事の話を進めていますが、

工事が始まる日もまだ決まっていない… (´;ω;`)




Rさんはシングルファーザーで、

障害のある娘さんを一人で育てているので、仕事の時間が限られている。

その分、彼が求める時給が他の熟練ハンディマンよりやや低く、何と言っても、腕がピカイチ✨なので、

夫は、「少々待っても、彼以外の人には仕事を頼みたくない。」と言う。




その気持ちはよくわかるが、

このままでは、 葉物野菜が植えられないまま(植えてもウサギに食べられるので)、

来年か、再来年?になっちゃうよ~ 149.png




ポタジェが欲しくて、ウズウズ、イライラ…ウズライラチのミモザは、

頭の中から庭の設計図を取り出して、じっくり眺め、

よ~し、こうなったら121.png…ハーブガーデン予定地をレイズドベッドにして、

そこをポタジェにしよう!と心を決めた。




レイズドベッド(Raised Bed)とは、庭の一部を板やレンガで囲って、

周囲のスペースより、やや高く作られたガーデンスペースのことです。

人から聞いた話によると…そこにはウサギが入って来ないらしい。




レイズドベッドの制作に取り掛かったのは1か月ほど前、

途中、薔薇見ゲストやら何やらで忙しかったので、

予定よりずいぶん日数がかかったが、先日ついに完成 🎊



では、その経過をじっくりご覧下さい。


f0359879_23072994.jpg


f0359879_23083864.jpg



今年1月、ハーブガーデンを作るつもりで、道具小屋前の芝生を剥がし始めた。

地面が凍って作業が出来なくなり、その後ミモザはコスタリカ旅行でインフルエンザに罹って、

長患いをしたので、4か月間、この状態のまま放置💦


f0359879_23130330.jpg



5月、待てど暮らせど…裏庭のウサギ防止用ゲートは出来そうもなく、

ここをレイズドベッドにしようと決心する。




ハーブガーデンを考えていた時のガーデンスペースの形はまん丸だったが、

周囲とのバランスを考えて、形を楕円形に変更、

薔薇見パーティの時は、この状態のままゲスト達を迎えた💦




ゲストを庭へ案内する『庭ツアー』でこれを見せて、「私の新しいプロジェクトよ。」と説明したら、

妙に感心されたり、笑いを誘ったり…151.png




庭が不完全でも、うちに来たい人はディナーやお茶に誘っちゃう…

小さいことは気にしないのが、コテージ流おもてなし(^_-)-☆


f0359879_23251699.jpg



さて、来客の嵐が過ぎて、じっくりプロジェクトに取り組む時間が出来た。




何処から見ても綺麗に見えるように、レイズドベッドの形を何度も整え直して、

レンガ積みを開始したのが5日前、

レイズドベッドの中は水平にしたいけど、裏庭は緩やかな斜面になっているので、工夫が必要だった。

水平器を使って高さを調節…低い位置はレンガを高く積んだ。



一気にやってしまいたかったが、

途中で、家にあったモルタルが全部無くなったので、ここで一時中断💦

長くなりそうなので、記事もここで中断し、続きは次回にしますね。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!

続きを楽しみにして下さったら、嬉しいな~ (*^^*)



読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2018-06-14 05:09 | ポタジェ