タグ:ガーデニング ( 121 ) タグの人気記事

ほんの微かな春の兆し


皆様こんにちは。

3日前から中米のコスタリカに来ています。


旅行に出発する前に書きかけた短い記事があったのですが、

時間が無くて更新できなかったので、今日はその記事をアップします。



f0359879_10571791.jpg

コテージでは雨が続いて、久し振りの晴れ間に裏庭へ出てみると、

和風ガーデンの前に植えたアイリスの芽が沢山出ているのに気づきました。



f0359879_10573717.jpg

地上は今が冬本番なのに、

地中では春を迎える準備が坦々と進んでいるんだ!


冬来たりなば、春遠からじ…心が弾みます。


f0359879_11134398.jpg


去年植えた白いマグノリアも芽吹く準備が出来て、猫柳のようになっています。


f0359879_11070433.jpg

f0359879_11080282.jpg

秋から冬の初めにかけて、庭の改造を頑張ったので、

今度の春はどんな庭になるだろう?それもすごく楽しみです。


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ


[PR]
by mimozacottage | 2018-01-13 11:21 | 和風ガーデン

「赤毛のアン」の島3~アンの家のポタジェガーデン


アンの家を見学した後、前庭に出て写真を撮りました。

4年前、実際に庭を見た時の感想は、

「あれ⁉地味な庭だな~!想像してたのと違ってガッカリ…」という感じでした。




美しい物が好きで夢見がちだったアンの庭は、

バラのアーチ、傍には白くて丸いアイアンのガーデンテーブルと椅子が置いてあり、

それを囲むようにパステルカラーの花が咲きみだれている…

そんなロマンチックな庭を勝手にイメージしていたので、期待は見事に裏切られました。


f0359879_03381129.jpg

(レタス、ミニトマト、マリーゴールド)

f0359879_03382299.jpg

(トウモロコシ)



アンの家の前庭は野菜中心で、それをしっかり取り囲むように、

黄色やオレンジ色のマリーゴールドが植えられていたのです。



この庭は、現実的で地に足が付き過ぎたマリラ(孤児だったアンを引き取った女性の名)が、

野菜を育てるためにだけデザインしたような、無駄のないキッチンガーデンでした。



しかも、それが前庭の正面にバーンと横たわっているので、

「ロマンチックな庭?ふふん、人間、食べなきゃ生きられないんだよ。

花なんぞ植えたって、何の役にも立ちゃしないんだからね!」



…私の期待を鼻で笑う、マリラの声が聞こえて来そうなほどでした。

f0359879_03383495.jpg

ビーツ(赤かぶ)

f0359879_03393586.jpg



この時、アンの家を見た感動の余韻がまだ残っていて、夢見心地だった私の目に、

この庭はあまりに実用的過ぎて、正直、失望の気持ちが強かったのですが…



その頃の私はポタジェガーデン(フランス式家庭菜園)というものを知らず、

「前庭には美しい花や木だけを植えるもの」という偏った庭作りの固定観念に囚われていたのです。



ポタジェのことを知り、菜園づくりに情熱を感じるようになった現在の私の目は、

当時とは全く違った角度で、庭の写真を見るようになりました。



何とうまく作ってあるポタジェガーデンだろう!



見るからに柔らかくて美味しそうなレタスや、スクスク伸びているトウモロコシ、

地面が見えないように、隙間を詰めて植えられている野菜を

コンパニオンプランツのマリーゴールドがしっかりと守っています。

流石、マリラだわ!!(笑



そして、この庭がポタジェの知識がある人によって作られた特別の庭なのか?

それとも、フランス系移民によるカナダ入植と同時にポタジェも入ってきて、

カナダでは沢山の人が同じような庭を作っているのか?



どうして菜園が前庭の正面にあるのか?等々

誰かに聞いてみたい質問がいっぱい出てきました。



当時ポタジェのことを知っていたら、もっと丁寧に庭を見て回り、

色んな写真を撮って、アンの家を管理している人達に質問することもできただろうに…と、

庭の写真を整理しながら、残念な気持ちで一杯になるのです。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




第2回プラチナブロガーコンテスト
旅、お出かけ部門に応募します。


[PR]
by mimozacottage | 2017-12-28 04:14 | 赤毛のアン | Comments(4)

コテージに引っ越して11年



この家に引っ越して今日で11年になりました。

私達がここに住むようになってから、中も外もずいぶん変わったので、その変化を比べてみました。



今は白い壁がすっかり馴染んでいるコテージですが、

この家を買った時、家の外壁は土色でした。


f0359879_02332871.jpg


裏庭はどうなってたかと言うと、

落ち葉がうずたかく積み重なって、長い間見捨てられていたような感じでした。


f0359879_01521396.jpg

(2006年11月:不動産屋さんの案内で初めて家を見に来た時)



ガーデニングに丁度良い広さの庭や、家の間取りなどが気に入って

この家を買うことに決めた後、

引っ越し用のトラックを借りて、運転手さんとも契約を結んだのですが、

引っ越し予定4日前になって、計18名の死者を出した突風がワシントン州を襲いました。




当時住んでいた所も引っ越し先の町も結局停電が7日半続き、一時はどうなることかと思いましたが、

引っ越しは予定通り行った方が良いということで、停電のさなかに強行しました。


f0359879_02530153.jpg

(2006年12月15日:ワシントン州を襲った突風の翌日)



引っ越し後、私の庭仕事は落ち葉の片づけから始まりました。


f0359879_02493408.jpg

(2007年2月の裏庭)

f0359879_02581687.jpg

(2012年春:裏庭西)


この辺りは西隣の大木の陰になっていたので、シェードガーデンにしていましたが、

2014年4月にお隣さんが木を切り、日が当たるようになったので、

シェードガーデンをホワイトガーデンに変えました。


f0359879_11324415.jpg

(2017年6月)


今年はホワイトガーデンをさらにブルーガーデンに変えましたが、

それがどうなるかは来年のお楽しみ☆彡

そして、こっちは引っ越し2か月後の裏庭の南側です。


f0359879_02553642.jpg

(2007年2月:裏庭の南側)


f0359879_03011861.jpg

(2012年6月:裏庭の南側)



イングリッシュガーデンに憧れていた頃です。

アーチはその後萌黄色というのかな?渋明るい黄緑に塗り替えました。



南門は、白いアーチを取り付け、バラ(クイーン・エリザベス)を絡ませていましたが、

巨大になって、風が吹く度にバラの枝がアーチを揺すぶり、ギシギシ音を立てるので、

前庭の工事の時、アーチとバラを取り除いてもらいました。




f0359879_03063819.jpg
(2012年7月:南門)





f0359879_04032380.jpg

(2014年8月:南門)



引っ越して来た時、前庭はどうなってたかと言うと…

コテージの前の持ち主(2代目)はガーデニングに全く興味がなかったらしく、

玄関横の花壇は土や花の代わりに、砂利が大量に詰め込まれていました。




私が前庭で最初にした仕事は、

醜い砂利や下に敷いてあったビニールを取り除いて土を入れ、

花壇を元に戻すことでした。


f0359879_02564795.jpg

(2007年2月:玄関横の花壇)



f0359879_03161476.jpg

(2012年6月:玄関横の花壇)


f0359879_07454538.jpg

(2016年6月:玄関横花壇)


前庭は2014年7月~8月に大掛かりな工事をして、ガラッと生まれ変わりました。


f0359879_04095740.jpg

f0359879_04100800.jpg

(2014年6月:工事前のドライブウェイと前庭)


f0359879_04102051.jpg

(2014年7月:前庭の工事中)


f0359879_02525065.jpg


f0359879_02534006.jpg

(2016年7月:前庭)


今はモグラに荒らされてボロボロになっている芝生、

1年半前まではこんなに綺麗だったんだ…(@_@)

前庭が生まれ変わったことより、今の芝生と1年半前の芝生の違いにビックリでした。(^^;)


今日はコテージの11年の歩みに付き合って下さって、ありがとうございました✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ





[PR]
by mimozacottage | 2017-12-19 05:59 | 裏庭全体

新しいハーブガーデンがここまで出来ました☆




裏庭の3つのガーデン(ブルーガーデン、ポタジェ、アイリスガーデン)に

囲まれた場所で作り始めたハーブガーデンは、

毎日少しずつ取り組んで5日間、結構それらしい形になってきました。



作業2日目:右上ブロックの向こう側がブルーガーデン、左上ブロックの向こう側がポタジェです。


f0359879_02100212.jpg



円形のハーブガーデンを作りたいので、丸い輪郭を作って、

ツルハシを使って芝生を剥がしています。



芝生を剥がしてハーブガーデンを作ろうと思ったきっかけは、

最近よく読んでいるロザリンド・クリージーさんの本です。

カリフォルニア在住の著者は「自然環境を守るガーデニング」を提唱されている有名ガーデナーの方です。



庭の芝生の面積を減らして、野菜やハーブを育てることで、

野菜を大量生産するために使われる農薬や、

スーパーで野菜を売るために使われる二酸化炭素の排出量を減らすことができると仰っています。



f0359879_09192145.jpg

(ロザリンドさんの家の前に作られたハーブガーデン:
On P.101 of "Edible Landscaping” by Rosalind Creasy)



アメリカでは庭の芝生の美しさを追求する人が多く、

ハーブや野菜は、裏庭の人目に触れない所に持ってくる庭作りが多いのですが、

一般家庭で野菜を栽培することの重要性を説くロザリンドさんは、

ご自宅の前庭に、野菜と花が混在する美しい庭を作っておられます。




私の庭は作業5日目:希望していた形や大きさになりました。


f0359879_02175007.jpg



剥いだ芝生を捨てる時、芝生についている土をなるべく落としたいので、

芝生を裏返しにして草刈り鎌でトントン叩いていきました。この作業は結構時間がかり、

寒い中で何日かやっているうちに、左手小指にしもやけが出来てしまいました。



こんなことになったのは小学校低学年以来、〇十年ぶりです。(*‘∀‘)

久し振りのしもやけを体験して、

雪の降る日に、母に作ってもらった頭巾と手袋をして学校に行ったことを思い出しました。



働いていた母に代わって面倒を見てくれていた祖母は、

学校から帰って来た私の手を取って、「ありゃりゃ、ミモザちゃんの手は凍えとる。」と言って、

両手を擦って暖めてくれたのですが、左手はしもやけになってしまったのです。


f0359879_02185807.jpg


さて、昔話はそれくらいにして…


芝生を剥がし終えた後は、レンガを積んでガーデンの枠を作るつもりでしたが、

セメントに含まれる水が凍ると、セメントの質が悪くなるらしいので、

その仕事は春まで待った方がいいのかな?と思っています。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにて語学サークルを始めました。
語学に興味がある方や英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-17 04:17 | ハーブガーデン

田んぼのあぜ道に彼岸花、コテージの前庭にスズラン


ちょっと季節外れの話題ですが、

秋口の風物詩の一つ、田んぼのあぜ道に彼岸花が多いのは何故だかご存知ですか?



「都会で生まれ育って彼岸花を見たことがない。」と仰る方もいるかもしれませんが、

田舎で育ったミモザは子供の頃、長閑な田んぼのあぜ道に毒々しいような赤い花が一杯咲いているのを見て、

あぜ道にはどうして彼岸花が咲くのだろう?と疑問でした。



かと言って、その頃は周りの大人に尋ねたり、

自分で調べてみることもなく過ぎて(パソコンもインターネットも無い時代(^_-)-☆)

大人になってからは彼岸花を見ることも少なく、その疑問のこともすっかり忘れていました。



ところが先日、私が前庭のモグラに手を焼いていることを知った姉が電話をくれて、

その疑問に対する答えを教えてくれたのです。



f0359879_01551911.jpg

(モグラ塚でボロボロになった我が家の前庭の芝生)



姉が言うには、田んぼのあぜ道に彼岸花が多いのは、田んぼを荒らすモグラやネズミを遠ざけるために、

毒性の強い花をあぜ道に植えることにしたという、昔の日本人の知恵だそうです。


f0359879_10121645.jpg
(あぜ道の彼岸花:この画像はhttp://www.hitafuji.com/4926.html さんからお借りしました)




姉はさらに、我が家の前庭にも彼岸花を植えてみたらどうか?と言うので、

「えッ~~~!…彼岸花をうちの前庭に?」

ミモザはその光景を想像して、ギョッとしましたが…(*_*;



モグラ除けのために、有毒性のある花を庭に植えるというのは、

危険な薬品やモグラ獲りのようなワナも使うより、良い方法かもしれません。



ちなみにこの説に関して、化学の情報を調べてみると、

彼岸花には「リコリン」と呼ばれる有毒物質が植物全体(花、葉、茎、根)に含まれ、

特に根の部分(球根)は毒性が強いそうです。



球根1個につき、約15㎎(0.015ℊ)含まれているリコリンは、

ネズミのような小さな生物では、1個分で1500匹分の致死量になるそうです。

(人間の致死量は10ℊなので、よほど大量に摂取しないと死亡する危険はない。)



姉はうちのきょうだいの中で一番賢く、困った時は何時も助けてくれるので、

今までたびたび彼女にアドバイスを求めたものですが、今回の姉のアドバイスは、

「半分だけイタダキ」ということにします(^_-)-☆



つまり、うちの前庭に彼岸花は植えたくないけれど、

スズラン(有毒植物です)なら植えたいかも♡

…ということで、スズランの毒性についてもちょっと調べてみました。



スズランに含まれている代表的な有毒物質は、「コンバラトキシン」と「コンバロシド」、

これらの物質は特に根や花に多く、体に取り込むと、

嘔吐や頭痛、血圧低下、心臓麻痺などを引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。



毒性の強さは、なんと青酸カリの約15倍だそうで、

強い毒性物質は花粉にも含まれるので、食卓にスズランの花を飾るのは良くないそうです。

くれぐれもご注意を!!

あと、庭や公園でスズランに触った時は手洗いが必要です。



スズランが有毒植物だということは昔から知っていましたが、

それにしても、あんな可憐な花にこんなに強い毒があるとは驚きでした。

庭や公園に植えるのはごく一般的だし、我が家の庭にも近所の人に分けてもらった苗が大量に繁殖しています。



先日、裏庭の改造でブルーガーデンを削った時、その場所にちょうどスズランを植えていたので、

根や発芽したばかりの白い茎が大量に出てきて、全部掘り出しました。

f0359879_02014211.jpg


(ブルーガーデンから掘り出したスズランの根)



スズランの根がモグラの通り道に達するかどうか? モグラ撃退に本当に効き目があるかどうか?

そんなことはまだ謎ですが、

スズランの花は大好きだし、我が家の前庭にもよく似合うと思うので、

芝生の周りにぐるりと植えて、上から霜よけのマルチをかけました。

f0359879_02040499.jpg


f0359879_02041626.jpg



このところ、コテージは朝晩氷点下に下がっています。

朝は地面が凍っているのですが、午後になると氷が溶けるので、

午後2時頃から2時間~2時間半ほどはガーデニングができます。



作業をしていると体は温かいのですが、手がかじかみ、

足先もジンジン冷えて、「しもやけになりそう~!」と思いながら、

やっぱり庭で仕事をせずにいられない…完全な「庭キチ」の毎日です。(≧▽≦)



それでは皆様、暖かくして幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-14 05:11 | 前庭

裏庭の改造 第2弾:庭の醜い部分を新しいスペースに変える☆



裏庭の改造で一番大きな仕事は、旧ローズ/ブルーガーデンをポタジェに替えることでしたが、

まだまだやりたいことがあります。

先日は、(新)ブルーガーデンとポタジェの一部を削りました。

f0359879_23145164.jpg


道具小屋の近くがブルーガーデン、散歩道の左側がポタジェです。



ブルーガーデンは道具小屋の前にベロンと突き出ている部分、

ポタジェは手前(ツゲの木周辺)の鋭いカーブ、

どちらも傾斜がきつくて、水遣りをしてもすぐに水が流れてしまうという問題があり、

そのうちにだんだん、形も嫌いになって来たのです。



何とかしたいなと思って、夫に相談すると、

「何処が悪いの?そのままでいいじゃないか。」と言います。

必要があればどんどん変えていきたいミモザと違って、彼は変化を好まないのです。



夫にそう言われると、

プロの手で整然と並べられたコンクリートブロックを動かして、

自分でレイアウトし直す勇気は無くて、長い間そのままにしました。



実はこの裏庭は、引っ越した時(11年前)には何もなくて、

2年後にミモザが大まかなレイアウトを考え、

細部のデザインと工事はプロの業者に任せたのですが、


f0359879_00251130.jpg

(2007年2月≪コテージへ引っ越して2か月後≫の裏庭)



花壇の枠にレンガを希望しても、コンクリートブロックしか使わないとか言われて(´;ω;`)…

結果は私の思い通りではありませんでした。



年月が経つと庭の欠点も目立つし、

業者の人に遠慮しないで、自分の希望をもっと強く言えばよかったとか思ったり、

今頃思っても、もう遅過ぎですが(;^_^A アセアセ・・・



とにかく何だか悶々としてた時に読んだ本、

ロザリンド・クリージーさん「食べられる植物で庭作り」”Edible Landscaping”がきっかけで、

それまでの遠慮というか、迷いがキッパリなくなりました。

f0359879_03163013.jpg


Rosalind Creasy ”Edible Landscaping”



°˖✧ この庭は私の夢と想像力のカンバスだから、もっと自由に描けばいいんだ! ✧˖°




コンクリートブロックを動かして、嫌いな部分を削り、

もっと可愛いカーブをつけて、新しい庭を作りたい!と思ったのです。



緑の線からこっち側が削りたい部分です。↓

f0359879_23150468.jpg


方向を変えてみると…

f0359879_23152156.jpg



大分歪んでいますが、二つの緑の線を繋ぐと、

円の周囲のような緩いカーブになります。



そして頑張って、コンクリートブロックを動かした結果は…

大体思い通りの形のカーブができました。


f0359879_23153750.jpg

f0359879_23155045.jpg

f0359879_23160287.jpg

(ブロックの並べ方がガタガタ💦 …あとで直します。)



削って広くなった所に丸い形のガーデンスペースを作り、ハーブを植えたい178.png

ハーブガーデンの周りをぐるっと回りながら、色んな方向へ繋がる散歩道を作りたい178.png



夢(妄想?)はどんどん広がります。




以前私が描いた庭の見取り図はバランスが悪くて、実際の大きさと少し違うのですが、

これを使って説明すると、もっとわかりやすいかな?

f0359879_23170157.jpg

9月の庭↑ こうなる予定↓

f0359879_00081671.jpg

(茶色の線が今回削った所、ハーブガーデン予定地は円形のスペース、
その横の滅茶苦茶な落書きは先月作ったアイリスガーデンです。)



これはまだ完成ではないのです。



設計図は無いですが、妄想はもう十分練ったと思うので、

これからは いちいち夫に相談しないで 計画を進めて行き、

進み具合をまた報告しますね(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-10 04:30 | 裏庭全体

庭の落ち葉でコンポスト作り



f0359879_03431559.jpg



長い間雨続きだったこの町に、やっと「晴れの日が1週間続く」という天気予報が出ました。

反対に南のカリフォルニア州は晴天続きで、またもや大きい山火事が起きているようです。

しばらくTVニュースを見ていなかったので、ブロ友さんの記事で初めて火事のことを知りました。



カリフォルニア在住2人のブロ友さんはご無事、

ロサンゼルス近郊に住んでいる義妹家族も無事なようで安心致しましたが、

早く鎮火することを祈っています。



さて、我が家ではコンポスト作りをするために、晴れの日を待ち続け、

一昨日(晴天3日目)庭の落ち葉が少し乾いたので、仕事に取り掛かりました。


f0359879_00310874.jpg



これはリーフ・ブロワー(Leaf Blower)という機械です。

f0359879_00320784.jpg




日本だと落ち葉の掃除は、箒や熊手で搔き集めるのが主流だと思いますが、

アメリカではガソリンで動くブロワーを使って、落ち葉を舞い上がらせ、

それを一箇所に集めて、ごみ袋に詰めるのが主流です。



うちのブロワー(電動式)は、落ち葉を舞い上がらせるだけでなく、

枯葉を吸い込んで細かく砕く装置が付いて、専用の布袋で細かくなった葉っぱを集めることができるので、

自家製コンポスト作りにはもってこいの、”優れもの”です。

f0359879_02214341.jpg


(スイッチを入れる前)

f0359879_02215712.jpg


(スイッチを入れた所)


この機械は私も操作できるのですが、夫がやってくれると言うので、

その仕事は全部夫に任せ、

f0359879_00324110.jpg


f0359879_00330512.jpg


ミモザは自分がやりたかった庭仕事に精を出しました。(どんな仕事なのかはまた今度)

晴れの日にしたいことが山ほどあるので、

ウズウズしながら、こんなお天気を待っていたのです。


f0359879_02265423.jpg

(細かくなった枯れ葉は生ごみと混ぜて、
夫がコンポストスペースや野菜畑に穴を掘って埋めています。)



我が家のコンポストは主にキッチンの生ごみと落ち葉を使っているのですが、

以前受講した「コンポスト作りセミナー」で、紙類も使えるというのを聞き、

玉子ケースの紙のカートンも細かくちぎって、コンポスト作りに使うようになりました。


f0359879_02393019.jpg


夕食後ミモザはTVを観ながら、時々カートンをこういう風に千切っています。

英語字幕付きで仏、独、西語の番組を観るのが楽しみなのですが、

目と耳でTV🏄しながら、手はこんな時代遅れ(?)の仕事をチマチマしてるんですよ。(〃▽〃)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-09 04:18 | 裏庭全体

レスキューしたパンジーと冬の庭のグリーン



裏庭の新しいゲートとフェンスは溶接業者に見積もりに来てもらいましたが、

いろいろ問題があって、工事に着手するのに時間がかかりそうです。

仕方ないと思いますが、その間、ポタジェの植物がウサギに食べられるがままでは悲しい。


特に、花を咲かすこともできないで、丸坊主になったままのパンジーを放っておくのが忍びなくて、

玄関のハンギングバスケットにレスキューしました。


本当はこの子達もこんなに可愛い花を咲かせているはずでしたが、


f0359879_02482900.jpg


f0359879_02481145.jpg

(写真を撮っているのに、上を向いてくれない…)



今はこんな状態です(;´д`) ↓


f0359879_02491651.jpg


そのうち花が咲くでしょうし、

全体のボリュームを出すために花を早めに切るのが良いと、どこかで読んだような気もするので、

私がする仕事を ウサギが代わりにやってくれたと考えることにしましょう(^_-)-☆


f0359879_04014453.jpg



ところで先日、石段横の花壇にチューリップの球根を植えましたが、

その時、上の段々になっているスペースが汚くて気になったので、

ホームセンターでクロッカスの球根を買って来ました。


f0359879_03421206.jpg



この花壇はガレージの板壁にピタッとくっ付いているので、

あまり水遣りのいらない多肉類を植えていたのですが、

だんだんみすぼらしくなってきたのです。



本当は多肉類を全部抜こうと思っていたのですが、

真ん中の段は可愛い芽がいっぱい出ていたので、抜くのが可哀そうになって残し、

紫色の所にクロッカスを植えました。



f0359879_05382375.jpg

(でも…真ん中の段はやっぱりみすぼらしいかな?)


とにかく、これで春を待つ楽しみがまた一つ増えました178.png




ホームセンターに行ったついでに、ふとみると、

レモンサイプレス(ゴールドクレスト)が1株だけ、忘れられたようにぽつんと置いてあって、

値札を見たら15ドル、


f0359879_03132814.jpg


「この大きさでこの値段は悪くない。」と思って買って来ました。


裏庭のブルーガーデンに、あまり大きくならない木を植えたいと思ってたのですが、

これだとあまり大きくならず、横にも広がらなくていい。

玄関の植木鉢から路地植えにした2本のレモンサイプレスと同じ種類です。


f0359879_23205306.jpg


f0359879_03141541.jpg


一年中綺麗なグリーンの木は、冬の庭を明るくしてくれますね✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-07 04:08 | 前庭

ガレージ前と玄関前庭の手入れ


ガレージ前と玄関前の庭を手入れしました。

今日の仕事はアジサイ(ガレージ前)とセダム(玄関前)を掘り出すことです。



ここはガレージ前の最北、北隣と隣接する場所です。

f0359879_01400541.jpg

(左がアナベル、右がガクアジサイ:
スプリンクラーの水はアナベルの真ん中辺りまで届きます。)



大好きなアナベル、花のあとはリースにして楽しんだものですが、

スプリンクラーが届きにくい所にあったせいか、場所によっては白い花びらが茶色に変色し、

全体では白と茶色のまだら模様に見えるので困っていました。



手で水やりする回数をもっと増やせばいいのかもしれませんが、裏庭の世話で手一杯、

これ以上はしたくないと言うのが正直な気持ち…



この辺り、夏は乾季で全く雨が降らないので、

アジサイのように水を多く必要とする植物はそもそも適さないのです。


f0359879_01401953.jpg



隣のガクアジサイとブルーサイプレスのスペースが近過ぎるのも問題で、

苦渋の選択(大袈裟?)でガクアジサイだけを残し、アナベルを掘り出すことにしました。


f0359879_01403318.jpg



アナベルは4年前に移植して、結構大きい株になっていたので、掘り出すのが大変💦

15分ほどの作業で、いきなりキン肉マンになった気持ちです。

ガクアジサイも一度掘り出して動かし、ブルーサイプレスとの距離を取りました。


f0359879_02203614.jpg



玄関の石段横に植えたセダムはぐんぐん背を伸ばして、ガレージの板壁に張り付くような巨大株に成長!

冬枯れになった茎を短く切ったら、黒い花粉のような物が壁にびっしりついていました。

ホースの水で洗い流しそうとしても…黒い色は落ちない。

…よく見ると、カビでした💦

f0359879_01410252.jpg

(セダムを掘り出す前:汚くてごめんなさい🙇)


壁をタワシでゴシゴシ擦りながら、大きくなる植物はもうここに植えられないし、

どうしよう?背が低くて適当な物はないかな?と考えていたら、

ふと、物凄い事に気付きました173.png …他の人にとっては、全然大した事じゃないんですが(〃▽〃)




ここは家の前ですが、メインの前庭とはつながっていないので、

チューリップの天敵、 108.pngモグラ108.png がやって来ないのです!




球根を買うには、もう遅いかな?と思ったけれど、

とにかく大急ぎでホームセンターまで行ってみたら…置いてありました!

可愛い色が残ってて、しかも半額だそうです!もう嬉しくって~♪


f0359879_01555301.jpg



だけど、チューリップが咲くまで、そこに何も無いのは寂しいので、

花キャベツも植えたいなと思って、探してみたら、

売り場にあったのは、こんな感じの物ばかり💦

f0359879_02021918.jpg


葉っぱが枯れてる…



このホームセンターは園芸専門店より値段は安いけれど、管理が悪いのです。

ひそかに、「少し値引きしてくれないかな?」と期待しながらレジへ持って行ったけど、定価通りでした。

ミモザは結構アメリカナイズされてますが、値引き交渉は絶対に出来ない小心者です( ノД`)


f0359879_02124086.jpg

f0359879_06311280.jpg


カビ落としを頑張ってみたら、板壁がまあまあ綺麗になったので、

ピンクで囲んだところにチューリップを植えました。

春が楽しみです178.png



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-05 05:48 | 前庭

ブルーガーデンで種蒔きの続き☆



f0359879_14213414.jpg



「ホワイトガーデン」改め「ブルーガーデン」と呼ぶようになった場所で、

種蒔きの続きをしました。


f0359879_00313995.jpg



ここは左側にベンチがあって、右側に小鳥の水浴び場があります。




大きなシャスタデイジー(フランス菊)が2株見えますが、

フランス菊は他にも2株あるので、右側の方は掘り出しました。

ここを広くしてヒゴタイの種を蒔きたいのです。


f0359879_22484266.jpg

(ヒゴタイ)


次は土作り…私は今まで土作りを疎かにしていたことを猛省中です💦



最初はツルハシで耕しながら、黙々と石拾いでしたが、

コンポストを土に混ぜて、もう一度耕すところまで来ると、

何だか自分の心まで耕される感じ♡



フワフワふかふかの土に触って、やさしい気持ちになります。

ガーデニングって、やっぱりいいなあ~178.png

今まで土作りをおろそかにしてたのが勿体なく感じる。



無知+「土作り」という地味な仕事をするより、

早く植えたいという子供のような気持ちを優先させてたのでしょうね(*ノωノ)



さて、最近は気温が結構低くて、種蒔きをしても発芽するかどうかが心配なので、

もしダメな場合、春になってもう一度蒔こうと

どの種も袋の1/3だけ蒔いて、残りは春のためにとっておきました。



種を蒔き終えた時はもう暗くなって、雨も降ってきたので、

写真を撮るのを諦め、急いで家に入りました。

f0359879_23205306.jpg



翌朝には地面が少し固まっていたので、

この写真ではそんなにフワフワふかふか感が伝わらないのですが、こんな感じです。




黄色の枠内が種を蒔いた場所です。↓


f0359879_23580814.jpg

種を植えた場所と散歩道の間は

今は冬枯れですが、春にはスズランの花が咲きます。


f0359879_23261464.jpg
f0359879_23262605.jpg


生憎、スズランの花を撮った写真がないですが、

今年6月のホワイトガーデンの写真をちょっと見てください。

スズラン(葉っぱだけ)がダスティミラー(一番手前の植物)の向こうに見えています。



f0359879_11324415.jpg
(芝生の散歩道:左側が旧ホワイトガーデン、右側は旧ローズ/ブルーガーデン)




f0359879_23483025.jpg



それともう一つ…蔓が道具小屋まで来るのを

今か今かと待っていたポールズ・ヒマラヤンムスク、

ついに道具小屋の壁に到達したんですよ!




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ







[PR]
by mimozacottage | 2017-12-01 05:32 | ホワイト/ブルーガーデン