タグ:ガーデニング ( 121 ) タグの人気記事

前庭のバラの誘引と庭仕事




f0359879_23261683.jpg



「前庭のバラが邪魔になって歩きにくいから、何とかして。」夫に言われ、ハッとしました。

そう言えば最近、裏庭に夢中で、

前庭のことはすっかり忘れてました。(〃▽〃)ポッ




前庭は水遣りをしなくていいし(スプリンクラーがあるので)、

芝生の草取りは指を痛めて以来、中断。

家の出入りも、玄関を使わないで車庫のドアを使っていたので、



そもそも、前庭に来ることがあまりなくて…



玄関に吊るしたハンギングバスケットも、

おッと!(*_*;…気づかないうちに枯れていた! あ~、、恥ずかし~122.png

さて、バラの話です。



f0359879_07191039.jpg


f0359879_07185626.jpg



おやおや(;´・ω・)、ほんと!バラが完全に道を塞いでいます💦



このバラは濃いピンクの蔓バラなのですが、実は私が植えたのではなく、

3年前位?から、ここに(コンクリートの小さな割れ目から)勝手に生えて来ました。



抜こうとしても抜けなかったので、「伸びると短く切る」を繰り返し、

この春、バラがまだ小さかった時にも、

夫が切ろうとしたのですが、私が止めたのです。



だから、このバラをちゃんと管理するのは私の責任💦

ひもを付けたタッカーを木製コンテナに打って、バラの蔓を括り付け、

人が歩く邪魔にならないように、ガレージの方へ誘引しました。


f0359879_07230915.jpg

(コンクリートの小さな割れ目から生えているバラ)


f0359879_23542984.jpg


よしよし、これで大丈夫!ヾ(・ω・`)

前庭へ来たついでに、手を抜いていたお掃除や、

やりたいと思ってた庭仕事も全部片付けました。


f0359879_07342647.jpg


玄関前のセダムがもうすぐ咲きそうです。


f0359879_07334103.jpg


この日の庭仕事は…

まず、玄関横花壇の草取り178.png

f0359879_07350875.jpg


その横にバジルとルッコラを植え替えて、

+追加のルッコラの種まき178.png


f0359879_07361118.jpg


またその横にはほうれん草の種を蒔き178.png

f0359879_23333112.jpg


ぐるっと向きを変えて、モロヘイヤの種蒔き178.png


f0359879_23352706.jpg



前庭に野菜が一杯~( ゚Д゚)!?

…もしかしたら、違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。



実は、最近読んでいるガーデニング本の影響なんですが、

この話はまたいつか(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村






[PR]
by mimozacottage | 2017-09-02 04:17 | 前庭

庭の手伝いをしてくれる「斜め向かいのアン」



ヨーロッパ旅行を5日後に控え、いろいろ準備中です。

夏の盛りは過ぎたとは言え、3週間も家を留守にするので、

裏庭の水遣りが一番心配💦



ご近所SNSに「水遣りしてくれる人募集」の広告を出そうか?と考えましたが、

近所のことは何でも知ってる自主自治会長さん(^^;)、お向かいのロバートさんに相談すると、



2、3日後に、我が家の斜め向かいに住んでいる小学生のベイリーちゃんが、

うちの水遣りをしたいと言ってきた(*'▽')

(我が家は「コルデサック」と呼ばれる楕円形の袋小路にあるので、
斜め向かいと呼べる家が6、7軒あります。)



本当は植物の知識がある大人の方に、ちゃんとした時給を払ってお願いしたかったのですが、

折角やりたいと言ってくれる子供を 無下に断るのも可哀想で、

「大人のスーパーバイズ付き」という条件で、その子にお願いすることにしました。



ベイリーちゃんにお願いしたいもう一つの理由は、

今まで彼女の家族とはあまり交流がなく、どちらかと言えば苦手意識があったので、

これが仲良くなるチャンスだと思ったのです。



先日、お母さんと一緒に家に来てもらって、トレーニングセッションなるものをしました。

植物のことや庭の危険な場所など、安全や仕事上の注意点を伝えてからは世間話(^-^)。



ベイリーちゃんのお父さんはカナダ人で、「赤毛のアン」で有名なプリンスエドワード島近くのご出身、

昨年は家族みんなで「アンの博物館」へ行ったそうです。

夫と私も4年前にプリンスエドワード島へ行ったので、皆でアンの話で盛り上がりました。


f0359879_23330899.jpg

プリンスエドワード島・アン博物館(2013年9月撮影)


f0359879_22471792.jpg

アンの部屋(アンの部屋の内装は時々変わりますが、これは2013年9月現在です。)



ベイリーちゃんは10歳、

髪の色は、「赤毛のアン」を彷彿とさせるような赤っぽい茶色で、年頃もほぼ同じくらいです。



私は、彼女が仕事をやりやすいように、

「水遣りガイドブック」のような物を作って、手渡しましたが、



ベイリーちゃんは自分でもちゃんとノート持参でやって来て、

時々メモを取りながら、私の説明を熱心に聞いてくれました。



好奇心いっぱいに裏庭を見て回り、道具小屋がとても気に入った様子178.png

「わあ~、この小屋はすごく可愛い☆、私の家の道具小屋は汚くて全然可愛くないの。」と話すので、

「うちもペンキを塗り替える前は汚かったのよ。」と私が言うと、目を丸くして驚きます。



ご存知の方も多いかもしれませんが、ご参考までに、

我が家の道具小屋Before&Afterの写真です。

(アンの家を見て頂いた後のお目汚しでごめんなさい🙇)

f0359879_09233444.jpg

(2014年8月初旬の道具小屋)

Before ↑↓After

f0359879_06221251.jpg

(2016年9月の道具小屋:建物はそのままですが、
壁とドアのペンキを塗り替え、入口にレンガを敷きました。)



ベイリーちゃんは、孤児だった「赤毛のアン」と違って、

会社員のお父さんと英語教師のお母さんに、大事に育てられている一人っ子ですが、

時々自分でクッキーを焼き、家の前で屋台を出すなど、独立心旺盛の元気な女の子です。



今まであまり交流のなかった家(我が家のこと)の水遣りの仕事に、

自分から進んで名乗り出るなんて!…なんて頼もしい子なんだろう✨

これを機会に、ずっと仲良くできると嬉しいなあ~(*^^)v




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





[PR]
by mimozacottage | 2017-09-01 03:40 | 裏庭全体

夫が作ってくれた園芸用ふるい☆




時々自分の夫が、童話「シンデレラ」に出て来る魔法使いのおばあさん(おじさん)に見えることがある。

これは無理だろうな?と思えるような願いも、

夫に相談すると、あっさり叶ってしまうことが多い。

f0359879_01003621.jpg

(裏庭で生垣の手入れをしている魔法使いのおじさん)



夫と結婚してから今まで、叶わなかった願いってあっただろうか?

あるとしても、そんなのは後でどうでもよくなったり、忘れたりしてるから、

無いようなものだ。



大根の種蒔きをした日、(←シンデレラの話からいきなりですが(〃▽〃))

「園芸用のふるいが欲しいな~、

いやいや、そのためにわざわざ日本へ買いに行くなんてできないんだから、今は我慢するしかないよ。

でも、どうしても欲しいな~💙」…そんな思いがふつふつと湧いた。



「シンデレラ」に出て来る魔法使いのおばあさんは、

カボチャを馬車に、ネズミを馭者に変えたが、



そんなおばあさんが本当にいたら、

胡瓜を食べに来るうちのドブネズミを 園芸用ふるいに変えてくれないかな?と思った。



しかし、シンデレラのお話は、童話の中の美しいお姫様の話であって、

現実の私は、ただの妄想おばさんだということ。

仕方がないので、裏庭の階段修理を手伝ってくれていた夫に、



日本の園芸用ふるいがどんなに良いものなのか、

そして、それが如何にうちの庭に必要なのかを切々と語った。


f0359879_13411792.jpg

(ご存知ない方もいらっしゃると思うので…「園芸用ふるい」とは、こんな物です。↑

画像は、diy-tool.comモノトスさんからお借りしました。)




夫「園芸用ふるいか…もしかしたら、俺がそんなの作れるかもしれないよ。」

妄想おばさん「うっそ~、え?ホントに?そんなことが出来るの?」

魔法使いのおじさん「うん、簡単だと思うよ。板切れとネットさえあればいいんだから。」



言い終えると、魔法使いのおじさんは、

板切れと金属製ネットを探しに、道具小屋へ消えた。



そして、再び姿を現すと…

魔法の杖をさっと一振り、ア~ブラカタブラ~、チチンプイプイ!

こんなにカッコいい178.pngふるい178.pngを作ってくれたのです💙


f0359879_00574893.jpg



丈夫で、使い勝手が良くて、

「シンデレラ」のかぼちゃの馬車のように、夜の12時で消えてしまうケチ臭いものじゃなく、

20年も30年も長持ちしそう(^^♪



ちょっと重いのが、難点と言えば難点だけど…

ダンベルエクササイズだと思って、

シンデレラのような細い腕目指して、これから頑張るんだ~(≧▽≦)

f0359879_00503649.jpg



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by mimozacottage | 2017-08-30 02:30 | 家族 | Comments(8)

裏庭の小さな階段をレンガ敷きに☆


裏庭では小さなプロジェクトがあれやこれやと続いています。



今日のプロジェクトは、老朽化で1年前から壊れ始め、

それからどんどん、危なくて148.png 汚くて122.png 目障りになりつつある131.png

裏庭北ゲートの小さな階段です。




あまりにボロボロで汚いので、さすがに来客時は恥ずかしくて(*ノωノ)、

庭を案内する時、いつも「この辺は見ないで下さいね。」とお願いしているのです140.png

だから、ブログに載せる写真も 閲覧注意! レベルなんですよ、ごめんなさい!🙇



さて、問題の階段はこれです。


f0359879_00525509.jpg



8月8日現在(今から約3週間前)の写真です。


恥ずかしながら(*ノωノ)、もう少しアップにすると、こんな感じ。

f0359879_00552759.jpg


コテージは築36年なので、この階段も36年前に作られたと思われます。



最初は、古い木枠を全部取ってしまって、

和風ガーデンに合うような、シックな踏み石で石段を作るつもりでしたが、

木枠を留めている釘がとてつもなく太くて長くて、外せない。



夫に頼んで見てもらったら、

階段の木枠は下にもう一つの木枠があって、

それは金属板で固定してあるらしく、夫の力でも外せない。



幸い、一番汚い木枠は外せて、下から綺麗な木枠が出て来たので、

夫にこれ以上無理をしてほしくなく、

周りの古い木枠は残したままで、どんな階段ができるだろうか?と思案121.png



たまたま、最近読んでいるガーデニング本がヒントになって、

木枠にレンガを嵌め込むことにしました173.png

f0359879_01150854.jpg




まず、雑草、草や木の根っこ、余計な砂利も全部取り除き、

そしてここからは…

1年前に道具小屋の玄関をレンガ敷きにした要領で、(その時の記事はこちら→記事)

レンガを敷いて行きました。



1年前のレンガ敷きは、砕石+防草シート+砂+モルタルでしたが、

今回は、防草シート+砕石+砂+モルタルにしました。


f0359879_01184000.jpg


防草シートを敷き、


f0359879_01214072.jpg


砕石を置きます。


f0359879_01221490.jpg



次にレンガを置いてみて、高さを砕石で大まかに調節し、

最後に砂で微調節します。

f0359879_01220369.jpg



さて、モルタルですが、今回は予めモルタルを練らないで、

(水で練る前の)粉状のモルタルを直接敷いて、その上にレンガを載せ、

上から水をかけて、(粉状)モルタルに染み込ませる方法でやりました。


f0359879_01241556.jpg



粉状のモルタルを敷いて、

f0359879_01294845.jpg



レンガを乗せて、

f0359879_01300504.jpg



上から静かに水をかけます。

f0359879_01314004.jpg



少し乾いたら、レンガと煉瓦の隙間に(粉状)モルタルを入れ、

箒や水でレンガを綺麗にしながら、上から静かに水をかけて行きます。

途中乾かしながら4~5回繰り返して、出来上がり177.png



この方法だと、頑丈さは普通のモルタルより劣るそうですが、

一人で手軽にできて手も汚れず、またモルタルを作り過ぎる心配もありません。



取り合えず、上の段だけですが…出来ましたよ~✨


f0359879_01360594.jpg




思ったよりずっと頑丈で、びくともしません。


f0359879_01362172.jpg

作業が進んだら、またアップしますね!



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村






[PR]
by mimozacottage | 2017-08-29 04:03 | DIY

日本の冬野菜(大根と白菜)の種を蒔きました★



1週間位前に大根と白菜の種まきをしました。

これまで2度挑戦して、2度とも、あまり上手くいかなかったので、

今年こそはと意気込んで…種蒔きの前にウエブサイトでいろいろ勉強しました(^-^)



書いてあったことをまとめると、次のようになります。



その1.土づくり…大根は湿気が嫌いで、湿気が多過ぎると病気になりやすいので、

畝を15㎝くらいの高さにする。

我が家のキッチンガーデンは緩い傾斜地にあるので、それを考慮すると10㎝くらいが適当かな?

f0359879_00412938.jpg


(手前が大根、奥が白菜用の畝:畝は今までになく丁寧に作りました。)(〃▽〃)ポッ



土は石灰を混ぜて中和させるのが普通ですが、

我が家は春に薪ストーブから出た灰を撒いたので、省略しました。

(+アメリカの土は元々、日本の土より酸性度が低い)



肥料…大根は元肥を多くせず、2~3度に分けて追肥をするのが良い。
(そういうのを「ぼかし肥料」と言うのだそうです)

反対に白菜は追肥を行わず、元肥をたくさん与える。



その2.大根の根は細く柔らかく、土の中に石とか固い木片や土の塊等があれば、そこから根分かれするので、

石をできるだけ取り除いて、よく耕す。


私は石を拾えるだけ拾って、土も耕せるだけ耕しましたが、

うちの庭はどこも石ころだらけなので、ここが非常に難しい…(´;ω;`)ウッ



ほんとに綺麗な大根を作りたいなら、

畑の土をふるい(篩)にかけて、細かい土だけを使うのだそうです。



そんな道具、私も欲しいな~💙



園芸用のふるいはアメリカでは見たことがなく、

実は前々から、日本へ行ったら買って帰りたいと思っていたのです☆彡



その3.畝の幅は1mくらい、2列に種を蒔く。

2列を平行に並べるのではなく、

千鳥蒔きと言って、片方の列の間隔を半分ずらすといいそうだ。



筋蒔きよりも点蒔きの方が間引きが楽で良いとあったので、そうしたけど、

ミモザは大根の間引き菜で作る菜飯が大好物なので、

筋蒔きの方が良かったかな?と今になって、後悔(;´・ω・)。




その4.虫の被害…大根と白菜は共にアブラナ科の野菜なので、モンシロチョウが卵を産み付けやすく、

無農薬で育てると、葉っぱが青虫に食べられることが多い。

私が以前作った白菜は、葉っぱに穴が無数に開いて、まるでレースのようでした💦




モンシロチョウはキク科植物の匂いが嫌いらしく、

コンパニオンプランツとして、キク科の野菜や花を近くに植えるとよいそうなので、

マリーゴールドを植えてみました。

f0359879_01075593.jpg


f0359879_01065962.jpg


あっ(;゚Д゚)、、、またもや…ウサギ~ッ、ッ、ッ(~_~;)

f0359879_01090962.jpg



植えてからすぐに写真を撮ればよかったのですが、作業を終えた時には既に暗くなっていたので、

翌朝でいいかと後回しにしたら…早速ウサギに荒らされました( ノД`)

(この写真は5日目)


f0359879_01033460.jpg



左端の小さい縦型の畝には、(同じくキク科の)春菊を植えたいのですが、

日本の種を売っているお店に買いに行くと、品切れ!…Σ(゚д゚lll)ガーン

このお店にはよくあることなんです(^^;)



この辺りで日本の野菜の種を売ってる所はここだけなので、

オンラインで種を注文して…今、届くのを今か今かと待っている所です。


f0359879_01242013.jpg

(種蒔きから5日目、大根の芽が出ました。≧▽≦)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





[PR]
by mimozacottage | 2017-08-28 03:36 | キッチンガーデン、果樹

しっとり和風ガーデン☆マルチでビフォーアフター

和風ガーデンにマルチを敷きました。

今回敷いたのは、ここ↓

f0359879_23375842.jpg



裏庭の最北端、和風ガーデンの板壁から約60㎝の幅です。

板壁が出来るまでは、北隣の隣人がここに廃材を置きっぱなしにしていたので、

私はてっきり、お隣さんの庭だと思い込んでいたのです。




板壁を作る時、北隣との境界線をはっきりさせるために、

測量士さんに敷地の測量をしてもらい、

うちの庭だということが分かりました。




さて、うちの庭だとわかっても、

この場所は手をかける暇がなく、ずっとほったらかし(草取りだけ)…




和風ガーデンの中でも、ここだけ殺伐としていて、なんか違うな~?

何だろ?何だろ?とずっと不思議でしたが、

…3日前になってハタと気づいたのです。



そうだ!マルチだ~!173.png

私が長い間隣の庭だと思い込んでいた、

板壁から60㎝までの間はマルチが敷いてなかったのです。




と言うことで…マルチを敷く前に石ころを拾って、

ツルハシと熊手で土地を均したら、ちょっとスッキリ(^-^)、

f0359879_00211563.jpg


マルチを敷いてみたら…まるで、ビフォー↑↓アフター☆彡

清潔な感じで、気持ち( ・∀・)イイ!!171.png

f0359879_00224234.jpg



f0359879_00245461.jpg




以前はこの辺りまで柊の木がありました。

これから奥は、近い将来わらび畑にするつもりなので、

マルチ敷きは取り合えずここまで。




マルチでしっとり変わった和風ガーデンとそこに植えている植物です。


f0359879_00290623.jpg


昨年まで白っぽい地味な色だったシュウメイギクが、

今年は鮮やかなピンクになり、株も4株に増えました。


f0359879_00350755.jpg


引っ越す以前からここにあった椿の木…少なくとも樹齢11年以上なのに、驚くほど小さい。

去年まで柊の木の下に隠れ、上から柊に抑え付けられていたので、

木の形は海老のように丸くなって、半分死にかけだったのです。



夫と二人掛かりで背をゆっくりまっすぐに伸ばしてやって、添え木をしたら、

背丈がグンと伸びて、約2倍に★

コンポストを漉き込んだら、艶々の葉っぱが一杯出てきました。

f0359879_00484731.jpg


和風ガーデンには5種類6株のギボウシを植えています。

このギボウシは真っ白な花が咲きます。

f0359879_00504526.jpg


南天がある場所は池の傍ギリギリですが、

庭の幅が広くなったことだし…もっと板壁近くに植え替えようと思案しているところ(^-^)


f0359879_00525804.jpg


ミモザ自作の池です。


f0359879_00534911.jpg


「アメリカには無いだろうな?」と諦めていた✨ハラン✨


この春園芸店で見つけた時、嬉しくって嬉しくって(≧▽≦)、小躍りしました。
(お店の中だったから、心の中でね(^_-)-☆)


f0359879_01000119.jpg


板壁に近い石の左右、空きスペースがあるので、

将来はここに梅の木とか松の木とかを植えて、どっぷりと和の世界に浸りたい(*^^)v


f0359879_01064882.jpg




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by mimozacottage | 2017-08-26 04:04 | 和風ガーデン

う、う~ッ、やられた~!( ノД`)…泣



朝起きて裏庭を見ると、こんなことになっていました。

f0359879_23322096.jpg


ブルーガーデンに植えたばかりのフロックス、

因みに元の姿はこうだったのです。↓

f0359879_08330009.jpg


ウサギの仕業です。仕方がないので、夕方になって掘り出して、

f0359879_23330185.jpg


道具小屋の前に置いた樽に植え替えました。

f0359879_23385371.jpg



フロックスの横のセントリアもここに避難させる前は無残な姿になっていたのです。

この樽、元は寄せ植え用で、可愛い花を一杯植えるはずだったのですが、

今や、ウサギの犠牲になった植物達のシェルターと化しています。

f0359879_23391032.jpg


ウサギはキッチンガーデンも容赦なく荒らします。

「ラベンダーの小径」横のキッチンガーデンに侵入して、

f0359879_23451228.jpg


f0359879_23453025.jpg


サーモンベリーの枝を引っ張って下におろし、つま先立ちで食べている所です。

そして次は、明白な証拠写真です。



f0359879_23480805.jpg


f0359879_23482127.jpg


私がわずか1mぐらいの距離で見てるにもかかわらず、平然とキッチンガーデンに入り、

青葱を片っ端からバリバリと食べていくのです。


f0359879_23512418.jpg


ウサギ「あら、おばさん、そこで何してんの?」

ミモザ「泣いているのよ…(´;ω;`)ウッ」



そして最近もっともショックだったのがこれです。

f0359879_23582035.jpg



歯が鋭くて、食べ方がウサギとは明らかに違います。

犯人は誰だろう?と不思議に思っていると、

目の前を丸々と太ったドブネズミが通り過ぎて行きました。




この被害が数日続いた(今も続いてますが…)ある日、

お腹がパンパンに膨れたドブネズミが胡瓜のトレリスの中から出て行くのを目撃!


f0359879_23580467.jpg


トレリスの上の方の胡瓜も、手当たり次第に地面に落として食べていくのです。

犯人がウサギやリスでなく、汚いドブネズミだったということが、さらにショック!



ドブネズミは今まで見たことがなかったし、

家ネズミもいなかったので、ホントにホントに想定外…122.png

完全に油断してました。(~_~;)

f0359879_23543269.jpg


取り合えず、夫がネズミ取りを仕掛けましたが、

今のところ効果はなく、次々に食べられて行きます(-_-;)。



胡瓜はたくさん実をつけていると言うのに…

ここ3~4日、我が家のキッチンに運ばれる前に、全部ドブネズミに奪われているのです。( ノД`)泣



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





[PR]
by mimozacottage | 2017-08-24 04:00 | キッチンガーデン、果樹

作業スペース~尻切れトンボですが、ここまで進展★



裏庭で取り組んでいる作業スペースのプロジェクト、

少し進展しました。

f0359879_05155786.jpg



ゲストルームの窓下は、

乱雑に置かれた石を並べ変えて、ちょっと見栄えがするようになったのですが、


f0359879_01472659.jpg



今度は板壁の傍、

このスペースは元々砂利が敷いてあったので、

それを通路の方へかき寄せて、板壁際の砂利はなるべく減らし、


f0359879_05182472.jpg


f0359879_05212550.jpg



板壁から50㎝ほどの所にセメントのレンガを並べて、細長いスペースを作りました。

次に通路ですが、歩きやすくするために、砕削石を敷いて水平に整地したら、

見た目もグンと清潔な感じ✨

f0359879_05230369.jpg


細長いスペースには土を入れて、植栽スペースに…

板壁の支柱の周りはセメントで固めてあるので、土を入れる代わりに植木鉢を置きました。

f0359879_05434726.jpg



左端の方が尻切れトンボですが…(〃▽〃)ポッ

その向こうは別のプロジェクトをやっていて、先にそれを完成させないといけないので、

取り合えず、植栽スペースはここでストップです。




f0359879_05395547.jpg



う~ん、これって、どうなのかな?

尻切れトンボはいいのですが、その他のことでちょっと迷いがあります。



ここに植物を植えると水を遣らなきゃいけないし、

板壁に水がかかると、

板壁の傷みがグンと早くなるかもしれない…



ここに植栽スペースを作ることが、果たしていいのかどうか?迷ってきました。



迷った時は、まず夫に相談!(…する時もある〃▽〃)



ミモザ「ここに何か植えると水を遣らなきゃいけないし、板壁に良くないかもね、ダーウィンはどう思う?」

夫「う~ん、俺は何も無くていいと思うけど、ガーデニングは君の趣味だから、

植えたいものを植えて、楽しめばいいんじゃないの?」



ミモザ「そうだね。10年後20年後、板壁が腐ったとしても、

その時考えればいいことだよね。」…その時、生きてるかどうかも分かんないし(〃▽〃)


f0359879_06152744.jpg




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2017-08-22 06:42

バラがアーチの上まで届きました☆



バラが初めてアーチの上まで届きました!

f0359879_01132620.jpg



このアーチは8年くらい前に取りつけたので、

普通考えれば…今までそうならなかったことの方が不思議ですよね!?(^^ゞ



アーチの左右にバラを植えたのは6~7年前、「エデン」という種類で、

植えた位置はアーチから50㎝も離れていました。



当時どこかで、「蔓バラを植える時はアーチやトレリスから40~50㎝離す。」と書いてあったのを読んで、

その通りにしてみたのですが、



その位置だと誘引が難しく、おまけに蔓が思うように伸びなかったので、

アーチの下の方で、毎年申し訳け程度の花がパラパラッと咲くだけ(;´・ω・)



ここ数年、うちのバラはどうして綺麗にアーチに絡まないんだろう?と不思議に思って、

バラのアーチがあるバラ園などを間近で観察してみると…

バラは全部、アーチの根本に植えてある!…(・_・D フムフム…これなら誘引もやり易そうです。173.png



エデンは優雅で病気にも強いので、私の大のお気に入り178.png

諦めたくなく、かと言って、ここまで大きくなったバラを移植するのは怖かったので、

思い切って背丈を1/3ほどにバッサリ切り、同じ場所でそのままシュラブ仕立てで育てることに…


f0359879_02073441.jpg



代わりに今年の春、

新しい蔓バラ、サリー・ホルムスをアーチのすぐ根元に植えました。


f0359879_02142053.jpg

f0359879_02135483.jpg

f0359879_02083898.jpg

(サリーホルムス:芳香がして、花の咲き始めは薄いピンクオレンジ、だんだん白い色になります。)



ところが、シュラブ仕立てにしようとバッサリ切ったエデン、

左右の蔓1本ずつ、6月になってニョキニョキと伸びて来たのです。


f0359879_02062364.jpg



蔓がまだしなやかなうちにアーチに誘引すると、

f0359879_02202758.jpg


7月、左側のエデンの新しい蔓に大きな花が7~8個咲き、

f0359879_13555286.jpg


(今年7月)


右側のエデンは花が咲かなかった代わりに、

蔓がどんどん伸びて、ついに先週、アーチの上まで到達したのです。

もう嬉しくって(^-^)、いろんな角度から写真を撮ってみました。


f0359879_21383848.jpg

f0359879_02045758.jpg

f0359879_02052869.jpg

(アーチの下から見上げたところ)



今はアーチの上に初めての花が咲く、記念的瞬間を

今か今かと楽しみにしている所(*^^*)、



最後に、先週裏庭で咲いていたバラの写真です✨

f0359879_01354336.jpg

f0359879_02230731.jpg


f0359879_02192791.jpg

f0359879_02194397.jpg

f0359879_02225285.jpg




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村







[PR]
by mimozacottage | 2017-08-21 02:49

作業スペース~石の置き方一つでこんなに変わる



先月初めから少しずつ取り組んでいる裏庭のプロジェクトがあります。



ここは裏庭の北側、和風ガーデン横ですが、

2~3時間ほど朝日が当たる以外、日中は建物の陰になって日が当たりません。


薪の原木、板壁工事に使った残りの材木、庭から出た石や庭仕事の材料等を

一時的に置く物置場&作業スペースになっています。


f0359879_01413579.jpg



コテージの生活はどこかに作業場が必要で、

どこもかしこも手入れが行き届いた庭を持つことは不可能だと思いますが、

…ここを見る度に、少し嫌な気持ちになります。


f0359879_01422667.jpg



それを夫に話すと、

「庭を完璧に綺麗にする必要はない、少しは手を抜いたところがあっていい。

君はホントに潔癖症なんだから…。」と笑います。




私はこの意見に一部賛成ですが、

実はこの場所、家の半地下にあるゲストルームの窓から丸見えなのです。

ゲストルームの窓の真下には、ごちゃごちゃに置いた材木と石、板壁には雑草…


f0359879_01421449.jpg



家の中や庭をどんなに綺麗にしても、

泊まり掛けでやって来たゲスト達が、朝174.png 窓を開けて、

見える景色がこれだとしたら(*_*)…



朝の気持ちよさも吹っ飛び、ガッカリ122.png…と言うか、

131.png~な気持ちになると思うんですよね(;´・ω・)。



よし!薪の原木はしようがないにしても、あとは自分で何とかしよう!166.png



プロジェクトのゴールは、「ゲストルームから見える景色を心地よいものに!」なんですが、

ゲストルームは湿気が来やすいため、窓の近くや外壁沿いに花壇を作ることはできず、

その他の方法で何とかしなければいけません。




まず材木を片付け、雑草を取り、さて石ですが…

外側を囲うように大きい石を置き、

あとはゲストルームの窓に近づくにつれて、石の大きさが少しずつ小さくなるように、

コツコツと時間をかけて置き変えてみました。


f0359879_01462688.jpg


f0359879_01472659.jpg


石の置き方ひとつですが、これだけで見た目がずいぶん変わったと思われませんか?





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村








[PR]
by mimozacottage | 2017-08-18 03:49 | 裏庭全体