タグ:ホテル ( 4 ) タグの人気記事

コスタリカ旅行7:帰国とその後



慌てて予約したサンホセのホテルは町の中心にあって、

1階にカジノがあり、騒がしい声が夜中まで聞こえてくるような三流ホテルでしたが、

それしか空きがないので、仕方ない。



乾いたマットレスに温かい毛布、そして普通に綺麗なタオルがあったので、それだけで満足、

私の病状は酷くなっていたので、なるべく移動しなくて済むように、

最後の日を除いて、同じホテルに3連泊することにしました。



この頃、自分の病気はただの風邪ではなく、

数年前罹ったインフルエンザにそっくりだと気付きました。



熱とだるさで食欲がなかった私のために、夫は温かいスープを買ってきてくれたり、

(部屋にはお湯を沸かすポットもお茶もなかったので)ホテルから熱いお湯をもらって、

コンビニで買ったティーバッグで紅茶を作ってくれました。



サンホセに着いた日の翌日、夫がコンビニに買い物に出た後、

寒気がして我慢できないので、湯船に入って体を暖め、

パジャマを着終わったところで、突然、ふわ~っと気が遠くなりました。



その直後、背中に鋭い痛みが走って、

ふと気が付くと、私は床に倒れていて、シャワーカーテンが体の下にありました。

そばには、シャワーカーテンを吊るしてあったポールも落ちています。



何が起こったのだろう?



そんなことになったのは生まれて初めてで、何が何だかわかりません。

その場の様子から判断すると、バスルームの鏡の前で気を失い、

背中の後ろ側にあったシャワーカーテンと一緒に仰向けに倒れて、湯船の淵で背中を打ったのでした。



夫もいないし、助けが呼べないので、這うようにしてベッドまで戻り、

横になったまでは覚えていますが、それから後の記憶はありません。



気が付くと、夫が心配そうに私の顔を覗き込み、

「病院へ行く方がいいんじゃないか?」と言ったのですが、

その時は病院へ行く気力も体力もない気がして、首を横に振って目を閉じ、

そのまま2日間、昼も夜もこんこんと眠り続けました。



時々目が覚めると、夫が枕元に運んでくれた温かい紅茶で喉を潤し、

子供達が幼かった頃の思い出や、

数年前インフルエンザで亡くなった、夫の親戚のことが頭に思い浮かんでは消えて行きました。



2日間ぐっすり眠ったのが功を奏したのか、帰国予定前日には熱が下がり、少し体力が戻ったので、

最初の予定通り、空港近くのアメリカ系チェーンホテル、Marriottに移動、

それまでのホテルとは全然違う快適さを味わって、ホッと一息つきました♡


f0359879_10500050.jpg


(マリオットホテルのロビーで演奏をする地元の楽団:
夫が一人で観に行って写真を撮って来てくれました。)



熱は下がったものの、病み上がりに2つ飛行機を乗り継いでの帰国はほんと辛くて、

乗り継ぎのロサンゼルス空港では、夫が「車椅子を借りた方が良いんじゃないかな?」と言いました。



車椅子に乗るなんて、ほんとのおばあさんみたいで、「自分で歩けるわよ。」と歩き始めたものの、

途中で苦痛になって、やっぱり車椅子を頼めばよかったと思うほど、足が重くて重くて…



やっとの思いでシアトル行きの飛行機に乗り、

他の人にうつしてはいけないと咳を我慢するのは大変でしたが、

もうこれでやっと家に帰れると思うと…喜びもふつふつと湧いてきました。

(後で調べてみると、その時はもう感染時期を過ぎていましたが、
感染時期は、呼吸をするだけで人にうつしてしまうそうです。)



体力も気力も消耗し尽くしたのか、家へ帰ってからしばらくの間は、

ゾンビのようになって全身の力が抜け、生きる気力も失せて、何日間もぼ~っと過ごしました。



「なんか、生きる気力がないの。」夫に言うと、

「俺は君に生きてほしいよ。

春になってガーデニングができるようになったら、また生きる喜びが湧いて来るから、

それまで一緒に頑張ろうよ。」と言いました。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




コスタリカ旅行記はこれで終わりです。



この経験を通して、インフルエンザの季節には旅行を控えること(特に空の旅)、

普段の運動や食事に気を付けて、体を冷やさないことが大事だと思いました。



また、インフルエンザの予防接種をしていた夫は比較的軽い症状で済んだので、

今後は予防接種を考えてみるべきかな?と思うようにもなりました。

(予防接種の副作用で過去2回も死にそうな目に遭ったので、簡単には決断できかねますが。)



そして、コスタリカにいる時、お粥と梅干とみそ汁が食べたくても食べれなかったことが、

トラウマのようになって、今でも毎日お粥、梅干、みそ汁の朝ごはんが続いています。

日本の食べ物と医療制度の良さを改めて認識しました。



最後に…沢山の人がコスタリカは綺麗だ、素晴らしい国だと仰っています。



私達もインフルエンザに罹らなければ、もっといい旅ができたはずだし、

また、私達が見ることが出来なかった素晴らしい点が一杯あると思うので、

この旅行記を読んだだけで、「コスタリカに行くのは止めておこう。」とは思わないで下さいね。



ここまで読んで下さって、ありがとうございます。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ






[PR]
by mimozacottage | 2018-02-28 03:51 | 旅行(中米)

コスタリカ旅行4:憧れのカリブ海



コスタリカ3日目はサンホセのホテルを引き払って、レンタカーで西の方へ移動、

カリブ海に面した町、リモンを目指します。




首都サンホセからリモンまでは、

熱帯雨林の山を通り抜ける高速で2時間余りだと聞きましたが、

途中道路の渋滞があったので、4時間半くらいかかりました。




コロンブスが最初にアメリカ大陸にやって来た時、辿り着いたのがこの町で、

一時はヨーロッパにコーヒーを運ぶための港町として栄えました。

私達がここへ来た理由はカリブ海が見たかったからです。




「設備が整った近代的なホテルより、ローカル色があるもの」

という条件で選んだホテルは、南国情緒に溢れた美しいホテルで、

庭先はカリブ海のビーチに続いているという抜群の立地条件でした。




スタッフの方も皆ビックリするほど親切で、文句無し。

驚いたことに、スタッフ全員(一人だけを除いて)英語が全く通じなかったのですが、

語学ヲタの私達夫婦にとっては、面白い経験でした。




宿泊料はほぼアメリカ並みだったので、

外観やインテリアはアンティークでも、中は快適なのだろうと勝手に予測したのですが…

それは大間違いだったと後で気づきました。




f0359879_04160080.jpg

f0359879_04153165.jpg

f0359879_04110092.jpg

(私達の部屋の玄関ポーチ)



チェックインを済ませると、風邪気味だった夫は部屋で一休みしたいと言うので、

私は一人で、庭の向こうのビーチまで散歩に出かけました。


f0359879_04174431.jpg


散歩道は途中から地面が砂に代わって、ヤシの木が生い茂るビーチに続いていました。


f0359879_04321930.jpg


f0359879_04181497.jpg




♪~ 名も知らぬ遠き島より、流れ寄る椰子の実一つ

故郷の岸を離れて 汝(なれ)はそも波に幾月~♬

(椰子の実:島崎藤村)


昔、学校で習った歌が自然に口をついて出てきました。




でも、一人ぼっちで故郷の岸を離れ、

ここまで流れ着いたのは椰子の実ではなくて、この私…

椰子の実はここが故郷で、仲間がそこら中にゴロゴロ転がっています。




椰子の林の向こうに、長年憧れ続けたカリブ海が見えました。

f0359879_04204937.jpg


f0359879_04370013.jpg



「ついにカリブ海にやって来たんだ~!ああ、この景色…子供達に見せたいな~!」

遠い国に住む子供達に思いを馳せました。




子供達が小さかった頃、我が家はあちこち旅行に連れて行ってやれる環境ではありませんでした。

それから随分と時間が経って、今の夫と再婚し、二人で世界中を旅するようになると、

旅先でいつもそれを思い出して(子供達はとっくに成人していますが)、心の中で涙するのです。




部屋に戻ってみると、夫はまだ休んでいたので、

ポーチの椅子に座って、スペイン語を勉強しながら彼が起きて来るのを待ち、

ホテル内の小さなレストランで一緒に夕食。


f0359879_04280905.jpg


サンホセのレストランで隣り合わせた人に、

「リモンに行ったら食べてみると良いよ。」と勧められたビートライスを食べてみました。

野菜が無くてカーボ多💦 お味の方はまあまあだったかな?




夕食後、夫と一緒に真っ暗なビーチを散歩して、

「明日はここへワインを持って来て、夕焼けを見ながら飲みたいね。」

「おっ、いいね~!そうしよう!」




そんな楽しい会話をして、部屋へ戻ったのですが、

その夜、困ったことが起きて、「夕焼けのワイン」計画は夢の彼方へ消えたのです。

(コスタリカ旅行5に続きます。)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ





[PR]
by mimozacottage | 2018-02-20 10:25 | 旅行(中米)

寒い信州で心暖まるひととき


京都から新幹線に乗って名古屋まで行き、特急「しなの」に乗り換えて信州を目指した。

列車が多治見を過ぎると、雪がチラチラ舞い始め、

木曽福島から塩尻の間で本格的な雪になった。

f0359879_15454435.jpg


終点松本駅でローカル線「大糸線」に乗り換え、

北アルプスの麓の町に着くと、親友Sちゃんが待っていた。

彼女はこの日会社を早退して、私達を駅まで迎えに来てくれたのだった。

f0359879_16431870.jpg

くろよんロイヤルホテルのロビー


ホテルに着くと、夫は大喜びで露天風呂に急ぎ、

Sちゃんと私は部屋に残ってお茶を飲みながら、積もる話を1時間ほど交わした。




その後、介護中のお母さんの夕食作りがあったSちゃんは家に帰り、

夫と私は二人だけでホテル内の「吉兆」で夕食をした。


f0359879_16385520.jpg


俳句が書いてある短冊型の器に盛られたお造りや、

f0359879_16403447.jpg


お雛様型の器(人形に思えたものは、実は蓋付きの器だった!)に盛られた八寸もよかったけど、

私が一番好きだったのは、木の芽が添えてある若竹と蕗の炊き合わせ✨

器も素敵だが、味付けが薄味で上品だった。

f0359879_23013982.jpg


f0359879_16504626.jpg



デザートは柚子のゼリーと果物…目も舌も同時に楽しめる、美しい懐石だった。



次の日の朝は目を覚ますと、見渡す限りの雪景色!


f0359879_16525700.jpg


(部屋のバルコニーの向こうは林が延々と続きます。)



朝ごはんがすむと、Sちゃんと旦那様Aさんがホテルまで迎えに来てくれて、

Sちゃんの運転で観光に出発、大町山岳博物館を案内して頂いた。

f0359879_15032105.jpg


博物館の3階から見る北アルプスと長野県大町市街

f0359879_15024582.jpg


地質学に興味のある夫はアンモナイトの化石など豊富な化石の展示物に大喜び、


f0359879_15025923.jpg


その他、山岳地帯に住む野生動物の剥製等も保存状態がとても良くて…

見応えのある博物館だった。




Sちゃんは私より6歳年下だけど、二人とも20代の頃からの友達、

いろんな事情で一時連絡が途絶えていたが、数年前からSちゃんも私もお互いを探し続け、

ついに2年前、Sちゃんのメールが共通の知人を通して私に届き、交流が再開した。




私はSちゃんが故郷に戻っていたことを知らず、彼女は私が再婚したことを知らなかったので、

昨年私達が日本を旅行した時、夫を紹介がてら、

彼女に会いに信州まで足を延ばし、15、6年ぶりの再会を果たした。



その時Sちゃんと家族の方は、まるで懐かしい家族を迎えるように、

私達を歓待して下さった。




さて、お昼過ぎには昨年同様、

手打ち蕎麦屋さん「つばくろ」で、Sちゃんのお姉さま・Kさん夫妻と合流。

f0359879_15295919.jpg


手打ちそばに舌鼓を打った後、Kさん夫妻とは一旦別れ、

私達4人は白馬村まで足を延ばした。


f0359879_15315739.jpg


1999年長野オリンピックで使われたスキーのジャンプ台を見たり(実際に見ると、凄い迫力!)

北アルプスが一望できる露天風呂「天神の湯」に入り、壮大な景色を楽しんだ。


f0359879_15314012.jpg


(露天風呂で北アルプスの絶景が楽しめる「白馬ハイランドホテル」)



f0359879_23011543.jpg


(この画像は「白馬ハイランドホテル」のHPから借用:

手前部分が露天風呂の湯舟で、ここから見える景色は「あッ!」と息を呑むほど壮大で美しい。)



その日の夕食はKさん(Sちゃんのお姉さま)のお宅に招待して頂いた。



Kさんのお宅には薪ストーブ、薪がうず高く積まれた大きな薪小屋、

7匹の猫、家の吹き抜け部分に張り巡らせた猫のための渡り廊下…写真に撮りたいものが一杯あったが、

再会の喜びや、お喋りに夢中になってしまって…気が付けば、一枚も撮っていない(;´・ω・)



Kさんは東京から信州にUターンされて、畑や田んぼを作っておられるが、

透き通るような美声の持ち主で、実はCDも出されているプロ歌手!私も彼女のファンの一人だ。




東京のライブ会場で華やかなスポットライトを浴びていらしたKさんが、

今は信州で家を建て農業をしながら逞しく生きておられることに、私は驚きと尊敬の気持ちを持っているが、

その家で、行き場のなくなった猫を7匹も引き取って愛情深く育てておられる姿には、ただ脱帽する。




夕食はKさんSちゃん姉妹による季節の野菜を使った美味しい手料理、(写真がないのが残念です(-_-;))

二人の旦那様達が趣味で作られている手作りビールや、

ヒレ酒や生しらす等珍しいものを一杯頂きながら、夜遅くまで楽しいお喋りに花を咲かせた。




…寒い信州で味わった心暖まるひとときは、

私達にとって至福の時でした。





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-04-12 01:38 | 旅行(日本) | Comments(6)

神戸・北野~異人館通り


愛媛県の姉家族と過ごした翌日は瀬戸内海を渡って、

f0359879_19033517.jpg



再び本州へ戻り、

次の訪問先・神戸に着きました。



異国情緒溢れる神戸・三ノ宮、

ここに来た主な理由は、次の訪問先である淡路島へのアクセスがよいからなのですが、



10年以上前に娘と一緒に来た街であり、思い出の場所をもう1度訪ねたかったので、

淡路島行きのバス停がある三ノ宮駅の近くで2泊しました。

f0359879_19285767.jpg



f0359879_19291835.jpg




日本旅行の計画を立てる時、インターネットでリサーチした「ホテルモントレ神戸」、

イタリア・ロマネスク調の外観と口コミ情報に惹かれて予約しました。

f0359879_19330822.jpg



f0359879_19333612.jpg



(ロビー横の寛げる部屋で、一日中コーヒーのサービスがあります。)



値段が手頃で部屋はこじんまりとしていますが、外見がお洒落なだけでなく、

口コミの評判通り、サービスが行き届いていました。

f0359879_19302239.jpg


(ホテル内のチャペル)

f0359879_19301091.jpg



f0359879_20034126.jpg

(ホテル傍にある生田神社)



神戸滞在2日目は、ホテルから10~15分ほどの距離にある

北野町に行き、異人館通りを歩きました。

f0359879_23331543.jpg


「風見鶏の館」


f0359879_23374280.jpg



(ダイニングルーム)

f0359879_19381982.jpg


(子供部屋)


「風見鶏の館」はドイツ人貿易商トーマス氏の自宅として、1904年に建てられた西洋館で、

異人館街に現存する建物としては唯一のレンガ造り、北野を象徴する建物です。


館内の説明によると、この館の設計はドイツ人ですが、

施工したのは日本の宮大工の方達だそうです。


f0359879_19401098.jpg


(2階にある朝食用の部屋)



それを聞いてなるほど…家具や調度の細部に、

日本の宮大工さんならではと思われる技や細やかさが滲み出ていました。




北野は街全体がお洒落で異国風です。


f0359879_19520314.jpg



(異人館通り)

f0359879_19554931.jpg


(スタバ)

f0359879_20470090.jpg


(小さな小さなアートスタジオ)



f0359879_20000152.jpg


(「神戸北野美術館」に併設されているカフェ)



美術館は改装中で、

見る場所が制限されていることもあって期待外れでしたが、

(ミニミニ)パリとカフェを楽しみたい方にはいいかも…?


f0359879_20315705.jpg


異国情緒溢れる通りに突然現れる「北野天満宮」、

ここは日本なのだと再認識させてくれます。(*^^*)



街を歩きながら、「娘と来た時はどの異人館を訪ねたのかしら?」

…あちこち探してみましたが、特定できません。



私一人ならもっと歩き回って、その場所を写真に撮りたかったのですが、

この日は夫と一緒、

腰痛がある彼をこれ以上引っ張り回せません。



何を見てもどこへ行っても、嬉しそうに笑みを浮かべ、

「わあ、お洒落!なんて素敵なの、ここに来れて幸せ~!」

昔聞いた娘の言葉がまた聞こえてくるようで…幸せな気持ちでホテルに戻りました。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-03-31 21:03 | 旅行(日本)