カテゴリ:裏庭全体( 15 )

夕方の裏庭に怪しい侵入者★


裏庭の仕事を終え、ちょっと庭を一回り、

庭が少しずつ春らしくなっています。


f0359879_03493243.jpg

(散歩道:アジュガが咲き揃い始めました)

f0359879_06451765.jpg

(散歩道の西側:スズランが3分咲き)

f0359879_04141773.jpg

f0359879_04143685.jpg

(道具小屋前の寄せ植えも日に日に見栄えが良くなっています)


f0359879_04060631.jpg
f0359879_05320082.jpg

(道具小屋の前のシャクナゲもそろそろ満開です)




さて、そろそろ家に入って夕食の支度をするかな?と思って

片づけをしていたら、

後ろの方に誰かがいる気配がしました。




だれ?




人よりは小さいのですが、ウサギやリスより大きい何かが動いてるような気がしたのです。

振り返って見ても、何もいない。

気のせいにしてはリアル過ぎたので、目を凝らしてよ~く見ると、




↓こんな子がいました。アライグマです。

我が物顔で庭を歩いています。

f0359879_03502595.jpg




そう言えば、最近というか昨秋頃から、

ウサギ除けの柵に使っていた麻ひもがズタズタに切られて、

中の野菜が全部食べられたり、




コンポストが荒らされて、ネズミやウサギとは思えないような大きな足跡があったりとか、

リスやウサギ以外の動物が庭を荒らしている形跡がありました。




どうやら、その犯人はこの子?

すっごく怪しいな~ 118.png




見てると愛嬌があって、とても可愛いのですが、

この子は塀をよじ登ることができるみたいで、それが困ります。

私に気づくと、ササッと塀によじ登りました


f0359879_03384429.jpg



見た感じは私の体形に似てて、

ちっともすばしっこいようには見えないんですが


これが結構すばしっこいんです。




今、裏庭のウサギ除けを完璧にするために、ゲートとフェンスを立てる計画しているのですが、

塀をよじ登って侵入されれば、そんなもの、何の役にも立ちません。

あ~、これは大変💦 困った~!





アライグマの荒らし方はうさぎの何倍も破壊力があって、

昨年の秋以来、我が家の菜園は何もかもめちゃくちゃになったんです。


う~ん 118.png

疑わしそうに見られて気まずかったのか、アライグマはササッと後ろを向いて、


f0359879_03595348.jpg



アラヨッと…




ズズズーッと音を立てながら塀を滑り下りて、今度は裏隣の庭へ侵入したようでした。

悪いことさえしなければ、いつでも来てもらって良いんだけどな~(・_・;)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2018-05-01 05:28 | 裏庭全体

コテージに引っ越して11年



この家に引っ越して今日で11年になりました。

私達がここに住むようになってから、中も外もずいぶん変わったので、その変化を比べてみました。



今は白い壁がすっかり馴染んでいるコテージですが、

この家を買った時、家の外壁は土色でした。


f0359879_02332871.jpg


裏庭はどうなってたかと言うと、

落ち葉がうずたかく積み重なって、長い間見捨てられていたような感じでした。


f0359879_01521396.jpg

(2006年11月:不動産屋さんの案内で初めて家を見に来た時)



ガーデニングに丁度良い広さの庭や、家の間取りなどが気に入って

この家を買うことに決めた後、

引っ越し用のトラックを借りて、運転手さんとも契約を結んだのですが、

引っ越し予定4日前になって、計18名の死者を出した突風がワシントン州を襲いました。




当時住んでいた所も引っ越し先の町も結局停電が7日半続き、一時はどうなることかと思いましたが、

引っ越しは予定通り行った方が良いということで、停電のさなかに強行しました。


f0359879_02530153.jpg

(2006年12月15日:ワシントン州を襲った突風の翌日)



引っ越し後、私の庭仕事は落ち葉の片づけから始まりました。


f0359879_02493408.jpg

(2007年2月の裏庭)

f0359879_02581687.jpg

(2012年春:裏庭西)


この辺りは西隣の大木の陰になっていたので、シェードガーデンにしていましたが、

2014年4月にお隣さんが木を切り、日が当たるようになったので、

シェードガーデンをホワイトガーデンに変えました。


f0359879_11324415.jpg

(2017年6月)


今年はホワイトガーデンをさらにブルーガーデンに変えましたが、

それがどうなるかは来年のお楽しみ☆彡

そして、こっちは引っ越し2か月後の裏庭の南側です。


f0359879_02553642.jpg

(2007年2月:裏庭の南側)


f0359879_03011861.jpg

(2012年6月:裏庭の南側)



イングリッシュガーデンに憧れていた頃です。

アーチはその後萌黄色というのかな?渋明るい黄緑に塗り替えました。



南門は、白いアーチを取り付け、バラ(クイーン・エリザベス)を絡ませていましたが、

巨大になって、風が吹く度にバラの枝がアーチを揺すぶり、ギシギシ音を立てるので、

前庭の工事の時、アーチとバラを取り除いてもらいました。




f0359879_03063819.jpg
(2012年7月:南門)





f0359879_04032380.jpg

(2014年8月:南門)



引っ越して来た時、前庭はどうなってたかと言うと…

コテージの前の持ち主(2代目)はガーデニングに全く興味がなかったらしく、

玄関横の花壇は土や花の代わりに、砂利が大量に詰め込まれていました。




私が前庭で最初にした仕事は、

醜い砂利や下に敷いてあったビニールを取り除いて土を入れ、

花壇を元に戻すことでした。


f0359879_02564795.jpg

(2007年2月:玄関横の花壇)



f0359879_03161476.jpg

(2012年6月:玄関横の花壇)


f0359879_07454538.jpg

(2016年6月:玄関横花壇)


前庭は2014年7月~8月に大掛かりな工事をして、ガラッと生まれ変わりました。


f0359879_04095740.jpg

f0359879_04100800.jpg

(2014年6月:工事前のドライブウェイと前庭)


f0359879_04102051.jpg

(2014年7月:前庭の工事中)


f0359879_02525065.jpg


f0359879_02534006.jpg

(2016年7月:前庭)


今はモグラに荒らされてボロボロになっている芝生、

1年半前まではこんなに綺麗だったんだ…(@_@)

前庭が生まれ変わったことより、今の芝生と1年半前の芝生の違いにビックリでした。(^^;)


今日はコテージの11年の歩みに付き合って下さって、ありがとうございました✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ





[PR]
by mimozacottage | 2017-12-19 05:59 | 裏庭全体

裏庭の改造 第2弾:庭の醜い部分を新しいスペースに変える☆



裏庭の改造で一番大きな仕事は、旧ローズ/ブルーガーデンをポタジェに替えることでしたが、

まだまだやりたいことがあります。

先日は、(新)ブルーガーデンとポタジェの一部を削りました。

f0359879_23145164.jpg


道具小屋の近くがブルーガーデン、散歩道の左側がポタジェです。



ブルーガーデンは道具小屋の前にベロンと突き出ている部分、

ポタジェは手前(ツゲの木周辺)の鋭いカーブ、

どちらも傾斜がきつくて、水遣りをしてもすぐに水が流れてしまうという問題があり、

そのうちにだんだん、形も嫌いになって来たのです。



何とかしたいなと思って、夫に相談すると、

「何処が悪いの?そのままでいいじゃないか。」と言います。

必要があればどんどん変えていきたいミモザと違って、彼は変化を好まないのです。



夫にそう言われると、

プロの手で整然と並べられたコンクリートブロックを動かして、

自分でレイアウトし直す勇気は無くて、長い間そのままにしました。



実はこの裏庭は、引っ越した時(11年前)には何もなくて、

2年後にミモザが大まかなレイアウトを考え、

細部のデザインと工事はプロの業者に任せたのですが、


f0359879_00251130.jpg

(2007年2月≪コテージへ引っ越して2か月後≫の裏庭)



花壇の枠にレンガを希望しても、コンクリートブロックしか使わないとか言われて(´;ω;`)…

結果は私の思い通りではありませんでした。



年月が経つと庭の欠点も目立つし、

業者の人に遠慮しないで、自分の希望をもっと強く言えばよかったとか思ったり、

今頃思っても、もう遅過ぎですが(;^_^A アセアセ・・・



とにかく何だか悶々としてた時に読んだ本、

ロザリンド・クリージーさん「食べられる植物で庭作り」”Edible Landscaping”がきっかけで、

それまでの遠慮というか、迷いがキッパリなくなりました。

f0359879_03163013.jpg


Rosalind Creasy ”Edible Landscaping”



°˖✧ この庭は私の夢と想像力のカンバスだから、もっと自由に描けばいいんだ! ✧˖°




コンクリートブロックを動かして、嫌いな部分を削り、

もっと可愛いカーブをつけて、新しい庭を作りたい!と思ったのです。



緑の線からこっち側が削りたい部分です。↓

f0359879_23150468.jpg


方向を変えてみると…

f0359879_23152156.jpg



大分歪んでいますが、二つの緑の線を繋ぐと、

円の周囲のような緩いカーブになります。



そして頑張って、コンクリートブロックを動かした結果は…

大体思い通りの形のカーブができました。


f0359879_23153750.jpg

f0359879_23155045.jpg

f0359879_23160287.jpg

(ブロックの並べ方がガタガタ💦 …あとで直します。)



削って広くなった所に丸い形のガーデンスペースを作り、ハーブを植えたい178.png

ハーブガーデンの周りをぐるっと回りながら、色んな方向へ繋がる散歩道を作りたい178.png



夢(妄想?)はどんどん広がります。




以前私が描いた庭の見取り図はバランスが悪くて、実際の大きさと少し違うのですが、

これを使って説明すると、もっとわかりやすいかな?

f0359879_23170157.jpg

9月の庭↑ こうなる予定↓

f0359879_00081671.jpg

(茶色の線が今回削った所、ハーブガーデン予定地は円形のスペース、
その横の滅茶苦茶な落書きは先月作ったアイリスガーデンです。)



これはまだ完成ではないのです。



設計図は無いですが、妄想はもう十分練ったと思うので、

これからは いちいち夫に相談しないで 計画を進めて行き、

進み具合をまた報告しますね(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-10 04:30 | 裏庭全体

庭の落ち葉でコンポスト作り



f0359879_03431559.jpg



長い間雨続きだったこの町に、やっと「晴れの日が1週間続く」という天気予報が出ました。

反対に南のカリフォルニア州は晴天続きで、またもや大きい山火事が起きているようです。

しばらくTVニュースを見ていなかったので、ブロ友さんの記事で初めて火事のことを知りました。



カリフォルニア在住2人のブロ友さんはご無事、

ロサンゼルス近郊に住んでいる義妹家族も無事なようで安心致しましたが、

早く鎮火することを祈っています。



さて、我が家ではコンポスト作りをするために、晴れの日を待ち続け、

一昨日(晴天3日目)庭の落ち葉が少し乾いたので、仕事に取り掛かりました。


f0359879_00310874.jpg



これはリーフ・ブロワー(Leaf Blower)という機械です。

f0359879_00320784.jpg




日本だと落ち葉の掃除は、箒や熊手で搔き集めるのが主流だと思いますが、

アメリカではガソリンで動くブロワーを使って、落ち葉を舞い上がらせ、

それを一箇所に集めて、ごみ袋に詰めるのが主流です。



うちのブロワー(電動式)は、落ち葉を舞い上がらせるだけでなく、

枯葉を吸い込んで細かく砕く装置が付いて、専用の布袋で細かくなった葉っぱを集めることができるので、

自家製コンポスト作りにはもってこいの、”優れもの”です。

f0359879_02214341.jpg


(スイッチを入れる前)

f0359879_02215712.jpg


(スイッチを入れた所)


この機械は私も操作できるのですが、夫がやってくれると言うので、

その仕事は全部夫に任せ、

f0359879_00324110.jpg


f0359879_00330512.jpg


ミモザは自分がやりたかった庭仕事に精を出しました。(どんな仕事なのかはまた今度)

晴れの日にしたいことが山ほどあるので、

ウズウズしながら、こんなお天気を待っていたのです。


f0359879_02265423.jpg

(細かくなった枯れ葉は生ごみと混ぜて、
夫がコンポストスペースや野菜畑に穴を掘って埋めています。)



我が家のコンポストは主にキッチンの生ごみと落ち葉を使っているのですが、

以前受講した「コンポスト作りセミナー」で、紙類も使えるというのを聞き、

玉子ケースの紙のカートンも細かくちぎって、コンポスト作りに使うようになりました。


f0359879_02393019.jpg


夕食後ミモザはTVを観ながら、時々カートンをこういう風に千切っています。

英語字幕付きで仏、独、西語の番組を観るのが楽しみなのですが、

目と耳でTV🏄しながら、手はこんな時代遅れ(?)の仕事をチマチマしてるんですよ。(〃▽〃)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-09 04:18 | 裏庭全体

裏庭のゲートとフェンスをデザインしました☆



昨日は久し振りに色鉛筆を取り出して、絵を描いてみました。

と言うのは…

先日フェンスに金網を付けて、これでウサギを防げると喜んだのも束の間、

ポタジェに花キャベツとパンジーを植えた次の日、どちらも食べられたからです(´;ω;`)ウゥゥ


f0359879_13404334.jpg

f0359879_13410953.jpg
(パンジー:花が全部食べられている)



f0359879_13413092.jpg

f0359879_13405659.jpg


花キャベツは周りの葉が全部食べられて (;´д`)


↓ こうなるのを夢見ていたのに…(´;ω;`)ウゥゥ


f0359879_23321335.jpg
(画像はColormagicphotography.comさんからお借りしました。)



この10年間、あの手この手でウサギと格闘しながらガーデニングをして来たのですが、

ほとほと草臥れました。




西側と南側の金網を点検したところ、

しっかりと閉じられているので、そこからウサギは入れず、

南門の何処かの隙間から入って来るようです。



f0359879_08324600.jpg

改めて南門を見てみると隙間だらけ、

まるで「うさぎさん、いらっしゃ~い」という感じ(-_-;)




実はプライバシーを守るために、

ここにフェンスとドアをつけるという話は以前からあったのですが、

夫と私の意見が対立して面倒だったので、その計画を放りっぱなしにしたのです。




けれど、最近のウサギの被害で困り果てたミモザが、

「もうダメ135.png アイアンのゲートで、ウサギを完全にシャットアウトしたい!」と言うと、

夫がすぐに賛成してくれたので、ゲートのデザイン画を描いてみたという訳です。



f0359879_08324600.jpg



f0359879_03513250.jpg



2本のポストをレンガで作り、中にアイアンのドア、左右に同じくアイアンのフェンス、

ポストの上にはランプ+ぶどうの蔓を絡ませるためのアーチを取り付けます。



以前(3年前くらい?)話し合いをした時、ポストのレンガは自分で積んでみたいと言う私に、

夫は業者に任せる方が良いと言い…そこでケンカ別れ 計画が中断しました💦



(アイアンのドアとフェンスを支えられる)頑丈なポストを自分で作れるかどうか自信もなく、

ウサギのことでこれ以上計画を先延ばしにしたくないミモザは、

デザインは自分がするという条件で、今度は大人しく夫の意見を聞くことにしました。



…自分でレンガを積みたい理由は、面白そう+節約だったのですが、

あとのことは、大蔵省+太っ腹?の夫の肩にド~ンと乗せますわよ (;''∀'')



このデザインは、ずっと私の頭の中にあった夢のゲートを

そっくりそのまま絵に描いただけなので、現実的じゃないかもしれません。



それに、下の方にウサギ除けの金網を張るとか、後で変更しないといけない部分があるし、

コテージの雰囲気に合うかどうかも少し疑問ですが💦

取り合えずこのデザインを溶接業者の方に見せて、工事ができるかどうか聞いてみるつもりです。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-29 04:30 | 裏庭全体

ウサギに追われて金網柵作り★




以前はウサギが我が家の作物を荒らすと、

夫が、「コラ~!バカもの~!」と日本語で言いながら、

顔を真っ赤にしてウサギを追いかけたので、



ミモザはそれを見て、初めて、童謡「故郷(ふるさと)」の歌詞の意味が分かった気がして、

「ウサギ追いし、かのやま~♪」と歌ったものですが、



今や彼の足ではウサギに追い付けないので、

夫はいつの間にか追いかけるのをやめてしまいました。



場所を変え、品を変え(ウサギが食べないような植物の種類を求めて)、

花や野菜を植えても、どこまでもどこまでも追いかけて来るウサギ達、

今や、私達の方がウサギに追われる身になったのです。



ウサギの手はついにポタジェガーデンにまで及んで、

青ネギを植えた日の翌朝、半分が食いちぎられ、次の日は残りの半分…

ネギの長さは日に日に短くなりました( ノД`)


f0359879_23444614.jpg

f0359879_23445791.jpg


この辺りに出没するウサギは1羽や2羽ではないのです。

多い時は4~5羽が徒党を組んで道路を走り回り、そのままドドドーっとうちの庭になだれ込んで来ます。



「ウサギ多し、この庭~♪ (´;ω;`)ウゥゥ」

…ため息交じりにこんな歌を歌うようでは、

折角作ったポタジェガーデンにも未来はありません。


f0359879_03083298.jpg



麻紐で作った柵は無残に食いちぎられるようになったので、

今度は金網でしっかりしたフェンスを作ろうと思います。


f0359879_22525536.jpg

(北側の板塀:何と言うこともないんですが、柵を作る手を休めて空や木に見入りました)


北側と西側2/3ほどは板塀でしっかり囲ってあるので、

必要なのは西側1/3と南側半分ほど、合計で30m程です。


f0359879_23101070.jpg

(裏庭西:月桂樹の根本付近)


西側1/3と南側にも木のフェンスがあるのですが、こういう隙間からウサギが入ってきます。



しかし、ウサギから作物を守るために仕方がないと思っても、

家の周囲に金網を張るのはビジュアル的に抵抗があります。



周辺の美観を損なわないように、できるだけ目立たない物がいい!

…道具小屋を探したら、ちょうど良いものがありました☆彡

f0359879_23292794.jpg



長さは足りなかったので、あとで買い足しましたが、

これを針金でフェンスに括り付ければ、あまり目立たないし、

何とかウサギの侵入を防げそうです✨


f0359879_03080866.jpg

(裏庭西)

f0359879_03082165.jpg

(裏庭南)

f0359879_03084269.jpg

(南側のフェンスを道路側から見た所)


裏庭のフェンスに金網を取り付けてから、ウサギの侵入がピタッと止みました。

バンザイ104.png バンザイ104.png バンザーイ!\(^o^)/



ところで、ミモザが勝手に替え歌にしてしまった童謡故郷(ふるさと)、

本当はとても美しい日本語で書かれています。



もしかしたら、この歌をご存じない世代の方が記事を読んで下さってるかもしれないので、

元の歌詞を書いておきますね。



故郷(ふるさと)高野辰之作詞・岡野貞一作曲

兎(うさぎ)追いし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて、
忘れがたき 故郷(ふるさと)

如何(いか)に在(い)ます 父母
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出(い)ずる 故郷

志(こころざし)を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-23 03:56 | 裏庭全体

裏庭の大改造始めました★



秋野菜を植え終えたので、裏庭の大改造に取り組み始めました。

ヨーロッパ旅行から帰ってもう1か月以上になるというのに、

今まで庭仕事が捗らなかったのは、指の故障があったからです。



ブログには書いてませんでしたが、旅行に出発する2か月ほど前から、

冷たい水に触れると、右手の人差し指にピリピリッと鋭い痛みが走るようになり、

色々調べてみたら、指を酷使した結果だとわかりました。



50代以上の女性に多いそうで…

認めたくありませんが(^^;)、要するに「老化」ということですね。



旅行中は家事や庭仕事等、仕事らしきものは一切しなかったのに痛みが消えず、

アメリカに戻ってからも、冷たい水に触れるのが怖いほど痛みが残っていたので、



力のいる庭仕事や家事は夫に頼み、草取り鎌やパソコンのマウスも左手に持ち替えて、

右手の負担を減らす生活を続けていると、

2週間程前に痛みが消えたので、それ以後少しずつ庭仕事を始めました。



説明が長くなりましたが、そういう訳で必要に迫られていない庭仕事は全部後回し、

庭の手入れが行き届かなくて、裏庭改造計画の予定は大幅に遅れてしまいました。


f0359879_01415955.jpg

(裏庭道具小屋前:この辺りを大幅に変えていく予定です。)




さて、裏庭大改造の柱…庭の中央にあるブルーガーデンをポタジェ(フランス式キッチンガーデン)に替えるために、

現在ブルーガーデンにある植物を何処かに移さないといけないので、

5日前からツルハシを手に、和風ガーデン前の芝生を剥がして植栽スペースを作っています。



とは言え、場所柄、何でもかんでも植えていい訳でもなく、

「和風ガーデンと調和するもの」ということで…アイリスだけを移すことにしました。


f0359879_01031883.jpg

f0359879_01033202.jpg
(青い線の内側がアイリスの植栽スペース予定)



ツルハシで芝生を剥がしてから、固い地面を耕していくのですが、

直径5㎝以下の小さい石は無数にあって、

5㎝以上の大きい石も5㎝~10㎝間隔ごとに出て来るから、



ツルハシを振り下ろすたびに大きな石にガツンとぶつかって、その音が大きいし、

ぶつかった時の反動が手に跳ね返って来るのが気持ち悪くて、なかなか前に進まない。


f0359879_01432868.jpg
1日目

f0359879_01293759.jpg


フウ…2日かかってやっとこれだけ(~_~;)、

時々、「将来年老いた時のために、芝生のままの方がいいのではないか?」

という変な迷いもやって来ます。



でもその時はその時…

20年後30年後の心配をするより、今を楽しみ、やりたいことをやらなければ!



3日目は写真を撮り忘れたのですが、

耕して耕して…

f0359879_01411240.jpg



芝生を剥がしただけの1日目(3つ上の写真↑)と比べて、掘り出した石が増えているのがわかるでしょうか?


f0359879_01405267.jpg


やっと4日目に、

ブルーガーデンにあった3株のアイリスのうち、2株を移しました。

f0359879_01505849.jpg


先日注文したダッチアイリスの球根が届いたので、それも植えないといけないし、

ここが少しずつ、「アイリスガーデン」になっていくのが楽しみ✨

f0359879_03042260.jpg



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2017-11-01 02:20 | 裏庭全体

庭の手伝いをしてくれる「斜め向かいのアン」



ヨーロッパ旅行を5日後に控え、いろいろ準備中です。

夏の盛りは過ぎたとは言え、3週間も家を留守にするので、

裏庭の水遣りが一番心配💦



ご近所SNSに「水遣りしてくれる人募集」の広告を出そうか?と考えましたが、

近所のことは何でも知ってる自主自治会長さん(^^;)、お向かいのロバートさんに相談すると、



2、3日後に、我が家の斜め向かいに住んでいる小学生のベイリーちゃんが、

うちの水遣りをしたいと言ってきた(*'▽')

(我が家は「コルデサック」と呼ばれる楕円形の袋小路にあるので、
斜め向かいと呼べる家が6、7軒あります。)



本当は植物の知識がある大人の方に、ちゃんとした時給を払ってお願いしたかったのですが、

折角やりたいと言ってくれる子供を 無下に断るのも可哀想で、

「大人のスーパーバイズ付き」という条件で、その子にお願いすることにしました。



ベイリーちゃんにお願いしたいもう一つの理由は、

今まで彼女の家族とはあまり交流がなく、どちらかと言えば苦手意識があったので、

これが仲良くなるチャンスだと思ったのです。



先日、お母さんと一緒に家に来てもらって、トレーニングセッションなるものをしました。

植物のことや庭の危険な場所など、安全や仕事上の注意点を伝えてからは世間話(^-^)。



ベイリーちゃんのお父さんはカナダ人で、「赤毛のアン」で有名なプリンスエドワード島近くのご出身、

昨年は家族みんなで「アンの博物館」へ行ったそうです。

夫と私も4年前にプリンスエドワード島へ行ったので、皆でアンの話で盛り上がりました。


f0359879_23330899.jpg

プリンスエドワード島・アン博物館(2013年9月撮影)


f0359879_22471792.jpg

アンの部屋(アンの部屋の内装は時々変わりますが、これは2013年9月現在です。)



ベイリーちゃんは10歳、

髪の色は、「赤毛のアン」を彷彿とさせるような赤っぽい茶色で、年頃もほぼ同じくらいです。



私は、彼女が仕事をやりやすいように、

「水遣りガイドブック」のような物を作って、手渡しましたが、



ベイリーちゃんは自分でもちゃんとノート持参でやって来て、

時々メモを取りながら、私の説明を熱心に聞いてくれました。



好奇心いっぱいに裏庭を見て回り、道具小屋がとても気に入った様子178.png

「わあ~、この小屋はすごく可愛い☆、私の家の道具小屋は汚くて全然可愛くないの。」と話すので、

「うちもペンキを塗り替える前は汚かったのよ。」と私が言うと、目を丸くして驚きます。



ご存知の方も多いかもしれませんが、ご参考までに、

我が家の道具小屋Before&Afterの写真です。

(アンの家を見て頂いた後のお目汚しでごめんなさい🙇)

f0359879_09233444.jpg

(2014年8月初旬の道具小屋)

Before ↑↓After

f0359879_06221251.jpg

(2016年9月の道具小屋:建物はそのままですが、
壁とドアのペンキを塗り替え、入口にレンガを敷きました。)



ベイリーちゃんは、孤児だった「赤毛のアン」と違って、

会社員のお父さんと英語教師のお母さんに、大事に育てられている一人っ子ですが、

時々自分でクッキーを焼き、家の前で屋台を出すなど、独立心旺盛の元気な女の子です。



今まであまり交流のなかった家(我が家のこと)の水遣りの仕事に、

自分から進んで名乗り出るなんて!…なんて頼もしい子なんだろう✨

これを機会に、ずっと仲良くできると嬉しいなあ~(*^^)v




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





[PR]
by mimozacottage | 2017-09-01 03:40 | 裏庭全体

作業スペース~石の置き方一つでこんなに変わる



先月初めから少しずつ取り組んでいる裏庭のプロジェクトがあります。



ここは裏庭の北側、和風ガーデン横ですが、

2~3時間ほど朝日が当たる以外、日中は建物の陰になって日が当たりません。


薪の原木、板壁工事に使った残りの材木、庭から出た石や庭仕事の材料等を

一時的に置く物置場&作業スペースになっています。


f0359879_01413579.jpg



コテージの生活はどこかに作業場が必要で、

どこもかしこも手入れが行き届いた庭を持つことは不可能だと思いますが、

…ここを見る度に、少し嫌な気持ちになります。


f0359879_01422667.jpg



それを夫に話すと、

「庭を完璧に綺麗にする必要はない、少しは手を抜いたところがあっていい。

君はホントに潔癖症なんだから…。」と笑います。




私はこの意見に一部賛成ですが、

実はこの場所、家の半地下にあるゲストルームの窓から丸見えなのです。

ゲストルームの窓の真下には、ごちゃごちゃに置いた材木と石、板壁には雑草…


f0359879_01421449.jpg



家の中や庭をどんなに綺麗にしても、

泊まり掛けでやって来たゲスト達が、朝174.png 窓を開けて、

見える景色がこれだとしたら(*_*)…



朝の気持ちよさも吹っ飛び、ガッカリ122.png…と言うか、

131.png~な気持ちになると思うんですよね(;´・ω・)。



よし!薪の原木はしようがないにしても、あとは自分で何とかしよう!166.png



プロジェクトのゴールは、「ゲストルームから見える景色を心地よいものに!」なんですが、

ゲストルームは湿気が来やすいため、窓の近くや外壁沿いに花壇を作ることはできず、

その他の方法で何とかしなければいけません。




まず材木を片付け、雑草を取り、さて石ですが…

外側を囲うように大きい石を置き、

あとはゲストルームの窓に近づくにつれて、石の大きさが少しずつ小さくなるように、

コツコツと時間をかけて置き変えてみました。


f0359879_01462688.jpg


f0359879_01472659.jpg


石の置き方ひとつですが、これだけで見た目がずいぶん変わったと思われませんか?





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村








[PR]
by mimozacottage | 2017-08-18 03:49 | 裏庭全体

ハチドリの写真


庭にやって来たハチドリの写真が撮れました。撮影は夫です。

お楽しみ下さい。

f0359879_05180222.jpg

f0359879_05190352.jpg

f0359879_05192608.jpg

f0359879_05193948.jpg

f0359879_05194970.jpg

f0359879_05200196.jpg

f0359879_05201460.jpg

f0359879_05202390.jpg

f0359879_05203602.jpg

f0359879_05204537.jpg




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-31 05:28 | 裏庭全体