カテゴリ:裏庭全体( 20 )

ゲートの門柱完成☆秘密の花園に近づいた!

f0359879_13350005.jpg


待ちに待った南ゲートの門柱が完成しました。



この辺り、最近は霧がかかることが多いので、

霧に浮かぶクラシカルな門柱を見て、

夫と二人で「私達って、いつロンドンに引っ越したのかしらね?」と冗談を言ってます。


f0359879_02120245.jpg


完成が予定より遅れてしまったのは、

仕事を請け負っているハンディマンのRさんが工事3日目に石段で滑って、

ぎっくり腰になられたからなんですが、

完璧主義者のRさんらしい丁寧な仕事をして頂いたので、期待以上の仕上がり、私達は大満足です。

f0359879_02123391.jpg



私が描いたデザイン画の門柱は白いレンガでしたが、

実際に使ったレンガは、裏庭の散歩道やポタジェと同じランブラーストーンです。


ランブラーストーンの元の色は渋い赤茶色なのですが、

モルタルの色が染み込んで、灰色がかった上品なベージュ色に仕上がりました。


f0359879_02152556.jpg
(水に濡れている時は渋い赤茶色)


f0359879_05004018.jpg

(乾いている時は、灰色がかったベージュ)



特殊な器具でしっかり洗えば、白っぽさが抜けて、元のレンガ色になるそうですが、

このままで石段の色と調和してるし、気に入ってます。と言うより、もう、ぞっこん♡♡♡です。



門柱の上も工事前にデザインを変更、ライトだけにしてスッキリ!


f0359879_13562032.jpg



側面が六面体のライトのカバー、

ガラスの隅はカットガラス加工が施されています。

知らないうちに夫が買ってきた電球がお洒落だったので、ちょっとビックリ⤴




アイアンのフェンスやドアは材料の準備が出来ていないので、

全体が完成するまでにまだ時間はかかるのですが、

門柱が出来たおかげで、生垣の隙間が今までの半分。

通りから見える裏庭はごく一部だけになって、「秘密の花園」に大きく近づきました178.png




ゲートの正面からは、ラベンダーの小径や小人リンゴの木、キッチンガーデンが見え、

左に少し移動すれば、バラのアーチ付近までチラッと見えますが、

右奥のブルーガーデン、ポタジェ、和風ガーデンは視界から隠れてしまいます。

だから、今や我が家の裏庭は秘密がいっぱい(笑)



イギリスっぽいゲートの奥には、フランスっぽいポタジェガーデンと

和風ガーデンが隠れているという、楽しい秘密を知っているのは、

近所に住む一部の人達とこのブログの読者の方だけ(^_-)-☆



これからも秘密の花園+菜園、『秘密の花菜園』の成長を

コテージの住人達と一緒に楽しんで頂ければ、とても嬉しいです(≧▽≦)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-09-25 04:19 | 裏庭全体

門柱のライトとキッチンの山小屋風ライト


南ゲートの門柱に付けるライトを選びに、照明器具専門店 Seattle Lighting へ行きました。

f0359879_00255087.jpg



品質も品揃えもいいので、我が家の照明器具は大体ここで買っています。



ライトを見ると、ロマンチックな気分になりませんか?

ディナーテーブルのライト、夕食の後片付けをした後のキッチンに灯っている薄暗いライト、

人通りが絶えた後の街の灯り…



私はライトが好きなので、ここへ来るとつい空想が膨らんで、ボーッと見とれてしまいます。

まず最初の目的、ガーデン用照明器具のところへ行きました。

f0359879_00264578.jpg



もう一杯あるんです113.png 妄想を駆り立てられそうな素敵な灯りが…

私達が買いたいのは、門柱の上に取り付けるライトなので、

ポール付きではなく、上の部分だけです。



参考までに ↓ を見て下さいね。

鉛筆と色鉛筆と消しゴムで、描いては消し描いては消し…を繰り返し、

やっと描き上げたデザイン画をまた引っ張り出してきました。(*ノωノ)


f0359879_03513250.jpg


門柱の上に取り付けた灯り、

デザイン画では、底面が正方形の直方体のような形になっていますが、

私がお店で一目惚れをしたのはこれ♡↓


f0359879_00421525.jpg


底面が六角形の六面直方体です。(この名前、正しいかどうか不明)

こんなことを書いていると、数学の図形の時間を思い出しちゃった。

ミモザはカレッジ時代、数学が大好きだったのですよ。


f0359879_00415087.jpg


お店の中に作られていた小さなお庭、いろんなライトが展示されていました。

庭にこんな灯りがあれば、とっても素敵なんですが、

実は環境のためには、庭の照明は無い方がいいのです。



昆虫のメイティング(Mating)、

これはいわゆる動物の生殖行為のことですが、そのためには夜間の暗闇が重要で、

もし庭を人工的な照明で明るくすると、昆虫の頭の中のメカニズムが狂って、

メイティングをしなくなってしまうので子孫が生まれず、生態系に大きな影響を与えるそうです。




ゲートをデザインする時、門柱の灯りは防犯にも役立つと思いましたが、

最近読んだ本で昆虫の生殖メカニズムを知り、ライトを取り付けるのは良くないかな?…と、正直迷いがあります。

ライトを使う時は出来るだけ短時間で薄暗くする等、妥協策を検討中です。



そうそう、ここへ来たついでにもう一つ、

キッチンシンクの手元を照らすライトも選びました。



今、キッチンカウンターで使っている照明器具とお揃いにすると、

統一感があって素敵なのですが、

何だか、もっと遊び心のある物が欲しくなって…選んだのがこれ↓



f0359879_01340858.jpg


カンテラ(山小屋などで使われる手提げランプ)のようなライトです。

物選びに保守的というか、あまり冒険したがらない夫は、

えーーッ!何だ、これ?こんな物を家の中で使うの?149.png みたいなリアクション…



だって、面白いじゃないの!?

うちはさあ、ほら、コテージ(小屋)だから、山小屋のカンテラがちょうどいいのよ!

…とか何とか理由を付けて、買って帰りました。(^ー^* )フフ♪


f0359879_01494800.jpg



予想通りの雰囲気で嬉しい♡

キッチンの外に積み上げた薪が窓枠を超えてるし、

山小屋風のライト、ここにピッタリでしょ!?(^_-)-☆




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング




[PR]
by mimozacottage | 2018-09-13 04:09 | 裏庭全体

『ピーターラビット』が終わり、『秘密の花園』が始まる★




f0359879_02463369.jpg


待ちに待った南門のゲートとフェンスの工事が始まりました。

この工事は昨秋、ハンディマンのRさんに発注し、工事が始まるのを今か今かと待っていたのです。



Rさんにお願いしたのはかれこれ1年近くも前ですが、

夫はRさんの仕事に絶大な信頼を置いているので、他のハンディマンや業者を探そうとはしませんでした。

f0359879_02471869.jpg



私はその間、ウサギと果てしないバトルを繰り返していました。

ウサギに泣かされたり、ヤツラの攻撃をかわすためのいろんな知恵が付いたり、



またどういう訳か、敵であるはずのウサギ達(夫婦と子供が1羽いるのでウサギ一家)に、

不思議な愛着さえ湧いて来て、今まで読んだことがなかった絵本『ピーターラビット』を読んでみました。



『ピーターラビット』の中では、私の立場はピーターに畑を荒らされて困っているマグレガーさん、

彼の庭は実にうまく作られているので、絵を見るのが楽しく、

「私の理想の庭だ!」と思いました。



ちなみに…ミモザはマグレガーさんやうちの夫のように、ウサギを追いかけ回したことはないですが💦

夫は行動もよく似てるし、白髭があるので、ダイエットしたらマグレガーさんそっくりです。



さて、うちのどこかに住んでいるピーターラビット一家は、コテージの庭が好きでたまらないらしく、

前庭の芝生で、思いっきりリラックスした様子で寝そべっているし、

悪ささえしなければ、とても可愛いのです。

(悪さと言っても、向こうは生きるためのDNAがそうさせているだけだし)



かと言って…ウサギは野菜だけでなく、バラやパンジーその他、

私の大好きな花まで全部食べてしまうので、このまま共存できるとは思えず、

せめて裏庭からだけでも出て行ってもらおうと、扉付きのゲートとフェンスを作ることにしたのです。



我が家のピーターラビット夫婦の写真集です↓

f0359879_00433098.jpg


子供は小さいから区別がつくけど、

このウサギ達ピーターとピン子(ピーターの奥さん)は、どっちがどっちだかわかりません。

f0359879_00431546.jpg

毛づくろいなんかしちゃって…

f0359879_00434278.jpg

なかなかイケメン Or 美人さん



ウサギ除けのゲートとフェンスがあれば、裏庭がグッとプライベイトになります。

今は正面生垣の間から裏庭が良く見えるのですが、門柱と扉があれば見えにくくなり、

私が小学生の頃からずっと夢見続けた「秘密の花園」っぽい庭になります。

f0359879_04051834.jpg



イギリス児童文学作家のバーネット原作『秘密の花園』

ターシャ・チューダーさんによる挿絵では、

庭の入口に、レンガ作りの高いフェンスと鍵の付いた木の扉が描かれています。



この庭は普段ぴしゃりと閉ざされ、外から庭の様子を垣間見ることが出来ないようになっていますが、

私がデザインした裏庭の入口は、レンガの門柱にアイアンの扉とフェンス、

風通しが良く光も入る代わりに、完全に人の視線を遮ることはできません。



ミモザがデザインしたゲートとフェンス

f0359879_03513250.jpg


生垣があるので大部分は隠れますが、アイアンの扉の隙間から裏庭がチラチラ見えます。


f0359879_03133022.jpg
(門柱用のレンガ:ヨーロッパの石畳と同じ、ランブラーストーンという石のレンガです。)



コテージでは、時々、見知らぬ人達が歩道に立ち止まって裏庭を見ていたり、

近所の人達からも、「庭を見るのが楽しみ」と言って頂けるので、


その人達の楽しみを全部奪って、自分の夢を完璧にするより、

むしろ、オープンなところを少し残して、夢や庭を見る楽しみを他の人達と分かち合いたいと思っています。




そして、前庭はこれまで通りオープンなので、

ピーターラビット一家は、ずっとうちの庭に住み続けそうですが…

裏庭でのウサギとミモザのバトルは、ついに終わりが来そうです\(^o^)/




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-09-06 04:21 | 裏庭全体 | Comments(28)

もう一つのプロジェクト完成 & 蜂に刺された!




ポタジェ拡張工事は少しずつ進んでいますが、

拡張工事と同時進行で取り組んでいた、もう一つのプロジェクトが完成しました。

裏庭の隅に作った苗床用花壇です。

f0359879_05183090.jpg


散歩道をレンガ敷きにする工事で取り除いたブロックの置き場がなく、

また、その時の工事とポタジェ拡張工事が進むにつれて、

余分な土が沢山出て、土の置き場所にも困っていました。



どうしよう~?

思い悩んでいたら、上手い具合に、

良いアイディアが空からストンと落ちてきました173.png



余った土とブロックで…欲しかった苗床が作れます101.png

苗床に選んだ場所は、名付けて「裏庭のブラックホール」、

今まで、人には絶対見せられなかった場所です💦



お見苦しい写真でごめんなさい!(m´・ω・`)m ゴメン…

f0359879_01303654.jpg



花壇作りの障害になるのは、

変わった角度で取り付けてある古い木枠…これをどうするか?


f0359879_01362307.jpg


取り合えず木枠を無視して、水平器を使いながら、

希望の場所に、希望の形の花壇を作っていきました。



f0359879_01410520.jpg



花壇の形は、希望通りになってきましたが、

問題は…やっぱり真ん中にドンと突き出たこの太い木枠💦



苗床の土は浅くてもいいので、木枠はそのままにして

土を上に乗せて行けばいいや…と思っていたら、

見かねた夫が木枠をノコギリで切り、ひょいと取り出してくれました。



最近の夫、私のプロジェクトにとても協力的です♡


f0359879_01455822.jpg



苗床の土は細かい方がいいので、土をふるいにかけてみたら、こんなにサラサラ♡

立派な日本庭園にあるような砂紋が描けそうです(笑)

f0359879_01471225.jpg


横のブロック塀はこんな風になりました。



f0359879_06274047.jpg


牛糞の混ざったコンポストを入れて、苗床完成✨

嬉しいことに、置き場所に困っていたブロックを一個残らず使い切って、

残りの材料はうちにあった灰色のレンガに、新しいレンガ6個を買い足しただけです。

材料費、しめて3ドル(300円ちょっと)なり。



そして、この花壇は和風ガーデンの傍にあるので、

和風の雰囲気も壊したくない…



f0359879_06303715.jpg

裏庭の南隅で、ポツンと忘れられていたツツジを見つけ、

掘り起こして植えました。


f0359879_23533075.jpg

f0359879_01554227.jpg


完成した花壇には、白菜(サブポタジェに植える予定)の種を蒔きました。

左横のピンクの花はシュウメイギク、

魔のブラックホールが、和風ガーデンに違和感ない花壇に生まれ変わって嬉しい178.png



ところで、この工事をやっている時に、

左腕を蜂に刺されました。



今まで、自分は蜂に刺されても大丈夫と思っていたのですが、

痛みが酷くて倦怠感があり、夜中に吐き気や腹痛で目が覚めて、

いろいろ調べたら、蜂刺されによるアナフィラキシーショックだと分かったのです。



今はすっかり回復しましたが、吐き気は3~4日続きました。

蜂に刺されて、腫れや痛みの外に何か変わった症状が出たら、

救急車ですぐに病院に行って、手当てを受けないといけないそうです。



そして、普段から蜂に刺されないために、黒い服装や香水などを避け、

蜂が近づいても手で払いのけず、身を低くして静かにその場を離れることが肝心だそうです。

刺された時、私は黒い半袖Tシャツを着ていました。



それ以降は庭に出る時、

黒や黒っぽい服装を止めて、できるだけ白っぽい色の

長袖長ズボンを身に着けるようになりました。



帽子も今までは日除けのために、濃紺のつば広帽子を使っていたのですが、

アルプスの少女ハイジのような、明るい色の麦わら帽子に替えました。


f0359879_02202652.jpg

(画像はお借りしました)



蜂刺されの事故は、一年中で8~9月が最も多いそうです。

皆様も、蜂には十分ご注意下さいね!



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

応援して下さってありがとうございます。とても嬉しいです。



にほんブログ村


人気ブログランキング

[PR]
by mimozacottage | 2018-09-02 05:03 | 裏庭全体

散歩道をレンガ敷きに★夫の強烈な反対に負けずビフォーアフター


裏庭の散歩道をレンガ敷きにしました。

今日は 夫との激しいバトル そのビフォーアフターを見て下さいね。



この辺り、7月初めから9月上旬くらいまで、大体2か月間は毎日晴天の日が続きます。

涼しくて湿気が無いので、過ごしやすいのですが、

地面はからからに乾きます。




我が家の前庭は「芝生への散水を控えて下さい。」という市の広報が出ない限り、

スプリンクラーで散水していますが、裏庭の芝生は昨年から散水するのをピタッと止めました。

2か月間、雨が全くと言っていいほど降らないこの地で、

たかが芝生のために、水を大量に使うのは良くないと思うようになったからです。




花や野菜と違ってしっかり根を張る芝生は、

夏の間表面が枯れても、秋になれば蘇るので、

水を遣らなくても問題ではありません。



とは言え、枯れた芝生はやはり醜い。

f0359879_01032006.jpg



f0359879_00590283.jpg


(ビフォー:2週間前)



だから、昨年から芝生の面積を減らす試みをしていて、

芝生を剥がしてポタジェを作ったこともその一つなんですが、

今回は、散歩道の芝生をレンガに替えたいと思っています。



工事に取り掛かったのは先々週、結構暑い日が続いていたので、

作業は朝涼しいうちに2時間、夕食後に30分~1時間、

作業を3日に分けて計8~9時間、芝生を少しずつ剥がしていきました。



固い芝生を剥がすのは重労働です。

ツルハシを振り下ろすのは、卓球に役立つ腕の筋トレ、

お腹にすごく力を入れるので、腹筋運動にもなる (*^^*)


f0359879_01000088.jpg


ふ~ッ、ッ、ッ…

やっとここまで~ \(^_^)/



散歩道を挟んで右側はホワイト/ブルーガーデン、

左側はハーブポタジェです。



右側にあるブロックは、

(傾斜地の上に当たる)ホワイト/ブルーガーデンの土を支えるために必要ですが、

左側は必要でないし、ハーブポタジェの面積を広げるために取り除きました。


f0359879_01004174.jpg


芝生をレンガに替えると、水遣りはしなくていいし、散歩道は一年中綺麗✨



…レンガ敷きのアイディアは、良いこと尽くしだと思ったのに、

思いがけず、夫の強烈な反対を受けました。

彼は芝生が好きだし、何につけても変化を好まない性格なのです。



「このままでいい。俺は反対だ。」と言って、頑固に私の計画に反対するので、

流石に諦めようとまで思ったのですが、



枯れた芝生が見苦しくて、庭の写真は撮る気になれないし、

ガーデニングをやってることが空しく思えました。



草取り、水遣り、花や野菜の植え替え、種蒔き、石拾い、剪定…

芝生の管理と穴掘りを少し手伝ってもらう以外、

庭仕事は全部私一人でやっているのに、



夫の賛同がなければ、芝生の散歩道をレンガに替えることもできないなんて、

自分がこの庭で働く、ただのパートタイム労働者に思えてきたのです。



反対されてもやるよ。

私がここまで作り上げた庭だからね…



夫の冷たい視線を背中に受けながら、芝生を剥がしにかかり、

レンガを敷いてる時にも、何だか無言の圧力を感じましたが、

無視して作業を続けました。


f0359879_08525485.jpg



レンガはポタジェに使ったのと同じ、

ランブラーストーンという種類の石が材料です。

この石はヨーロッパの石畳に使われているのと同じ種類だそうで、すごく気に入ってます♡


アフターです。



f0359879_01045016.jpg

f0359879_06591898.jpg


完成して3~4日後、

ついに夫は、「なかなかいいじゃないか…俺、結構好きだよ。」と言い始めました。


ふう (;´Д`A ```


そうなるのはいつものことだから…わかっていたんだけどね。


f0359879_06593687.jpg


枯れた醜い芝生は消えたし、

ブロックを取り除いたおかげで、ハーブポタジェの植栽面積が広がり、

ホワイト/ブルーガーデンと一体感も出て気に入ってます♡



夫も私も気に入ったので…めでたしめでたし(*^^*)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング





[PR]
by mimozacottage | 2018-08-14 09:23 | 裏庭全体 | Comments(17)

夕方の裏庭に怪しい侵入者★


裏庭の仕事を終え、ちょっと庭を一回り、

庭が少しずつ春らしくなっています。


f0359879_03493243.jpg

(散歩道:アジュガが咲き揃い始めました)

f0359879_06451765.jpg

(散歩道の西側:スズランが3分咲き)

f0359879_04141773.jpg

f0359879_04143685.jpg

(道具小屋前の寄せ植えも日に日に見栄えが良くなっています)


f0359879_04060631.jpg
f0359879_05320082.jpg

(道具小屋の前のシャクナゲもそろそろ満開です)




さて、そろそろ家に入って夕食の支度をするかな?と思って

片づけをしていたら、

後ろの方に誰かがいる気配がしました。




だれ?




人よりは小さいのですが、ウサギやリスより大きい何かが動いてるような気がしたのです。

振り返って見ても、何もいない。

気のせいにしてはリアル過ぎたので、目を凝らしてよ~く見ると、




↓こんな子がいました。アライグマです。

我が物顔で庭を歩いています。

f0359879_03502595.jpg




そう言えば、最近というか昨秋頃から、

ウサギ除けの柵に使っていた麻ひもがズタズタに切られて、

中の野菜が全部食べられたり、




コンポストが荒らされて、ネズミやウサギとは思えないような大きな足跡があったりとか、

リスやウサギ以外の動物が庭を荒らしている形跡がありました。




どうやら、その犯人はこの子?

すっごく怪しいな~ 118.png




見てると愛嬌があって、とても可愛いのですが、

この子は塀をよじ登ることができるみたいで、それが困ります。

私に気づくと、ササッと塀によじ登りました


f0359879_03384429.jpg



見た感じは私の体形に似てて、

ちっともすばしっこいようには見えないんですが


これが結構すばしっこいんです。




今、裏庭のウサギ除けを完璧にするために、ゲートとフェンスを立てる計画しているのですが、

塀をよじ登って侵入されれば、そんなもの、何の役にも立ちません。

あ~、これは大変💦 困った~!





アライグマの荒らし方はうさぎの何倍も破壊力があって、

昨年の秋以来、我が家の菜園は何もかもめちゃくちゃになったんです。


う~ん 118.png

疑わしそうに見られて気まずかったのか、アライグマはササッと後ろを向いて、


f0359879_03595348.jpg



アラヨッと…




ズズズーッと音を立てながら塀を滑り下りて、今度は裏隣の庭へ侵入したようでした。

悪いことさえしなければ、いつでも来てもらって良いんだけどな~(・_・;)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2018-05-01 05:28 | 裏庭全体

コテージに引っ越して11年



この家に引っ越して今日で11年になりました。

私達がここに住むようになってから、中も外もずいぶん変わったので、その変化を比べてみました。



今は白い壁がすっかり馴染んでいるコテージですが、

この家を買った時、家の外壁は土色でした。


f0359879_02332871.jpg


裏庭はどうなってたかと言うと、

落ち葉がうずたかく積み重なって、長い間見捨てられていたような感じでした。


f0359879_01521396.jpg

(2006年11月:不動産屋さんの案内で初めて家を見に来た時)



ガーデニングに丁度良い広さの庭や、家の間取りなどが気に入って

この家を買うことに決めた後、

引っ越し用のトラックを借りて、運転手さんとも契約を結んだのですが、

引っ越し予定4日前になって、計18名の死者を出した突風がワシントン州を襲いました。




当時住んでいた所も引っ越し先の町も結局停電が7日半続き、一時はどうなることかと思いましたが、

引っ越しは予定通り行った方が良いということで、停電のさなかに強行しました。


f0359879_02530153.jpg

(2006年12月15日:ワシントン州を襲った突風の翌日)



引っ越し後、私の庭仕事は落ち葉の片づけから始まりました。


f0359879_02493408.jpg

(2007年2月の裏庭)

f0359879_02581687.jpg

(2012年春:裏庭西)


この辺りは西隣の大木の陰になっていたので、シェードガーデンにしていましたが、

2014年4月にお隣さんが木を切り、日が当たるようになったので、

シェードガーデンをホワイトガーデンに変えました。


f0359879_11324415.jpg

(2017年6月)


今年はホワイトガーデンをさらにブルーガーデンに変えましたが、

それがどうなるかは来年のお楽しみ☆彡

そして、こっちは引っ越し2か月後の裏庭の南側です。


f0359879_02553642.jpg

(2007年2月:裏庭の南側)


f0359879_03011861.jpg

(2012年6月:裏庭の南側)



イングリッシュガーデンに憧れていた頃です。

アーチはその後萌黄色というのかな?渋明るい黄緑に塗り替えました。



南門は、白いアーチを取り付け、バラ(クイーン・エリザベス)を絡ませていましたが、

巨大になって、風が吹く度にバラの枝がアーチを揺すぶり、ギシギシ音を立てるので、

前庭の工事の時、アーチとバラを取り除いてもらいました。




f0359879_03063819.jpg
(2012年7月:南門)





f0359879_04032380.jpg

(2014年8月:南門)



引っ越して来た時、前庭はどうなってたかと言うと…

コテージの前の持ち主(2代目)はガーデニングに全く興味がなかったらしく、

玄関横の花壇は土や花の代わりに、砂利が大量に詰め込まれていました。




私が前庭で最初にした仕事は、

醜い砂利や下に敷いてあったビニールを取り除いて土を入れ、

花壇を元に戻すことでした。


f0359879_02564795.jpg

(2007年2月:玄関横の花壇)



f0359879_03161476.jpg

(2012年6月:玄関横の花壇)


f0359879_07454538.jpg

(2016年6月:玄関横花壇)


前庭は2014年7月~8月に大掛かりな工事をして、ガラッと生まれ変わりました。


f0359879_04095740.jpg

f0359879_04100800.jpg

(2014年6月:工事前のドライブウェイと前庭)


f0359879_04102051.jpg

(2014年7月:前庭の工事中)


f0359879_02525065.jpg


f0359879_02534006.jpg

(2016年7月:前庭)


今はモグラに荒らされてボロボロになっている芝生、

1年半前まではこんなに綺麗だったんだ…(@_@)

前庭が生まれ変わったことより、今の芝生と1年半前の芝生の違いにビックリでした。(^^;)


今日はコテージの11年の歩みに付き合って下さって、ありがとうございました✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ





[PR]
by mimozacottage | 2017-12-19 05:59 | 裏庭全体

裏庭の改造 第2弾:庭の醜い部分を新しいスペースに変える☆



裏庭の改造で一番大きな仕事は、旧ローズ/ブルーガーデンをポタジェに替えることでしたが、

まだまだやりたいことがあります。

先日は、(新)ブルーガーデンとポタジェの一部を削りました。

f0359879_23145164.jpg


道具小屋の近くがブルーガーデン、散歩道の左側がポタジェです。



ブルーガーデンは道具小屋の前にベロンと突き出ている部分、

ポタジェは手前(ツゲの木周辺)の鋭いカーブ、

どちらも傾斜がきつくて、水遣りをしてもすぐに水が流れてしまうという問題があり、

そのうちにだんだん、形も嫌いになって来たのです。



何とかしたいなと思って、夫に相談すると、

「何処が悪いの?そのままでいいじゃないか。」と言います。

必要があればどんどん変えていきたいミモザと違って、彼は変化を好まないのです。



夫にそう言われると、

プロの手で整然と並べられたコンクリートブロックを動かして、

自分でレイアウトし直す勇気は無くて、長い間そのままにしました。



実はこの裏庭は、引っ越した時(11年前)には何もなくて、

2年後にミモザが大まかなレイアウトを考え、

細部のデザインと工事はプロの業者に任せたのですが、


f0359879_00251130.jpg

(2007年2月≪コテージへ引っ越して2か月後≫の裏庭)



花壇の枠にレンガを希望しても、コンクリートブロックしか使わないとか言われて(´;ω;`)…

結果は私の思い通りではありませんでした。



年月が経つと庭の欠点も目立つし、

業者の人に遠慮しないで、自分の希望をもっと強く言えばよかったとか思ったり、

今頃思っても、もう遅過ぎですが(;^_^A アセアセ・・・



とにかく何だか悶々としてた時に読んだ本、

ロザリンド・クリージーさん「食べられる植物で庭作り」”Edible Landscaping”がきっかけで、

それまでの遠慮というか、迷いがキッパリなくなりました。

f0359879_03163013.jpg


Rosalind Creasy ”Edible Landscaping”



°˖✧ この庭は私の夢と想像力のカンバスだから、もっと自由に描けばいいんだ! ✧˖°




コンクリートブロックを動かして、嫌いな部分を削り、

もっと可愛いカーブをつけて、新しい庭を作りたい!と思ったのです。



緑の線からこっち側が削りたい部分です。↓

f0359879_23150468.jpg


方向を変えてみると…

f0359879_23152156.jpg



大分歪んでいますが、二つの緑の線を繋ぐと、

円の周囲のような緩いカーブになります。



そして頑張って、コンクリートブロックを動かした結果は…

大体思い通りの形のカーブができました。


f0359879_23153750.jpg

f0359879_23155045.jpg

f0359879_23160287.jpg

(ブロックの並べ方がガタガタ💦 …あとで直します。)



削って広くなった所に丸い形のガーデンスペースを作り、ハーブを植えたい178.png

ハーブガーデンの周りをぐるっと回りながら、色んな方向へ繋がる散歩道を作りたい178.png



夢(妄想?)はどんどん広がります。




以前私が描いた庭の見取り図はバランスが悪くて、実際の大きさと少し違うのですが、

これを使って説明すると、もっとわかりやすいかな?

f0359879_23170157.jpg

9月の庭↑ こうなる予定↓

f0359879_00081671.jpg

(茶色の線が今回削った所、ハーブガーデン予定地は円形のスペース、
その横の滅茶苦茶な落書きは先月作ったアイリスガーデンです。)



これはまだ完成ではないのです。



設計図は無いですが、妄想はもう十分練ったと思うので、

これからは いちいち夫に相談しないで 計画を進めて行き、

進み具合をまた報告しますね(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-10 04:30 | 裏庭全体

庭の落ち葉でコンポスト作り



f0359879_03431559.jpg



長い間雨続きだったこの町に、やっと「晴れの日が1週間続く」という天気予報が出ました。

反対に南のカリフォルニア州は晴天続きで、またもや大きい山火事が起きているようです。

しばらくTVニュースを見ていなかったので、ブロ友さんの記事で初めて火事のことを知りました。



カリフォルニア在住2人のブロ友さんはご無事、

ロサンゼルス近郊に住んでいる義妹家族も無事なようで安心致しましたが、

早く鎮火することを祈っています。



さて、我が家ではコンポスト作りをするために、晴れの日を待ち続け、

一昨日(晴天3日目)庭の落ち葉が少し乾いたので、仕事に取り掛かりました。


f0359879_00310874.jpg



これはリーフ・ブロワー(Leaf Blower)という機械です。

f0359879_00320784.jpg




日本だと落ち葉の掃除は、箒や熊手で搔き集めるのが主流だと思いますが、

アメリカではガソリンで動くブロワーを使って、落ち葉を舞い上がらせ、

それを一箇所に集めて、ごみ袋に詰めるのが主流です。



うちのブロワー(電動式)は、落ち葉を舞い上がらせるだけでなく、

枯葉を吸い込んで細かく砕く装置が付いて、専用の布袋で細かくなった葉っぱを集めることができるので、

自家製コンポスト作りにはもってこいの、”優れもの”です。

f0359879_02214341.jpg


(スイッチを入れる前)

f0359879_02215712.jpg


(スイッチを入れた所)


この機械は私も操作できるのですが、夫がやってくれると言うので、

その仕事は全部夫に任せ、

f0359879_00324110.jpg


f0359879_00330512.jpg


ミモザは自分がやりたかった庭仕事に精を出しました。(どんな仕事なのかはまた今度)

晴れの日にしたいことが山ほどあるので、

ウズウズしながら、こんなお天気を待っていたのです。


f0359879_02265423.jpg

(細かくなった枯れ葉は生ごみと混ぜて、
夫がコンポストスペースや野菜畑に穴を掘って埋めています。)



我が家のコンポストは主にキッチンの生ごみと落ち葉を使っているのですが、

以前受講した「コンポスト作りセミナー」で、紙類も使えるというのを聞き、

玉子ケースの紙のカートンも細かくちぎって、コンポスト作りに使うようになりました。


f0359879_02393019.jpg


夕食後ミモザはTVを観ながら、時々カートンをこういう風に千切っています。

英語字幕付きで仏、独、西語の番組を観るのが楽しみなのですが、

目と耳でTV🏄しながら、手はこんな時代遅れ(?)の仕事をチマチマしてるんですよ。(〃▽〃)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-09 04:18 | 裏庭全体

裏庭のゲートとフェンスをデザインしました☆



昨日は久し振りに色鉛筆を取り出して、絵を描いてみました。

と言うのは…

先日フェンスに金網を付けて、これでウサギを防げると喜んだのも束の間、

ポタジェに花キャベツとパンジーを植えた次の日、どちらも食べられたからです(´;ω;`)ウゥゥ


f0359879_13404334.jpg

f0359879_13410953.jpg
(パンジー:花が全部食べられている)



f0359879_13413092.jpg

f0359879_13405659.jpg


花キャベツは周りの葉が全部食べられて (;´д`)


↓ こうなるのを夢見ていたのに…(´;ω;`)ウゥゥ


f0359879_23321335.jpg
(画像はColormagicphotography.comさんからお借りしました。)



この10年間、あの手この手でウサギと格闘しながらガーデニングをして来たのですが、

ほとほと草臥れました。




西側と南側の金網を点検したところ、

しっかりと閉じられているので、そこからウサギは入れず、

南門の何処かの隙間から入って来るようです。



f0359879_08324600.jpg

改めて南門を見てみると隙間だらけ、

まるで「うさぎさん、いらっしゃ~い」という感じ(-_-;)




実はプライバシーを守るために、

ここにフェンスとドアをつけるという話は以前からあったのですが、

夫と私の意見が対立して面倒だったので、その計画を放りっぱなしにしたのです。




けれど、最近のウサギの被害で困り果てたミモザが、

「もうダメ135.png アイアンのゲートで、ウサギを完全にシャットアウトしたい!」と言うと、

夫がすぐに賛成してくれたので、ゲートのデザイン画を描いてみたという訳です。



f0359879_08324600.jpg



f0359879_03513250.jpg



2本のポストをレンガで作り、中にアイアンのドア、左右に同じくアイアンのフェンス、

ポストの上にはランプ+ぶどうの蔓を絡ませるためのアーチを取り付けます。



以前(3年前くらい?)話し合いをした時、ポストのレンガは自分で積んでみたいと言う私に、

夫は業者に任せる方が良いと言い…そこでケンカ別れ 計画が中断しました💦



(アイアンのドアとフェンスを支えられる)頑丈なポストを自分で作れるかどうか自信もなく、

ウサギのことでこれ以上計画を先延ばしにしたくないミモザは、

デザインは自分がするという条件で、今度は大人しく夫の意見を聞くことにしました。



…自分でレンガを積みたい理由は、面白そう+節約だったのですが、

あとのことは、大蔵省+太っ腹?の夫の肩にド~ンと乗せますわよ (;''∀'')



このデザインは、ずっと私の頭の中にあった夢のゲートを

そっくりそのまま絵に描いただけなので、現実的じゃないかもしれません。



それに、下の方にウサギ除けの金網を張るとか、後で変更しないといけない部分があるし、

コテージの雰囲気に合うかどうかも少し疑問ですが💦

取り合えずこのデザインを溶接業者の方に見せて、工事ができるかどうか聞いてみるつもりです。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-29 04:30 | 裏庭全体