カテゴリ:夢を叶える( 1 )

赤い靴


『赤い靴』 野口雨情作詞・本居長世作曲


赤い靴 はいてた 女の子

異人(いじん)さんに つれられて 行っちゃった

横浜の埠頭(はとば)から 船に乗って

異人さんに つれられて 行っちゃった


今では青い目に なっちゃって

異人さんの お国に いるんだろう

赤い靴 見るたび 考える

異人さんに 逢(あ)うたび 考える




f0359879_02254711.jpg

(靴はポルトガル製です)


赤い靴を買いました。

自分のために赤い靴を買ったのは、人生で初めてです。



童謡『赤い靴』を知ったのは、たぶんとても小さい頃だったと思いますが、

少し物事が分かるようになってから、

『赤い靴』の歌詞が醸し出す異国情緒に憧れました。

いつか異国に行ってみたい



私が生まれ育った田舎は、横浜や神戸など異国風な街並みがある都会とは、

距離も文化も随分とかけ離れていたので、異人さんも異国情緒も、手の届かない夢の彼方にあって、

『赤い靴』のドラマチックな展開は、強い憧れと共に、空恐ろしいようなイメージがありました。



赤い靴を履いていれば、異人さんにさらわれて、

何処かへ連れて行かれるかもしれないから、

絶対に履きたくないと、子供の私は真剣に思っていたのです。



その頃、うちの親は学校で使える白い運動靴しか買ってくれなかったから、

実際はそんな心配をする必要もなかったのですが…

少し大人になってから、1つ違いの姉が親にねだって赤い靴を買ってもらいました。



お手製のワンピースに赤いベルト、先が少し尖がった赤い靴は姉によく似合っていて、

その靴は、私の赤い靴に纏わるいろんな思いを呼び覚ましました。



昔、自分が異国文化に焦がれるように憧れたこと、

赤い靴を履いても、異人さんに連れて行かれないことが分かってからは、

ずっと赤い靴が欲しかったこと、だけど、家の貧しい状態を見てどうしても欲しいと言えなかったこと…



5人きょうだいの末っ子である私は、洋服や靴はいつも姉のお下がりでしたが、

それを不満に思ったことがありません。

精神的経済的に困窮している母の姿を見て、いつも母を助けたいと願っていたので、

欲しい物があっても口にしない習慣が出来て、いつの間にかそれが当たり前になっていたのです。




逆に、姉はよく我儘を言っては母を困らせていたので、

私は自分も赤い靴が欲しいとは言い出せず、

またその時、私の足は既に姉の足より大きかったので、お下がりも期待できませんでした。




時は流れて…大人になり自分で収入を得るようになってからは、

その年齢の自分に赤い靴が似合うとも思えず、

いつの間にか赤い靴は、頭の中から消え去りました。




またまた時は巡って、40代後半で異人さん(夫)に出会って、

その後、成田の飛行場から飛行機に乗って、異人さんのお国にやって来ました。

目は今でも茶色いままですが、60代になった私は異国の王子様(実は偏屈じいさん…笑)の助けを借りて、

子供時代に叶えられなかった夢をどんどん叶えています。




フランス語やピアノを習い、ヨーロッパを旅して、

秘密の花園のような庭を目指して庭を作り…

やっと、欲しいものを「欲しい。」と言えるようになったのです。


f0359879_02554846.jpg

大きさや形が理想的で3年前に買った赤い革のショルダーバッグ、

黒と白のストライプ+黒のジーンズのように、黒で統一した服には良く似合うので、

大のお気に入りでしたが、

留め金が外れて、しばらく使っていませんでした。




大好きなバッグを捨てたくないけど、このままでは使えないし…

夫に相談すると、直ぐに修理屋さんへ持って行ってくれました。



f0359879_02325992.jpg


(左側がオリジナルな留め金、右が修理屋さんで付けてもらった留め金:
少し違うけど、ほとんど目立たない。)



不思議なもので、愛用品を直して使うと新品よりも愛着が湧きます。

赤いバッグをもっと素敵に見せるために、何十年ぶりかで赤い靴が欲しくなりました。




もうこの年になれば、人の目や反応なんか気にせずに、

着たい物を着て、履きたい靴を履くわ(*^^*)

したいことを諦めて人生終わってしまったら、つまんないでしょ?


f0359879_02331129.jpg



白黒ストライプのTシャツ、赤いバッグに赤い靴を履いた私を見て、

「お~、素敵!」

夫が十八番の替え歌を歌い始めました。



「赤い靴 はいてた 女の子~、 異人さんに 連れられて 行っちゃった~♪

赤い靴 見るたび 考える~、 鏡を 見るたび 考える~♪」




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!

小さい夢でも大きい夢でも、皆様の夢を諦めないで下さいね。いつかきっと叶いますよ!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。



にほんブログ村


人気ブログランキング


[PR]
by mimozacottage | 2018-08-28 05:03 | 夢を叶える