あらゆる可能性が開かれる~本の紹介



右足が使えなくなって、読書の時間が出来ました。



こうなるまでは、居間に座って本を読んだりブログを書いていると、

「こんなことしてていいのかな?他にしないといけないことがあるんじゃないか?」

何となく居心地が悪いと言うか、ちょっと罪の意識を感じていたのです。



ところが今は右足をソファに投げ出して座っていることが、私の一番大事な仕事なので、

ブログも心置きなく書けるし、本も読み放題!

これを文字通り「怪我の功名」と言わずして、何と呼ぼう?

f0359879_07201263.jpg



大晦日に、国連の女性問題親善大使であり、映画「ハリーポッター」のヒロイン役で有名な女優、

エマ・ワトソンが主催する読書クラブの12月の課題図書、

”Mom& Me& Mom” を読み終えました。



Product Details



私がこの本を読もうと思ったのは、トランプがアメリカの次期大統領に決まってからでした。




彼が選挙に勝ってから、アメリカはこれまで以上に知性の欠けた嫌な国になりましたが、

かと言って、このまま黙って厭世的に生きたいとは思いません。

こんな時だからこそよけい、

たくさんの人が幸せに生きるために、私は何ができるのか?と問いかけています。




さて、著者のマヤ・アンジェロウ(Maya Angelou)は、

1928年ミゾリー州セントルイス生まれのアフリカンアメリカン。

3歳の時に両親が離婚して、アーカンソー州に住む父方の祖母に育てられました。




8歳で母親に引き取られて間もなく、母ビビアンの同棲相手にレイプされ、

彼(レイプ犯)が謎の死を遂げた後にマヤは失語症になって、再び祖母の元へ送られました。




自分の声を取り戻した後、14歳で再度ビビアン(母親)と一緒に住むことになりましたが、

一緒に暮らす実母を「お母さん」とは呼ばないで、遠慮がちに「レディ」と呼んで距離を取ります。




マヤは独立心が強い女性に育ち、黒人女性として初めてバスの車掌に応募、採用されますが、

16歳で未婚のまま妊娠、高校を卒業した3週間後、17歳の時に長男を出産します。




この時母ビビアンは完全に娘マヤの側に立ち、

未婚の母になった娘に対して一度も非難の目を向けたりすることはなく、

かえって、マヤが自分自身を卑下したり、惨めに思わなくてすむよう、

娘と生まれてきた孫を支え、溢れんばかりの愛情を注ぎます。




母親のそんな態度に尊敬を持ち始めたマヤは、彼女との距離を縮め、

彼女のことを初めて「お母さん」と呼ぶようになります。




自分の愛欲のために子供を犠牲にするとんでもない母親だったビビアンも、

娘が子供を持つ時には、誰もが真似できないような立派な母親になって全力で娘をサポートしたのです。

そして最期は、一度は捨てた娘マヤに温かく見守られながら、息を引き取りました。




著者マヤ・アンジェロウはバスの車掌さんから始まって、

シングルマザーとして子供を養育するために、ありとあらゆる職業を経験した後、




文学の素養を生かして作家になり、(文学の素養は声を失った子供時代に培われた)

劇、詩、作詞、自伝等の著述活動だけでなく、

歌手、女優、映画製作者、大学教授としても成功を収めます。




それと同時に、人種差別や女性差別の撤廃を求めて声を上げ、

60年代はキング牧師やマルコムXと行動を共にしました。




近年ではビル・クリントンの就任式でリサイタルした詩が1995年のグラミー賞を受賞、

2014年のマヤの死に際しては、

ビル・クリントン、オペラ・ウインフリー、ミシェル・オバマが彼女の死を悼むスピーチをしています。




彼女の人生の幕開けは、これでもかというほど暗いものでしたが、

後年の成功を見れば、「どんな人生も勇気を出して歩いていけば、あらゆる可能性が開かれる。」

そして、「人を許すことは自分の幸せに通じる。」と教えられた一冊でした。




では皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!





応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-03 08:00 | 本、映画 | Comments(4)

夫が作った年越し蕎麦とお雑煮(料理部門)

第一回プラチナブロガーコンテスト



金髪碧眼の夫はどこからどう見ても典型的な白系アメリカ人。

だけど、和食が大好きで、

日本式のお正月を毎年楽しみにしています。




今年は私がキッチンに立てないので、お節はお店に発注しましたが、

年越し蕎麦とお雑煮はどうしたらいいのでしょう?




「年越し蕎麦とお雑煮ぐらい私が作れるんじゃないかしら?」私が言うと、

「いや、君は無理しちゃだめだよ。俺が作るから。」夫は言います。




彼は週1~2回のペースで夕食を作りますが、

和食はこれまで一度も作ったことがありません。('◇')ゞ




10年ほど前、「味噌汁だったら作れる。」と言うので、1度だけ作ってもらったら、

”出汁を取って味を出す”ということを知らなかったようで、

中鍋に溢れる位たっぷりとお湯を沸かし、味噌だけを入れてグツグツと煮てありました。




それ以来、和食の担当は専ら私、夫が食事を作る時は洋食と決まっていました。




さて大晦日の夜、夫がどうしても年越し蕎麦は自分が作ると言い張るので、

私はアドバイスだけをすることに…




とは言え、夫がキッチンを離れた隙に、

水と昆布とパック式の天然出汁(鰹節や煮干しを刻んだもの)の入った鍋を用意しました。




「蕎麦を茹でるのはパスタを茹でる要領で。

蕎麦のお湯が沸くまでに、中に入れる具を用意する。はい、次は…」

若いお嫁さんに厳しい目を光らせる姑のごとく、夫の傍で松葉杖をつきながら指図する私(;・∀・)



f0359879_03241118.jpg



ダーウィン君(夫の愛称)、「姑」のいびり?にも負けず頑張ってくれました。



「そうか、君の美味しい蕎麦はどうやって作るのか?

…今まで凄いミステリーだったけど、これでやっとわかったよ!」



ミステリーねえ、…(^ー^* )フフ♪

夫が作った蕎麦は、とてもとても美味しゅうございました!



f0359879_03250134.jpg




なんと!年越し蕎麦の後には、

日本料理店で買ってきたプリンも出て来ました。




年が明けた次の朝も、松葉杖をつく「姑」の傍で「若いお嫁さん」の修業は続きます。

「昆布と鰹(パック)で出しをゆっくり取りながら、その間に中に入れる具を用意して…」(;^_^A

夫は汗をかきかき、私の言う通りに頑張って動きました。



そして、できたお雑煮はこちらです。↓


ジャーン!


f0359879_03254256.jpg


(人参を梅花型に切るのだけは姑≪私≫が手伝いました。)


お雑煮に入れた三つ葉は室内の植木鉢で育てたものです。


f0359879_03252461.jpg



「ダーウィン、頑張ってくれてありがとう~!う~ん、料亭の味~💛」


ダーウィン&ミモザ家は今年も無事、日本式のお正月を迎えることが出来ました。




では皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!





応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ








[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-02 06:29 | 料理 | Comments(10)

今年のおせち


新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

アメリカはまだ2016年の大晦日ですが、日本ではもう新年が始まっていますね。




年末の足の手術でご心配頂いた方には、本当にありがとうございました!

お陰様で痛みもなく、順調に回復しています。

痛み止めを飲んでもないのに、不思議なほど痛みが無いのです。




ところで、お正月の料理と言えば、お節ですね!

私はお節料理を作るのが大好きなので、

アメリカに引っ越しても毎年作り続けていました。




暮れの足の手術も、お節を作りたいがために本当は年明けに伸ばしたかったのですが、

いろんな理由で料理より手術を優先することになったので、




今年は隣町にあるお弁当屋さん(日本料理)のおせちを注文し、

先程、夫が受け取りに行ってくれました。


f0359879_07402950.jpg
f0359879_07404834.jpg


折角ですから、お重に移し替えましょう。(順番は滅茶苦茶ですよ)


f0359879_07412522.jpg
f0359879_07411173.jpg
f0359879_07413976.jpg

これで62ドル(7000円ぐらい?)のお値段です。悪くないと思いませんか?

沖縄県出身の板前さんが作られました。

お陰で今年も無事に、(お節付きの)お正月を迎えられます!(^^)!




プロの手によるお料理を見て頂いた後で、自分の駄作を見せるのは少々気が引けるのですが…

2011年と2012年に自作したお節の写真が残っていたので、それもアップしてみます。


f0359879_07502857.jpg

(2011年のおせち:紅白蒲鉾を除いてあとは全部手作りです。)

やっぱり地味だな~☆彡


f0359879_07481524.jpg

(2012年のおせち)


それでは、皆様にとって今年も良い年になりますように…






応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-01 08:16 | Comments(8)

子供達への遺言と初めての松葉杖(くらし部門)

第一回プラチナブロガーコンテスト



昨日、12年前に亡くなった母が夢に出てきた。

母は新しく引っ越した自分の住まいに、私を迎え入れるための準備をし畳を新しくしていた。

さっぱりしたイ草の香りが、目覚める前の私の鼻にプンと届いたほどリアルな夢だった。




「出発前に、子供達へ遺言を残しておいた方がいいのかな?」

…半ば本気でそう思った。

昨日は足の手術を受ける日だったからだ。




手術そのものは簡単だから、子供達には知らせていなかったが、

朝、母の夢を見てから、

軽い手術と言っても全身麻酔を使うから、リスクが0%だとは言えないと思った。




とは言え、ぎりぎりの時間に起きたので、

身支度をしてから、シーツの取り換えやベッドメーキングで時間を取られ、

「遺言」を書く時間がなくなった。(法律関係の遺言は3年前に弁護士へ提出済み)




夫は言った。半ば笑いをこらえて、半ば真剣に…

「君の子供達のことは俺が最後まで見守るから、何も心配しなくていいんだよ。」

「ありがとう。」…私は本当に安心した。




病院での手術は11時過ぎに始まり、1時間ちょっとで終わった。

目が覚めると、麻酔科の医師が私の手を握り、

傍にいた3、4人の看護師さんもニコニコしながらこっちを見ていた。




「ミモザ、よく頑張ったわね。あなたは素晴らしい患者さんだわ!」

私は何も頑張ってない。

ただ眠っていただけだけど、握られた温かい手と笑顔が嬉しかった。


f0359879_07075107.jpg

(看護師さん達から頂いた寄せ書き)


次に「回復ルーム」に移って、

退院患者の世話をする看護師さんから、松葉杖の使い方の説明を聞いた。

「階段は松葉杖を使わないで、お尻と手を使って滑るように上がり下りすると楽よ。」




”Sounds Fun!(それは面白そうだわ!)"…私が言うと、

それまで真面目な顔で話していた看護師さんがプッと噴出した。




私の英語はまだまだ勉強中、

この10年間半余りのアメリカでのサバイバル生活は、主にユーモアで切り抜けてきた。

そばで聞いていた夫も笑った。


f0359879_07084418.jpg


家に帰ると早速、お尻と手を使って階段を滑り上がり、

瓦斯ストーブ近くのソファを自分の新しい本拠地に決めた。

ここだとキッチンにもベッドルームにも近くて、暖かい。


f0359879_07072486.jpg


夫は甲斐甲斐しく面倒を見てくれ、夕食にはピザを作ってくれた。

彼はいつも優しいが、手術を受けた後の私に対しては、まるでプリンセスのように扱う。


f0359879_07071082.jpg

(夫が作ったピザ:冷凍ピザではなく、ピザ専門店から生地を買い好みの具を乗せて焼いた。)




松葉杖は少し練習したら、うまく歩けるようになった。

脇の下に当たる部分に体重を乗せて移動するのでなく、

手と腕に力を入れて、腕で体重を支えながら移動すると上手くいくそうだ。




初めは難しかったが、言われた通りにやってみると体が安定し、

腹筋と腕の力を使う、良いエクササイズになると思った。

腹筋を使うのはダイエットに良いし、腕の力が強くなれば卓球に生かせる。




だけど仰々しいブーツを履いて、床の物を松葉杖の先で動かしたりする今の私は、

卓球選手というよりも、アイスホッケー選手に近い。

f0359879_07073797.jpg

(変な恰好でごめんなさい。しばらくはこの体勢で過ごさないといけないのです。)



ひと休みして夜になってから、

子供達にラインで手術のことを初めて知らせた。




ヨーロッパに住んでいる娘は休暇でパリに滞在中、

シンガポールに住んでいる下の娘は、忙しい仕事がやっと終わって一休み中、

末息子は台湾の出張が終わって、日本へ帰って来たばかり…




ふう~ッ…相変わらずみんな世界で羽ばたいてるね~!




パリに滞在している娘は、現地で小2の息子が熱を出したので、ホテルに缶詰めになっているそうな。

シンガポールの娘は電話をかけて来て、二人で2時間以上もお喋りをした。

息子は、「ダーウィンさん(夫)に良くしてもらって、安心してる。暖かくして休んで。」とラインをくれた。




「心の優しい子に育ってくれてありがとう!

あなた達の母親になれたことが私の1番の自慢です。」

子供達への「遺言」で言いたかったのはそれだった。





それでは皆様、今年はコメントや応援をたくさん頂いてありがとうございました。

皆様とお会いできて幸せでした。来年もどうぞ良いお年をお迎え下さいね!




応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ




[PR]
# by mimozacottage | 2016-12-31 07:18 | 家族 | Comments(10)

キッチンパントリーの大掃除




仕事でクリスマスも休めないほど忙しかった娘から、

今から最低限の大掃除とお節の準備をするとメールが来ました。




じゃ、私も頑張らないと…重い腰を上げました。

「負うた子に教わる」とはこのことです。




今年やろうと思っていた大掃除はパントリー、地下の物置、自分の部屋です。

まずは一番気になっているパントリーから…

賞味期限の点検をしながら片付けた後、棚や壁に掃除機をかけて水拭きしました。




うちのパントリーは問題点が2つあります。

1.夫と私は全く違った料理をし、ソースやスパイスの好みも違うのでストックの種類が多い。

2.月2回行く日本食品店は品切れになると長い間補充がない…買いだめが多少必要。


f0359879_15071025.jpg


この2つの問題点で、パントリーはパンク寸前だと思っていましたが、

しっかり片づけてみると、少し余裕があります。

f0359879_04291249.jpg


全体像を撮ろうとすると、廊下の壁が邪魔になって斜めにしか撮れません。

f0359879_04174105.jpg

う~ん、空き箱収納なので、形が不揃いで色が煩い。

…「美しい収納」とは程遠いですね(-_-;)。


f0359879_04182198.jpg

(上から1段目と2段目)

f0359879_15082408.jpg

(3段目、4段目)

f0359879_15142331.jpg
(5段目、6段目:1番下はキッチンの掃除道具や空き瓶、ダイニングルームで使うキャンドル等を収納)




改善しないとといけない点は、5段目の端に置いたレジ袋用の箱!…2つもあります。

プラスチックゴミを増やしたくないので、普段は布製袋を持って買い物に行くのですが、

持ち合わせが足りない等、やむなく受け取ったレジ袋が溜っていました…反省(-_-;)




できるだけ環境を汚さないようにレジ袋を減らすには、このまま捨てるより、

何かに使って、あとは出来るだけ受け取らないこと。




私がこんなにプラスチックにこだわるのは、ハーブ研究家ベニシアの影響があります。

彼女は少しお姉さんですが、二人ともまだ20代の頃京都で出会いました。

環境保護のことをほとんど何も知らない私に、プラスチックの害を教えてくれたのが彼女です。




さて、これ以上食品のストックを増やさないことを気を付け、

将来的には、お揃いの整理箱を使って(木製か紙製?)、

色の煩くない美しいパントリーを目指したいです。




恥ずかしながら、私は片付けが得意ではありません。

もし、「こうやった方がいいのに…」と思われる方がいらっしゃいましたら、

アドバイス頂けると幸いです。



では皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!





応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ







[PR]
# by mimozacottage | 2016-12-29 05:02 | キッチン | Comments(10)