タグ:ポタジェ ( 5 ) タグの人気記事

できた!春を待つポタジェガーデン☆



11月上旬から少しずつ作り始めたポタジェ、

最初は私にポタジェガーデンなんて作れるかしら?と半信半疑で始めたのですが、



作業をしているうちにどんどんハマって、青ネギを植えた後も「植えたい熱病」が収まらず、

花キャベツを植え、その周りに春菊を植えました。


f0359879_00461914.jpg



このブログを読んで下さる方はポタジェガーデンをご存知の方が多いかと思いますが、

そうでない方もいらっしゃると思うので、簡単に説明すると、



ポタジェとは、収穫優先で畝を立て同じ品種を一列に植え付けるイギリス式菜園に対して、

デザインや配色を考えながら花と混同で野菜を植え、実用と装飾を兼ね備えているフランス式菜園のことを言い、



フランス語でポタジェ(potager)、またはジャルダン・ポタジェ(jardin potager)と呼ばれます。

(フランス語でポタジェは”とろみのあるスープ”、ジャルダンは”庭”を意味します。)


f0359879_00472537.jpg


自給自足の生活を送っていたフランス中世紀の修道院で、

スープにする野菜を院内の庭で栽培したのが始まりとされ、(一説には5~6世紀のイタリア)

ベルサイユ宮殿の庭作りにも取り入れられています。


f0359879_03011632.jpg

(ベルサイユ宮殿のポタジェ:画像はandrelenotre.comさんからお借りしました。)




さて、ベルサイユに比べると「猫の額」と言うより「雀の額」ぐらいの、

小さなコテージに話を戻すと…



裏庭の中心にあったブルー/ローズガーデンが

(宿根草の)花が終われば、全く美しくない「へっぽこガーデン」だったので、



何とかしたいと思っていたちょうどその頃、たまたま読んだガーデニング本、

”Edible Landscaping(食べられる植物で庭作り)”に夢中になり、

「いっそのこと、ここをポタジェガーデンに替えてしまおう。」と思ったのが事の始まりです。


f0359879_03163013.jpg
Edible Landscaping by Rosalind Creasy




とは言え、維持管理がものすごく大変なそうなポタジェ、

デザインのセンスも無ければ、庭を綺麗な野菜でキープしておくガッツも無いミモザが、

ポタジェガーデンなんて…とおっかなびっくりで始めた実験的庭づくりです。



f0359879_07062787.jpg


旧ブルーガーデンの左側部分だけ(コンクリートブロックから左)、ちょこっとポタジェを作ったら、

それがきっと私の能力の限界だろうな~と思っていたのに、



ポタジェに対する愛着と欲は日に日に増すばかり♡

「ちょいとお姉サン…あんさん、まだまだ行けまっせ~。」と言う声がどこからか聞こえたので(〃▽〃)



f0359879_11031697.jpg


花壇のまま残そうと思っていた三角形のこの部分も、

結局コンクリートブロックを取り払い、バラを別の場所に移して、

左側のポタジェガーデンと繋げました。



まだ残っている他の花も、来年、咲き終わったら全部別の場所に移して、

ここもポタジェにしたいと思っています。



f0359879_09083869.jpg

その土台として、土止めにラムズイヤーを植え、


f0359879_09093535.jpg


散歩道の流れに沿った所はアジュガとラムズイヤー、

既に出来ているポタジェガーデンと同じにしました。

アクセントのテラコッタはポタジェの4角に置き、中はパンジーの寄せ植えです。


f0359879_09153306.jpg


本当はパンジーを一鉢5個くらい一緒に植えたかったのですが、

パンジーの値段が高かったので、1個だけにして(´;ω;`)… その時の記事は→悲しい買い物

代わりに、間引きで要らなくなったルッコラを一緒に植えました。


f0359879_00444374.jpg


パンジーが多ければ華やかでもっと素敵だと思いますが、

今は身の丈に合った寄せ植えで十分幸せ178.png

パンジーとルッコラの成長が楽しみです。


f0359879_09305179.jpg
f0359879_09452831.jpg
f0359879_09312766.jpg


さて、取り合えずポタジェの冬の作業はこれで終わって、

春を待つことにしますね(^_-)-☆。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-26 05:13 | ポタジェ | Comments(4)

少しだけポタジェっぽくなってきたポタジェガーデン☆



ポタジェに取り組んで7日目、



ポタジェ予定地にコンポストを入れて隅々まで耕すと、

固くてガチガチだった土がサラサラふわふわになって、目に優しい178.png


そして、右側の旧ブルーガーデンとの境に、レンガ型コンクリートブロッグを置いてみました。



f0359879_02111158.jpg
f0359879_02113849.jpg


う~ん、なんだか微妙('◇')ゞ



ブロックを止めて、ツゲの木を植える方がいいかな? その方が自然で美しいと思いますが、

うちにあるツゲは挿し木したばかりで、小さ過ぎる。

ブロックは後で簡単に動かせるから、取り合えずこのままにして次に進みます。



ポタジェガーデン上側60㎝ほどは、その上の散歩道の雰囲気を残したいので、

散歩道の流れに合わせて、アジュガとラムズイヤーを移植し、


f0359879_03495640.jpg
f0359879_01250122.jpg

(アジュガ)



球根も(今年植える予定だった球根のうち、最後に残っていた25個)植えました。


f0359879_04442340.jpg
(球根を植えた場所2か所)



f0359879_03043325.jpg

(球根はこんな花が咲きます。:Camassia(Blue Melody) 和名は分かりません。)





下側20センチほどは、土止めのためにラムズイヤーを並べて植えました。

f0359879_03494488.jpg



そしてポタジェの中央に、ブルーヘロン像を立てます。

ブルーヘロンは夫が大好きな鳥で、北アメリカの水辺に生息しています。



ヘロン君、ポタジェが上手く行くように見守ってね!


f0359879_06090856.jpg
ブルーヘロン(青鷺):Borrowed from "1d Great Blue Heron[1],Bing Images"
(この画像はお借りしました。)




8日目…野菜を植えるのは、春まで待とうと思っていたのですが、

ここまで来ると、もう嬉しくてウズウズして、春まで待ち切れなくて

キッチンガーデンからネギを抜いて来て、植えちゃいました。



f0359879_01241341.jpg
(写真は植えた日の翌日:朝見たら、ネギがウサギに食べられて長さが半分程に… ノД`)




f0359879_04263311.jpg



中央を交差する線にネギを選んだのは、年中青々して見栄えが良いことと、

もしネギを食べても、根っこを残しておけば、すぐに新しいのが生えて来るからです。



なんか、ほんの少しだけポタジェっぽくなって来たかな~?




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-20 04:38 | ポタジェ

ポタジェの進み具合:やっとここまで漕ぎつけた!



f0359879_09082506.jpg



ポタジェに取り掛かって4日目、

写真はないですが、ポタジェ予定地の植物を移植や断捨離で全部撤去、

ブルーヘロン(像)も取り外しました。



5日目、更地になった予定地を耕しにかかります。

「よ~し!」…ガツン!122.png

ツルハシを地面に入れた途端、ガツンと石にぶつかりました。



その石をどけて、ちょっと耕して、また出て来た石を3個ほどどけて、ちょっと耕し、また石…

それをどけて、ちょっと耕し、石をどけて、また石、…次から次に石が出てくるので、

石拾いしているのか、畑を耕しているのかわからない状態( ノД`)



むかしむかし、小学校の運動場で子供が全員並んで、

先生から「一人100個石拾い!」と言われて、

気が遠くなるような気持になったことを思い出しました。



今は私一人で石拾いをしているから100個どころじゃない。

石の多さにメゲそうになるけど…小学生の時の石拾いより今の方がずっと楽しい✨




私のブルーガーデンがへっぽこだったのは、

センスの悪さもありますが、土づくりをちゃんとしなかったせいだと思う。

土づくりは大事だから、ここは踏ん張って必ずやり遂げなければ!


f0359879_09124812.jpg


黙々と耕していたら、何かツルハシに引っ掛かるものが…

夫に見てもらったら、電気の配線だそうです。

この場所は昔トレーラー置き場だったので、何かの用事で電気が必要だったのかな?



「もしかしたらまだ電流が流れてるかもしれないから、それ以上耕さない方がいいよ。

時間がある時に見てあげるから。」夫に言われて、その日は渋々作業を中断しました。


f0359879_09122433.jpg



6日目はぽかぽかと暖かい小春日和、

夫が電流探知機を使って調べてみると、電気は通じてないことがわかりましたが、

地面のすぐ下に電気の配線があるなんて…💦


f0359879_09161436.jpg



素人(多分、この家の最初のオーナー)が勝手に埋め込んだもののようで、

夫が掘り出してくれました。

f0359879_09171068.jpg



土の中に、電気の配線やら石やらゴロゴロ埋まっていたら…そりゃ、へっぽこだわさ(〃▽〃)

掘り出した石は結局バケツ6杯ほど、予定地を丁寧に耕した後、




メジャーテープで全体の長さを計って、2.1m四方の四角に杭を打ちました。

2.1mに意味はないんですが、ちょうど正方形が作れる長さだったんです。


f0359879_02375776.jpg


やっとここまで漕ぎつけた!

「さあ今度はコンポストを入れて、また耕すぞ~!」…と勢い付いたところで、

急に嵐のような風が吹いて来て、おまけに雨まで降って来たので、やむなく退散(´;ω;`)


今の時期、コテージの町は雨期なので、天候が変わりやすいのです。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-15 06:19 | ポタジェ

裏庭大改造の進み具合と球根の植え付け




町に不意打ちのような初雪が降った後、少し天候が落ち着きました。

庭が冬の眠りにつく前に、あと少し時間がありそうなので、

毎日せっせと庭に出ています。



やっておきたい仕事は山積み、

癇癪持ちの冬将軍がやってくる前に、手早く、抜かりなくやらなくっちゃ…

「鬼の居ぬ間の洗濯」のような気分?



球根はチューリップ、新たに買ったアイリス等、合計約140個を植えました。

まだ植えてないのが25個あって、只今場所を選択中。


f0359879_00125582.jpg

(色が薄い方のテラコッタには、オフホワイトにグリーンの縦縞のチューリップ「Green Sprit」を
濃い色の植木鉢は「ピンクダイヤモンド」を植えました。)



f0359879_03040415.jpg

(Green Sprit)


f0359879_00131227.jpg

(和風ガーデン前には60個余りのアイリスと
和名がわからない百合の仲間Chiondoxa forbesii を7個植えました。)


f0359879_03044291.jpg

(Chiondoxa forbesii )



ポタジェ(フランス式キッチンガーデン)は予定地の植物を移動させてるところですが、

あともう少しで作業が終わりそうです。

裏庭大改造のメインは、庭の中心にあるへっぽこブルーガーデンを

ポタジェに替えることなのですが…


f0359879_00355369.jpg

(へっぽこブルーガーデン…( ノД`))



f0359879_00360605.jpg

(作業3日目:全面をポタジェにすると管理が難しいので、取り合えずブルー枠の中だけ、
写真では横長の長方形に見えますが、奥行きがあるので結構正方形に近いです。)



正直言うと、「私にそんなことできるのかな?」と、まだ半信半疑です。



おどおどミモザは時々、目標を前にへなへなとへたり込んでしまいます。

出来ないと思ったら何もできない、とにかくやってみないと!

…自分にはっぱをかけながら、おどおどやってます。



ブルーガーデンの植物、一番気になっているのはバラ🌹の移植

バラの植え替えは、バラが眠りにつく10月が一番良いと聞いたので…急がないと💦

f0359879_00442870.jpg

(バラの植え替え予定地:ベンチ前通路の両端はバラを植えて、歩く所はレンガ敷きにしたい。)



一昨日、やっと4本のバラを移植完了、

昨日はロシアンセージ、美女撫子、リアトリス1本を移植、

生育が良くなかったバラ(バレリーナ)と 病気が見つかったリアトリスは抜きました。

f0359879_03574363.jpg

(美女撫子・グリーンボール)




この際、何もかも取っておこうとしないで、自分が好きな物、

庭にあったらいいなと思う物だけを選んで、(こんまりさんの言う”ときめき”(^_-)-☆)

あとは断捨離しようと思っています。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。
外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-10 04:05 | ポタジェ

裏庭の見取り図と「センスが無い庭」大改造計画★



夫と私が旅行中、

裏庭の水遣りをしてくれる「斜め向かいのアン」ことベイリーちゃん(10歳)が、

庭の仕事で困ることがないように、いろいろ準備中です。


f0359879_23555745.jpg



10歳の子供でもすぐわかるように、水遣りをしてほしい植物に付ける名札と

裏庭の見取り図を作成しました。

見取り図と言うか、子供のお絵描き風イラストというか…(〃▽〃)




ところで、これは旅行の準備とは全然関係ない話ですが、

只今、裏庭の大改造を計画中178.png




見取り図を使うと、庭の配置がはっきりして、説明がわかりやすいと思うので、

ベイリーちゃん用に作った見取り図をアップしてみますね。


(自分が描いたものをブログに載せるって初めてですが、滅茶苦茶恥ずかしいものですね。(*ノωノ))




f0359879_04191288.jpg


一番大きな改造はブルーガーデン(Blue Garden)です。

今まで3年間、ブルーガーデンっぽいものをやってみましたが、

見るといつも、「なんだかな~。。」という気持ち(;´・ω・)




悲しいですが…ハッキリ言って

私にはセンスが無いのです(´;ω;`)ウッ




センスが無いブルーガーデンの問題点を分析してみたところ、


1.庭の真ん中ですごく目立つところに、宿根草ばかりなので、
花が終わったら、庭全体がつまらなく見える。

2.ブルーガーデンと言いながら、
赤、濃いピンク、薄ピンク、紫の花がほぼ同じ数だけあって、まとまりがない。

3.ブルーだけ、白だけと考えながら、花を植えるのに飽きて来た。
(たった3年で…早過ぎですが。。)



…以上のことが分かったので、


この際、「ブルーガーデン」の花を全部取り払って、

フランス式キッチンガーデン「ポタジェ」を作ろうと思います。




ポタジェはデザインや管理面で難易度が高そうですが、それでも挑戦したい理由は3つあります。

1.庭のデザインに野菜をもっと取り入れたい。

2.ポタジェは宿根草と違って入れ替えが容易。

3.水問題対策など、環境のため。




ブルーガーデンに今ある植物はなるべく捨てず、

ホワイトガーデンや他の場所へ移動させるので、それらの場所も変わります。



また、植える場所の確保や水問題対策のために、芝生を大幅に減らします。

(具体的には、和風ガーデン近くの芝生をはがして花やハーブを植え、散歩道の芝生をレンガに替える。)




庭のど真ん中に、キッチンガーデンを持って来ると、一体どうなるのか?

不安は大きいですが、ワクワク感も大きいです✨




さてさて、どうなるかな~?

旅行から帰ってのお愉しみ(^_-)-☆




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by mimozacottage | 2017-09-04 04:05 | ホワイト/ブルーガーデン