カテゴリ:ラベンダーオイル作り( 3 )

ラベンダーオイル作り




f0359879_00152751.jpg



3日前、ラベンダーを1/3ほど刈り取って、ラベンダーオイル作りをしました。



ラベンダーには様々な効能(or効用)があると言われますが、

私はシャンプー後、髪と地肌を乾燥から守るために、ドライヤーをかける前に使い、

また、添加物の心配がないので、乳液代わりに顔にも使っています。



効用の中でも脱臭効果は特に優れているので、

ラベンダーオイルを使うようになってから、ヘナで髪を染めた後の匂いが気にならなくなりました。

(1回の使用で90%、2回目の使用でほぼ100%、ヘナの匂いが消える。)




ラベンダーの香りが一番良いのは、花が咲き始めの頃だそうです。


f0359879_00131408.jpg

(花の咲き始め、ブルーの粒々状のものは蕾です。)


だから、勿体ないようですが、

良質のラベンダーオイルを作るためには、花が終わるのを待たず、

咲き始めを刈り取って使います。


f0359879_00132829.jpg


f0359879_00125557.jpg



我が家の今年のラベンダーは、幸か不幸か?

(たぶん)昨年の刈り込みが甘かったせいで、

多くの株が倒れてしまって、あまり綺麗に見えないので、思い切ってバッサリいきました。




花を大まかに軸から離す作業は裏庭のベンチに座って…




咲き残りのバラや、野菜がスクスク育っているポタジェを眺めながら、

爽やかな空気を胸一杯吸って、楽しい気持ちでやり終えました。




篭が半分ほど一杯になったら、それを家に持って入って、

さらに、軸を出来るだけ取り去る作業をします。

f0359879_05473953.jpg


この作業は退屈で根気が要るので、

私は小川未明の童話「月夜とめがね」に出てくる、

香水工場で働く少女(実は蝶の化身)になったつもりで、せっせと手を動かしたのです(*^^*)


f0359879_00411853.jpg


いい年をしたおばさんが少女になったつもり…って、ちょっと滑稽ですが💦

ラベンダーの芳香がコテージに立ち込めて、体に染みつく程なので、

小川未明の童話に出てくる香水工場を空想するのは、すごく簡単なんですよ。



f0359879_00575202.jpg


軸を取り去った花は、香りを引き出すように手で揉み、

ペーパータオル等の上で2時間ほど乾かした後、

煮沸消毒した蓋付ガラス瓶に9分目くらい詰めます。



f0359879_01005813.jpg

その上から、オリーブオイルを瓶一杯に注ぎます。

瓶に蓋をしてから1時間ほど湯煎にかけ、

火を止めて2時間くらいそのままの状態で冷まします。




この後瓶を取り出して暗い部屋に移し、常温で数日間放置します。

ラベンダーの香りがしっかりオイルに染み込んだら、

濾過紙などで花を綺麗に濾して、出来上がりです。




にわか ”香水工場” になったコテージ、

2日間くらい、ラベンダーの香りが消えませんでした178.png



(*ラベンダーオイルの作り方はこのサイトを参考にしました→ハーブオイルの作り方



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!



読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキング




[PR]
by mimozacottage | 2018-06-28 03:02 | ラベンダーオイル作り

ラベンダーオイル作りと脱臭効果


ラベンダーの2番花を摘んで、エッセンスオイルを作りました。

f0359879_22242096.jpg



花の咲き始めを使うと一番香りのいいオイルが作れるので、

2番花が咲くのを待っていたのですが…生憎、

ヨーロッパ旅行に出発する頃に蕾が膨らんで来たので、花の咲き始めを見逃したのも多いです。


旅行から帰ってすぐにやっておけばよかったのですが、やる気スイッチが入らなくて(;´д`)

…今頃になってしまいました。

f0359879_22295853.jpg

(花を茎から離す作業:このプロセス時、部屋は良い香りに包まれて香水工場のようです。)



ラベンダーの花を茎から離して、香りを絞り出すような感じで軽く揉みほぐしてから、

殺菌消毒してよく乾かした耐熱性ガラス瓶に入れます。


f0359879_22354595.jpg



殺菌消毒と言うと大袈裟に聞こえますが、

ミモザは食洗機で洗浄、乾燥させているだけです。



f0359879_22355760.jpg


オリーブオイル(又はホホバオイル)をラベンダーの嵩+5㎜~1㎝の高さに注ぎ込み、

2時間くらい湯煎にかけます。


f0359879_04065111.jpg
(今回は写真を撮るのを忘れたので、これは前回の写真です。)




瓶を取り出して冷暗所に移し(透明なガラス瓶を明るい場所に置くと、オイルが劣化するので)、

時々かき回しながら2週間~1か月程置くと出来上がりです。

ラベンダーを濾して取り除き、オイルだけ遮光ガラス瓶に移し代えて使います。


f0359879_01542684.jpg
(前回作ったラベンダーオイル:花はもっと多めだったので2オンス(約60ml)瓶4本分作れました。
絵心のある方はラベルを手作りされても楽しいですよね💙



ラベンダーにはリラックス効果があると言われていますが、

私は脱臭効果の高さに驚いています。



長年、ヘアカラーにヘナを使っているのですが、

染めた後の匂いが1週間ほど続くので、すごく気になっていました。



ラベンダーオイルを自分で作るようになってから、

ヘナで髪を染めた後、乾かす前に髪全体にオイルを馴染ませると、

1回目の使用で90%、2回目でほぼ100%、ヘナの匂いが消えることがわかって、

それ以降、手放せなくなりました。



そうでなくても、髪や肌を乾燥から守るために毎日使っていますが、

手作りすると、高価なエッセンスオイルを買わなくて済むので、

良い香りを贅沢に楽しめます✨




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2017-10-17 04:22 | ラベンダーオイル作り | Comments(2)

ラベンダーオイル作り

f0359879_02453953.jpg


(奥側の「ラベンダーの小径」で摘んだ一番花最後のラベンダー)



先日、いつも行ってる卓球クラブで、ニューヨーク出身の友人パティから、

庭の様子を聞かれたので、ラベンダーの剪定の話をしたところ、

「ミモザは摘み取ったラベンダーをどうするの?」と聞かれました。



「どうもしないわ。剪定をしないと綺麗な花が咲かないから切っているだけなのよ。」と言うと、

パティは、「NYの友人はラベンダーオイルを作ってたわ。」と言います。



その時は、「ラベンダーオイルって何だろう?それを手作りって、ハードル高そうだな…」と思いながら、

何となく話を聞いただけですが、



家に帰ってから、

ふと、ラベンダーオイルに興味が芽生えて、どんなものか調べてみました。

私が参考にしたのはこのサイトです。→自宅で作れる!ハーブオイルの作り方



オリーブオイルやホホバオイルに、ラベンダーの花を漬け込んで作るラベンダーオイルは、

顔や髪につけてもいいし、ラベンダーにはリラックス効果や傷の殺菌鎮静作用などもあるそうです。



「フ~ン、そうか…アロマオイルのようなものかな?

さすがパティ、ニューヨーク出身だけあって、お友達もお洒落なのね。」

田舎者のミモザはえらく感心したのです(*^^)v



アロマセラピーやマッサージのことは何も知らないのですが、

自分の髪の手入れのために、ラベンダーオイルを作ってみたくなりました。

作り方は思ったよりずっと簡単そうです。



ラベンダーの花の部分を摘み取って、


f0359879_05233860.jpg



香りを引き出すように揉みほぐします。

煮沸消毒して乾かした耐熱ガラス瓶に詰めて、


f0359879_03101432.jpg



エキストラバージンオリーブオイルを注ぎ込みます。

f0359879_04044505.jpg


蓋をして、1時間湯煎にかけます。



f0359879_04065111.jpg



火を止めてからそのままで2~3時間おいて冷まし、

直射日光の当たらない場所で数日間、

オイルにラベンダーの香りをしっかり浸み込ませます。



その後、オイルを濾したり、遮光瓶に詰め替えるという作業が残っているのですが、

昨日は取り合えず、ここまでやり終えました。




部屋の中で、ラベンダーの花を摘む作業をしていると、

いい香りがぷんぷん立ち込めて、

部屋はにわか香水工場にでもなったかのようでした。




小川未明の童話「月夜と眼鏡」に、

香水製造場で働いている少女(実は蝶の化身)の話が出てきます。




私がこの童話を読んだのは大人になってからですが、

少女が働いている「香水製造場」なるものを想像して、

自分もそんなところで一度働いてみたいものだと思いました。



青字部分は小川未明「月夜と眼鏡」の抜粋です。

「私は、町の香水製造場こうすいせいぞうじょうにやとわれています。
毎日、毎日、白ばらの花からとった香水をびんにつめています。そして、夜、おそく家に帰ります。
今夜もはたらいて、ひとりぶらぶら月がいいので歩いてきますと、石につまずいて、ゆびをこんなにきずつけてしまいました。



f0359879_01400614.jpg


ラベンダーオイルを作るために、花を一つ一つ摘む作業は単調で時間がかかるので、ちょっと退屈です。

「自分は今、このお話に出て来る香水工場で働いているのだ。」と想像しながら花を摘んだら、

とっても楽しい気持ちで作業ができましたよ178.png フフ☆





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-16 07:59 | ラベンダーオイル作り