カテゴリ:ローズガーデン( 3 )

バラのアーチ前をレンガ敷きに

f0359879_02545816.jpg

バラのアーチ前をレンガ敷きにしました。


5月にベンチからバラのアーチまでレンガを敷いたものの、

アーチ前をどうしていいかわからず、長い間そのままにしていたのですが、


f0359879_04494533.jpg


拡張したポタジェとハーブポタジェの間に柘植の木を植えてみたら、

その流れで、アーチの前にレンガを敷いたら可愛いかも?…と

アイディアが浮かびました。173.png

f0359879_02564344.jpg

まず草取りをして、ローラーで地均し

f0359879_03183877.jpg



サブポタジェの一つの通路で使った、

正方形のレンガと普通のレンガを組み合わせが好きだったので、

ここも同じパターンで並べてみました。


f0359879_05401424.jpg


雑然というか、中途半端で仕事を投げ出したように見えていた、

アーチ付近がこれでちょっとはましになるかな?




作業が終わって、

ふとアーチの向こうに目をやると、

スカボローフェアが繊細な花びらをふわりと広げていました。


f0359879_05073897.jpg


写真が撮ろうとスマホを取りに家に入ったところで、

突然、雨がパラパラと降り出し、

雨が上がるのを待っていたら、そのまま夕方まで降り続けました。


f0359879_02554773.jpg

スカボローフェア




翌朝起きて庭を見ると、2つ咲いてた花が散ってしまって蕾だけ…

物事を後回しにすると、大体こんなものですよね。



この辺りは夏が終わると同時に雨季が始まるので、

最近雨が多くて、庭仕事が思うように進みません。



お空のご機嫌を伺いながら、雨の合間にダッシュで庭に出て、

ダッシュで仕事、また雨に降られて家に入る…の繰り返しです。



今週末から10日間アメリカ国内旅行、その後すぐに別の旅行が控えているので、

それまでにしておきたいことが山積み、

非常に焦っています…(;^_^A アセアセ・・・


f0359879_05475062.jpg



だけど、雨季のおかげで水遣りを頑張らなくてよくなり、

夏の間、枯れて醜かった芝生は緑が戻って、

良いことも沢山あるんですけどね(^_-)-☆




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-10-09 05:42 | ローズガーデン

『大草原の小さな家』作者のこと&ローズガーデンの掃除

f0359879_00454830.jpg

(今朝のローズガーデン)



裏庭でツルハシ振り回して、新しい工事をやっています。

何をしてるのか? それは完成してから発表するとして、




ツルハシを振り上げている最中に、ふと左の方を見ると(←ツルハシ使いながらよそ見は危ない)

バラの茂みの間に陽が差して、キュウリのトレリスのあたりにも光がこぼれて、

それはそれは美しいのです。




ツルハシを放り投げて、慌てて家に駆けこんでスマホを取って来た。

毎日見ている同じ庭でも、感動は瞬時に訪れ瞬時に去って行くから、

今の時代のように、スマホで手軽に感動を記録できるのは嬉しいことです。


f0359879_00453639.jpg

(感動とカメラの腕は別みたい💦)


「大草原の小さな家」の原作者ローラ・インガルス・ワイルダーの娘で、

ジャーナリストのローズ・ワイルダー・レインは、

母ローラの思い出を綴った回想記に次のようなことを書いています。


f0359879_00485670.jpg

(エデン)



ある夜、母が一生懸命自分を呼ぶので、「一体何だろう?」と思ってキッチンに行くと、

キッチンの裏口の扉が開け放たれ、母は庭に出て空を見上げていた。


f0359879_05201276.jpg


ローズが母の傍へ行くと、

「ほら、あれをごらんなさい。なんて美しいんでしょう!」

言いながらローラは、煌々と輝く月を指差した。


f0359879_01042770.jpg


青白い月の光に照らされ、感動に身を任せているローラは神々しいほど美しかったそうです。

「母は美しいものが大好きで、

その感動をいつも家族と共有しようとした。」とローズは言っています。


f0359879_01060187.jpg


この”感動する心”こそ、

ローラが世界的名作『大草原の小さな家』シリーズを

生み出した原動力ではないか?と私は思うのです。


f0359879_01052708.jpg


ローラが、最愛の一人娘に「ローズ」という名前を付けたのは、

彼女の一番好きな花が、草原に咲く可憐なバラだったからだそうです。



f0359879_01061651.jpg

(スカボロフェア)




開拓民の子供として、若い頃も大人になってからも逞しく生きたローラ、

最初私が彼女に抱いたイメージは、素朴で強いワイルドフラワーだったので、

ローラが一番好きな花が繊細なバラだったと知った時は、正直言って意外でした。



f0359879_01063541.jpg

(スカボロフェア)



その後ローラのことを深く知ったり、自分自身が人生経験を積むにつれ、

開拓時代を逞しく生きた女性というローラの表のイメージに加え、

物語を書くことで悲しみを乗り越えようと格闘する、繊細な女性像が浮かんできました。


f0359879_01312198.jpg


ツルハシを振り上げながらよそ見したことから始まって、

バラを見ながら、ローラに思いを馳せていると、

ローズガーデンの掃除を怠けていることがやたら気になり始めたので、

今日は朝早くから、頑張って掃除しました。


f0359879_01292575.jpg


清潔な庭はやっぱり気持ちいい~✨


(*ローラの生涯については別の記事に書いています→大草原の小さな家を訪ねて~後半



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-08-02 05:49 | ローズガーデン

バラが満開&散歩道にレンガ敷き完成☆



裏庭ではバラが満開です。

ピークは昨日までの3日間だったように思いますが、

ベンチまでの散歩道にレンガを敷いてる途中で(その話はまた後日)、地面が剥き出しになっていたので、

作業を終えてから写真を撮りたかったのです。



レンガ敷きは昨日8時過ぎに何とか完成!(この辺り、最近は夜9時過ぎ頃まで明るいです)

↓下の2枚は完成した直後に撮った写真です。(夕焼けをバックに)

f0359879_01065641.jpg


f0359879_01135388.jpg



板壁に這わせた蔓バラは、ポールズ・ヒマラヤンムスクです。

このバラは多くの四季咲きバラと違って、

花をつけるのは年に1回だけ、それだけに豪勢で見応えがあります。



↓は3日前に撮った写真です。

f0359879_01143164.jpg



f0359879_01251131.jpg




ポールズ・ヒマラヤンムスクは4年前に植えました。

昨年まではパッとしませんでしたが、

昨年の開花後、頑張って誘引した甲斐あって、今年は沢山の花がバランスよく咲いてくれました。



ちょうど時期が合ったジギタリスとのコラボも好きです♡


f0359879_01280685.jpg

(ポールズ・ヒマラヤンムスク)

f0359879_01315396.jpg

(アーチ付近に咲いている『赤の叫び』)

f0359879_01274715.jpg

アーチに絡ませた蔓バラ(Sally Holmes:サリー・ホームズ)




↓ 今朝の庭の様子です。


f0359879_01374831.jpg



昨夜雨が降ったので、ポールズ・ヒマラヤンムスクが少し散って、

薔薇の数は少なくなりましたが、まだまだ楽しめます。


f0359879_01380631.jpg
バラの季節は強い芳香に包まれるベンチ



夕食後、ここで夫と一緒に、ワイングラス片手にとりとめもない話をする時、

つくづく、これ以上の幸せは想像できない…と思います。




色んなことを経験した後、やっとここまで辿り着いた私達、

…できることなら、戦火や苦難の中にいる子供達など、

癒しが必要な人達を招待して、ほんの一時でも幸せな気分を味わってほしいと思うのです。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2018-06-02 07:03 | ローズガーデン