タグ:プレゼント ( 6 ) タグの人気記事

バレンタインデーの過ごし方&もう一つのカード


アメリカは昨日がバレンタインデーでした。

バレンタインの祝い方はつくづくアメリカ式が良いな~と思う。

義理チョコも本命チョコも買わなくていいから…なんちゃって…

私はへそ曲がりだから、日本にいてもそんなゲームには参戦しないだろうな。(←オリンピックか、アンタは?)



アメリカのカップルは(結婚しててもそうでなくても)、

大体男性から女性へ宝石💎やバラの花束🌹、旅行などのプレゼントと一緒にカードが贈られます。

反対に、女性が男性に贈るのはカードくらい?

少なくとも自分の周りでは、女性が男性にプレゼントする話は聞いたことがない。



私は宝石に興味がないので、夫からのプレゼントは旅行が多いですが、

今年はインフルエンザの余波で予定変更、家で地味に過ごしました。

おまけに夫に渡すカードも買ってなかった。

ごめんね、夫くん。

それに引き換え、夫はきちんと用意してくれてました。(ピンクの方)

f0359879_01461593.jpg


Happy Valentine's Day to my wife

First you said yes.
Then we said I do.
Now I'm saying...
Glad we did.

And I love you, too.

Love Darwin

意訳:バレンタインデーおめでとう!
最初に君がイエスと言った。(プロポーズに対して)
それから僕達は「します。」と言った。(結婚式の誓いの言葉)
今、僕はこう言うよ。結婚して本当によかった、君を愛してる。

ダーウィン(夫の愛称)より



ところで数日前、それとは別のカードももらいました、

f0359879_02504585.jpg



こんなババアに、もう誕生日はいらないと思うけど…

夫のカードや子供達からのメッセージはやっぱり嬉しい。

不覚にも涙がこぼれた。

f0359879_02485568.jpg



I love how your life
intertwines mine-
how everything we do
seems to reach out
beyond today,
touching tomorrows
we can't see.

I love you as you are,
I love who you'll be.
I love celebrating you-
today and always.

Happy Birthday


意訳:君の人生が僕の人生と交わったことが嬉しい。
僕達が今日やっているすべてのことが、
まだ見ぬ明日へ繋がって行くのが嬉しい。

ありのままの君を愛してる。
これから変わったとしても愛してる。
今日、そしていつもいつも、君のことを祝えて嬉しい。
誕生日おめでとう。



ううぅ(´;ω;`)…ロマンチック~、さすがダーウィン♡

ところで、バレンタインの🌹の花束は何処?



夫「バレンタインの時は、🌹が高いから買わなかった。

明日、売れ残りが半額になるから、買って来るよ。」

うぅ(´;ω;`)…う、嬉しいわ💦…だけどちっともロマンチックじゃないわね(〃▽〃)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2018-02-16 05:39 | 季節の行事

クリスマスディナーとプレゼント交換




f0359879_03575857.jpg



クリスマスの話題はもうお腹いっぱいかもしれませんが、

これで最後なので、良かったらお付き合いください。



アメリカの家庭の伝統的なクリスマスデーの過ごし方は、

朝、家族全員がツリーの周りに集まってプレゼントを開けて、それから教会に行く人もいるし、

家族と一日中家で過ごす人もいますが、夜はクリスマスディナーを楽しみます。



クリスマスデーの朝、我が家はツリーの周りに集まってプレゼントを開ける儀式はありませんでした。

私はクリスマスプレゼントをすでに貰っていたし、

夫は夫の長女から送られてきたアマゾンのギフトカードで何かを買うそうです。

だから、前日の残り物を食べて、普通の日と同様に過ごしました。



夜はP家のクリスマスディナーに招待されていたので、5時過ぎに出かけました。

f0359879_03592942.jpg




この日の招待客は夫と私だけです。

このブログに何度も登場している夫の親友Pさんは、夫が1980年代~90代に働いた会社の直属の上司、

夫はPさんの公正さや誠実さに惹かれ、別の会社に転職後も連絡を取って、二人は親友になりました。



1990年代半ば、夫の前の結婚が突然終わった時、

Pさん夫妻は、夫が寂しい思いをしなくてすむように、家族のように家に受け入れたのです。

私と再婚するまで、夫はまるでP家の一員のように、毎日曜日のディナーをP家で食べ、

また、親戚が誰も近くにいない息子のJ君にとって、夫はおじさん代わりだったようです。



2006年、アメリカで夫と私の暮らしがスタートしてからは、夫が頻繁にp家に行くことはなくなりましたが、

折に触れて皆で出かけたり食事をしたり、家族同然の付き合いがあり、

これまでにも何度か、私達はクリスマスを2日連続P家で過ごすことがありました。




f0359879_10593571.jpg

クリスマスディナーのテーブルです。


f0359879_04022047.jpg



この日夫が持参したスクワッシュスープは大好評で、

J君の彼女エリザベスさんがレシピが欲しいと言っていました。

f0359879_04024073.jpg



Pさん作のサーモン、ポテトのチーズロースト、いんげんのソテー

デザートはアイスクリーム&パンプキンパイ、全部美味しかったです♡



J君とエリザベスさんは共にメディカルスクール(医学大学院)の4年生、

J君は研究で大学院に残りますが、エリザベスさんは来年から研修医になる予定なので、

食卓の話題は研修医の労働条件のことや、西洋医学と代替医学の軋轢、アメリカの医療費等でした。



難しい専門用語が多いので、英語に付いて行くのは大変ですが、

実はミモザは、メディカルスクールを目指した時期があったので、興味津々の話題ばかりでした。



私はアメリカで初めて化学や数学を真剣に学び、自分でビックリするほど理系が好きになったのですが、

不眠症が酷くなって、泣く泣くカレッジをやめたのです。

その時の悔しさや絶望感は、その後長い間尾を引きましたが、

研修医の労働条件の厳しさを聞く度、つくづく、自分はその前に諦めて正解だったのだと思います。



食事が終わった後は、全員で後片付けや食器洗いをし、

家族用リビングに移動してから、プレゼント交換会をしました。

f0359879_03574083.jpg


我が家からP家の人達に贈るプレゼントです。

一見普通に見えるプレゼント、何が入っているでしょうか?ツリーの下へ置きました。



P家と我が家、互いに物は増やしたくないので、贈るプレゼントは、

「1年以内(次のクリスマスまで)に消費できるものに限る」というルールを作っています。

つまり、食べ物や飲み物、またはギフト券等です。



これまでのプレゼントで、私が最も好きだったのは、

大好きな園芸専門店のギフト券でした。

その他、B&Bの宿泊券、4つ星レストランの食事券なども嬉しかったな~(^^♪



J君がサンタ役になって、まず最初にプレゼントをもらったのはミモザでした。


f0359879_08485650.jpg

f0359879_08492219.jpg



パスタとオリーブオイル、ミル付きのバジルの瓶等お洒落なプレゼントです♡


次に夫の順番です。



f0359879_10572784.jpg

赤白のワインセット:赤2つは夫で白はミモザ用だそうです。


次に我が家からP家の人達へ

f0359879_10571759.jpg



最初はJ君、ビールとカードが入っていました。

「Happy Holidays! エリザベスのカードを見て!」

f0359879_08580034.jpg


エリザベスさんもビールとカードを貰いました。

「Happy Holidays! Pさんのカードを見て!」

f0359879_08591480.jpg

Pさん、滅茶苦茶大袈裟に包みを開けるので、顔を隠さなくていいですね(#^.^#)

Pさんもビールとカードを貰いました。

「Happy Holidays! Kさんのカードを見て!」

f0359879_09024140.jpg


Kさんもビールとカードを貰いましたが、

カードの中にはこう書いてありました。

「Happy Holidays! 今年のクリスマスプレゼントは、あなた達4人の「いづみ」へのご招待です。」


これは夫が考えたプレゼントですが、

「いづみ」というのは、隣町にある伝統的な和食を出すレストランの名前で、

P家の人達、特にJ君とエリザベスさんはここのお寿司が大好きなので、ピッタリなプレゼントだと思いました。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-27 11:03 | 友人、ホームパーティ

ちっともロマンチックじゃないバレンタイン


昨日アメリカはバレンタインデーでした。

f0359879_02091935.jpg

(昨朝、自室から撮った景色:晴れの日は毎朝、こんな感じです。)



アメリカ式と言うか、日本以外の国では、

大体男性の方から妻や恋人へ、

花、チョコレート、アクセサリー、ディナーや旅行等のプレゼントを贈ります。



かと言って、男性だけが贈るという決まりもないので、

夫や恋人に、きちんとプレゼントを手渡す女性もいます。



私はと言えば…昨日は朝から冷蔵庫のことに夢中で、

バレンタインのことをすっかり忘れていました。

「毎日が結婚記念日」と言ってのける我がロマンチック夫はどうでしょう?



実はバレンタインの日に夫から花をもらったことがありません。



彼が言うには、バレンタインの日は花が高くなるので、買いたくないのだそうです(´;ω;`)

その代わり次の日になって、半額になった売れ残りの花を買ってきます(´;ω;`)

花は見た目同じですが…超現実的で、ちっともロマンチックじゃないのです。(´;ω;`)ウゥゥ



「まあ、いっか('◇')ゞ。。ダーウィン(夫)は他の日に花を買ってくれるものね。」

…普段より念入りに冷蔵庫を掃除し、一生懸命写真を撮って冷蔵庫の記事をアップして、

またまたお昼には冷蔵庫の掃除を兼ねて残り物料理を作り…

昨日は半日が、「冷蔵庫冷蔵庫」で過ぎて行きました。


f0359879_02111667.jpg

冷蔵庫の日のバレンタインの日のロマンチックな朝焼け)


朝ロマンチックだったお日様が、西の山に傾きかける頃、

ベンチュラ郡の青い空のTaffyちゃんのブログにお邪魔して、

旦那様からの素敵なプレゼントのお写真を拝見した途端、はたと034.gif 気づいたのです。




朝、夫がジムへ出かける時に置いて行った、

自分宛への封筒をまだ開けてなかったことに( ゚Д゚)!

…赤い封筒の中には、カードが入っていました。


f0359879_03081867.jpg


For my Wife

We have so much to be thankful for...

When life is tough,
together we
make it work.

When life is good,
sharing it with you
makes it great.

As long as we have each other,
we have it all.

Happy Valentine's Day
to my love
Love, Darwin

f0359879_03190540.jpg



ミモザへ

私達には有難く思えることが一杯あるね…

物事がうまくいかなくて辛い時は、二人で力を合わせて
乗り越えられるし、

うまく行っている時には
二人でそれを分かち合うから、人生がもっと素敵になる。

二人が一緒にいる限り、
私達はすべてを手にしているし、できないことはない。

愛する人よ、バレンタインデーおめでとう!

愛を込めて、ダーウィンより


(´;ω;`)ウゥゥ… ロマンチック~053.gif



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ







[PR]
by mimozacottage | 2017-02-16 05:05 | 家族 | Comments(10)

す~ごく欲しかったプレゼント (自由部門:楽しい家族)

第一回プラチナブロガーコンテスト



夫の日本人友人、Sさん一家の手作りクッキーが届いたので、

薪ストーブの上でコーヒーを温めています。

f0359879_22545502.jpg




クリスマスカードと一緒に、S家の子供達にささやかなプレゼントを送ったら、

そのお礼だと言って、

クリスマス当日に手作りクッキーを焼いて、持って来て下さったのです。


f0359879_22555023.jpg

今年のクリスマスプレゼント…


クッキーの隣はいちごトリュフ、後ろにあるのは手作りのイクラの醬油漬け、

この2つは夫の長男のお嫁さん、ユリちゃんからのプレゼントです。



クッキーは一つ一つ、チョコレートのアイシングがしてあります。

f0359879_22563707.jpg



絵がとっても上手だな~☆ 

それに甘さがアメリカのクッキーよりうんと控えめで、

私達にはピッタリの甘さ…美味しかった~☆彡





次に、夫から私への今年のプレゼントを大公開✨




ジャーン!




因みに、10年前は大きい大きいプレゼント…このコテージでした。




今年は何かな?何かな?




あ~、期待しちゃう(〃艸〃)




f0359879_22552550.jpg




ん?




f0359879_22551419.jpg





…近づいてよくみると、赤いリボンが付いています。




わ~(*_*)、ありがとう~!




これ、す~~~ごく欲しかったの(#^^#)





コンポスト作りに凝っている私は、キッチンの生ごみを無駄にしたくなくて、

庭の隅に穴を掘って生ごみを埋めています。




ゴミが出るたびに埋めに行くのは大変だから、

3回分程溜められる蓋付きのブリキのごみ箱が欲しかったんです。

夫は金物屋を何軒も回って、私が好きそうな物をやっと見つけたそうです。




これ、これ、これ!

こういうのがす~ごく欲しかったんだ!ありがとう~💛





では皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね。





応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2016-12-28 02:32 | 家族 | Comments(6)

クリスマス村



クリスマスイブは毎年、夫の元上司であり今は親友のPさん宅で過ごします。

Pさんの隣人や友人等、毎年25~30人、

顔ぶれほとんど決まっていて、年に1回家族のように集まるのです。


f0359879_04141007.jpg




P家の一人息子、ジャスティン君は長身でハンサムな医学生、

玄関で出迎えてくれた後は、私がコートを脱ぐのを手伝い、

家族用リビングルームまでエスコートしてくれます。



紳士的態度が板についている彼は、誰に対しても同じように振る舞います。


f0359879_04135314.jpg


このパーティに来る楽しみの一つは、

リビングルームの隅に毎年登場する「クリスマス村」を見ること。



今年27歳のジャスティン君が生まれた年に、この村の建設が始まり(私は彼が15歳の時からのお付き合い)、

毎年、家やアイテムが少しずつ増えて行って…

今ではこんなに大きい村になりました。


f0359879_04130372.jpg



この村に使われている信号器や街燈などは、

村の中にある発電所で自家発電しているというから驚きです。(発電所のアップ写真がないのが残念)

氷の張った川や氷柱になった滝も上手く表現されています。


f0359879_04132635.jpg


今年のパーティは夫の長男一家と友人の日本人ご夫婦も初めて参加、

日本語を話す人が夫と私以外に6人もいたので、

例年とはちょっと変わった雰囲気でした!(*^-^*)



f0359879_04160014.jpg
(夫の友人の奥さんNちゃんが作った巻きずし…綺麗で美味しかった~!)

f0359879_04150862.jpg

f0359879_04153468.jpg
(チリビーンズ:このダッチオーブンは、
今年9月、ミネソタのNovaさんご夫妻からプレゼントされました。)


夫が作ったチリビーンズは美味しくて、ほとんど売り切れ…やったね!(^^)!


f0359879_05021231.jpg


私が持参したのはティラミスとかぼちゃのサラダ…最近同じ物ばかりだけど、場所が違うから大丈夫でしょ(^^ゞ)

ティラミスは1日前に作って、一晩冷蔵庫で寝かせました。

全然自信がなかったけど…たくさんの人に「プロの味」なんて言われて嬉しかった✨




その他、夫の孫エミリーちゃんやクリス君と一杯お喋りしたこと、

2年前に知り合った方から、私の大学での勉強(休学中)について聞かれたこと、

話題は一杯あるのですが、長くなったのでこの辺で…






それでは皆様、幸せな一日をお迎えくださいね!




応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



[PR]
by mimozacottage | 2016-12-26 06:12 | 友人、ホームパーティ | Comments(6)

友人、家族への今年のクリスマスプレゼント

f0359879_08591903.jpg


私自身は買い物嫌いですが、人にちょっとしたプレゼントをするのは好き☆彡

今年も外国(アメリカから見た)に住む家族や友人へ、ささやかなクリスマスプレゼントを送りました。



クリスマス前のアメリカの郵便局は大混雑するし、届くのに時間がかかるので、

いつも早めに発送します。(今年は12月9日に発送済)




プレゼント選びは難しい。

どんな物が喜ばれるかわかりにくいし、1回喜ばれた物でも毎年同じ物ではつまらない。

私が好きなのは、カレンダーの贈り物…

実用的だし、毎年新しい物が必要だから。




祭日は国ごとに違うので、アメリカのをもらっても困るという人には無駄だが、

綺麗なカレンダーは壁飾りになるし見るのが楽しい、と結構評判がいい。




9月に行ったミネソタの「ローラ(大草原の小さな家)博物館」で買ってきたカレンダーは、

信州に住む親友に送りました。




彼女は私のブログを読んで、

子供の頃、「大草原の小さな家」の大ファンだったことを教えてくれたのです。

カレンダーには「小さな家」に出てくる料理のレシピもついています。

喜んでもらえるかな~?


f0359879_09210865.jpg




カナダで買ったブルーのアンゴラのマフラーは、いつもいろいろ世話になっている姉に…

色白の姉に似合いそうな色のカシミアのセーターや、シルクのスカーフも少し混ぜて。




そして下の娘には絵本…この記事を読んで、

「私もその本を買いたい。」と言ったので、彼女の分と上の娘にも同じ本を送った。

二人共30代ですが、絵本が大好き✨ 

昔、皆で一杯本を読んだよね~!


f0359879_12535667.jpg



3冊お揃いの赤いレシピノートは、娘2人と私自身のために買った。

子育てや仕事で忙しい娘達が、料理も楽しめるようにと願って…

そして、「気持ちだけでいいから。」って言われたお小遣いも添えた。





でもね、娘たち…

あなた達が子供の頃、私にくれたクリスマスプレゼントほど貴重なものは無いの。




貧しいシングルマザーの私が子供達に渡せたお小遣いは、いつも雀の涙ほど…

そのお小遣いを貯めて、家族が何を喜ぶかを一生懸命考えて、

自分たちの全財産のほとんどを使って、いつも贈り物をしてくれたね。

何にも替えがたい、それはそれは貴重な贈り物だった!




そして息子…男の子には(もう20代後半ですが;;)どんな物を贈ればいいのかわからないので、

最近はお小遣いだけになっているけど、

末っ子の君もいつも精一杯考えて、家族に贈り物をしてくれたよね。




若くして母になった私は、未熟な失敗だらけの母親だったが、

子供達はみんな、心の優しい子に育った。

そして大変な環境でも一生懸命頑張って、私の支えになってくれた。

子供達がいたからこそ頑張って来れたし、今でも学ばされることが一杯だ。




こんなささやかなプレゼントでも、大喜びしてくれるから贈り甲斐がある。

贈り物をして幸せをもらっているのは、実は私の方かもしれない。





それでは皆様、幸せな一日を過ごしてくださいね!




応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。↓
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2016-12-22 09:20 | 家族 | Comments(6)