カテゴリ:パブ・レストラン( 10 )

ハーブ農園レストランのディナー



今となっては、笑い話ですが…12年前の私の趣味は料理で、

「料理研究家」という職業に憧れていました。



夫がハーブファーム (The Herbfarm) のディナーを予約してくれた時、

素敵なレストランで美味しい食事が頂けるというだけでなく、

料理や盛り付けの勉強になりそうな気がして、とても嬉しかったのです。



その時のディナーは想像をはるかに超えた美しさ、

驚きと感動の連続で、特にズッキーニの花の中で蒸したサーモンに感銘を受けました。

ズッキーニの花の甘さや、鮮やかな黄色、料理のアイディアに驚いたこと等を今でもはっきり覚えています。



その後、私の興味はガーデニングに移り、料理が趣味と言えなくなってからは、

高級過ぎるレストランは、自分の生き方に合わないと思うようになりました。

一回の食事に沢山お金をかけるよりも、そのお金を他のもっと有意義なことに使いたいのです。



そんな訳で、ハーブファームへ行けることを手放しで喜んだ12年前とは違って、

今回、夫を通じて、Pさん夫妻の誕生日をハーブファームで祝う話を聞いた時は、

正直言って、複雑な気持ちでした。



だけど、相手が誰でも、人のお誕生日を一緒に祝ってと言われて、断ることは難しく、

(自分の誕生日を祝うことには全く興味ないのですが)

いろいろ迷った挙句、結局、Pさん夫妻からの提案に同意したのです。



そして、それまでの経緯は兎も角、行くと決めたからには、

この機会を心から楽しもうと思いました。



その日の服装は、「カジュアルドレッシー」というドレスコードに合わせ、

ピンクのTシャツブラウスに白いレースの襟を縫い付けて、ちょっとフォーマル感&華やかさを出し、

白いパンツとゴールドのクラッチバッグに靴、パールのネックレスとイヤリングでした。


f0359879_09093554.jpg


さて、ガーデンツアーが終わってレストランの中に入ると、一人一人の席にネームプレートがついて、

お品書きと一緒にハーブが一輪ずつあしらわれていましたが、

私の席はイングリッシュラベンダーでした。



f0359879_05442140.jpg


前菜を頂きながら、スタッフの紹介が始まりました。


f0359879_05465055.jpg



前回来た時のシェフは、「元ホワイトハウスの料理人」という肩書でしたが、

今回のシェフは若い30代のラティーノの方で、斬新な料理がお得意と云うことでした。

(シェフの方は人陰の奥で、写真は撮れず)

f0359879_05470393.jpg



左奥は、なんと!ウサギのパイ…絶句( ゚Д゚)

このブログにピーターラビットの事を書いたばかりで、ウサギのパイになってしまったピーターのお父さんを思い出して、

ほろ苦く、罪の意識を感じながら頂きました。

f0359879_05471671.jpg


f0359879_05472812.jpg


f0359879_05474524.jpg


実はこの日、私はダイエットを始めて3日目でした。

いったん崩れると雪崩状態になるかもしれないので、食べ過ぎに注意しないと…

一つ一つの量は思ったより少なかったのですが、カロリーが高そうな物は夫に食べてもらいました。


f0359879_06234834.jpg


J君あてのバースデーカードをPさん夫妻に見せる夫とJ君

f0359879_06240441.jpg


f0359879_06241639.jpg


f0359879_06243137.jpg


私達が食事を楽しんでいる間、

部屋の隅から静かなギターの生演奏が聞こえていました。

f0359879_06244420.jpg



少しお年は召してるものの、12年前と同じ、

スペイン人のギタリストの方です。




Pさんの奥様Kさんと私が拍手をする以外は、皆、食べ物やお喋りに夢中で、

ギターが奏でるもの悲しく美しい調べに、誰も気づいてさえいないようでした。

(あとでPさんと夫も拍手に加わった)



7時に始まったディナーは4時間半続き、お開きになったのは11時半…



f0359879_06493683.jpg

レストランの玄関付近



Pさん夫妻と私達が部屋を出ようとすると、ギタリストの方が近づいて来て挨拶されたので、

思わず、「あなたを覚えていますよ。12年前来た時もあなたの美しい音楽に感動しました。」私が言うと、

彼は悪戯っぽく笑いながら、「私も美しいあなたのことをよく覚えていますよ。」ですって!

嘘ばっかり(笑)…でも、(人を喜ばすことが)上手いね~(≧▽≦)


f0359879_06560629.jpg

The Herbfarm の料理本(料理研究家に憧れた昔はこんな本に夢中だった*^^*)

f0359879_07022436.jpg



とっても美味しくて、楽しくて、感動的なディナーでしたが、

私はやっぱり、夫が作ってくれる料理が世界で一番美味しいと思う。




それでは皆様、幸せな週末をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

更新しない日も読みに来たり応援して下さって、本当にありがとうございます!



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-09-16 08:03 | パブ・レストラン

フレンチレストランでデート



イーストサイドのお洒落な町カークランドにある、

湖畔のフレンチレストラン レ・グラン へ行って来ました。

シアトルからは、ワシントン湖という大きな湖を挟んで対岸になります。


f0359879_22490776.jpg



駐車場から湖畔の散歩道を歩いてレストランに向かいます。

この辺り、普段はとても美しい場所なのですが、

残念ながら、カナダとワシントン州東部の山火事の影響で空が煙っているので、

空も湖も青く見えません。

f0359879_22492019.jpg


f0359879_22504013.jpg


f0359879_22502463.jpg

散歩道から石段を上って行くと、レストランの入口がある広場に着きます。

f0359879_22493271.jpg


空気が綺麗であれば、外のテラスで湖を眺めながら食事したいところですが、

今日は、室内の方が気持ちよさそうです。

私達の席から外を眺めた景色です。



f0359879_22494346.jpg

この日私が注文したのはサラダとブイヤベース、ワインはワシントン州のシャルドネでした。



サラダの野菜は新鮮で、ブイヤベースは上品な薄味でとても美味しかったです。

ウエイターさんから「今日は何かの記念日ですか?」と聞かれ、

夫は「妻とデートです。」と答えていました。



記念日と言えば、以前結婚記念日に夫からもらったカードを落としたという記事を書きましたが、

実は車の中に落ちていたのを夫が見つけ、

もう一度手渡してくれました。

f0359879_04443502.jpg


時期遅れですが、折角カードが見つかったので、

書いてあった言葉を書き写しておきます。


For My Wife
Another Year of Life Together

Here we are,
having our anniversary,
celebrating another year
of sharing our lives...

Here we are,
saying to ourselves once again,
How did it go fast?
I guess that's how love is-
a year can fly by-
a year of laughter, tears,
and all the moments in between...

Here we are,
having our anniversary...
and I'm feeling grateful
for our marriage,
for our life together,
for YOU.

Love Darwin


妻へ
一緒に過ごした一年


一緒に過ごしたこの一年を祝う、
結婚記念日を迎えたね…

また同じことを言うけど、
今までの時間、なんて早く過ぎ去ったことだろうか?
愛ってそんなものだと思うよ。
1年が飛ぶように過ぎる。
笑いと涙と その中間のたわいもない瞬間…

結婚記念日を迎えて…
僕は感謝する
この結婚に、
僕たちが人生を共に過ごせることに、
そして君に。


愛をこめて、ダーウィン


f0359879_22495329.jpg
デザートのクレム・ブリュレ―



お味は良かったのですが、器の淵の傷が酷くて…

ステンレス製品と一緒に食洗器に入れると、黒っぽい傷がついてしまう器があります。

汚れではないのですが、素敵なレストランでこの器は残念💦



全部美味しかったし、優雅な時間を過ごした後、

帰り道、少し遠回りをして、

湖畔を歩きました。

f0359879_04471785.jpg
f0359879_22500851.jpg
f0359879_22510250.jpg


バラのアーチとか、こういう景色を見ると…

早くコテージに帰って、ツルハシを振り上げたくなる(笑)

夫くん、デートに誘ってくれてありがとう!




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-09-01 04:58 | パブ・レストラン

結婚記念日のディナー




先日は13回目の結婚記念日だったので、ちょっぴり贅沢なレストランでお祝いしました。

私達が行ったのは、”Seastar Restaurant” ウェブサイト→ Seastar Restaurant



その日の午後、裏庭の荒れ地にブルーベリーを植えようとしていた私、

レストラン到着2時間前まで、

土で汚れたジーンズ穿いて、ツルハシ振り上げ、庭をガンガン叩いていたのに、



一張羅のドレスに着替えるや否や、箸より重いものは持ったことがないような顔をして、

レストランが入っているビル内を ウェッジのローヒールでカツカツ、コツコツ、

すまして歩きましたよ(〃▽〃)


f0359879_01172503.jpg



サンドホワイトの厚手コットン生地に、金糸の刺繍が施してあるミディドレスは大のお気に入り、

ドレスコードがあるような場所には大体いつもこれで行く。だから、ほんとに一張羅(^_-)-☆



ドレスに合わせたゴールドのクラッチと靴はどちらも10年位使っています。

パールのピアスとネックレスを添えて…思いっきりドレスアップしました。

が、写真を載せるほどのスタイルではないので、それは省略('◇')ゞ



あ~、30年前のスタイルに戻りたい、10年前でもいいわ(#^.^#)



さて、このレストラン、以前は伝統的でもっと優雅なインテリアだったのですが、

3年前、シンプルモダンに改装されました。

私は以前の方が好きかな?


f0359879_01254519.jpg


早い時間で客が少なかったので、写真を撮らせてもらいました。

f0359879_01423248.jpg


私達がこの日選んだワインは、

フランス・バーガンディ地方Beaune産の白、Meursaultのハーフボトル。

Beauneへは7年前に行ったことがあり、ワイナリーで試飲もしたので懐かしいです。


f0359879_01204276.jpg



乾杯の後で、夫がこんなカードをそっと渡してくれました。

「妻へ、この一年を共に生きてくれてありがとう。」(「訳、間違えてるよ。」と夫に指摘されたので直しました。)

で始まるロマンチックなカードです182.png



書いてある言葉が、もう甘くて181.png181.png181.png

あれ?夫くん、私達って、こんなに甘い関係だったっけ?

…ま、そういうことにしておこう。



何だか胸一杯になったけど、お腹は空いてる…ツルハシ振り上げて頑張ってたんだもん。

前菜にシーザーサラダと甘えびのお寿司2貫、

メインはマグロの黒ゴマたたきを注文しました。



このレストランはシーフードが美味しくて、バーラウンジには寿司バーも付いているので、

お寿司を注文することもできるのですよ♡


f0359879_01210768.jpg


f0359879_01205611.jpg

(ワサビソースのアート)



デザートはパッションフルーツのパンナコッタです


f0359879_01211725.jpg
(記念日お祝いのキャンドルが点いていました。)



さて、家に帰って、

この記事のために、カードの続きを書いておこうとしたら…カードが見つからない💦

何処かに落としてしまったようです💦



うわ~ん('◇')ゞ ごめんね~、夫くん!

こんな私だけど、また一年間よろしくお願いしますね110.png




集中豪雨は尊い126人の方の命を奪い、79人もの方がまだ行方不明だそうです。

心からお悔やみ申し上げますとともに、行方不明者の方々の一刻も早い救出を祈っています。



読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-07-10 03:18 | パブ・レストラン

ワシントン州ビールフェスティバル




もう1週間程前になりますが、皆さま父の日はどう過ごされましたか?



我が家は父の日の2日前(金曜日)、夫婦二人でビールフェスティバルに行き、

父の日当日は、夫の長男一家を招待してディナーを楽しみました。



ビールフェスティバルは、ワシントン州にある地ビール醸造所の合同試飲会、

毎年、父の日に当たる週末3日間に開催されるワシントン州最大のビール祭りです。

「お父さん、この日ばかりは思う存分ビールを楽しんでね。」と云う訳でしょうか?



夫と私は初日(金曜日)の4時に始まるフェスティバルに合わせて、3時過ぎに家を出て、

シアトル郊外のレドモンドという町にある ”Marymoor Park” まで、

バスと徒歩で行きました。



会場に着くなり目に入ったのは、持ち物検査の長~~~い列、

身分証明書を提示し、バックパックのポケットも全部開けて係員に見せました。

昔はいちいち面倒臭いなと思ったのですが、最近は検査が丁寧であればあるほど有難く思えます。


f0359879_04151718.jpg

(持ち物検査のテント、こちら側は検査を終えて入場したところです。)



ワシントン州は地ビール造りが盛んです。

美味しく種類が豊富で、しかも安い(350ml瓶ビール1本100円ちょっと)。

それに慣れてくると、日本の地ビールの種類が少ないことや値段の高さに驚きます。


f0359879_04183348.jpg
(こんなテントが5か所)


この日、会場には5つのテントがあって、それぞれ10軒以上の店が並んでいたので、

参加した醸造所の合計はざっと数えて50軒~70軒位、




試飲できる地ビールは500種類を超え、腹ごしらえが出来る楽しい屋台等も一杯出るので、

ビール好きな方、もしシアトルに来られることがあったら、

必見のイベントですよ!!


f0359879_04185342.jpg


ドイツ人女性2人がオクトーバーフェストを思い出させるような

民族衣装を着ていたので、写真を撮らせてもらいました。




友人達(次々と3組も)とばったり出会ったり、

夕食代わりに、屋台で買ったポテトチップスと焼きトウモロコシを頬張ったり…

2時間ほど、小さなグラスで7~8種類くらいのビールを試飲しました。


f0359879_04193802.jpg
(カウボーイの技を体験できるテント)



カウボーイさん達にカメラを向けていると、

右端に写っている男性が何故か自発的に飛び入りしてくれました。

…このブログに出ても、有名人にはなれないんだけどな(^^;)



顔はともかく、彼の持っている小さなグラスにご注目!…これが試飲用のグラスです。



f0359879_05315139.jpg
f0359879_06164595.jpg
思い思いに楽しんで、

f0359879_04220991.jpg


夕方6時過ぎにはバンドも出て、フェスティバルはこれからが本番!

ゆっくりして、ビールを沢山飲んでもいいように、

車はわざわざうちへ置いて来たのですが、




夫も私も庭が恋しくなったし、2日後に控えているディナーの準備があったので、

Uberと呼ばれるタクシーを呼んで、さっさと引き上げました。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキング



[PR]
by mimozacottage | 2018-06-23 06:19 | パブ・レストラン

夫のお気に入り和風レストラン



ワシントン州シアトル周辺には美味しい寿司屋さんが沢山あります。



私達がお寿司屋さんを選ぶポイントは、伝統的な日本食レストランであること、

カウンター席で板前さんと日本語で会話ができること(これは夫の希望)、



この2つの条件を満たすお寿司屋さんと云うと、必然的に日本人経営のレストランになりますが、

さらに…光り物が大好きな夫は、青魚の種類が豊富な店に行きたいと言います。

これは、アメリカでは結構ハードルが高いです。



シアトルのイーストサイドでこの3つの条件を備え持つのは、

Kirklandという町にある「いづみ」、

先日、夫の日本人友人Kさんと3人でディナーに行きました。



マリナーズのイチローがアメリカでデビューした年(2000年)、

夫は偶然ここでイチローさんを見かけ、一緒に話をしたことがあります。

日本語ペラペラの外人にイチローさんも多いに興味を覚えられたようですよ(*^^*)


f0359879_00212771.jpg



お寿司屋さんに行くと、夫は必ずと言っていいほど光り物のお刺身、

私は通常5~8種類の魚を一貫ずつ握って頂きます。



f0359879_00213614.jpg

(光り物の盛り合わせ)


f0359879_00214686.jpg



この日注文したのは、帆立、甘えび、ハマチ、ミール貝、アジ、ヒラメだと思いますが、

違ったかな?



車の運転があるので、私達は日本酒を飲みませんが、

(夫は法律で許される量の半分以下のビールだけ、私は運転することがわかっていたら一滴も飲まない。)

タクシーでやってきた友人Kさんは日本酒を注文、

かっこいい漆のぐい呑みが出されたので、写真だけ撮らせて頂きました。



f0359879_00220034.jpg


この日、料理の仕込みで使われた金時豆の残りを甘く煮たのを

シェフの板前さんが私に持たせて下さいました。


こういう物に常に飢えているので

もう嬉しくって~~ ♪ °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°



家に帰ってちょっと味見をしてみたら、結構甘かったので、

翌日、砂糖を入れない寒天ゼリーを作り、上に餡を乗せて頂きました。

あ~、しあわせ💚

f0359879_00433095.jpg




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2018-05-03 04:44 | パブ・レストラン

女性が一人で寛げるパブ



町に居心地のいいパブが2軒ある。



かれこれ1か月も前になるが、夫と私はダウンタウンで用事を済ませ、

帰りに2年前にできたパブに立ち寄った。ここではなんと90種類の生ビールが飲める(ほとんどが地ビール)。

この日は平日の昼下がりで人は少なかった。

f0359879_22410277.jpg



ちょっぴりファンキーでアメリカンなパブ、

ふとカウンターを見ると端の方に女性が一人、ビールグラスを傍に置いてせっせと編み物をしていた。

(この写真は女性が編み物道具を置いて席を立った時に撮った。)



お酒を飲む場所と編み物…何だか不似合いだが、

パブに女性が一人でやって来て、ゆっくり寛げるっていいな♡

f0359879_22411451.jpg

(ビールを買って帰るためのグラウラー<Growler>)



この日私達がダウンタウンへやって来たのは、

出来上がった確定申告の書類を税理士さんへ届けるためだった。


資料集めとか、何日間も取り組んだつまらない仕事からやっと解放されたので、

ビールとナチョスで乾杯した。「おつかれさま~!」



f0359879_22412777.jpg


何かを成し遂げた後のビールは美味しい167.png



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



先週は夫がメンバーになっている別のパブのパーティに行った。

この日、メンバーと同伴家族には無料で食事とデザートが出て、ビールは2~3割引だった。


f0359879_22415292.jpg


f0359879_22420989.jpg


食べたことのない珍しい料理がいろいろあって、

どれも美味しかったけれど、私は野菜のピクルスが好きだった。

ここはいつもアットホームな雰囲気があって、客も店の人も大体みんな友人だ。




普段私はビールは1杯しか飲めないので、

あとは水を飲んでることが多いが、それでも居心地が悪くなることはない。

一人でやって来てゆっくり過ごしている女性も時々見かける。


f0359879_22414193.jpg

(デザートはカップケーキのツリー:
アメリカのデザートにしてはあまり甘くなくて美味しかった。)



実は私…アメリカに来てまだ一度も、一人で飲食店に入ったことがない。

パブはおろか、レストランやカフェにも入ったことがないが、

時々、「ここなら一人で来てもいいかも…」と思うのですよ✨




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。
アメリカ人ネイティブスピーカー(ミモザの夫)も参加中。


外国語を楽しむ



[PR]
by mimozacottage | 2018-04-08 05:55 | パブ・レストラン

お気に入りのタイ・レストラン



シアトル近郊はアジア人の人口比が多いので、タイフード・レストランがあちこちにあります。

一口に「タイフード」と言っても、店によって味や雰囲気が異なり、

浮き沈みが激しいように思います。


f0359879_03354104.jpg



隣町にある私達のお気に入りのレストラン、Bangkok Basil

(味がイマイチであまり流行らなかった)別のタイ・レストランがつぶれた後、

同じ場所を使って、5年前にオープンしました。

f0359879_03383029.jpg


こじんまりして、メニューの数もそれ程多くないのですが、

どんな物を食べても文句無しに美味しく、家庭的な温かい雰囲気、



他のアジアンレストランによく置いてある

プラスチック造花の代わりに、生きた観葉植物が置いてあって、

何より、客席や御手洗いが格段に清潔なので、開店以来の馴染みのお店です。



f0359879_03412738.jpg
f0359879_03541674.jpg

(カウンター:ここでテイクアウトも注文出来ます。)



私達がやって来たのは夕方の早い時間、

他に客が誰もいなかったので、バシバシ写真を撮らせて頂きました。

f0359879_03494453.jpg


f0359879_03493055.jpg


この日頼んだアペタイザーは、生春巻きとフィッシュケーキ、

フィッシュケーキは日本のさつま揚げに似ていますが、ピリ辛で甘いソースをつけて頂きます。

f0359879_03500638.jpg



私の一番お気に入りのアントレーは、ムール貝のイエローカレーなのですが、

今日はちょっと違うものを食べたくて…シーフードのグリーンカレーにしました。

夫は鴨のイエローカレーです。


f0359879_03535029.jpg


「さて、今日も美味しかったね~♪」

夕食時になり、お客さんが続々と入って来たので、

私達はそろそろ家に帰るとするかな?




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-01-31 04:18 | パブ・レストラン | Comments(4)

外に出たいな~


外はよく晴れて気持ち良さそうな日、

「あ~、外に出たいな~💛」

f0359879_08295734.jpg

手術の前日は、

しばらくは外へ出れないと思って写真を撮ったり、バラの剪定をした。


f0359879_13103813.jpg
f0359879_13110688.jpg
f0359879_13122309.jpg
f0359879_13151633.jpg


剪定が終わって後片づけをしたら、もう真っ暗になってしまって、

最後はこんな写真しか撮れなかったけれど…




あれからもう1週間、「早く外へ出たいな~」

夫はこんな私の気持ちを察したのか?✧♡

はたまた、自分が夕食づくりを一休みしたかったのか?(^-^;




「久し振りにレストランへ行こうよ。」って、

大好きなレストランイタリアニシモ(Italianissimo)を予約してくれた。




ここは11年半前、私達の結婚式の前日に、

家族や家族同然の友人達を招いてパーティをした思い出のレストランだ。

値段が手頃なのに給仕が丁寧で、味も美味しい。

(幼い頃を日本で過ごしたという可愛いウェイターさんもいます。)




インテリアも素敵なんですが、この日は写真を撮る余裕がなくて、

食べ物だけをちょこっと撮った。


f0359879_16553946.jpg


此処のミネストローネは薄味で野菜がたっぷり♡




スープのベースはトマトではなくコンソメなので、中が透き通って見える。

薄味だけど旨味があって、もう✨ピカイチ✨

ミネストローネはここでしか食べないほどハマっている。


f0359879_13395859.jpg


メインは、バジルとニンニクだけで味付けしたエンジェルヘア(細麺パスタ)と

茄子のトマトソース煮。




実はこれ2つともメインなのですが、

バランス的に1つだけでは食べにくいので…2つ一緒に頼んで半分は持ち帰る。




デザートはプリンが美味しいけれど、もうお腹一杯💦

因みにティラミスは日本人の私には甘過ぎて…

自分の手作りの方が美味しいと秘かに思っている(〃▽〃)。




1週間ぶりの外出で気分転換できました✨。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!



応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-01-08 03:04 | パブ・レストラン | Comments(8)

兵隊さん達に出迎えられるレストラン




もう1週間程前(手術前夜:12月28日)ですが、夫と二人でクリスマスの雰囲気が残る街に出かけました。

馴染みのイタリアンレストラン、ブルー・サーディニア(Blu Sardinia)に着くと、

こんな方に出迎えられました。

f0359879_04331047.jpg



f0359879_16153390.jpg


ブルー(Blu)はイタリア語で「青」、

サーディニア(Sardinia)は地中海で2番目に大きい島の名前で、

日本の沖縄県と並んで100歳以上の長寿者が多いことで有名です。




レストランのオーナーは、

サーディニア島民の長寿の秘訣は、新鮮な野菜と魚介類をふんだんに使う

島の伝統料理にあるのではないかと考え、

伝統料理を今風にアレンジして、ここのメニューを作ったのだそうです。


f0359879_16163312.jpg

まずは食前酒で乾杯🍷



レストランの中はダイニングルームとバーに分かれているのですが、

ダイニングルームは混雑していることが多く、バーは空いていることが多いので、

私達は大体バーに座って、ダイニングルームと同じメニューを注文します。

f0359879_16171687.jpg



食事をする場所にTVがあるのは好きではないですが、

ここはバーだし、一人で来る客も多いので仕方ないでしょうね。




この日はカメラの調子が悪くて…何故か料理の写真が全滅;;

下の写真は別の日に同じレストラン内のダイニングルームで食事した時のものです。

f0359879_02373806.jpg

糖質を取り過ぎなくてすむ、繊細で軽いパン

f0359879_02372435.jpg

まぐろの前菜

f0359879_16262148.jpg


ここのパンナコッタは最高なんですが、

冬場は新鮮なフルーツが手に入らないという理由で、春~秋だけのメニューです。

そんな妥協を許さないこだわりも好きかな?

f0359879_04304722.jpg

帰りもちゃんと兵隊さんにご挨拶して…( 。・-・)ノおやすみなさい♪



f0359879_02572580.jpg

f0359879_02574246.jpg
別の兵隊さん達にも見送られました。




実は私、長寿には全く興味がないのですが(・∀・)、

いつの日か本物の青い島、イタリアのサーディニア島へ行ってみたいと思います。




では皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!





応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ









[PR]
by mimozacottage | 2017-01-04 03:36 | パブ・レストラン | Comments(6)

シアトルで味わった天国のコーヒー


日本領事館に用事があったので、夫と二人でバスに乗ってシアトルへ行きました。


f0359879_10033796.jpg



冬枯れだけど、この季節の街はとても綺麗✨…と言っても、歩いた所は車ばっかりですが。。

シアトルに着いたのはちょうどお昼時で、領事館は昼休み中、

私達は先にランチに行きました。






”Vintage"という名のシックなホテル内にある

イタリアンレストラン、”TULIo”

f0359879_10133449.jpg

(Hotel Vintageのロビー)


f0359879_10135451.jpg


(TULIo:ホテル側の入口)


シアトルと言えば、”スタバ”の発祥地、

シアトル周辺はスタバがやたら多いので、人との待ち合わせにはよく利用しますが、

コーヒーの味は私的にはイマイチ、日本の喫茶店の方が断然美味しい☆彡




ところがこの日、TULIoに一歩足を踏み入れると…瞬く間に芳醇な珈琲の香りに包まれ、

突然日本の珈琲専門店に迷い込んだような錯覚を覚えた。




そしてウエイターさんに飲み物を聞かれると、

夫も私も迷わず「コーヒー」と答える。


f0359879_10141381.jpg


シンプルな本物の☕カップに入っているのも嬉しい。

アメリカのカフェでは、

寸胴のマグか、紙(発泡スチロール)カップで出てくることが多いから(-_-;)。



で、コーヒーをひとくち口に運ぶと…(* ̄▽ ̄)フフフッ♪~

ここは天国?~(* ̄▽ ̄)……本当に実際に日本の珈琲専門店の味がしたのです!!



ついでに料理も紹介すると、

f0359879_10143601.jpg



夫が頼んだのは、4種類のトッピングがピザの1/4ずつを占めている「変わりピザ」


f0359879_10145491.jpg



私が頼んだボンゴレのリングイニ(パスタの種類)…どちらも飛び切り美味でした。

ついでにウエイター君も超イケメンでしたよ。(うちの夫には負けますがね…('◇')ゞ)




いやいやそれは置いといて…コーヒーの話、

自分がカフェインに弱いということも忘れて3倍もお代わりし、

領事館へ行かなくても、シアトルに来た値打ち十分!(^^)!




領事館はその後ちゃんと行きましたけどね…

f0359879_10112398.jpg

(領事館が入ってる建物の中庭)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!




応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。↓
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ








[PR]
by mimozacottage | 2016-12-23 14:10 | パブ・レストラン | Comments(2)