<   2018年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お向かいさんから届いた嬉しいメール☆


1週間ほど前、お向かいのRさんから夫にメールが届いた。

宛先は「Mimoza & Darwin」になっていたので、夫が私にも転送してくれた。

元の英文を日本語に訳すると、こんな内容でした。




ミモザ&ダーウィンへ


お宅はいつも庭を綺麗にされているのに、

我が家の庭が見苦しくて、申し訳なく思っています。

そして毎朝、可愛らしい水仙やヘザー(エリカ)を見せてもらうのを家族全員で楽しみにしています。

近隣にこんな喜びをもたらしてくれてありがとう。


R, A, N, K&Kより
(Rさん、奥様Aさん、Rさんのお父さん、2匹のワンちゃんの名前)


f0359879_04172645.jpg

(玄関前のクロッカス:手前の方はウサギに食べられてしまいました( ノД`))




R家のRさん、言わば、この辺の自主自治会長のような方で、

ご近所のことは何でも知っている。

またそれが自分のお仕事のように人のことを知りたがるので、長い間彼のことが苦手だった。




私達がこの家に引っ越して間もない頃、

ダイニングルームのブラインドを閉めようとして、

向かいの家の窓から、誰かがこっちを見ているのに気付いた。




初めは偶然かな?と思ったが、

その後も向かいの家の窓には、いつも人影が張り付くように映っていた。

私達が向かいに面している窓に近づくと、その人影はス~ッと家の中へ遠ざかって行く。

それが1か月以上も続いたので、気味が悪かった。

(Rさんは腰痛で働けないらしく、一日中家にいる。)


f0359879_04195152.jpg

(車庫前のキャンディタフト:和名はイベリス?
これはこの家が建った後すぐに植えられたらしいので、推定年齢35歳)




後でRさんが直接話してくれたことだが、私達がここへ引っ越してくる少し前、

R家の隣(我が家にとっては斜め向かい)が一時貸家になって、ドラッグディーラーが住み着き、

庭はゴミだらけ、生ごみを漁るネズミも大量発生して、家は荒れ放題になってたそうだ。




Rさんはその家の様子がおかしいことに気付き、警察に通報、

警察官が家の中に踏み込むと、なんと、ドラッグ取引の真最中だったとか。

閑静な住宅地内で起きた初めての大事件で、住民のショックは大きかった。




私達がここへ引っ越した時、近所の人と親しくなりたくて、挨拶回りに行ったが(アメリカでは珍しい)、

Rさんはそれでも私達のことを怪しんで、窓から様子を見張っていたらしい。(やっぱり!)

1か月以上の覗き見後 偵察後、私達はRさんのお眼鏡にかなったらしく、

近所付き合いが始まったが、それでも私はしばらく彼のことが好きになれなかった。




日本で時々見かける「噂好きのおばちゃん」のような人がアメリカにもいるのだとビックリした。

夫はあっけらかんと、「Rさんのような人が近所にいたら、近隣が安全になっていいじゃないか。」と言ったが、

私は密かに、似たような性格の彼のお父さんを「お巡りさん」と呼び、彼のことは「小巡り(こまわり)さん」と呼んだ。


f0359879_04193747.jpg



今ではすっかり仲良くなって、旅行の時は彼に声をかけて出かけるし、

夏には裏庭のパティオに招待して一緒にワインを飲むこともある。

付き合い始めると、彼は変わり者だけど良い人だということも分かった。




シェルターで保護されていた犬を引き取って家族のように可愛がってるし、

困ったご近所さんがいれば、すぐに助けに行く。

私に対してもいつも親切で紳士的だ。


f0359879_04192323.jpg




長い間自信喪失だった私は、

夫と再婚して初めて、ありのままの自分でいいと思えるようになったが、

それでも時々、自分の値打ちや生きる意味が分からなくなる。




自分自身の癒しのために始めたガーデニングが、他の人にも喜びをもたらしている…

Rさんのメールで、自分も少しは社会の役に立っているのだと教えてもらった日でした。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。
アメリカ人ネイティブスピーカー(ミモザの夫)も参加中。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2018-03-31 04:49 | 前庭

夫の英語の教え方は厳しい




私は英語が発展途上のまま、50歳を過ぎてアメリカに移住した。

言語を習得するには遅すぎる?年齢だ。




今、英語をしっかり身につけなければ、

アメリカで生きていけないのではないか?という焦りがあって、

日本語の本もテレビも全部封印して英語を勉強したが、家での会話は日本語が多かった。




夫の日本語(日本人並み)と私の英語を比べると、

日本語を使う方が、二人の意思疎通の効率がはるかに良いからだ。




しかし密かに、アメリカで英語をネイティブ並みにしようと決心していた私は、

思うほど会話が上達しないことに悩んでいた。




既に50代の後半になっていたある日、意を決して、家でも英語を話したいと夫に言った。

英語を母国語とする夫には簡単な申し出だと思ったのだけれど…

思いがけなく、夫の強い反発に遭った。




日本語が好きでたまらない彼にとって、

「家庭」とは日本語を話す場所、日本語を話せないと寛げないと言う。




私は半分泣きながら、抗戦した。「今の私の英語では、アメリカ人と対等に生きていけない。

発音や文法の間違いを正してくれるのは、家族だけだと思うのに…」




頑固者の夫もついに折れて、英語で話してくれるようになった。

ただ彼は、教えるとなると徹底的で、とても厳しい。

英語の途中で(どんなに難しくても)日本語を混ぜるのはダメ、発音も文法も完全を要求する。




発音は、子音ではRとLは勿論、FとH、VとB、Wと母音のUの違い、

母音では特に、arと「er, ir, or, ur」の違い、

例えば、車のCar(カー)と道端のCurb(カーブ)のカーは、

日本語で発音すれば、どちらも同じ「カー」であるが、

英語のCarとCur(b)は、アメリカ人にとってはまるで違う音に聞こえる。




あとはUが無い所に、Uの音が入ってしまう。

例えばSmithの最初の音を日本語の「ス」と同じように発音してしまうと、

アメリカ人の耳には、Sの後にUの音がはっきり聞こえるのだそうだ。




元々私は英語は音から入り、英語の音が好きでたまらないので、

ちょっとやそっとの努力は全く苦にならない。

夫の厳しい訓練のおかげで大体のことはクリアしたが、今の課題は母音のOである。




アメリカ英語では、Oを日本語の「オ」と同じように発音することは少ない。

「オ」と「ア」の中間というよりも、もっともっと「ア」に近い音か、

「オゥ」に近い音のどちらかが多い。




アメリカに来る前は日本で人生の大半を過ごした私、

”Olive"のOの音、”Oil”のOの音、そして”Post”のOの音も全部、日本語の「オ」と同じ音で発音していた。

(アメリカでは、OliveのOは「アに近いオ」、Oilのオは「オ」で、PostのOは「オゥ」と発音する。)




それを今更、Oの音を全部「アに近いオ」、「オ」、「オゥ」の3種類に、

いつも完璧明瞭、かつ瞬時に使い分けよと言われると…

それは私にとって、ロッククライミング級の崖を登れと言われるのに等しい。

f0359879_02115702.jpg


はあ('◇')ゞ…

(画像はお借りしました。Borrowed Image from Organicthemes.com)




文法は、冠詞、(不)可算名詞、前置詞、時制の一致…

このうち私にとって一番難しいのは冠詞で、冠詞の有無、それに加えてaとtheの使い分け、

もう一つは、後ろに続く言葉や文の内容に合わせて、1つ1つ憶えないといけない前置詞だ。




これらはロッククライミングとは言わないが、やっぱりため息が出る…はあ('◇')ゞ




でも、良いニュースもある。




ここまで頑張っていると、周りにもそれが伝わり、

「全人類が完璧な英語を話して当たり前」という態度を取りがちなアメリカ人でさえも、

頑張ってるノンネイティブのおばさんを助けてやりたいと思うみたいだ。




前置詞の間違い位なら、家族でなくてもちょこちょこ直してくれる。

そういう訳で、今日も「限りなくネイティブに近い英語」を目指して勉強中(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。
アメリカ人ネイティブスピーカー(ミモザの夫)も参加中。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2018-03-27 03:27 | 英語・英語の記事

ワイナリーで「聖パトリックの日」パーティ


先週の3月17日はSt. Patrick's Day (聖パトリックの日) でした。

同じアイルランド発祥のお祭りハロウィンに比べると、

このお祭りのことは、日本ではあまり知られていないかと思います。



元々は国の守護神とされている聖人パトリックを記念したアイルランドの祝日ですが、

アイルランド移民が多いアメリカでは、

ハロウィンやバレンタインデーに次いで人気のあるイベントです。



この日街を歩くと、アイルランドのシンボルカラーである緑色の衣服やアクセサリー、

「シャムロック」と呼ばれるクローバーの形をした装飾品を身に着けた人が目につきます。



これはアイルランドの伝説で、昔、聖パトリックが執り行った宗教行事に、

三位一体の象徴として、三つ葉のクローバーを用いたとされているからです。



また17世紀頃にアメリカで始まった伝説では、

この日は人々を片っ端からつねる習性のある悪戯好きの妖精、 Leprechauns が出て来るそうです。

もし緑色の衣服を着ていれば、Leprechaunsにはその人の姿が見えなくなり、

つねられなくて済むので、この日は緑色の洋服やアクセサリーを身に着けると良いと言われています。



学校に行く子供を持っている親達は、子供に緑色の服を着せるか、何か緑色の物を持たせます。

そうでないと、妖精の真似をして、緑の物を身に着けていない子をつねる子供がいるからです。



大人達はパブやワインバーなどお酒の出る場所で、この日を祝うことが多いのですが、

これは聖パトリックがお酒の神様と言われているからです。


f0359879_23393531.jpg


この日、夫と私は馴染みのワイナリーのパーティに参加しました。

f0359879_23395677.jpg



私は誰かにつねられないように?…(^_-)-☆

スエードジャケットの下から、モスグリーン色のタートルネックの襟がのぞかせ、

茶色のロングブーツにセージグリーンの花柄スカートというスタイルで出かけました。



夫は緑色の物は何も持っていなかったので、普段通りの恰好です。


f0359879_23422049.jpg


f0359879_23424059.jpg


出されたアペタイザー:アイルランド伝統のパイだそうですが、名前を忘れました。

f0359879_23430969.jpg


暗くて色が分かりにくいのですが、

やはり緑色の洋服やアクセサリーを身に着けた人があちこちにいました。

f0359879_23443058.jpg


中でも私達の目を引いたのは、アイルランド移民のこのお二人です。

f0359879_23462394.jpg



最初は旦那様だけを見かけて

ブログを書いているから写真を撮らせてほしいとお願いしたら、

奥様も連れて来たいとおっしゃって、一緒に写真に入って頂きました。



この日は奥様の誕生日でもあるそうで、

毎年、二人でアイルランドの伝統的衣装を身に着けてパーティに行くのだそうです。


f0359879_23465607.jpg



横にいるのは娘さん、この日71歳になられたお母様へお祝いのキスです。

娘さんは世界中を回って仕事をされてるそうで、面白い話を一杯聞かせてもらいました。




写真には載っていませんが、この後ノルウェー人の祖先を持つ女性とテーブルをシェアして、

彼女からはノルウェーで迷子になった時の話を聞かせてもらいました。




11歳でおばあ様を訪ねてノルウェーに行った時、王宮の近くで迷子になり途方に暮れていた所、

偶然車でそばを通りがかった国王夫妻が彼女を見つけ、

おばあ様が迎えに来るまで王宮で保護してもらって、夫妻から温かいもてなしを受けたそうです。




いやはや、世間には色んな経験をする人がいるものですね。

f0359879_23523309.jpg


しっとりした音色のハープで奏でられるアイルランド民謡を楽しんだ後、

帰路に着こうと外に出てみたら、辺りはとっぷり暮れていました。

f0359879_00015664.jpg



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2018-03-24 05:10

前庭に春がやって来た!エリカ、水仙、クリスマスローズ



f0359879_00062051.jpg



ここ数年間、毎年この季節は日本へ遊びに行っていたので、コテージを留守にしていました。

春を告げる花、エリカや水仙を楽しむ前に日本に旅立ち、

花が終わる頃になって帰って来たのです。

f0359879_00065086.jpg



今年はインフルエンザの余波で恒例の日本旅行を中止したので、

数年ぶりにワシントン州の早春を楽しむことになりました。


f0359879_00070940.jpg



エリカやサクラソウが咲き、

アイリスやチューリップの芽が出て、大きくなっていくのを家の中から見ていましたが、




前の記事で言ったように、インフルエンザのトラウマで

風に当たるのが怖くなって、ずっと庭に出れなかったのです。

庭の写真を撮ったのもこれが今年初めて。


f0359879_00083335.jpg



ワイナリーの庭でクリスマスローズを見てから、

折角咲いても、誰にも愛でてもらえない我が家のクリスマスローズが気になりました。

f0359879_00095435.jpg



我が夫は毎日家の周りをウォーキングしてからジムに行ってますが、

彼は周りを見ずひたすら速足で歩くので、庭の些細な変化に目が行きません。




私が「アイリスの芽が出てるよ。クリスマスローズの花が咲いてるよ。」と言って初めて、

「それはどこだ?クリスマスローズって何だ?」と言うような人なのです。

リュックサックを背負って速足で歩く彼の姿に、「裸の大将」画家の山下清が重なって見える…



f0359879_00101188.jpg



夫は毎日最低2回はここを歩いていたのに、クリスマスローズに気付かなかった(・_・;)

おおらかと言うかなんと言うか…小さなことをまるで気に留めない。

それが彼の魅力だからいいのですが♡

f0359879_00451747.jpg
f0359879_00452724.jpg

f0359879_00445670.jpg


3年前、前庭ブロック塀の下にぐる~っと植えた14株のエリカ、

華やかで、離れた場所からもパッと目に入るのですが、

道がきついカーブになっているので、全体像が撮れなくて残念です。



f0359879_01482289.jpg

向こう側のエリカは8~9年前、柵の内側(右)に植えたもの、

とうの昔に柵を超えて歩道にはみ出している💦


f0359879_00124905.jpg


f0359879_00133014.jpg



玄関前の鉢植えチューリップ、

植える時は3月に日本へ行くので花が見れないかも?と心配でしたが、

旅行が中止になってラッキー?…花の初めから終わりまで見届けられそうです。



ほんの20分ほど前庭の草取りもして、スッキリ爽やかな週末でした✨





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村





語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。
米国人ネイティブスピーカー(ミモザの夫)も参加中です。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2018-03-21 02:03 | 前庭

ワイナリーの町へお出かけ




気が付くともう3月も半ば過ぎ、季節は冬から春に替わっています。

エキサイトブログで管理人になっているサークル「外国語を楽しむ」の活動は続けていたのですが、

ブログそのものは放置状態になっていました。読みに来て下さった方には申し訳ありません。




今まで何をしていたかと言うと、面白くないけど避けて通れない税金の確定申告や、

友人や夫と一緒に食事、ワイナリー等のお出かけ、




そして、私のインフルエンザが酷かったのは、日頃の運動不足もあったのではないか?と、

しばらく遠ざかっていた、(この辺りでは)レベルが高い卓球クラブに2年ぶりに復帰、

今まで通っていたのと合わせて週4日、4箇所の卓球クラブに熱心に通うようになったので、俄然忙しくなりました。




もう10日ほど前のことですが、ワインコレクションのピックアップのため、

ワインの町Woodinvilleにある老舗ワイナリー、シャトー・サン・ミシェルへ行きました。

f0359879_08480450.jpg


f0359879_08491044.jpg


渋い色のクリスマスローズ、

これを見て我が家のクリスマスローズはどうなっているだろう?気になりました。

庭も放置というか、風に当たるのが怖くてしばらく庭に出ていなかったのです。

f0359879_08513876.jpg


このワイナリーには試飲室がいくつかありますが、

ここは一番古くて、伝統的なインテリアです。

私的にはこの試飲室が一番好きかな?

f0359879_08514742.jpg


f0359879_08515954.jpg


広大な敷地には、ワインを手にして寛げる庭やパティオがいっぱいあるのですが、

この日、庭に座るにはちょっと肌寒かった。


f0359879_08484334.jpg


f0359879_08553597.jpg


ここはショップに繋がる通路、

夏には沢山の人がここに座ってワインを楽しんでいます。


ショップ内は去年大改築されて、伝統的なインテリアからモダンなものに一新されました。


f0359879_08581675.jpg

このワインラックに並んでいるワインは、ワイナリー内で醸造されたものばかりです。

f0359879_09065859.jpg

会員専用の試飲室


f0359879_09072271.jpg

世界中のワインを集めたワイン売り場


f0359879_09074484.jpg

f0359879_09075729.jpg



ガラス張りの部屋は高級ワインCol Solare を試飲するための試飲室です。

このワインはイタリア・トスカーナ地方のワインメーカーとのコラボで作られているので

試飲は会員でも有料+高額なので、パス。


大体私はワインの味よりもワイナリーの雰囲気を味わったり、インテリアや庭を見るのが好きなのです。




このワイナリーは全米各地だけでなく、カナダや日本からも沢山の訪問客が訪れます。

もしシアトル方面に旅行に来られるようなことがあれば、是非足を伸ばしてみて下さいね。

訪問客用のツアーや試飲に無料で参加できます。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2018-03-17 10:39 | ワイン、ワイナリー

基礎スペイン語講座修了



コスタリカ旅行が決まってから取り始めたedX無料オンライン講座(注:修了証書代は有料)、

スペイン・バレンシア工科大学の基礎スペイン語 1 が終了しました。


f0359879_06041235.jpg



実はこの講座をやり始めてしばらく経つと、

スペイン語の母音(日本語と全く同じ:ア、イ、ウ、エ、オ)が簡単過ぎて、

やり甲斐がないというか、面白くなくて、

スペイン語講座を取ったのは失敗だったかな?と思ったのです。



とは言え、Certificate(修了証書)を受け取るために40ドルを払い終えた後だし、

それを無駄にするのは勿体ないので、

修了証がもらえる点数だけ稼いであとは止めてしまおうとか、姑息な考えも頭に浮かびました。



この講座のハードルは低く、修了証を受け取るための合格点は100点満点中50点、

他の講座の合格点は大体60点~70点以上なので、

それに比べると随分ゆるくて、楽勝かな?…ナンて。



ゆるゆると勉強して、合格点まであと少しのところで(その時点では48点)、コスタリカに出発、

現地では、出発する間際に買ったスペイン語の旅行者用ハンドブックを

ハンドバッグに入れて持ち歩き、重宝しました。



スペイン語をほんの少し使うだけで、どこでも大歓迎されて、楽しい経験を一杯したし、

時には、そんな少しの知識だけで、困った状況を切り抜けられたのです。

(旅の後半はスペイン語を使うどころではなくなりましたが…)



アメリカに帰国してから、途中で止まっていたスペイン語講座のことが気になりました。

ところが、もう既に書いたように、インフルエンザの後遺症でゾンビのようになって、

講座を再開するどころか、何をする気力もなく、



このままでは修了証を取れずに終わるのかな?

ぼんやりそんなことを考えながら、毎日が過ぎて行きました。



少し元気になって出かけたレストランで、

私のことを覚えていたメキシコ人ウエイターさんにスペイン語で話しかけられて、

スペイン語を話す楽しさを思い出したことと、

「やっぱり諦めてはダメだ。」という気持ちが少しずつ沸いて来たので、



オンライン講座を再び開けてみたら…なんと!

試験の提出締め切りが、あと3週間余りに迫っていました(・_・;)💦



たかが無料オンライン講座でも、48点で終わるなんて嫌だな~と一発奮起158.png

飛び飛びですが、何日間か午前中に3時間ほど集中勉強して、

先日、無事修了証書を手にしました。


f0359879_06034115.jpg

(修了証の日付は合格点50点に達した日です。)



結局、成績は総合得点95点 (内訳:中間100点ファイナル93点)、

2つの試験の平均より総合得点が低いのは、ファイナルの比重が高いためです。

注:中間試験は誰でも満点が取れるような問題です。




既に取った他のedX講座、ハーバード大学の「世界文学」や、UCバークレーの心理学と比べると、

1/10にも満たない勉強量だったので、やった!という実感はイマイチ…




それでも夫に修了証を見せると、「よく頑張ったね!」バラをプレゼントされました。


f0359879_06042603.jpg


バラをもらうほどじゃないんだけどな…(〃▽〃)ポッ





今度はもっと真面目に頑張ってみたいと思って、

昨日、edXスペイン語講座、次のステップ「基礎スペイン語2」に登録しました。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ


[PR]
by mimozacottage | 2018-03-02 03:23 | 英語以外の外国語 | Comments(16)