タグ:スペイン語 ( 3 ) タグの人気記事

基礎スペイン語講座修了



コスタリカ旅行が決まってから取り始めたedX無料オンライン講座(注:修了証書代は有料)、

スペイン・バレンシア工科大学の基礎スペイン語 1 が終了しました。


f0359879_06041235.jpg



実はこの講座をやり始めてしばらく経つと、

スペイン語の母音(日本語と全く同じ:ア、イ、ウ、エ、オ)が簡単過ぎて、

やり甲斐がないというか、面白くなくて、

スペイン語講座を取ったのは失敗だったかな?と思ったのです。



とは言え、Certificate(修了証書)を受け取るために40ドルを払い終えた後だし、

それを無駄にするのは勿体ないので、

修了証がもらえる点数だけ稼いであとは止めてしまおうとか、姑息な考えも頭に浮かびました。



この講座のハードルは低く、修了証を受け取るための合格点は100点満点中50点、

他の講座の合格点は大体60点~70点以上なので、

それに比べると随分ゆるくて、楽勝かな?…ナンて。



ゆるゆると勉強して、合格点まであと少しのところで(その時点では48点)、コスタリカに出発、

現地では、出発する間際に買ったスペイン語の旅行者用ハンドブックを

ハンドバッグに入れて持ち歩き、重宝しました。



スペイン語をほんの少し使うだけで、どこでも大歓迎されて、楽しい経験を一杯したし、

時には、そんな少しの知識だけで、困った状況を切り抜けられたのです。

(旅の後半はスペイン語を使うどころではなくなりましたが…)



アメリカに帰国してから、途中で止まっていたスペイン語講座のことが気になりました。

ところが、もう既に書いたように、インフルエンザの後遺症でゾンビのようになって、

講座を再開するどころか、何をする気力もなく、



このままでは修了証を取れずに終わるのかな?

ぼんやりそんなことを考えながら、毎日が過ぎて行きました。



少し元気になって出かけたレストランで、

私のことを覚えていたメキシコ人ウエイターさんにスペイン語で話しかけられて、

スペイン語を話す楽しさを思い出したことと、

「やっぱり諦めてはダメだ。」という気持ちが少しずつ沸いて来たので、



オンライン講座を再び開けてみたら…なんと!

試験の提出締め切りが、あと3週間余りに迫っていました(・_・;)💦



たかが無料オンライン講座でも、48点で終わるなんて嫌だな~と一発奮起158.png

飛び飛びですが、何日間か午前中に3時間ほど集中勉強して、

先日、無事修了証書を手にしました。


f0359879_06034115.jpg

(修了証の日付は合格点50点に達した日です。)



結局、成績は総合得点95点 (内訳:中間100点ファイナル93点)、

2つの試験の平均より総合得点が低いのは、ファイナルの比重が高いためです。

注:中間試験は誰でも満点が取れるような問題です。




既に取った他のedX講座、ハーバード大学の「世界文学」や、UCバークレーの心理学と比べると、

1/10にも満たない勉強量だったので、やった!という実感はイマイチ…




それでも夫に修了証を見せると、「よく頑張ったね!」バラをプレゼントされました。


f0359879_06042603.jpg


バラをもらうほどじゃないんだけどな…(〃▽〃)ポッ





今度はもっと真面目に頑張ってみたいと思って、

昨日、edXスペイン語講座、次のステップ「基礎スペイン語2」に登録しました。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ


[PR]
by mimozacottage | 2018-03-02 03:23 | 英語以外の外国語 | Comments(16)

兵隊(人形)さんに会えるレストラン★



この季節になると、この辺りはクリスマス一色、

あちこちの趣向を凝らした飾りつけを見て楽しんでいます。

f0359879_01570864.jpg


シアトル中心の豪華絢爛な飾りつけとは違って、

少し素朴な飾りつけがしてある、レドモンドという町のショッピングセンターへ行きました。

ここの可愛い兵隊さんの人形に会うのが毎年の楽しみなのです。

f0359879_03390344.jpg


f0359879_01571794.jpg

こんばんは~ 兵隊さん!

今年も会えたね、寒いのにお疲れ様~(*^^*)



f0359879_02004290.jpg

f0359879_02010734.jpg


レストランの入口の暖炉の上です。

ここは、地中海に浮かぶ長寿の島として有名な、

サーディニア島(イタリア領)という島の料理をテーマにしているイタリア料理の店です。


f0359879_03374790.jpg

(耐熱ガラスタイルで作ったピザ窯が圧巻)



海の幸山の幸をふんだんに使った健康食と雰囲気の良さが売り物で、人気があります。

メインのダイニングルームは席を待つ人の行列が出来るので、

大体いつも空席のあるバーに座ります。


f0359879_02573105.jpg

(バーから見える2階は貸し切りパーティ会場:窓はジュリエットウインドウでロマンチック♡)



バーに座れば、前菜(おつまみ)だけでお酒を飲むことができるのですが、

ダイニングルームと同じディナーメニューも頼めるので、

私達は何時もここに座ってディナーとワインを楽しみます。


f0359879_03025292.jpg
(シーザーサラダ)

f0359879_03030341.jpg
(ジャガイモのニョッキ)


f0359879_03031456.jpg

(何という名前か忘れたデザート)


普段はデザートを頼まないのですが、

この日はメインのニョッキを半分にして、デザートを食べました。



水やお皿を下げる係のメキシコ人の給仕人さん達は、

私がスペイン語を勉強していることを知っているので、私達をアミーゴス(友達の複数形)と呼んで、

話しかける時は簡単なスペイン語を使い、知らない単語があると教えて下さいます。



私達が帰ろうとすると、

「もうお帰りですか?ゆっくりして下さい。」と言って下さるので、

いつも気兼ねなく寛ぐことができます。


f0359879_02000817.jpg

f0359879_03073913.jpg



実は最近、スペイン語の勉強を怠けているので、

簡単な言葉も忘れていて、恥ずかしいと言うか、自分を責めるような気持になりました。

コスタリカ旅行出発まであと1か月を切ったというのに、「これじゃいかん」と大いに反省した夜でした。



スペイン語基本の表現

¡Hola! オラ! (こんにちは、「おはよう」でも「こんばんは」でも使えます。)
¿Cómo estás? コモエスタス?(ご機嫌如何?)
¡Encantada! エンカンターダ! (はじめまして)
¿Cómo te llamas? コモテヤマス (あなたの名前は何ですか?}
Me llamo Mimoza メヤモミモザ (私の名前はミモザです)

レストランで覚えておくと便利な表現

¿Dónde está el baño? ドンデ エスタ エル バーニョ? (御手洗いはどちらですか?)
~ Por Favor ポルファボール (どうぞ~して下さい。)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!アディオス(またね^_-)-☆


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-11 05:30 | 英語以外の外国語

スペイン語事始め



少し前までドイツ語にハマっていましたが、

1か月ちょっと前からスペイン語の勉強を始めました。




英語は10歳の時、英文科の学生だった9歳年上の長姉の影響で始め、

途中何度かのブランクを挟んで30年~40年+今も修行中、

フランス語はアメリカでクラスを取り、

ドイツ語は若い頃に英語よりも熱心に勉強した時期があるのですが、




スペイン語は全くの初めてです。




スペイン語はスペインの外、ブラジルを除く中南米で広く母国語とされていますが、

次にスペイン語人口が多いのは、中南米からの移民が多いアメリカです。

とは言え、スペイン語はアメリカの公用語ではないので、主にスペイン語圏のコミュニティだけで使われ、

スペイン語が話せるアメリカ人はごく少数派です。




アメリカに住んでいれば、(家の仕事の依頼やレストラン等)メキシコ人の方達と接触する機会が多いので、

スペイン語は多くの人にとって一番身近で、他の外国語よりも上達するチャンスがある筈なのに、

スペイン語を外国語として勉強する人は驚くほど少ないのです。




私がスペイン語を始めようと思ったきっかけは、

来年1月の旅行先が中米のコスタリカに決まったことなのですが、


f0359879_01535982.jpg

(コスタリカ:Borrowed image from TLblogpic[1] 画像はお借りしました。)




最近、胆のうの手術直後に病院で身柄を拘束された、

10歳のメキシコ人少女のニュース(日本語) abcNEWS(英語)を読んで、スペイン語をしっかり勉強し、

将来スペイン語圏の人達の役に立つことができれば…と、意を新たにしているところです。




先月30日のこと、テキサス州に住む10歳のメキシコ人少女が、(アメリカ市民権を持つ)いとこに付き添われ、

胆のうの手術を受けるために救急車で病院に運ばれている途中、

国境警備隊の検問に制止され、不法滞在の疑いで拘束されることになりました。




(緊急を要する)手術を受けることだけは許されたのですが、

移民当局は少女をまるで重罪人のように扱い、救急車を追いかけて病院で待機、

手術直後の少女を病院内で拘束しました。




術後の療養と共に特別のケアを必要とする彼女を家族の元に返すようにと、

人権団体や教育団体等が呼び掛けているのにも拘わらず、少女は今も難民センターに収監されています。




脳性まひという重い障害を持って、メキシコで生まれた少女ロサマリアさんは、

アメリカでより良い治療を受けさせたいと願った母親に抱かれ、生後3か月で国境を越えました。




オバマ前大統領は、子供の時に親に連れて来られた不法滞在者には寛大な措置を取っていたのですが、

トランプは不法移民、特に犯罪歴のある者(スピード違反など軽微なものも含む)は、

国の脅威になるという理由で、移民に対して強靭政策を取っています。




しかし、生後3か月からテキサス州に住み、犯罪歴のない小学生がいったい何故、国の脅威になるのでしょうか?

トランプがメキシコ人達に異様に圧力をかける政策を取っていること、

そしてそれが、手術直後の小学生に対しても容赦なく行われたことに憤りを感じます。




さて、この年になって、全く新しい外国語に挑もうとしている私は、

一人で漠然と勉強するより、ガイトのようなものが欲しいので、




以前このブログで紹介したことのある無料オンライン講座 edX で、スペインのバレンシアポリテクニック大学、

Universitat Polytéchnica de Valenciaによる「スペイン語入門編」を始めました。

60歳を過ぎて、新たな挑戦です!




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




外国語を学ぶ楽しみや苦労を共有するサークルを始めました。
語学に興味があってエキサイトブログをお使いの方は、どしどしご参加下さい。

外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-03 02:05 | 英語以外の外国語 | Comments(4)