タグ:インテリア ( 38 ) タグの人気記事

ワイナリーの町へお出かけ




気が付くともう3月も半ば過ぎ、季節は冬から春に替わっています。

エキサイトブログで管理人になっているサークル「外国語を楽しむ」の活動は続けていたのですが、

ブログそのものは放置状態になっていました。読みに来て下さった方には申し訳ありません。




今まで何をしていたかと言うと、面白くないけど避けて通れない税金の確定申告や、

友人や夫と一緒に食事、ワイナリー等のお出かけ、




そして、私のインフルエンザが酷かったのは、日頃の運動不足もあったのではないか?と、

しばらく遠ざかっていた、(この辺りでは)レベルが高い卓球クラブに2年ぶりに復帰、

今まで通っていたのと合わせて週4日、4箇所の卓球クラブに熱心に通うようになったので、俄然忙しくなりました。




もう10日ほど前のことですが、ワインコレクションのピックアップのため、

ワインの町Woodinvilleにある老舗ワイナリー、シャトー・サン・ミシェルへ行きました。

f0359879_08480450.jpg


f0359879_08491044.jpg


渋い色のクリスマスローズ、

これを見て我が家のクリスマスローズはどうなっているだろう?気になりました。

庭も放置というか、風に当たるのが怖くてしばらく庭に出ていなかったのです。

f0359879_08513876.jpg


このワイナリーには試飲室がいくつかありますが、

ここは一番古くて、伝統的なインテリアです。

私的にはこの試飲室が一番好きかな?

f0359879_08514742.jpg


f0359879_08515954.jpg


広大な敷地には、ワインを手にして寛げる庭やパティオがいっぱいあるのですが、

この日、庭に座るにはちょっと肌寒かった。


f0359879_08484334.jpg


f0359879_08553597.jpg


ここはショップに繋がる通路、

夏には沢山の人がここに座ってワインを楽しんでいます。


ショップ内は去年大改築されて、伝統的なインテリアからモダンなものに一新されました。


f0359879_08581675.jpg

このワインラックに並んでいるワインは、ワイナリー内で醸造されたものばかりです。

f0359879_09065859.jpg

会員専用の試飲室


f0359879_09072271.jpg

世界中のワインを集めたワイン売り場


f0359879_09074484.jpg

f0359879_09075729.jpg



ガラス張りの部屋は高級ワインCol Solare を試飲するための試飲室です。

このワインはイタリア・トスカーナ地方のワインメーカーとのコラボで作られているので

試飲は会員でも有料+高額なので、パス。


大体私はワインの味よりもワイナリーの雰囲気を味わったり、インテリアや庭を見るのが好きなのです。




このワイナリーは全米各地だけでなく、カナダや日本からも沢山の訪問客が訪れます。

もしシアトル方面に旅行に来られるようなことがあれば、是非足を伸ばしてみて下さいね。

訪問客用のツアーや試飲に無料で参加できます。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2018-03-17 10:39 | ワイン、ワイナリー

新しいコーヒーテーブル☆



夫からのクリスマスプレゼントが届きました。

f0359879_02181096.jpg


ず~っと憧れ続けた Pottery Barn のコーヒーテーブルです。

Pottery Barn はアメリカを拠点とする家具店で、

上質でシンプルなデザインの家具や雑貨、寝具等を扱っています。




家の中にいる時、大体私はここ(家族用リビング)で過ごしているのですが、

今まで使っていたテーブルは夫が20年数年前に購入した物で、精巧な飾りがついています。

f0359879_02185677.jpg


f0359879_02191918.jpg


大き過ぎる、装飾がゴテゴテ、テーブルに置いたガラスが気疲れするなどの理由で、

私は好きになれず、小さめであっさりした木のテーブルがほしかったのです。



かと言って、あまりお金をかけたくもなく、地下室を探してみると、

夫が捨てたいと言っていた作業机が目に留まりました。

これは何十年も昔、貧しかった夫が有り合わせの材料で自分で手作りした机です。


f0359879_02195015.jpg

(ただ今、夫は断捨離中)


引き出しがついて、大きさも理想的…何より手作りの温かみがあります♡



脚を低いテーブル用のお洒落なものに替えて、白いペンキを塗って使いたいと夫に言ったら、

彼は「あれは粗末でカッコ悪いから、リビングには絶対置きたくない。

今のテーブルでいいじゃないか、どこが悪いの?」と言います。



二人の意見はどこまでも平行線だったので、夫の意見を聞いて、仕方なく大きいテーブルを使い続けました。



ですが、フレンチカントリーへの憧れが日に日に強まっていたミモザは、今春ついに爆発(# ゚Д゚)。

「このテーブルをいつまで我慢しなきゃいけないの?私の趣味じゃないわ。」と言うと、
(家族用リビングを使うのは主に私です。)


彼は、「じゃ、このテーブルを誰かに譲って、好きなテーブルを新しく買ったらどう?

古い作業机を使うのは絶対ダメだ。」と言います。



嬉しさ半分、作業机をリメイクできない残念さ半分…

とにかくPottery Barnで探してみると、

好きなコーヒーテーブルが見つかったのですが、やっぱりお高い!(*_*;



「作業机のリメイクは楽しそうなんだけどな~!」と思いながら、セールを何か月も待っていたら、

先月、「見切り品に付き 返品不可」の条件が付いて、今までの最安値で売りに出ていました。



「ああ、待った甲斐があった!今まで売れなくてよかった~!」と思う反面、

贅沢かな?という気持ちもまだあって、どうしようか?と揺れ動く。

夫に相談すると、「買えばいいよ、クリスマスプレゼントだよ。」とツル?の一声。



「嬉しい♡ありがとう~(^^♪」

私はインテリアと庭にはこだわりがあるものの、

ブランド物や宝石には興味が無く、そのようなプレゼントはいらない。


f0359879_02221247.jpg


そしてついに、待ちに待った ”あっさりテーブル” が届きました。

二つの引き出しと低い棚がついて、引き出しは両側から(こちら側と向こう側)開けることが出来、

材質は天然のマホガニーです。

f0359879_02244992.jpg


TVのリモコンやコースターなどテーブル周りで使う物を

片付けられる引き出しが欲しかった!

f0359879_02253131.jpg

(棚には読みかけの本を置くつもり)



テーブルが届いた時の夫の反応は、「おお~ッ、素敵じゃないか!」



…だけど彼は、素敵なテーブルを「飯台(はんだい)」と呼ぶのですよ( ノД`)

こんな言葉、日本ではとうの昔に「死語」ですよね!?

夫は「この飯台なら、座布団敷いて、皆で鍋が囲めるぞ~!」と大喜びしております。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-20 04:44 | リビングルーム

キッチンの大掃除と片付けにくい物の片づけ方~鍋と鍋の蓋



年末の大掃除を始めていらっしゃる方をチラホラ見かけます。

元々お家を綺麗にされている上に、早々と計画を立て効率よくお掃除されているようです。



毎年大慌てで年末を迎え、思ったことの半分もできないミモザは、

良い刺激を受けて、大掃除を始めてみました。



ちなみに、最近ハマっている清潔大国ドイツでは大掃除をする習慣はないようです。

いつも綺麗にしているので、大掃除は必要無いからだそうです。



一度でいいから、そんな台詞を言ってみたいものですが(^^;)

私には絶対無理だと思うので、少しずつこまめに取り組んでいきたいと思います。



だから「大掃除」と言うよりは、「小掃除」を何回かに分けてするという感じですが、

この「小掃除」が普通の掃除と違うポイントは、”普段しない場所をする” ということでしょうか?



昨日掃除したのは、キッチンのレンジ下、鍋とフライパンを片付けている引き出しの中と

引き出しの下、普段は全然見えない所です。


f0359879_04544340.jpg



レンジ下の鍋やフライパンを収納する引き出し、

今までは汚れを防ぐために、大きなカレンダー2枚を少しずらして敷いていたのですが、

使っているうちに、カレンダーがズレてきてそれを敷き直すのが結構手間なので、取ってしまいました。



引き出しを写真に撮ると、引き出しがちょっと黄ばんで見えますが…

実際は何もないので、光の関係かな?



次に、ここは本当に普段掃除しない場所です。

引き出しを全部抜いてしまうと見えるレンジ下…掃除前の写真はとてもお見せできません。

こんなにゴミが溜まっていたのかとビックリ(@_@)と言うだけにしておきます。(´∀`)

f0359879_01023008.jpg



そして恥ずかしながら…

ここを最後に掃除したのは何時だったか思い出せないほど前なのです。

柄付きブラシで全体を擦った後、

床に這いつくばるようにして、奥の方の床や部品を拭きました。


f0359879_04541259.jpg


奥の奥まで清潔になった床を見て、

「よし!これからは毎年、大掃除の時にちゃんと掃除しよう!」と決心しましたが、

ふと…これはあまりにレベルが低過ぎる頻度かもしれないと思いました。



綺麗にされている方は1か月に1回くらい?

ひょっとしたら、1週間に1回くらいされているのかしら?

お掃除の本を読んでも、ここに関しての記述がないのでちょっと疑問です。



引き出しの中には、うちにある鍋やフライパンのうち、

最も使う頻度の高い、3個の鉄製フライパン(1個は中華鍋)と5個の片手鍋が入っています。




ミモザは日本では何回か引っ越しを経験したのですが、

どの家も狭いアパートや借家だったりしたので、鍋と蓋の収納に悩みました。



鍋を壁にかけて、蓋は別に収納する方法、

大きい鍋の上に蓋を逆さまに被せて、その上に小さい鍋を順に重ねて行く方法、

あるいは、専用のラックを使って鍋や蓋を縦に収納する方法とか、

その家の収納スペースに合わせていろいろやってみました。



今の家ではガスレンジの下に引き出しがあり、

キッチンの作業動線から言うと、鍋やフライパンはそこへ置くのが一番効率的なので、そうしています。



収納する具体的な場所ですが…

奥にフライパンと浅い片手鍋を入れ、

f0359879_00014472.jpg

手前に深い片手鍋と蓋を収納しています。

f0359879_00015873.jpg


以前は奥に深い鍋を入れて、手前に浅い鍋を置いていましたが、

奥の鍋を引き出す時に、深い鍋だと持ち上げるのが重いし、高さがあるので引き出しにくいのです。



試しに、深い鍋と浅い鍋を前後に入れ替えてみた所、

奥に浅い鍋を置く方が引き出しやすく、おまけに軽くて便利だと気付きました。

f0359879_00021197.jpg


鍋の蓋は、手前の鍋の横にただ並べて置いています。




以前住んだ家では蓋を縦に収納していました。

その方法は場所の節約になって見た目にも美しいのですが、面倒臭がり屋の私は、

引き出しを開けてさらにラックに出し入れするのが結構手間で、自分には合わないかな?と感じました。



取り合えず、この引き出しには蓋用のラックを入れるほど高さが無いし、

今の収納方法は出し入れが簡単なので、満足しています。



たぶんですが…どんな収納スペースや生活スタイルにも合う、

万能の収納方法というのはないのではないか?と思います。

スペースや使う人の性格に合った方法を見つけることが、ベストですよね(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ






[PR]
by mimozacottage | 2017-12-16 05:35 | キッチン

篭とハンカチで作ったティッシュボックスカバー



f0359879_03333005.jpg


メイク道具を断捨離して、洗面台の収納棚が空いたおかげで、

洗面台の小物整理に使っていた白い篭が要らなくなりました。


f0359879_03315831.jpg



元々この篭はお洒落なワイナリーのギフトショップで見つけ、

大きさや形、白い色のくすみ具合が絶妙だったので、

使う目的もなく買ったのですが、



口紅など、洗面台の棚に片付けにくい物を入れておくのに便利だったので、

洗面台で使う小物は全部、この篭の中に入れていました。



四角形で大きさは小ぶり、

不要になったとは言え、捨てるのは勿体ないので、

試しに、ティッシュボックスを入れてみたらピッタリ!


f0359879_03321515.jpg



けれど、このままだと「ティッシュがここにありますよ。」という感じなので、

箱の上に掛けるカバーが欲しいと思って、ハンカチを探してみたら、

ちょうどいいのがありました。

f0359879_03312870.jpg



真っ白な生地に、控えめな白いレースと白い刺繍が施してあります。

日本へ旅行に行った時に買って、一度も使わないままハンカチ入れの篭に入れていたのです。


f0359879_03314274.jpg



ペーパーを取り出す中央の部分に十字、篭の持ち手の所にも適当な形の切り込みを入れたいのですが、

失敗したら怖いのでペーパーナプキンで一度練習して、

(切り込みの)ちょうど良い長さを見つけました。


切り目がほつれないように、オフホワイトの刺繍糸で纏ります。



末っ子のミモザは小学生の頃、姉達から刺繍を習いました。

姉達と違って、すごく不器用だったのですが、

あの頃は見よう真似で、刺繍やレース編みを一杯作ったんですよ。



その時最初に覚えたステッチがこの纏り縫いです。


f0359879_03323098.jpg


f0359879_03324432.jpg



このままでも十分可愛いと思いますが、

手芸品入れを探してみたら、手芸用の「コサージュ」と呼べばいいのかな?

小さな白薔薇があったので、切り込みの根っこの所に付けようと思います。


f0359879_03330284.jpg



昔よく通ったキルトショップの店でこれを買って、

手芸用品入れの中でずっと眠っていました。

これで何かを作ろうと思ってたんでしょうけど…何を作りたかったのか忘れました('◇')ゞ


f0359879_03331685.jpg


コサージュをつけてアイロンをかけたら、出来上がりです。

f0359879_04010459.jpg


普段はツルハシを手に、ドカンドカンと逞しく庭を耕している私ですが…

ツルハシを針と刺繍糸に持ち替えてみたら、自分が別人になった気がしますのよ。

オホホのホ(●^o^●)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!

読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-12 04:12 | ハンドメイド

キッチン:片付けにくい物の片づけ方~タッパー



インテリアに興味があるので、時々掃除や片付けの話題を記事にしていますが、

プロの方や、そうでなくても経験豊富でプロ並みか、それ以上の方もいらっしゃるのに、

私のように掃除片付け、どちらも下手な者が掃除関連の記事を書くのは、

おこがましいと言うか、ヘンだなとは思っているのですが(〃▽〃)ポッ



下手だからこそ長年の悩みがあり、その解決法を見つけた時の喜びも大きいので、

もしかしたら、他の人達の参考になるかもしれません。



さて、キッチン用品で片付けにくいと感じる物はひと様々だと思いますが、

私が片付けにくいと感じる物は、ダントツでプラスティックのタッパーウエアです。

f0359879_03585606.jpg

(我が家のタッパー収納場所は冷蔵庫の傍のカウンター下です。)



タッパーは大きさや形もいろいろ、重量が軽過ぎて、ちょっとでも触れば動いたり傾いたりして、

直ぐにその場所がごちゃごちゃになります。

かと言って、残り物や小分けした食べ物の保存など、キッチンに無くてはならない物の一つかと思います。



夫も私も食べ物を粗末にするのが嫌で、

サランラップを極力使わないように心掛けている我が家では、もちろん必須のアイテムです。



さて、最初にタッパーの選び方です。

私はプラスチックが嫌いなので、本当はガラスにしたいのですが、

夫はそれほどこだわらないと言うか、

ガラスのように高価で重い物より、プラスチックで十分じゃないかと言います。



夫が料理好き+片付け好きで、二人でキッチンを共用することは凄く嬉しい反面、

キッチンで使う物も自分では決められないのか?とちょっと不満でした。

(…自分のこだわりが強過ぎるんだろうとは思ってるんですよ('◇')ゞ)



が、こんな小さなことでケンカするのも面倒なので、

使い捨てにせず、長い間使うならプラスチックでも良いだろうと、

ミモザは渋々、折り合いを付けました。



ですが、形は「四角形で中身が見える透明」の本体、蓋の色は「透明か白」という条件は譲れません。

丸型だと重ねにくく、しかも冷蔵庫の中や棚に隙間が生じて、空間が勿体ない+片付けにくい。

また蓋がそれ(白、透明)以外の色だと、棚の中や冷蔵庫の中で目障りに感じるからです。



幸い、夫はこの点では同意してくれました。



さてタッパーの収納の仕方ですが、

片付け下手の私は長い間、「ああでもない、こうでもない…」といろいろやってみたのですが、

「これだ!」というベストの方法が見つかりませんでした。



ところが3年前ハワイで、キッチンがピシーッと片付いているロッジに泊まり、

中でもタッパーが、「一糸乱れぬ」という感じに重ねられていたので、

どんな置き方をしているのかな?とジロジロ見てみました。



綺麗に片付いているお家にお邪魔すると、どんな片づけ方をされているのだろう?と気にはなっても、

「キッチンの棚の中を見せて。」とはなかなか言えませんが、

こういう機会なら、誰に遠慮することなく隅々まで見ることができます(*^^*)



そのロッジのキッチンでは、カウンターの下にある棚の中に、

タッパーの蓋を下向きにして重ねた上に、本体を上向きに重ねて置いてありましたが、

私が注目したのは、まずタッパーを収納する棚の位置でした。



それまでは、何処に置いたら一番綺麗に片付くのかわからず、場所を色々動かしてみました。

ここで見てから、家でもカウンターの下の棚(自分の腰の高さかそれより低い位置)に置くようにしたら、

タッパーが見やすく、手が間違って当たりにくく、整理がしやすいことに気づきました。
(*手が間違って当たると、タッパーはすぐに動いてしまう。)



蓋をうつ伏せの状態(下向き)で置くのも、

家で実行してみたら、上向きに置くより安定することに気づいたので、以後そうしています。

f0359879_04011418.jpg


(タッパーの蓋:左側が下向きで右が上向きです。)


蓋の上に本体を重ねるやり方は、場所の節約にはなりますが、

蓋を取り出す時や仕舞う時に、上にある本体を一度全部上に上げないといけないので、

我が家では頻繁に使う物は出来る限り、

蓋と本体を別々にして、どちらもすぐに取り出せるようにしています。

f0359879_04034746.jpg



f0359879_04061016.jpg


(大き目のタッパーは蓋を置く場所が取れないため、蓋の上に本体を置く方法で収納しています。)


f0359879_04055848.jpg


(使用頻度の低いタッパーは最下段の棚に収納しています。蓋の色が透明以外の物は夫の婿入り道具(^_-)-☆
私はタッパーをこんなに持ちたくないですが、パーティの時には役立っています。)


f0359879_04093403.jpg


(冷蔵庫の中のタッパーの定位置は一番上…残り物がすぐ目に入って食べるのを忘れないように。
我が家の貧しい食生活が見え見えですね💦)



我が家では食後の片づけは大体夫の仕事、

ほぼ毎日、喜んでやってくれますが(夫くんは食洗器の使い方に非常にこだわりがあるのです^^;)、

タッパーの整理は嫌いみたいで、大体私がしています。



タッパーが上手く収納できる方法を長年模索して、

やっと、今の方法で落ち着きました。



散らからず、取り出し易く、片づけも楽…家事の時間が節約できるようになったので、

手抜き大好き主婦(ミモザのことです)は、大満足です!(^^)!



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-08 04:28 | キッチン

掃除時間を減らすと、家が綺麗になった!



家が綺麗な訳じゃないのに、掃除時間をもっと減らしたいと思っていたので、

それに対して、罪の意識のようなものを感じていました。



(以前紹介した)沖幸子さんの「ドイツ流掃除の賢人」を読んで、

掃除時間は長ければいいものではなく、

むしろ限られた時間で手短にやるのがいいとわかり、目からウロコ。



自分の掃除時間を見直そうと、

実際どのくらいの時間を掃除に使っているのか?…時間を計ってみました。


f0359879_05321685.jpg


毎日やっている基本の5か所、

① キッチンシンク磨き:1分…ベーキングパウダーを使ってサッと磨く。

② キッチンの床拭き:5分…スポンジのモップで水拭きした後、乾いたタオルで拭き、モップを外に干す。

③ キッチンのレンジ台拭き:2分…使用後なるべく早く。

④ 自室トイレ:2分…トイレットボウルを磨き、腰掛部分や蓋を拭く。

⑤ 自室洗面台と浴槽:5分…使用後スポンジでサッと磨く。洗面台の鏡は歯磨きをしながら拭く。



これらの場所は毎日使うので汚れやすく、

逆に其処さえ掃除すれば、家はそこそこ綺麗だと思います。

5か所の掃除時間を全部足してみると僅か15分…意外と短かった!


(その他、毎日しないといけないのは、残りのバスルーム2つですが、
どちらも夫が使っているので、掃除は彼任せで、私は時々チェックするだけ。
*掃除機をかける日は別なので、これはまた別の機会に…)



基本掃除の後、その日の思い付きでいろいろ掃除をするのですが、

日によって、することも時間もまちまちなので、それが問題です。

(0の日もあれば、2時間以上ダラダラ掃除している日もある。)



「ドイツ流掃除の賢人」を読んでからの改善点として、

1日15分だけ、(毎日する場所以外の)気になる場所を掃除することにしました。

毎日する場所15分と気になる場所15分を合わせば、私の一日の掃除時間は30分。



「ドイツ流…」の著者沖幸子さんが、「家事上手な典型的ドイツ婦人」と称賛する、

いつも家がピカピカの2階の住人、オーズラ夫人の掃除時間とピッタリ同じです。

(ミモザの家はピカピカではありません。)



それだからと言う訳ではありませんが、

これからは一日の掃除時間は30分だけ、それ以上はしないと決めました。

今までは基本掃除の後、いろんな所を無計画にのらりくらりやっていたので、

掃除時間が長かったのだと思います。



ダラダラ掃除から解放されて、

気になる場所15分間の集中掃除時間に、「今日は何処をしよう?」と考え、

それだけをやるようになってから、色んな所が綺麗になり、

特に、それまで優先順位の最下位だった自分の部屋が見違えるようになりました。


f0359879_05180733.jpg


今までは自分の部屋を掃除してると、

どういう訳か、「ここよりも(夫との)共用部分をもっと綺麗にしなきゃ。」

という強迫観念みたいなものに襲われて、

落ち着いて取り組むことが出来なかったり、掃除の回数が少なかったりしたのです。



だけど、一日15分だけと決めれば、余計なことを考えずその場所に集中することができます。

今日集中掃除したのは、私の寝室内にあるバスルームです。


f0359879_09261268.jpg

このバスルームは自分でデザインしたゲスト用のバスルームと違って、11年前に引っ越した時のまま、

中古で買った我が家は築36年、バスルームがどこかの時点で改装されたとしても、

少なくとも11年、たぶん20年以上は経っているので、古臭いし非常に狭い。



もしかしたら、アメリカで一番狭いバスルームかもしれないと思います。


f0359879_00311010.jpg

とは言え、自分の寝室の中にあって最低限の物は揃っている訳だから、とても便利、

プライベートで心地の良い、愛すべきバスルームなのです♡


f0359879_05310316.jpg


f0359879_05314417.jpg


トイレと浴槽の間のガラス扉を濡らした新聞紙で磨き、

毎日の掃除場所に入ってない場所を綺麗に掃除してから、

ローズウォーターを振り、観葉植物を置きました。


f0359879_05322550.jpg

(観葉植物の下はドイツで買ってきたアンティークレース)


15分間の集中掃除、観葉植物とお気に入りのアンティークレースで、

古いバスルームが生き返りました。

自分のことを大切にするって、大事なことですよね✨




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-03 06:12 | バスルームその他

シナモンの箒(ほうき)



今日アメリカは感謝祭、朝からアップルパイを作っているので、

コテージはシナモンの香りに包まれています。



シナモンの香りは強烈なので、好き嫌いがあると思うのですが、

ミモザは大好き♡「温かい家庭の匂い」だと思います。

「シナモンの香りがしない家は温かい家庭ではない。」と言ってるのではないですよ。

自分のイメージです。



家族のために、いつも温かい料理を作っている忙しい主婦や男性が、

時間の余裕を見つけて、普段の料理とはまた別の「家族の喜ぶ顔」が見たいと、

アップルパイにするリンゴをお砂糖とシナモンでぐつぐつ煮詰めている…



その光景と漂ってくる香りは、まさに「温かい家庭の匂い」じゃないですか!



残念なことに、シナモンの香りはアップルパイを頬張る頃には消えてしまいますが、

先日ホームセンターで、

家にこんなものがあると、いつもシナモンの香りがしてそうな物を見つけたのです。


f0359879_01463833.jpg


シナモンの枝で作られた箒です。



「おっ!シナモンの箒かい?う~ん、いい香りだ!

これは飾りにして玄関に置いとけばいいよ。いい香りがするから。」

レジの男性が教えてくれました。



ミモザ「あら、そうなの?私は箒として使おうと思ってるんだけど…」

男性「おや、それはどうかな?使えるかな?」

ミモザ「使ってみるわ。」



キッチンの床や階段掃除をするたびにシナモンが香り、使用後は玄関に置くと、

そのままインテリアになって、仕舞う場所に悩まなくてもいいので、一石二鳥です♡

ウキウキしながら箒を買って家に帰りました。



家に帰ると早速、キッチンや階段を丁寧に掃いて、玄関の隅に立てかけたら、

掃除をする途中やその後のキッチン、階段を昇り降りする時、外から家に入って来る時…

シナモンの薫香がふわ~ッと香ります178.png



近視のミモザ(今は遠近両方です)は、その時大満足だったのですが、

あとで、「あれ? 階段に何か落ちてる。」と思って、

近づいてよ~く見たら、シナモンの小さな枝がボロボロ…箒はやはり使ってはいけない飾り用だったのです💦



シナモンは西洋では古代から悪魔除けのお守りやアロマセラピーに使われ、

日本では長らく庶民の手には渡らず、宮中で新年を祝うお屠蘇に用いられたそうです。



シナモンにはシンナムアルデヒドと呼ばれる物質があって、適量を摂取すると、

殺菌や抗酸化作用、 血管を健康にする、 血糖値を下げる、体を温めるなどいろんな効能があるので、

別名「スパイスの王様」とも呼ばれています。



f0359879_03035512.jpg



ところで、なぜシナモンの箒がホームセンターで売られていたのかと言うと、

この箒はハロウィンで魔除けの飾りとして使われるので、9月~10月頃アメリカのお店に出回るようです。

つまり、私が見つけたのはその売れ残りだった訳ですが、



可愛いので、これから玄関のインテリアとアロマ効果のために使おうと思っています。

「残り物には福がある」これ、ホントですよ。

では、またアップルパイ作りに戻るとしますね(^_-)-☆


f0359879_03033170.jpg

(今朝、砂糖とシナモンで煮詰めたアップルパイ用の煮リンゴ)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-24 05:15

「ドイツ流掃除の賢人」で学んだキッチンの掃除法☆


日本から取り寄せたお掃除本の中の一冊、沖幸子さんの「ドイツ流掃除の賢人」で、

自分の掃除の仕方を見直しました。


f0359879_00350481.jpg


実はこの本を選ぶ前、これにするか、それともこっちにしようかと迷いました。

f0359879_00404081.jpg
(新津春子さん「掃除はついでにやりなさい」)



掃除に長い時間を使いたくないのと、

今自分がやってるダラダラ掃除よりも、良いやり方があるのではないか?と思ったからですが、

結局、ドイツ流のやり方を学びたいと沖さんの本にしました。



この本で面白いと思ったのは、沖さん自身掃除が嫌いだと仰っていることです。

私は嫌いと言うほどではないですが、好きでもありません。

掃除をするより楽しいことが一杯あるので、そっちの方に目が行って掃除が後回しになるのです。



沖さんは「掃除は好きになる必要はありません。上手になればいいのです。」と書かれています。

そして基本は、「掃除はついでにやりなさい」の新津春子さんと同じ、

「ながら掃除、ついでにやる掃除」です。



掃除が上手になるポイントは汚れをためないこと。

汚れがたまると落ちにくく、落とすのに何倍もの手間と時間がかかって、掃除が嫌になるのです。

沖さんは「汚れをためない習慣をつけると、一日15分間の掃除で家はいつも綺麗。」と仰っています。



キッチンで言えば、ガスレンジやお湯を沸かすヤカンは使用後すぐ、

まだ余熱の残っているうちにサッとひと拭きすれば、ピカピカになるそうです。

(火傷に気を付けて…レンジ台の五徳や受け皿は菜箸に濡れタオルを巻いて拭くとよいそうです。)



私がすぐ改めようと思ったのはこの点です。

今までは使用後、時間が経ってから掃除をしていました。



とは言え、週2回夫が料理を作り、後片付けをすることも多いので、

彼が忙しく立ち働いている所へ私が出て行って、掃除を始めようとは思いませんが、



毎朝お茶を飲むので、その時のヤカン拭きと

私が料理を担当する日のレンジ台の掃除は、余熱が残っているうちにやろうと思いました。

ヤカンだけでも光り輝いているキッチンは、全部が綺麗に見えるそうです✨



この本にはドイツ流の掃除の知恵がまだ一杯書いてあるのですが、

あれもこれも実行しようとすると、3日坊主になるので、

取り合えずレンジ台とヤカン、「気になるところを15分だけ掃除」を毎日実行しようと思います。


f0359879_04125116.jpg
(先日園芸店で買ってきた受け皿)


今朝は室内用植物の受け皿を新しいのに変えたので、その辺りを掃除しました。


f0359879_04144039.jpg
窓枠、床、花の置台を拭き、ステンレスの如雨露を磨きました。


f0359879_04145919.jpg


毎日しているキッチンの床拭きとトイレ磨きを足せば、

掃除に要した時間は15~20分程だと思いますが、

今度正確な時間を計ってみたいです。





ドイツでは「床が汚いとお金が貯まらない。」と言われているそうです。




お金が貯まるかどうかは知りませんが、家が綺麗だと心地よく幸せな気持ちになります。

掃除が押し付けられる義務のようなものだと苦痛ですが、

自分や家族を幸せにするための創造的な仕事だと思えば、わくわくしますね(^_-)-☆




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-22 04:42 | キッチン | Comments(2)

石黒智子さんの「わたしの台所のつくり方」で我が家のキッチンを見直し☆




私が家の中で一番綺麗にしておきたい所はキッチン、

我が家のキッチンは取り合えず、散らかってないのですが(自分の基準では)、



もっと良い片づけ方法があるのではないか?と思うことが度々あるので、

何かヒントを得たいと、

気になっていたお掃除本3冊を日本から取り寄せました。


f0359879_04002545.jpg


最初に読んだのは石黒智子さんの「わたしの台所のつくり方」、

参考になるところとそうでもないところがありました。

f0359879_04405042.jpg




まず設計に関する記述が多く、それは今の私には手の届かない領域、

もし将来キッチンを改装する機会があれば、この本を参考にしたいと思います。

特にタイルの色を白、目地をライトグレーにされているところが気に入りました。



白は汚れやすいと思われがちですが、

シンク周りの水撥ねでシミになるのは、水道水に含まれているカルキ成分(白っぽい)なので、

逆に黒っぽいタイルの方が目立ちやすく、白い方がよいのだそうです。



目地はシミができやすい場所なので、グレーにするのが良いと書いてありますが、

これは私も実証済み、

うちの客用バスルームをデザインした時、同じ理由で目地をグレーにしました。


f0359879_02455245.jpg


(2年前に私がデザインした客用バスルーム)



石黒さんのお台所は壁にかける収納が多いですが、

うちのキッチンは壁がほとんどないので、今のステンレス容器収納のままでいいと思う。



小麦粉や砂糖等粉状の物をガラス容器に収納されていて、これはうちと似ています。

我が家は使用頻度の多い小麦粉、パン粉、砂糖だけを調理台に置き、

あとは引き出しやパントリーに収納しています。(石黒さんは全部引き出し)

f0359879_04494437.jpg



これを書きながら気づきましたが、私が砂糖を使うのはデザートを作る時だけです。

すし飯を作る以外、料理には全く砂糖を使わないので再考が必要かもしれません。



ダブルシンクもうちと同じですが、

我が家のシンクは石黒さん宅と比べるとおもちゃのように小さい💦


f0359879_13164149.jpg

(我が家のシンク:石鹸は小さくなった物を集めて白いネットに入れ、使い切っています。
スポンジ立てや包丁等を立てて乾かす篭、この位置だとシンクに立たない限り目に入りません。
包丁等を立てる篭はステンレス製に替えたいですが…)



私は洗い桶を使いませんが、片方のシンクにステンレスの水切り篭をかけてあるのは同じ、

今まで、これでいいのかな?工夫の余地があるのでは?と思っていたのですが、

石黒さんの本を読んで、このままでいいんだと納得!(^^)!



冷蔵庫の中の食品は透明のガラス容器に保存されているのですが、

味噌を透明の容器に入れると綺麗に見えないので、白いホーロー容器を使うとのこと、

これは早速マネしたいです(^_-)-☆



その他、我が家に取り入れたいと思ったことが4点あります。


① 新聞紙でガラス磨きをする。

② 使いかけ袋入り食材の袋を止めておくクリップがシンプルで使いやすそう。

ウェーロック社 クリップイット 特特大320mm 1個パック(ダークブルー) POM320FD-DB


スウェーデンWelock社のクリップ


③ 引き出しを仕切る箱を木の端材で手作りされていること。

④ ゴミ箱の下にローリエとローズマリーの葉(ドライ)を敷くと、嫌な臭いがしない。



石黒さんのお宅は、主にご主人が買い出しとお料理を担当されているそうです。

買い出しは主に夫、料理は半々(私の方がやや多い)の我が家と似ていますが、

大きく違うことは、キッチンを設計したのが奥様の智子さんだということ。



キッチンに置く物や内装を全部、

自分で決められるというのが、何とも羨ましい °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-16 05:49 | キッチン

キッチンの新しいライト+我が家のキッチンの片づけ方



雪が収まったら、庭仕事を片付けてしまおうと思っていたのに、

降ったり止んだり、まだ雪が沢山残っているので庭へは出られません。

ガーデニングができない間、私の興味はインテリアに向かいます。

f0359879_05364215.jpg



ちょっと古い話ですが、早春に付け替えたキッチンの新しいライト、

工事が終わったことをブログで報告していなかったので、まずそれをお披露目✨


f0359879_05523651.jpg

ライトの明るさは調整出来て、これは1番明るい状態です。



二人で食事をするのはほぼ毎日、カウンターですが、

このままだとディナーには明る過ぎるので、(写真には写っていない)手前のダイニングルームの電気をつけて、

このライトのトーンを少し落とすと、ロマンチック?な雰囲気になります(^_-)-☆




時間が経ったので、初めの感動はちょっと薄れてしまいましたが、

夫も私もとっても気に入っています✨




ところで我が家のキッチンは、アメリカの一軒家としては小さくて収納スペースが少なく、

しかも夫と二人で使っているので、

頑固な料理人二人が喧嘩せずにキッチンを使うために、いろんな工夫が必要です。




ミモザがキッチンに求めるのは、清潔感とすっきりした見た目の美しさ、

夫は見た目よりも利便性。

つまり、何でもすぐ手が届くように物を出しておくのが好き+便利な調理道具が大好き💚


f0359879_07494763.jpg

(夫が最近買ったタイマー式電気圧力鍋:只今、夫は今夜のディナーを調理中。
使わない時は階段下のパントリーに入れます。)



二人の好みの違いにどう折り合いをつけるのか?

そして、夫専用の料理道具やスパイス類がやたら多く、収納スペースは少ないキッチンを

スッキリと美しく見せ、しかも使い易くする…という難題に取り組んで、



ミモザが見つけた解決策は、



使う頻度の多いものは外に出し、(夫が出しておきたいと言うものは取り合えず全部)

あとはなるべく、普段目の触れない所に片付けるというもの。



その時、調理用具は調理スペースに、煮炊きに必要な物はコンロ台付近に片付ける。

料理する時に無駄な動きをしなくて済むように、”使う物を使う場所”に収納します。


f0359879_07161710.jpg


コンロで使うレードル類は、ステンレス容器に立ててコンロのそばに…
(コンロ側から①菜箸、木へら ②フライ返し、お玉 ③その他)



日本のキッチンで「必ず」と言っていいほど使われている炊飯器、

ミモザが持っているのは、内釜がステンレス製でテフロン加工されてない小型電気炊飯器で、

普段は調理台下のキャビネットに仕舞い、使う時だけ取り出しています。


f0359879_07282173.jpg


f0359879_08120563.jpg
(コメは玄米、胚芽米、インド料理用のバスマッティライスの3種類:
もち米と寿司用の白米はパントリーに置いています。)



中は全部一緒に引き出せるようになっているので、出し入れが簡単、

炊飯器は米びつと一緒に置くと、便利です。

キャビネットの扉を閉めた状態↓


f0359879_07234429.jpg

片付けられる物は所定の場所に、

頻繁に使うものは外に出ているキッチン、

使い易くて、今では夫も私もとても気に入っています☆彡




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村






エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-06 08:35 | キッチン