タグ:動物 ( 6 ) タグの人気記事

コスタリカ旅行2:珍しい動物&カラフルな鳥



コスタリカ2日目は近辺を散歩した後、サンホセ市内の動物園と国立博物館に行くことにしました。

地図を見ながら動物園を探していると、

英語やスペイン語で「どこへ行きたいの?」「道に迷っているのではないの?大丈夫ですか?」

ちょっと歩くだけで、沢山の人が親切に話しかけて下さいます。



治安の良さや自然の美しさ等良い評判を一杯聞いたにもかかわらず、

実際コスタリカに来てみると、道路のゴミとホームレスの人が多くて正直ガッカリしたのですが、

人々の親切さは半端じゃない。この国の色んなマイナス面を補って、余りあるほどでした。



さて、しばらく迷った後で、やっと動物園の近くまで来たのですが、

どうしても入口がわからず、困り果てたところで、

小さなカフェを見つけました。



「ここで行き方を聞けるかもしれないから、寄っていかない?」私が言うと、

夫は「カフェの人が英語全然ダメだったら、何にもならないじゃないか。」と言います。



困った時、妙に肝が据わる私は、「いいのいいの、ダメ元でやってみるのよ。」

それに密かに…折角スペイン語の講座を取り始めたのだから、

コスタリカではなるべく英語を使わず、スペイン語でサバイバルしたいと思っていたのです。



"¡Hola! ¿Habla inglés? ” (こんにちは! 英語が話せますか?) 対応してくれた若い男性に聞いてみると、

「はい、話しますよ。」まるでアメリカ人かと思うような流暢な英語が返ってきました。

スペイン語でサバイバルしたいと言いながら、内心「あ~、助かった!!


f0359879_05085134.jpg

店長さんお勧めの『苺とパイナップルのスムージー』を頂きました。
色が綺麗で美味しかった♡



彼の英語はあまりに発音が綺麗なので、一体何処で勉強されたのだろう?と話を伺うと、

お母さんが英語を話され、家では英語で話しかけられることが多かったとのこと、

そしてなんと!ワシントン州の Wala Walaという町に従兄弟さんが住んでいて、

英語を勉強するために3か月滞在したそうです。



Wala Walaは我が家から約4時間の距離にあるワインの町です。何という偶然でしょう!

私達がワシントン州から来たと言うと、男性(後で店長さんだとわかりました)は目を輝かせ、

地図を使って動物園の入口を詳しく説明して下さった上、

「この店は8時まで開いているので、困ったことがあればいつでも訪ねて来て下さい。」と言って下さいました。



無事動物園に着くと熱帯植物が一杯、結構自然に近い形で動物が飼育されていたので楽しめました。


f0359879_06532433.jpg

(今にも咲きそうなバナナの花)


f0359879_06541364.jpg


f0359879_07081773.jpg


コスタリカに生育しているサル

f0359879_07090612.jpg

アナグマ…可愛かったです♡

f0359879_07114622.jpg


f0359879_07105206.jpg



f0359879_03182301.jpg


綺麗な緑色のオウム

f0359879_07141092.jpg

目が覚めるような色のオウム

f0359879_03191355.jpg

f0359879_07175688.jpg
ワニ:寝てばかりだから、背中にも苔が生えたのかな?

f0359879_07195232.jpg


顔はネズミか象のよう、体は牛のような不思議な動物は、

夢を食べると言われている伝説の動物に似ているので、日本語では「獏」、

英語では「Tapir(テーパー)」というのだそうです。



動物園の後は国立博物館に行ったのですが、長くなったので今日はこの辺で…

「コスタリカ旅行3」に続きます。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2018-02-12 04:03 | 旅行(中米) | Comments(12)

映画「ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命」




「ユダヤ人を救った動物園」の元の英語のタイトルは、”The Zookeeper's Wife(動物園主の妻)"

英語のタイトルだけを見ると、私はわざわざ映画館に行ってこの映画を観ることはなかっただろう。

動物を檻に閉じ込めて見世物にする動物園がそもそも好きではないからだ。




9月、ヨーロッパ旅行からアメリカに帰る飛行機の中で、

既に2つ映画を観た後、観たい物が何も無くて、

もし途中で嫌になったらすぐにやめようと思いながら観始めた。


f0359879_23092892.jpg

Borrowed Image from ukjewishfilm.org



この映画は、第2次世界大戦中、ナチスドイツが侵攻したポーランドのワルシャワで、

動物園の園長夫妻が300人以上ものユダヤ人の命を救った実話を映画化したもので、

原作はダイアン・アッカーマンのノンフィクション「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」。




動物園主ヤンの妻アントニーナの朝は、自転車に乗って、動物達皆に挨拶して回ることから始まる。

映画ではアントニーナにピタッとついて走るラクダの子供が可愛い。




ある日夫のヤンは、ワルシャワのユダヤ人強制居住地区で、動物の餌にする残飯を収集する仕事をしていて、

ナチスドイツの将校に暴行を受けた少女を目撃した。

正義感の強い彼は少女を放っておけなくて家に連れて帰り、その日から一家はユダヤ人達と深く関わることになる。




自分や家族が命の危険にさらされることを承知した上で、ユダヤ人を助け続けたヤンとアントニーナの物語は、

世界には考えられないような酷い人間がいる一方で、

信じられないほど勇気があって、思いやりに満ちた人達もいるのだと教えてくれる。




オランダで隠れ家生活を送った、「アンネの日記」の著者アンネ・フランク一家は最後に何者かに裏切られ、

(父オットー氏を除く)全員がユダヤ人収容所で命を落としたが、

ヤンとアントニーナの家にかくまわれた300人以上のユダヤ人達は一人を除く全員が生き延びることができたそうだ。




主人公アントニーナを演じる女優ジェシカ・チャステインは

カリフォルニアで生まれ、調理師の母親と消防士の継父に育てられた。

9歳の時ダンスに目覚め、13歳の時からシェイクスピア劇団で舞台に立った女優だ。




「…動物園」のプロデューサーは、ジェシカはいろいろな意味でアントニーナに似ていると言う。

「そのひとつが、動物と仲良くなれる能力。第六感で通じあうものがあったんです。

動物達はのびのびと彼女に愛情を示していました。」


f0359879_00465786.jpg

Borrowed Image from people.com



ジェシカは本当に動物が好きそうで、動物達と心を通わせている様子が伺える。

その意味で、動物園嫌いの動物好きな人達にもお勧め出来る映画だ。




全体の映像が美しく、主演女優のジェシカもいいけれど、

無骨だが誠実で愛情深い夫ヤンを演じたヨハン・ヘルデンブルグが渋くていい。

特に最後のシーンが感動的だった。




ネタバレになるので、どんな場面か具体的には言えないが、

飛行機の中で、私は人目もはばからず涙をポロポロこぼした。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-02 04:30 | 本、映画

ウサギに追われて金網柵作り★




以前はウサギが我が家の作物を荒らすと、

夫が、「コラ~!バカもの~!」と日本語で言いながら、

顔を真っ赤にしてウサギを追いかけたので、



ミモザはそれを見て、初めて、童謡「故郷(ふるさと)」の歌詞の意味が分かった気がして、

「ウサギ追いし、かのやま~♪」と歌ったものですが、



今や彼の足ではウサギに追い付けないので、

夫はいつの間にか追いかけるのをやめてしまいました。



場所を変え、品を変え(ウサギが食べないような植物の種類を求めて)、

花や野菜を植えても、どこまでもどこまでも追いかけて来るウサギ達、

今や、私達の方がウサギに追われる身になったのです。



ウサギの手はついにポタジェガーデンにまで及んで、

青ネギを植えた日の翌朝、半分が食いちぎられ、次の日は残りの半分…

ネギの長さは日に日に短くなりました( ノД`)


f0359879_23444614.jpg

f0359879_23445791.jpg


この辺りに出没するウサギは1羽や2羽ではないのです。

多い時は4~5羽が徒党を組んで道路を走り回り、そのままドドドーっとうちの庭になだれ込んで来ます。



「ウサギ多し、この庭~♪ (´;ω;`)ウゥゥ」

…ため息交じりにこんな歌を歌うようでは、

折角作ったポタジェガーデンにも未来はありません。


f0359879_03083298.jpg



麻紐で作った柵は無残に食いちぎられるようになったので、

今度は金網でしっかりしたフェンスを作ろうと思います。


f0359879_22525536.jpg

(北側の板塀:何と言うこともないんですが、柵を作る手を休めて空や木に見入りました)


北側と西側2/3ほどは板塀でしっかり囲ってあるので、

必要なのは西側1/3と南側半分ほど、合計で30m程です。


f0359879_23101070.jpg

(裏庭西:月桂樹の根本付近)


西側1/3と南側にも木のフェンスがあるのですが、こういう隙間からウサギが入ってきます。



しかし、ウサギから作物を守るために仕方がないと思っても、

家の周囲に金網を張るのはビジュアル的に抵抗があります。



周辺の美観を損なわないように、できるだけ目立たない物がいい!

…道具小屋を探したら、ちょうど良いものがありました☆彡

f0359879_23292794.jpg



長さは足りなかったので、あとで買い足しましたが、

これを針金でフェンスに括り付ければ、あまり目立たないし、

何とかウサギの侵入を防げそうです✨


f0359879_03080866.jpg

(裏庭西)

f0359879_03082165.jpg

(裏庭南)

f0359879_03084269.jpg

(南側のフェンスを道路側から見た所)


裏庭のフェンスに金網を取り付けてから、ウサギの侵入がピタッと止みました。

バンザイ104.png バンザイ104.png バンザーイ!\(^o^)/



ところで、ミモザが勝手に替え歌にしてしまった童謡故郷(ふるさと)、

本当はとても美しい日本語で書かれています。



もしかしたら、この歌をご存じない世代の方が記事を読んで下さってるかもしれないので、

元の歌詞を書いておきますね。



故郷(ふるさと)高野辰之作詞・岡野貞一作曲

兎(うさぎ)追いし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて、
忘れがたき 故郷(ふるさと)

如何(いか)に在(い)ます 父母
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出(い)ずる 故郷

志(こころざし)を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-23 03:56 | 裏庭全体

屋根の上のリス




キッチンでラーメンを作っていると、

何やらフワフワした灰色っぽいものが視界に入ってきました。

f0359879_07540084.jpg


窓に近寄ってみると、一匹のリスが屋根にいます。

どれどれ(._.)、写真を拡大してみました。↓

f0359879_07553112.jpg




f0359879_07561781.jpg


あら!アタシのこと、見てるの?

ふふん(・∀・)アタシって…なかなか可愛いでしょ?


f0359879_07555736.jpg


まだ見てるの?

f0359879_07591256.jpg


いいわ、見せてあげるわ。アタシ、いろんなことできるんだから…(〃艸〃)ムフッ

f0359879_07595267.jpg


ほら、こうやってね~、屋根の上をスイスイよ~!

f0359879_08000490.jpg


もっともっと端のほうまで行けるわ~!行くわよ~(*^^)v!!


f0359879_08004129.jpg

オッ、トッ、トッ、トッ~!



ミモザ「あぁッ~(;゚Д゚)、落ちる!落ちるってば~!」

f0359879_08161057.jpg
f0359879_08171132.jpg


だ、大丈夫なんだから…


f0359879_08013417.jpg



ンもうっ~ヽ(`Д´)ノ!…ほっといてくれない!?




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-01-23 03:20 | Comments(6)

冬枯れの庭はリス達の遊び場



今の時期、この辺りの戸外の気温は零度以下になることが多くて、

地面はカチカチに凍っています。



コテージの裏庭も、寒さに強い一部の植物を除いて

木々や花は葉をすっかり落とし、

息をひそめるかのように、春が来るのをじっと待っています。


f0359879_09294037.jpg

(道具小屋の周りにある大きな木がビッグリーフ・メイプルです。)


そんな静寂な時間を突然破るのはリス達、

大体3~4匹くらい徒党を組んでやって来て、メイプルの種を拾って食べたり、

木によじ登ったり、芝生の中を追いかけっこしながら遊んでいます。


f0359879_02180047.jpg


f0359879_02181429.jpg


(上の2つの写真は別々のリスなんですが、写真では全く区別がつかないですね。
実際近くで見ても、全部同じように見えます(^^;)



この子達は動きがすばしっこいので、

来ているリス達を全部一緒にカメラに収めることができなくて残念ですが、

本当に人間の子供が追いかけっこをするのと同じように、仲良く楽しそうに遊んでいます。


f0359879_02183055.jpg


f0359879_02185905.jpg

(向こうの方はお隣さんの庭です。)



嵐のようにやって来て、庭を運動場にしてダッシュで駆け回り、

また一目散に去っていきます。

f0359879_02184022.jpg


f0359879_02184967.jpg



庭にイチゴや果物が実っている時は、思い切り荒らされるので、

私達人間にとっては、頭の痛い「招かれざる客」なのですが…




冬の間は庭もお休み、

日差しの中でリスが遊ぶのを眺めていると、平和な時間がより楽しくなります。

いくら荒らされても、こんな子達がいない庭は考えられない。




鳥やウサギやリス、たまに来てくれる隣の猫、

そして前庭を公園代わりに使うインド人の方達(→その時の記事)…招かれざる客も招きたいお客さんも入り混じって、

いろんな訪問客がいるから、庭が楽しいのだと思います。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!



応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-01-16 04:10 | Comments(6)

動物王国ワイナリー~ウェナチー旅行記



1日目の夕食は、夫の友人夫妻の小さなワイナリーに招待されていました。

ディナーは7時だけど、動物や農場を見せたいから早めに来てほしいとのことで、

ちょっと早めにB&Bを出発しました。

f0359879_08454630.jpg


ワイナリーのご主人アレンはノルウェー出身、ワイン雑誌に記事を載せるジャーナリストでもあり、

ワインを造るほかに、趣味でビールも作っています。

アレンとうちの夫は、手作りビールが縁で知り合いになったのです。

f0359879_08442651.jpg


奥様のスーザンはニューヨーク出身、昨年まではコミュニティカレッジの数学教授でした。

今は菜園で野菜を作ったり、ブドウ畑の世話をするほかに、

バターを手作りしたり、自分で作ったオーブンの窯でパンを焼いたりしています。

f0359879_07321064.jpg
(スーザンの手作りバター)



そしてたぶん、彼女にとって何より大事な仕事は動物の世話です。



3匹の猫、家畜としては価値のない年取った3頭のヤギ、10頭のヒツジ、鶏、20羽くらいのカモ、

鶏はどうだったか忘れましたが、ヤギや羊は猫と同じように皆、

オペラやその他楽曲の歌手の名前を付けられて、ペットとして大事に育てられていました。

f0359879_08460989.jpg


私は旅行で家を空けることが多いのと命を預かる責任の重さを考えて、

自分ではペットを持ちたくないと思っていますが、

f0359879_08450367.jpg


捨てられたり行き場のない犬や猫、家畜としては価値のなくなった動物達を

愛情深く育てている人に対して、心から尊敬の気持ちを持っています。

f0359879_08444500.jpg
f0359879_08452478.jpg

(撮影日の2日前に生まれたカモの雛鳥達)



アレンとスーザン、二人共私よりも一回り位年上ですが、

リベラルで私達とは話が合って、喋っても喋っても話が尽きません。



アレンはジャーナリストなだけに博識で饒舌、話し出したら止まらない人なので、

スーザンは時々アレンを止め、「ちょっと待って、ミモザが話したいかもよ。」と言って、

他の人より一歩遅れがちな私に話をするチャンスを作ってくれる、優しい人でした。


f0359879_08464401.jpg


家族の話題になった時、彼女はふと、

自分のお母さんはバレリーナで、お父さんは振付師のマイケル・キッドだと漏らします。


f0359879_08320498.jpg


私は映画やその他エンターテインメントの知識は皆無なので、その時は何の反応もできずじまい、

夫がマイケルは有名人だというので、後でオンラインで調べてみると、



マイケル・キッド:アメリカの映画界で超有名なダンサー兼振付師、

5回もトニー賞を受賞した実力派、 と書かれていました。

(なるほど…それで動物達にいろんな歌手の名前がついてたんだ。)

f0359879_08442651.jpg


スーザンはそれ以上のことは何も言わず席を立ち、家の中に入ったかと思うと、

羊の毛を紡いで作った自作の縫いぐるみの入ったバスケットを持って戻ってきました。

「ミモザ、この子達を見て!可愛いでしょ?」

f0359879_08462215.jpg

(1番下に写っている子が私のお気に入り)


促されて触ってみると、ふわふわモコモコと柔らかくて、

温かいスーザンの心がそのまま詰まっているような感じです。



手に取ってよく見ると、

ワイナリーでお土産として売られているもののようで、

小さな値札が付いていました。



お値段は、私の経済観念からしたら少しお高かったのですが、

こういう物はプライスレス(お金では買えない物)のような気がするし、

元々、私は動物達のために何か貢献したい気持ちがあったので、一目惚れした羊を買わせて頂くことにしました。


f0359879_08080460.jpg

(自宅に持ち帰った羊)


夫はスーザンにお金を支払い、次に私の方を向いて、

「結婚記念日(1か月前です)おめでとう!」と言いながら、ぬいぐるみを手渡してくれました。


f0359879_08465827.jpg

(向こう側がスーザン…よく見えませんが、写真と記事を掲載することは了承済みです。)


私達4人はその後も盛り上がって、ふと気が付くと時計は11時を回っています!

夫と私は通常パーティで早く切り上げる方なので、こんなに遅くなったのは初めてです。

再会を約束し、しっかりとハグをしてから、友人夫妻に別れを告げました。




どなたか存じませんが、応援して下さる方がいて励みになっています。
ありがとうございます。





[PR]
by mimozacottage | 2016-08-08 08:57 | 旅行(アメリカ) | Comments(2)