カテゴリ:ポタジェ( 22 )

ポタジェの冬支度と大根葉の菜飯



夏の間、大騒ぎで楽しんだポタジェですが、

野菜の生育が思わしくないので、ラベンダー以外は全部抜いて冬支度することにしました。

f0359879_06235081.jpg

(青ネギと山ワサビは別の所へ植え替えました)


立派な収穫は何もなく、ミレーの「落穂拾い」に描かれている農婦のように、

何とか食べれそうな野菜を集めてみたら、

こんな感じ、

f0359879_08405031.jpg

小さいキャベツ3個、小さいレタス3個、小さいビーツ6個




野菜を抜いた後、ポタジェを耕そうとすると、

正体不明の小さい根っこが縦横無尽にびっしりで、ツルハシが入りにくく、

根っこを掘り出してみると、大きなバケツ2杯分もありました。



何の根か分からないけど、こんなにびっしり根が張っていれば、

野菜の苗を植えても、大きくなれないだろうな?

丁寧に耕して、コンポストと新しい土を入れました。

f0359879_08433520.jpg



空いた所は、サブポタジェの通路横に植えていた

パンジーとビオラを掘り出してきて植えました。

f0359879_09001969.jpg



実は、門柱の工事が始まってから鳴りを潜めていたウサギ、

工事が終わってから裏庭に戻って来て、

サブポタジェの通路横に植えていたビオラの花を食べてしまったのです。

パンジー&ビオラはウサギの大好物なので、全部ポタジェに避難させました。




さらに…もうすぐ始まるはずだったフェンスの工事は、

ハンディマンRさんの最近の怪我でまたもや延期になり、

再び、裏庭にウサギ対策が必要になりました。もうすごくガッカリして、泣きたい気分(´;ω;`)


f0359879_09003615.jpg

(ポタジェの中央:スパニッシュラベンダーは二番花が咲いて綺麗です。)



玉ねぎを植えた大きい方のキッチンガーデンは、追加の玉ねぎを植える代わりに、

余っていた白菜の苗を手前の畝に移植して、玉ねぎの奥にはホウレンソウの種蒔きをしました。


f0359879_09075854.jpg


南ゲート横のキッチンガーデンは、

大根の間引きをして、追肥と土寄せをしました。


f0359879_09084948.jpg


左側は旅行前にもう一度間引きする予定、

奥はポタジェから移植した山ワサビです。

f0359879_09095500.jpg

間引きした大根です。


大根の間引き菜と言えば、

子供の頃、母が作ってくれた菜飯が大好物でした。



大人になって、知人にそれを話したら、

「あなたのお家、貧乏だったのね。」と見下すように言われてビックリ(+_+)、



それまで、菜飯=貧乏なんて、発想があることも知りませんでした。

私にとっては、菜飯=美味しいです。



そんなほろ苦い昔話を夫に聞かせると、

「そんなに美味しい『菜飯』と云うものを一度食べてみたいものだな。」と言うので、

早速、作ってみました。

f0359879_11532049.jpg

(夫が作ったチキン・ティカ・マサラと一緒につましい夕食)


夫は何度も、「美味しい、美味しい!」を連発して、

菜飯を2回もお代わり、

私達は普段ご飯をあまり食べないのですが、この日は二人ともお代わりしました。



お寿司や天婦羅が好きなアメリカ人は一杯いますが、

菜飯を大喜びで食べるアメリカ人は希少価値、

夫は間引き菜でも何でも、食べ物を粗末にすることが嫌いなのです。



一緒に菜飯を食べながら、

この人と結婚して、本当によかった~!と思ったのですよ。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-10-11 11:35 | ポタジェ

新しいポタジェに苗を植え付け


f0359879_06453657.jpg



ガーデニングが与えてくれる喜び、

どんなに大きいものなのか、はかり知れないと思う時がある。



前日植えたレタスの苗が、

翌朝ピンと真っ直ぐに立って、青々と輝いているのを見る時、

幸せを感じる。

f0359879_04103640.jpg

レタスParis Island (パリ島 Or パリの島)



自分の手の届かないところにある悲しみを思って、

胸がヒリヒリ痛んだ朝、植物の中に輝いている命を見てると、

痛みがじんわり癒やされた。



自分の力でどうしようもないことは、世の中に一杯ある。

自分にとって、とても大切な人が苦しんでいて、助けたくても力が及ばないのは辛い。

そんな時、自分の非力さを嘆くよりも、喜びを見出せるものにどっぷりと身を委ねよう。



そうする方が誰かの役に立つ人間になれる気がするし、

巡り巡って、今は手が届かないその人の所まで、思いを届けることが出来るかもしれない。

大好きなポタジェで汗を流すと、喜びがふつふつと湧いてくる。


f0359879_06551715.jpg



空も緑も土もなんて美しいんだ。

固い土の塊をほぐしながら、自分のわだかまった心をほぐしている。

土の塊は手の中でさらさらと細かくなって、零れ落ち、植物を育む豊かな土壌になる。

私の心もほぐれて、安らかな気持ちに包まれる。



このままでいいんだ。

今、自分が出来る精いっぱいのことをやっているから。



自然への敬意と畏怖を失わず、愛を注ぎ込んでいる庭、

その中で子供のように遊び、自然がもたらしてくれる美や作物を人と分け合い、命の喜びをかみしめている。

これ以上、私に何が出来るのだろう?


f0359879_06464653.jpg




新しいポタジェに苗を植え付けました。



主にアブラナ科の野菜(白菜、ブロッコリー、カリフラワー)を植えるつもりなので、

コンパニオンプランツとして、最初(2日前)にレタスを植えました。

f0359879_07230923.jpg



アブラナ科の野菜の天敵はモンシロチョウなので、

モンシロチョウを遠ざけるために、キク科の植物を一緒に植えると良いそうです。

キク科の植物と言えば、マリーゴールドやアゲラタム、野菜ではレタス、春菊などです。



2日目の今日は残り(アブラナ科)の野菜を植えます。

白菜とブロッコリーは種から、カリフラワーは苗を買って来ました。

f0359879_07034405.jpg

3~4週間前にポットに種蒔きをしたブロッコリー


f0359879_07094088.jpg


ポタジェの拡張工事をしながら同時に作った苗床に白菜の種を蒔き、

ポタジェが出来るまで、

カリフラワーの苗を待機させていました。

f0359879_07184497.jpg


今日は朝から雨が降ったり止んだり…

何度も中断しながら、

新しいポタジェ全部に苗を植え終わりました。

f0359879_06412827.jpg


最近、ポタジェに熱を上げるあまり、語学の興味がスペイン語からフランス語に戻りました。

パリ島という名のレタス苗を買ったのも、名前に惹かれたからです。

ガーデニングに直接は関係ないんですけど…語学を学ぶことも大きな喜びの一つです。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-09-23 07:53 | ポタジェ

ポタジェの拡張工事完成☆

f0359879_02534224.jpg

ポタジェの拡張工事が完成しました。

f0359879_05081716.jpg



前回の記事では、サブポタジェの通路までを見て頂きましたが、

あれから、通路の歪みを直したり、

石拾いや土作りをしっかりやって、一応形が整ったところの写真がこれです。



f0359879_02563631.jpg

f0359879_02562332.jpg


f0359879_02560757.jpg


私は几帳面な性格ではないのに、

出来上がったポタジェはフランス式っぽい幾何学模様、



予想外の「きちっと感」に、

むむ…💦 自分でビックリ(*_*)



私が好きなのは作り過ぎた庭でなく、

イングリッシュガーデンのような自然体の庭、

このポタジェは、キッチリし過ぎている…💦




自然体の菜園作りは、高度な技術を要するのでしょう。

私のような初級ガーデナーがそれをやろうとしたら、

きっと、野菜か野草かわからなくなって、収拾がつかなくなる。




やっぱり、こんな感じで行くしかないかな~?




そして、最後のお楽しみは…

ポタジェっぽくしようと、庭の草花をいろいろ寄せ集め178.png

お店で買ったパンジーとビオラを足して植えてみました。



f0359879_02575537.jpg
パンジーとダスティミラー

f0359879_02580858.jpg

パンジーとアジュガ

f0359879_02582173.jpg

白いビオラとアジュガ



パンジーとビオラ以外は、

庭にあったものを掘り起こして植えたり、剪定したのをそのまま挿し木しただけです。



メインポタジェ(最初作ったポタジェ)の方角から見ると、こんな感じ。


f0359879_02584533.jpg


ビフォーアフターです。


f0359879_02105040.jpg

ビフォー↑ ↓アフター①


f0359879_02560757.jpg

拡張工事が終わった直後は、庭がキッチリ見え過ぎてガッカリ⤵



草花を植えてからは…アフター②

f0359879_03264279.jpg


ポタジェ中心の庭って、こんなものかな~?178.png

これから野菜を植えるのが楽しみ⤴



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-09-18 05:44 | ポタジェ | Comments(21)

ハーブ農園レストランのガーデンツアー


アメリカ全土だけでなく、

海外からもディナー客が訪れるほど有名なレストラン、

The Herbfarm レストランへ行ってきました。

f0359879_00021958.jpg



その名もずばりハーブファーム(Herbfarm)、

自営のハーブ園で採れるハーブや野菜をふんだんに使ったコース料理専門のレストランです。

週4日オープンですが、全席予約制で、何か月も前から予約しないと席が取れない日もあります。


f0359879_00023012.jpg



私達がここへ来たのは今回で2度目ですが、最初に来たのは今から12年前、

私のグリーンカード取得を素敵なレストランでお祝いしようと、夫が提案してくれたからです。




その時、私はアメリカに住み始めて3か月、右も左もわからない時で、

ディナーは9種類の料理が出るコース料理で、始まりから終わりまで4時間半かかると聞いて、度肝を抜かれました。

そんな世界に足を踏み入れたことなんて、人生に一度もなかったのです。




今回は夫の元上司Pさん夫妻から、

夫妻の70歳+一人息子J君の20代最後の誕生日を一緒に祝いたいと言われ、

参加することにしました。




実はこの日、私が最も楽しみにしていたのは、

ディナーそのものでなく、

ディナーの前に行われるガーデンツアーでした。




それと言うのも、ハーブファームのガーデンはポタジェだからなんです178.png




12年前に来てから、たまにガーデンに立ち寄ることがありましたが、

ガイド付きで見れるのは、このディナーに付いてくるガーデンツアーだけなので、

植栽のデザインとか工夫とかをしっかり見て、我が家のポタジェ作りの参考にしたいと思ったのです。



ガーデンツアーはディナーの30分前、夕方6時半から始まりました。

では、その時の写真を見て下さいね。

f0359879_00032035.jpg



f0359879_00030311.jpg


f0359879_00025025.jpg



写真はありませんが、ツアーのガイドは、レストランの(旦那様と共同)オーナー、キャリーさんです。

黒い上着に黒いエプロン、黒いロングスカート、ほぼグレイになった黒い髪、

失礼ながら…つい🎃を思い浮かべてしまいましたが、



12年前も何か風変わりなロングスカート姿で、

ヨーロッパの修道院から抜け出して来たようでした。

以前とお変わりなく、元気そうでよかった!



f0359879_01594283.jpg


(茎がカラフルなスイスチャード、手前はロベリア)

f0359879_02003125.jpg
f0359879_02450198.jpg
(右奥に見える建物は、レストラン経営のロッジです)



キャリーさんは、手に持っていた何種類かのハーブを客に手渡したり、(手が届かない客には)投げ渡したり…(^^;)

客はハーブを味見しながら、その特徴や料理法など説明を聞きます。

この手法は12年前と変わりません。




その日はデイリリー、ナスタチウム、ガーリックチャイブの花に、

赤紫蘇、青紫蘇等の説明がありました。

紫蘇の名前やそれが食べれるってことは、私もよく知ってるわよ(笑)


f0359879_02022159.jpg


古い一輪車がオブジェに使われています。

もう少し近くで見ると…


f0359879_02030734.jpg

こんなディスプレーって、なかなか思いつきませんよね。




ポタジェ全体の感想としては、野菜に対する花の比率が多いと思いました。

というのは、このレストランは別に何エーカーかの広大な農園を持っていて、

料理に使われる野菜は主にそこで作っているからです。




広い畑が別にあるからできることなので、

我が家のポタジェは、野菜中心で行くしかないかな?



f0359879_02043696.jpg

手前、色の濃いのはチョコレートミントだと思います。



ツアーは結構速いペースで進み、ゆっくり写真を撮れば皆に追いつけなくなるので、

撮れなかった場所が多いです。

また何時か機会があれば、写真を撮りにガーデンに来たいと思います。


f0359879_02054282.jpg

さて、これから中へ入ってディナーになりますが

長くなったので、続きは明日にしますね(^_-)-☆




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-09-15 04:13 | ポタジェ

新しいポタジェに作ったレンガの通路★



新しいポタジェの工事がほぼ終わりました。



この工事では、最初に作ったポタジェの周りに芝生の通路を作り、

その周りに3つのサブポタジェを作ったので、

全体では、最初のポタジェの二回りか三回り大きいポタジェになりました。




今日は、サブポタジェの中に作った、新しい通路を見て下さいね!




今までは四方八方自由に歩けた場所を 突然ポタジェにして、

その中はもう歩けなくなるので、

便利な通路でポタジェを通り抜けられるようにしないと、大きなストレスになりそうです。


f0359879_23501144.jpg



最初に作った一番大きい通路、

レンガはヨーロッパの石畳と同じ材質のランブラーストーンです。

ここまで必死にやって、写真を撮る余裕もなかったので、出来上がった状態です。




ここは裏庭の北側と南側から道具小屋に行ったり、

散歩道からパティオに行ったり…いろんな道が交わっている場所で、

夫が芝刈り機や一輪車を押しながら通る時もあるので、道幅を広く取って安全第一!





しかも、どの方向から歩いて来ても便利なように、

通路の入口を広くしたので、「末広がり」の形になりました。




実はこの通路、平行にすべきか?それとも末広がりにすべきか?…結構迷いました。

平行な道の方が綺麗かもしれないけれど、

末広がりにすれば、どの方向からも歩きやすくて便利そうです。




だけど、この通路を通って、南側から道具小屋へ行こうとすると、

遠回りになってしまうので、

南側から近道で行ける別の通路も必要です。



f0359879_00074568.jpg


ツゲの木を植えた場所と「末広がり通路」のちょうど真ん中に、

もう1本、近道用の通路を作ります。



真ん中のレンガはランブラーストーンですが、

今までと違った正方形のレンガを使ってみました。

f0359879_01053610.jpg


両脇に通常のレンガ2つを配置…この並べ方、すごく気に入りました♡


f0359879_01085104.jpg


ふるいにかけた土を上から被せて、レンガを落ち着かせます。


この後、夫くん登場 114.png

f0359879_01185383.jpg



ミニ耕運機でポタジェ予定地を耕してくれました。



この耕運機は何年か前、夫から私への「母の日」のプレゼントでした。

「母の日」のプレゼントがミニ耕運機だなんて…(〃▽〃)

普通は変かもしれないけど、私はとっても嬉しかったんですよ♡



夫が耕してくれた後、コンポストを入れて、

さらにツルハシで丁寧に耕し、通路を箒で履いてから、全体に水を撒きました。


f0359879_01100533.jpg



これで完成間近!?と思いきや…

この段階までに、庭を何十回も歩いて徐々にわかってきたのですが、

左端に植えたツゲの木付近に、もう一箇所、通路がないと不便なのです。



気が付くと、夫も私も、

ツゲの木を踏まないように気を付けながら、何度もその横を歩いていました。



折角レンガを敷いてコンポストまで入れたのに、やり直すのはシンドイな~ ( ノД`)

だけど、これから先ずっと不便な思いをするより、

今、もうひと頑張りするほうがいいだろうな (・_・;)


f0359879_01300629.jpg


折角コンポストを入れた土をどけて、

道にしたい場所をローラーで平らにしました。

f0359879_01311991.jpg



通路を多くすると、その分、ポタジェの植栽面積が減るので、

正方形のレンガだけを並べた細い道にしました。

これだけでも十分歩きやすくて、便利です。




そして、2番目(真ん中)に作った通路も、

末広がりの通路と細い通路のちょうど真ん中に来るように、

動かさないといけません。

f0359879_01525665.jpg


右に20~40㎝ほど動かした後の通路です。

あれ? 最初作った通路の方が真っ直ぐで綺麗だった💦… 後で直そうと思います。

こんな感じで、四苦八苦して…やっと通路が仕上がりました。



今度のポタジェ報告では、全体像をド~ンとお見せしますね。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-09-11 08:26 | ポタジェ

男前なツゲの木と蘇った芝生


ポタジェ拡張工事は着々と進んでいます。



f0359879_06304227.jpg



先日は新しいポタジェとハーブポタジェの間に、ツゲの木を11本植えました。

まずは、予定地の芝生を剥がす作業で夫が大活躍!

電動エッジングとツルハシを使って、全部剥がしてくれました。

f0359879_04243794.jpg


芝生を綺麗に片づけた次の日は穴掘りです。

11本のツゲの木を植える予定なので、必要な穴は11個、

ツルハシで四苦八苦しながら、やっと7個の穴を掘ったら、私の体力は限界…



ちょど夫がそばにいて、その日は日課にしている朝の運動があと12分足りないと言うので、

「運動だと思って、穴の続きを掘ってくれない?」と言うと、

「いいよ。」とショベルを持って来ました。

f0359879_03142330.jpg



私が裏庭で穴を掘る時は、

えっこらさ、どっこらさ…これでもかこれでもか…と、

ツルハシで散々、固い地面を叩いて、やっとこさっとこ穴を掘ると云うのに、



夫は…114.png

サックサック、シュワ~ッ🎵、サックサック、シュワ~ッ♪…

リズミカルに、ショベルをサクサク何度か動かすと、もう大きな穴が1個掘れています。

その間約2~3分、私がやると、軽く5~6倍は時間がかかります。



よっ、男前~、夫くん!

流石、昔取った杵柄ではなく、昔取ったショベル166.png

(夫の学生時代の主なアルバイトは、工事現場の穴掘り作業だったのです。)



夫が男前かどうか?それは見る人によると思いますが…

大好きなツゲの木は、いつでもどこでも男前♡

f0359879_03151439.jpg


f0359879_03153156.jpg



素敵な男性達は、さりげなく女性を引き立てるような言動をされますが、

ツゲの木もほんの数本で、庭を引き立ててくれます。



私のような初級ガーデナーがちまちま作っている庭でも、

ツゲの木があると、ちょっとお洒落っぽく見えてくるから不思議です。


f0359879_03234742.jpg



ところで今から1週間程前、

買って来た芝生がボロボロで、黄色くなったり黒ずんでいたので、

さめざめと嘆き悲しんだのですが… (´;ω;`)ウゥゥ

その芝生、たった1週間余りで見事に青々と蘇ってきました。!(^^)!

f0359879_03263036.jpg

f0359879_03274006.jpg



芝生は、丸く束ねられたまま長い時間が経ったと見え、

葉緑素が無くなり、ある部分は腐ったように黒くベタベタになっていたので、

最悪、買い換えないといけないかも?と思いながら、様子を見ていました。



その間気を付けていたのは、毎日水を遣って乾かさないことと、

黒くベタッとなった部分は、光が中まで透るように、

ヘアブラシで髪をとかすような感じで、指でサクサクと芝生を掻き上げてやることでした。


f0359879_03293344.jpg


そして、わずか1週間程で、見違えるような美しい緑に変身178.png



ガーデニングをやっていると、日々、自然の力の偉大さに驚かされるのですが、

蘇った芝生を見て、改めてその偉大さに感嘆しました。

そして私達人間の心や体も、実は物凄い回復力を秘めているではないか?と思ったのですよ✨


f0359879_03251974.jpg


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-09-04 04:32 | ポタジェ

ブルーの散歩道にしたい& ポタジェの様子など

f0359879_06591898.jpg



ホワイト/ブルーガーデンとハーブポタジェの間の散歩道を

レンガに替えた時、片方のブロックを取り除いて道を狭くしたので、

ハーブポタジェが50㎝幅ほど広くなりました。




広くなった場所に何を植えよう?

散歩道なので、やはり散歩が楽しくなるようなものを植えたい。




そうだ!長年憧れているけれど、自分の能力以上のレベルにあって、

実現できてない「ブルーガーデン」をイメージさせるような、

ブルーの小径が作れたらいいなあ~! °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°




宿根草の花を咲かすのは、来年の春まで待つしかないので、

今、ブルーの小径をつくるとしたら、一年草の花を植えるのが手っ取り早いかな?

ホームセンターでブルーのペチュニア7本、

あとは適当な青い花が見当たらなかったので、ピンクのダイアンサス5本を買って来ました。




元は芝生の散歩道だった所なので土が固いし、石ころだらけ。

花を植える前に、石ころを拾ってツルハシで丁寧に耕し、コンポストを入れました。




ペチュニアは紫陽花と同じように、土の酸性度によって花の色が変わります。

ブルーの小径ですから、花の色は青のままキープしたいので、

土が酸性になるように、コンポストにピートモスを沢山混ぜました。



f0359879_03083413.jpg


f0359879_03090588.jpg

買った花と一緒に、元の散歩道際に植えていたアジュガを50㎝程移動させて、

あとはどうするか考え中。

f0359879_03105517.jpg

ローズガーデンのベンチからポタジェの方を見たところです。


f0359879_05052503.jpg



今、ポタジェでは、キャベツが巻き始めてとっても可愛いんですよ♡

最初はここに、夫の好きなロメインレタスを一杯植えたのですが、

レタスを抜いた後は私が好きなキャベツを一杯植えました。


f0359879_03111951.jpg

f0359879_03113197.jpg

f0359879_03114370.jpg


キャベツ嫌いの夫は、ポタジェを見て、

「キャベツが美味しそうに育ってて、キャベツ嫌いの俺でも食べてみたくなる…」

と言っております。



夫くん、好き嫌いは良くないよ。頑張って食べてね~ (*^^*)


f0359879_03115491.jpg


「ラベンダーの小径」横のキッチンガーデンには、

大根の種を蒔きました。




大根は去年初めての挑戦でした。

ネットで調べてみると、筋蒔きよりも点蒔きにする方が良いと書いてあったので、

その通りにしたら、見事ウサギに食べられ、3、4週間程で全部消えてしまいました… (;´д`)トホホ




今年は筋蒔きにして、大量の苗を育てることにします。




ウサギに少々食べられても、まだ残るだろうし、余るほどになったら、

間引き菜を料理に使うことができるから、困ることはないと思います。

今年こそ!自家栽培の大根でおでんを作るぞ~!

f0359879_03120458.jpg

f0359879_03200593.jpg


大根の畝の傍では、

ラベンダーの2番花が咲き、タイムも相変わらず可憐な花を咲かせています。

種蒔きをしてる時、ハーブの花がふっと視界に入って来て癒されました178.png





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-08-30 04:32 | ポタジェ

夫が大活躍!ポタジェ拡張工事と残念な芝生★


裏庭ではポタジェ拡張工事が進んでいます。

前回サブポタジェ予定地の芝生を剥がした後、今回は主ポタジェ周りの通路を整えました。



最初の計画では、通路をレンガ敷きにするつもりだったのですが、

芝生の方がいいという夫の意見を聞いて、

ポタジェのこちら側に元々あった芝生をそのまま残すことにしました。



芝生を残すことに決めてから、ポタジェに水遣りするついでに、

芝生にも水を遣るようにしたので、

緑が結構戻ってきました。

f0359879_04384442.jpg


通路は、主ポタジェを1ヤード(約92㎝)の幅にぐるっと取り囲むように作りたいので、

余分な芝生を電動エッジングで切り取っていきます。



私は我が家にこんな便利な道具があることも知らなかったのですが、

この頃から夫がビックリするほど協力的になり、

道具小屋から道具を持ち出して来て、切り揃える仕事を全部やってくれました。


f0359879_05112152.jpg

f0359879_05114638.jpg


サブポタジェの外枠も綺麗に切り揃えてくれました。

f0359879_05174739.jpg


さて、次に通路の残り半分ほど(主ポタジェの向こう側)ですが、

ここは元は花壇だった所なので、芝生がありません。


f0359879_05190809.jpg

f0359879_05193172.jpg

昨日はここに芝生を敷く作業をしました。

朝のうちに余分な土を削り取って石ころを拾い、準備を完璧に整えてから、

午後、芝生を買いにホームセンターに行きました。



青々した芝生の通路を想像し、ワクワクしながら家に帰って(*^^)v

束ねてあった芝生を開けてみて、ガーン!Σ(゚д゚lll)



3束買ったうち、1束だけちょっとマシなのがあっただけで、

あと2束は、あれ?これ売り物? (;゚Д゚)



ぐるぐる巻きに束ねたまま長い間店に置いてあったようで、

日照不足で芝生が黄色くなったり黒ずんだりしている。



店で外側を見た時は普通に見えたのですが、

内側を開けて、きちんと確かめないといけなかったようです。



このホームセンター、値段は手ごろなのですが、品質管理が良くありません。

後の祭りですが、それをすっかり忘れていた私が悪いのでしょう。



やっぱり取り替えてもらった方がいいかな?

う~ん、面倒だな~、どうしよう? (´;ω;`)ウッ…



悶々としていたら、夫が「時間が経てば、芝生は綺麗になると思うよ。」と言うので、

そのまま使うことにしました。



一応敷いてみたので写真をアップしますが、お見苦しいです。

こんな写真でごめんなさい。(m´・ω・`)m ゴメン…

f0359879_06232645.jpg

f0359879_06242609.jpg

f0359879_06262462.jpg

f0359879_06073028.jpg



芝生は残念だったけど、一応ここまで進展しました。

工事が進んだら、また報告しますね!

(´;ω;`)ウゥゥ…芝生のことがまだ悲しい。。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-08-26 07:00 | ポタジェ

ポタジェ拡張計画



6月に完成させたポタジェ、作成中は大き過ぎるかな?と思ったものの、

いざ完成してみれば…あれも植えたい、これも植えたいってなって、

あっという間にパンク状態に (;゚Д゚)



なので、これからポタジェを作る方には、「ご希望サイズより一回りか二回り大きく」なんて、

アドバイスもさせて頂きました。



既に作ってしまった私は、このまま小さいポタジェで諦めるしかないんでしょうか?

いえいえ、

ちょっとやそっとでは諦めることが出来ないほど、ポタジェ熱にうなされてるんです(;・∀・)



かと言って、モルタルで固めたレンガを壊して、新たに一回り大きいポタジェを作るのは現実的ではない。

仮にそうしたとしても、今のポタジェは道具小屋に近いので、

押し広げたポタジェが道具小屋の入口に迫り過ぎて、かえって不便です。



そこで考えついたのは、今のポタジェの周りをぐるりと取り囲むように、

”サブポタジェ” なるものを作るアイディアです。



主ポタジェとサブポタジェを足せば、全体ではかなり大きいポタジェになると思います。

ちょうど、フランス式ガーデンの写真を見ていて、

(我が家の裏庭の)未来の姿が、パ~ッ °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° と思い浮かんだのです。



f0359879_23003992.jpg

(画像は[i.pinimg.com]さんからお借りしました。)

f0359879_01415792.jpg


(この画像は[userscontent2.emaze.com]からお借りしました。)



(∀`*ゞ)エヘヘ… 我が家の裏庭とは似ても似つかぬ庭 💦



規模も立派さも我が家とは比較にならないし、庭に植えるものもまるで違いますが、

コンセプトはお分かり頂けるかと思います。

中心に丸いガーデン、そしてぐるっと取り囲むようにサブのガーデンが数か所あります。



長い間、フランス式の庭は「作り過ぎ」な感じで好きではなかったのですが、

以前、英国式コテージガーデンを目指して庭を作ってみて、

区切らない庭を美しく見せるのは高度なセンスを必要とするので、とても難しいと感じたのです。



生け花で言えば、基本形を生けるより "投げ入れ" の方が難しいように、

真っ白なカンバスに、自然体の庭を描くのはとても難しい。



私のような初級ガーデナーにとっては、庭を区切るフランス式の方が作り易く、

そもそも、ポタジェの発祥地はフランスだから、しっくりくるのではないか?と思うのです。



勿論、写真のようなフランス式フォーマルガーデンは作りたいと思わないし、作れもしないので、

ずっとずっと緩くて、ナチュラルな ”フランス風” です。



さてそういう訳で、約2週間前から拡張工事を始め、

「亀の歩み」のような進み具合で、現在も工事継続中です。



立派な美しい庭の後で、

我が家の裏庭をお見せするはとんだお目汚しなのですが、

これまでの途中経過を見て下さいね。


f0359879_02103951.jpg


f0359879_02105040.jpg


芝生を剥がしにかかった所です。



朝涼しいうちに2時間、夕方30分~1時間というペースで、

3日間かかって、やっと1/3進んだかな?という所で、

思わぬ助っ人が現れました。夫です。



今回は散歩道をレンガに替えた時のような、強烈な反発こそなかったものの、

(レンガの散歩道はその後、いたく気に入ったようで💚)

ベンチに座って、私のすることをただ傍観者的に見ていた彼、



ある日、近くのレストランで一緒に食事をしていて、

「この間、グリーンカードの更新でシアトルへ行った時、すごく楽しかったから、

今度はバスに乗って、またシアトルへ遊びに行こうよ。」と私をデートに誘ったので、



「行きたいけど、やらなきゃいけない仕事が山ほどあるの。

ポタジェの工事、大根を植える準備、前庭の草取り…

ダーウィン君が芝生剥がしを手伝ってくれたら、それだけ早く行けるんだけどね。」



ダメ元で、取引作戦に持ち込んだところ (〃▽〃)、

なんと!次の日から、芝生剥がしを手伝ってくれるようになりました。

やった~!\(^o^)/


f0359879_02244840.jpg

夫が参加してから、どんどん仕事がはかどって…

f0359879_02250096.jpg


思ったより早く、芝生を剥がし終えました。



さて、ここからどうなることやら?

工事が進んだら、また報告しますね (^_-)-☆




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数なのに…応援して下さっている方、
いつも本当にありがとうございます!感謝しています。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-08-23 04:33 | ポタジェ

ポタジェの植え替え



f0359879_21595029.jpg



ポタジェの植え替えをしました。




f0359879_01072396.jpg
f0359879_01073201.jpg

(このブロッコリーは後日、夫が美味しいサラダにしてくれました。)



まず、ブロッコリーですが、脇芽から出来た小さな株の幾つかが、

収穫の時期を迎えたので、

思い切って、全部抜きました。



f0359879_01091783.jpg



ブロッコリーを抜いた後です。

背の高いブロッコリーがなくなると、他の野菜への日当たりがよくなりました。

新しい苗のスペースを確保するために、ロメインレタスも抜くことにしました。



f0359879_01074638.jpg



ロメインレタスを抜くと、全体的にスッキリ、

抜いた所は新しい土を入れて耕しました。


f0359879_06470255.jpg
f0359879_06471355.jpg



3~5週間ほど前に種蒔きをして、

今か今かと出番を待っていたキャベツ、赤かぶ、モロヘイヤです。


f0359879_01174706.jpg



先客が大勢いて、ただでさえ狭いスペースに、

赤かぶ12個、キャベツ8本、モロヘイヤ12本をギュウギュウ詰め込みました。

こんなに詰め込んでいいのかな~?




ポタジェを作っている途中は、大き過ぎるんじゃないか?とか、

こんな広い場所にホントに植えるものがあるんかな?とか、心配してたくらいでしたが、




いざ完成すると、ポタジェが可愛くて可愛くて…完全にノックアウト113.png

あれも植えたい、これも植えたい…どんどん欲が出て来て、

今では、ポタジェが小さ過ぎて困っています。


f0359879_01180332.jpg

キャベツ(カラフレックス:Caraflex)



もしかしたら、この記事をお読みの方で、

「ポタジェを作ってみようかな?」と思われている方がいるかもしれませんね。



もしスペースに余裕があれば、御希望の大きさより一回りか、できたら二回り位、

大きく作られることをお勧めします。


f0359879_01181730.jpg

(サニーレタス)


ポタジェ作りはとにかく楽しいので、

どんなに大きくても、大き過ぎて困ることはないですよ(^_-)-☆


f0359879_01183060.jpg

(紫キャベツ)



紫キャベツは普通のキャベツ苗がなかったので、仕方なく買ったのですが、

今は「綺麗な色だな~!」と毎日、惚れ惚れと見ています♡




今まで、野菜をこんなにも美しいと思ったことがあったでしょうか?

ポタジェは、菜園兼野菜を美しく見せるステージのようなものなんですね☆




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


ブログを書きながら、どんな方が読んで下さるのかな?とか、
応援クリックを押して下さってるのかな?などと想像しています。

本当にいつもありがとうございます!





にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-08-09 07:04 | ポタジェ