2018年 08月 14日 ( 1 )

散歩道をレンガ敷きに★夫の強烈な反対に負けずビフォーアフター


裏庭の散歩道をレンガ敷きにしました。

今日は 夫との激しいバトル そのビフォーアフターを見て下さいね。



この辺り、7月初めから9月上旬くらいまで、大体2か月間は毎日晴天の日が続きます。

涼しくて湿気が無いので、過ごしやすいのですが、

地面はからからに乾きます。




我が家の前庭は「芝生への散水を控えて下さい。」という市の広報が出ない限り、

スプリンクラーで散水していますが、裏庭の芝生は昨年から散水するのをピタッと止めました。

2か月間、雨が全くと言っていいほど降らないこの地で、

たかが芝生のために、水を大量に使うのは良くないと思うようになったからです。




花や野菜と違ってしっかり根を張る芝生は、

夏の間表面が枯れても、秋になれば蘇るので、

水を遣らなくても問題ではありません。



とは言え、枯れた芝生はやはり醜い。

f0359879_01032006.jpg



f0359879_00590283.jpg


(ビフォー:2週間前)



だから、昨年から芝生の面積を減らす試みをしていて、

芝生を剥がしてポタジェを作ったこともその一つなんですが、

今回は、散歩道の芝生をレンガに替えたいと思っています。



工事に取り掛かったのは先々週、結構暑い日が続いていたので、

作業は朝涼しいうちに2時間、夕食後に30分~1時間、

作業を3日に分けて計8~9時間、芝生を少しずつ剥がしていきました。



固い芝生を剥がすのは重労働です。

ツルハシを振り下ろすのは、卓球に役立つ腕の筋トレ、

お腹にすごく力を入れるので、腹筋運動にもなる (*^^*)


f0359879_01000088.jpg


ふ~ッ、ッ、ッ…

やっとここまで~ \(^_^)/



散歩道を挟んで右側はホワイト/ブルーガーデン、

左側はハーブポタジェです。



右側にあるブロックは、

(傾斜地の上に当たる)ホワイト/ブルーガーデンの土を支えるために必要ですが、

左側は必要でないし、ハーブポタジェの面積を広げるために取り除きました。


f0359879_01004174.jpg


芝生をレンガに替えると、水遣りはしなくていいし、散歩道は一年中綺麗✨



…レンガ敷きのアイディアは、良いこと尽くしだと思ったのに、

思いがけず、夫の強烈な反対を受けました。

彼は芝生が好きだし、何につけても変化を好まない性格なのです。



「このままでいい。俺は反対だ。」と言って、頑固に私の計画に反対するので、

流石に諦めようとまで思ったのですが、



枯れた芝生が見苦しくて、庭の写真は撮る気になれないし、

ガーデニングをやってることが空しく思えました。



草取り、水遣り、花や野菜の植え替え、種蒔き、石拾い、剪定…

芝生の管理と穴掘りを少し手伝ってもらう以外、

庭仕事は全部私一人でやっているのに、



夫の賛同がなければ、芝生の散歩道をレンガに替えることもできないなんて、

自分がこの庭で働く、ただのパートタイム労働者に思えてきたのです。



反対されてもやるよ。

私がここまで作り上げた庭だからね…



夫の冷たい視線を背中に受けながら、芝生を剥がしにかかり、

レンガを敷いてる時にも、何だか無言の圧力を感じましたが、

無視して作業を続けました。


f0359879_08525485.jpg



レンガはポタジェに使ったのと同じ、

ランブラーストーンという種類の石が材料です。

この石はヨーロッパの石畳に使われているのと同じ種類だそうで、すごく気に入ってます♡


アフターです。



f0359879_01045016.jpg

f0359879_06591898.jpg


完成して3~4日後、

ついに夫は、「なかなかいいじゃないか…俺、結構好きだよ。」と言い始めました。


ふう (;´Д`A ```


そうなるのはいつものことだから…わかっていたんだけどね。


f0359879_06593687.jpg


枯れた醜い芝生は消えたし、

ブロックを取り除いたおかげで、ハーブポタジェの植栽面積が広がり、

ホワイト/ブルーガーデンと一体感も出て気に入ってます♡



夫も私も気に入ったので…めでたしめでたし(*^^*)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング





[PR]
by mimozacottage | 2018-08-14 09:23 | 裏庭全体 | Comments(17)