「赤毛のアン」の島1~プリンスエドワード島を目指すまで★



突然ですが、4年前にタイムスリップして、

長い間書きたいと思っていた旅行記、

カナダのプリンスエドワード島のことを4回(予定)に分けて書きます。



今まで通り、コテージでの日常も記事にしたいので、旅行記は飛び飛びになると思いますが、

赤毛のアンのファンの方や皆様に楽しんで頂けたら、嬉しいです。

もう4年も前のことなので、記憶が薄れている部分もあり間違いを書くかもしれません。

間違いに気づかれた方、ご指摘頂けましたら幸いです。

f0359879_04103141.jpg

(プリンスエドワード島:アン博物館)



「赤毛のアン」の島、プリンスエドワード島(Prince Edward Island:以下PEI島)を

訪ねたのは2013年9月のことですが、

モンゴメリ作「赤毛のアン」に最初に出会ったのは1980年代、当時私は子供2人の若い母親でした。




「赤毛のアン」にのめり込んで、村岡花子訳の「アン」シリーズを読んだ後、

日本語訳が出ていたモンゴメリ全作品を 手当たり次第に読んでいきました。




それから数年後、PEI島の写真集が出て、

どのページも穴が開くほど見入った後は、

部屋の隅に「アン」コーナーを作って、椅子の上に写真集を飾っていました。




その時は、将来自分がそこへ行くことになるとは夢にも思わず、

写真集をそばに置いて、PEI島に行った気持ちになるのが精一杯、

つましい生活だったけれど、子供に囲まれ幸せでした。




その後シングルマザーになり、

2005年に今の夫と再婚してから、私の人生はガラリと変わりましたが、

それでもPEIへ行くことは、夢というより見果てぬ夢、

あまりにも長い間、憧れだけで満足し、夢を現実にしようとは思わなかったのです。




1年後アメリカに移住してからも、夫とはPEI島のことを話したこともなく、

島のことは半ば忘れかけていました。




アメリカに移住して3年目のある日のこと、英語の勉強のために、

”Anne of Green Gables" (「赤毛のアン」の原作)を声に出して読んでいて、

ふと気が付くと、傍にいた夫がそっと涙をぬぐっていました。




袖の膨らんだ服に憧れ続けたアンが、マシューからのクリスマスプレゼントに、

袖がふんわり膨らんだ茶色のドレスを貰う場面です。




夫が「赤毛のアン」を始めから聞きたいと言うので、次の日からまた最初に戻り、

夏は木陰のベンチで、冬は暖炉や薪ストーブの傍で、

私が読む ”Anne of Green Gables" に耳を澄ませながら、夫は時々発音を直してくれました。

結局二人でその本を2回読み終え…彼はアンの大ファンになったのです。




再婚で人生はガラリと変わったものの、

”夢は叶わぬもの” という長年の諦め癖が抜けないのか?

それとも長い間の夢を 完全に断ち切られるのが怖かったからなのか?




それからも「PEI島に行きたい。」と口に出してみることもなく月日は過ぎて、

4年前の春、突然夫がこんなことを言いました。

「旅行先はいつも俺が決めてるから、今度はミモザの行きたいところへ行こうよ。

一番行きたいところは何処?南極でもいいよ。」




「一番行きたいところ?それは子供の傍よ。その次に行きたいところはプリンスエドワード島よ。」

(その年は息子が日本に就職した年で、あとの子供もアメリカ以外の国に住んでいました。)

子供の傍へ行きたかったのは本当ですが、PEI島は半ば冗談で言ってみました。




「プリンスエドワード島?いいね~!秋に行こうよ。」

突然、まるで冗談のように、長年の夢が叶うことになったのです。


f0359879_01402090.jpg



2013年9月3日、シアトル空港からデトロイト経由で、カナダのHalifax(ハリファックス)空港まで飛び、

ハリファックスからレンタカーでPEI島を目指しました。


f0359879_01560974.jpg


PEI島についてすぐ、シーフードの店でランチを取り、


f0359879_02424552.jpg


4泊予定のロッジへ着きました。
(その日は曇りだったので、この写真は別の日に撮りました。)



f0359879_01555537.jpg


f0359879_01584068.jpg


(私達のロッジです。)



「赤毛のアン」の家がある「アン博物館」までは、ここから車で5分、

庭の向こうは海になっていました。


f0359879_04404288.jpg

(ロッジの庭から撮った写真:PEI島に着いて3日目)


部屋に荷物を運び入れると、私はすぐさまアンの家まで飛んで行きたかったのですが、

「アンの家へ行くのは明日にしようよ。」夫が言うので、その日はじっと我慢(;´・ω・)

近くを散歩して、夜はシーフードのお店でロブスターを食べました。

(その⓶に続きます。)

f0359879_02032468.jpg


(ロッジのキッチンとダイニングルーム:自炊ができました。)


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
# by mimozacottage | 2017-12-21 04:30 | 赤毛のアン | Comments(6)

新しいコーヒーテーブル☆



夫からのクリスマスプレゼントが届きました。

f0359879_02181096.jpg


ず~っと憧れ続けた Pottery Barn のコーヒーテーブルです。

Pottery Barn はアメリカを拠点とする家具店で、

上質でシンプルなデザインの家具や雑貨、寝具等を扱っています。




家の中にいる時、大体私はここ(家族用リビング)で過ごしているのですが、

今まで使っていたテーブルは夫が20年数年前に購入した物で、精巧な飾りがついています。

f0359879_02185677.jpg


f0359879_02191918.jpg


大き過ぎる、装飾がゴテゴテ、テーブルに置いたガラスが気疲れするなどの理由で、

私は好きになれず、小さめであっさりした木のテーブルがほしかったのです。



かと言って、あまりお金をかけたくもなく、地下室を探してみると、

夫が捨てたいと言っていた作業机が目に留まりました。

これは何十年も昔、貧しかった夫が有り合わせの材料で自分で手作りした机です。


f0359879_02195015.jpg

(ただ今、夫は断捨離中)


引き出しがついて、大きさも理想的…何より手作りの温かみがあります♡



脚を低いテーブル用のお洒落なものに替えて、白いペンキを塗って使いたいと夫に言ったら、

彼は「あれは粗末でカッコ悪いから、リビングには絶対置きたくない。

今のテーブルでいいじゃないか、どこが悪いの?」と言います。



二人の意見はどこまでも平行線だったので、夫の意見を聞いて、仕方なく大きいテーブルを使い続けました。



ですが、フレンチカントリーへの憧れが日に日に強まっていたミモザは、今春ついに爆発(# ゚Д゚)。

「このテーブルをいつまで我慢しなきゃいけないの?私の趣味じゃないわ。」と言うと、
(家族用リビングを使うのは主に私です。)


彼は、「じゃ、このテーブルを誰かに譲って、好きなテーブルを新しく買ったらどう?

古い作業机を使うのは絶対ダメだ。」と言います。



嬉しさ半分、作業机をリメイクできない残念さ半分…

とにかくPottery Barnで探してみると、

好きなコーヒーテーブルが見つかったのですが、やっぱりお高い!(*_*;



「作業机のリメイクは楽しそうなんだけどな~!」と思いながら、セールを何か月も待っていたら、

先月、「見切り品に付き 返品不可」の条件が付いて、今までの最安値で売りに出ていました。



「ああ、待った甲斐があった!今まで売れなくてよかった~!」と思う反面、

贅沢かな?という気持ちもまだあって、どうしようか?と揺れ動く。

夫に相談すると、「買えばいいよ、クリスマスプレゼントだよ。」とツル?の一声。



「嬉しい♡ありがとう~(^^♪」

私はインテリアと庭にはこだわりがあるものの、

ブランド物や宝石には興味が無く、そのようなプレゼントはいらない。


f0359879_02221247.jpg


そしてついに、待ちに待った ”あっさりテーブル” が届きました。

二つの引き出しと低い棚がついて、引き出しは両側から(こちら側と向こう側)開けることが出来、

材質は天然のマホガニーです。

f0359879_02244992.jpg


TVのリモコンやコースターなどテーブル周りで使う物を

片付けられる引き出しが欲しかった!

f0359879_02253131.jpg

(棚には読みかけの本を置くつもり)



テーブルが届いた時の夫の反応は、「おお~ッ、素敵じゃないか!」



…だけど彼は、素敵なテーブルを「飯台(はんだい)」と呼ぶのですよ( ノД`)

こんな言葉、日本ではとうの昔に「死語」ですよね!?

夫は「この飯台なら、座布団敷いて、皆で鍋が囲めるぞ~!」と大喜びしております。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
# by mimozacottage | 2017-12-20 04:44 | リビングルーム

コテージに引っ越して11年



この家に引っ越して今日で11年になりました。

私達がここに住むようになってから、中も外もずいぶん変わったので、その変化を比べてみました。



今は白い壁がすっかり馴染んでいるコテージですが、

この家を買った時、家の外壁は土色でした。


f0359879_02332871.jpg


裏庭はどうなってたかと言うと、

落ち葉がうずたかく積み重なって、長い間見捨てられていたような感じでした。


f0359879_01521396.jpg

(2006年11月:不動産屋さんの案内で初めて家を見に来た時)



ガーデニングに丁度良い広さの庭や、家の間取りなどが気に入って

この家を買うことに決めた後、

引っ越し用のトラックを借りて、運転手さんとも契約を結んだのですが、

引っ越し予定4日前になって、計18名の死者を出した突風がワシントン州を襲いました。




当時住んでいた所も引っ越し先の町も結局停電が7日半続き、一時はどうなることかと思いましたが、

引っ越しは予定通り行った方が良いということで、停電のさなかに強行しました。


f0359879_02530153.jpg

(2006年12月15日:ワシントン州を襲った突風の翌日)



引っ越し後、私の庭仕事は落ち葉の片づけから始まりました。


f0359879_02493408.jpg

(2007年2月の裏庭)

f0359879_02581687.jpg

(2012年春:裏庭西)


この辺りは西隣の大木の陰になっていたので、シェードガーデンにしていましたが、

2014年4月にお隣さんが木を切り、日が当たるようになったので、

シェードガーデンをホワイトガーデンに変えました。


f0359879_11324415.jpg

(2017年6月)


今年はホワイトガーデンをさらにブルーガーデンに変えましたが、

それがどうなるかは来年のお楽しみ☆彡

そして、こっちは引っ越し2か月後の裏庭の南側です。


f0359879_02553642.jpg

(2007年2月:裏庭の南側)


f0359879_03011861.jpg

(2012年6月:裏庭の南側)



イングリッシュガーデンに憧れていた頃です。

アーチはその後萌黄色というのかな?渋明るい黄緑に塗り替えました。



南門は、白いアーチを取り付け、バラ(クイーン・エリザベス)を絡ませていましたが、

巨大になって、風が吹く度にバラの枝がアーチを揺すぶり、ギシギシ音を立てるので、

前庭の工事の時、アーチとバラを取り除いてもらいました。




f0359879_03063819.jpg
(2012年7月:南門)





f0359879_04032380.jpg

(2014年8月:南門)



引っ越して来た時、前庭はどうなってたかと言うと…

コテージの前の持ち主(2代目)はガーデニングに全く興味がなかったらしく、

玄関横の花壇は土や花の代わりに、砂利が大量に詰め込まれていました。




私が前庭で最初にした仕事は、

醜い砂利や下に敷いてあったビニールを取り除いて土を入れ、

花壇を元に戻すことでした。


f0359879_02564795.jpg

(2007年2月:玄関横の花壇)



f0359879_03161476.jpg

(2012年6月:玄関横の花壇)


f0359879_07454538.jpg

(2016年6月:玄関横花壇)


前庭は2014年7月~8月に大掛かりな工事をして、ガラッと生まれ変わりました。


f0359879_04095740.jpg

f0359879_04100800.jpg

(2014年6月:工事前のドライブウェイと前庭)


f0359879_04102051.jpg

(2014年7月:前庭の工事中)


f0359879_02525065.jpg


f0359879_02534006.jpg

(2016年7月:前庭)


今はモグラに荒らされてボロボロになっている芝生、

1年半前まではこんなに綺麗だったんだ…(@_@)

前庭が生まれ変わったことより、今の芝生と1年半前の芝生の違いにビックリでした。(^^;)


今日はコテージの11年の歩みに付き合って下さって、ありがとうございました✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-12-19 05:59 | 裏庭全体

日本人友人夫妻の家にお呼ばれ+夫の料理




先日、夫の日本人友人夫妻からディナーの招待がありました。

妻の私が言うのはヘンかもしれませんが、夫は日本語を流暢に話すだけでなく、

日本文化を敬い日本人との付き合い方をよく知っているので、沢山の日本人友達がいます。



招待して下さった旦那様Aさんは夫の元同僚で、

和服の似合う奥様B子さんは、はんなりとした京美人です。



二人は、殺処分を受ける運命だった2匹の猫を家族にして、

旅行に出かける時も、猫を人に任せたくないと言う理由で夫婦別々に行かれるほど猫中心の生活、

猫ちゃん達はそれはそれは大事に育てられています。



B子さんが「私達が普段食べてるものばかりなんですよ。」と言いながら、

美しい和風のテーブルセッティングに並べられたお料理です。


f0359879_03054613.jpg


B子さんのお寿司と豚汁:ほっこりするような優しいお味でした♡

f0359879_01163233.jpg


旦那様Aさん作の餃子:こんがりと綺麗な焼き色で味も超美味♡

f0359879_01160632.jpg



夫が持って行ったのはピーマンの詰め物で、大好評でした。


ミモザはポテトサラダと

「何とかの一つ覚え」でイチゴ大福を作りましたが、この2つの写真は省略します。



4人で健康保険制度などアメリカの社会問題や趣味の話等、おしゃべりに花が咲きました。



日本に住んでいる人は、病気になったら、大体誰でも医者に掛かれる良い保険制度がありますが、

アメリカはお金のことが心配で医者にかかれない人が多いのです。

10数年前のことですが…虫歯の痛みに耐えられなくなった南部の州に住む農夫が、

銃で自分の歯と顎を撃ち抜いて重症を負うという事件がありました。



日本やその他、良い保険制度のある国に住んでいる人達にとっては、

「そんなことをするより、すぐ歯医者に行けばいいのに…」と笑いたくなるような話ですが、

アメリカの健康保険代は高く、保険無しの歯の治療は目の玉が飛び出るほど高いので、

冗談抜きで全財産を失うほどになることがあります。



だから虫歯の痛みに耐えかねて、銃で自分の歯を撃ち抜くという事件は笑うに笑えない話で、

「虫歯を治療するより、銃を買う方が安くて簡単」というのが、そもそも問題なのです。



早期リタイヤし裕福な暮らしをされてる友人夫妻や、

一応生活に困ってない私達夫婦がアメリカの健康保険制度を憂えて、

良い保険制度が出来たら一番恩恵を受けると思われる

生活困窮者の人達が保険制度に無頓着という、アメリカ社会の矛盾です。



B子さんと私は文学、フランス語、ヨーロッパ旅行の趣味が一致するので話が弾み、

夫達二人は何やら話していて、楽しい時間があっという間に過ぎました。



さて、下の写真は、夫が私達二人のために家で作った最近のディナー2食です。


f0359879_01233288.jpg

ステーキ、ローストブロッコリー、ビーツ(赤かぶ)

f0359879_01235190.jpg

生ハム巻きチキン、ズッキーニパスタ、ローストポテト

f0359879_01241501.jpg



生ハム巻きチキンは夫のオリジナルで、

チキンの中に青じそペーストとチーズが入っています。

青じそは家庭菜園でとれたものを夫がペーストにし冷凍してました。



とても美味しくて目新しいので、ベタ褒めせずにはいられません。

チキンは薄味なのですが、生ハム、青じそペースト、チーズに含まれる塩分とのバランスが絶妙でした。



ミモザが「凄~い!オリジナルでこんな料理を作ったの?」と言うと、

夫は「色んなレシピの寄せ集めだよ。110.png110.png」と照れていました。

私より5歳年上で見た目も中身も頼もしい人ですが、こんな時の彼はとても可愛いです♡(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
# by mimozacottage | 2017-12-18 04:07 | 友人、ホームパーティ

新しいハーブガーデンがここまで出来ました☆




裏庭の3つのガーデン(ブルーガーデン、ポタジェ、アイリスガーデン)に

囲まれた場所で作り始めたハーブガーデンは、

毎日少しずつ取り組んで5日間、結構それらしい形になってきました。



作業2日目:右上ブロックの向こう側がブルーガーデン、左上ブロックの向こう側がポタジェです。


f0359879_02100212.jpg



円形のハーブガーデンを作りたいので、丸い輪郭を作って、

ツルハシを使って芝生を剥がしています。



芝生を剥がしてハーブガーデンを作ろうと思ったきっかけは、

最近よく読んでいるロザリンド・クリージーさんの本です。

カリフォルニア在住の著者は「自然環境を守るガーデニング」を提唱されている有名ガーデナーの方です。



庭の芝生の面積を減らして、野菜やハーブを育てることで、

野菜を大量生産するために使われる農薬や、

スーパーで野菜を売るために使われる二酸化炭素の排出量を減らすことができると仰っています。



f0359879_09192145.jpg

(ロザリンドさんの家の前に作られたハーブガーデン:
On P.101 of "Edible Landscaping” by Rosalind Creasy)



アメリカでは庭の芝生の美しさを追求する人が多く、

ハーブや野菜は、裏庭の人目に触れない所に持ってくる庭作りが多いのですが、

一般家庭で野菜を栽培することの重要性を説くロザリンドさんは、

ご自宅の前庭に、野菜と花が混在する美しい庭を作っておられます。




私の庭は作業5日目:希望していた形や大きさになりました。


f0359879_02175007.jpg



剥いだ芝生を捨てる時、芝生についている土をなるべく落としたいので、

芝生を裏返しにして草刈り鎌でトントン叩いていきました。この作業は結構時間がかり、

寒い中で何日かやっているうちに、左手小指にしもやけが出来てしまいました。



こんなことになったのは小学校低学年以来、〇十年ぶりです。(*‘∀‘)

久し振りのしもやけを体験して、

雪の降る日に、母に作ってもらった頭巾と手袋をして学校に行ったことを思い出しました。



働いていた母に代わって面倒を見てくれていた祖母は、

学校から帰って来た私の手を取って、「ありゃりゃ、ミモザちゃんの手は凍えとる。」と言って、

両手を擦って暖めてくれたのですが、左手はしもやけになってしまったのです。


f0359879_02185807.jpg


さて、昔話はそれくらいにして…


芝生を剥がし終えた後は、レンガを積んでガーデンの枠を作るつもりでしたが、

セメントに含まれる水が凍ると、セメントの質が悪くなるらしいので、

その仕事は春まで待った方がいいのかな?と思っています。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにて語学サークルを始めました。
語学に興味がある方や英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
# by mimozacottage | 2017-12-17 04:17 | ハーブガーデン