タグ:庭 ( 123 ) タグの人気記事

夕方の裏庭に怪しい侵入者★


裏庭の仕事を終え、ちょっと庭を一回り、

庭が少しずつ春らしくなっています。


f0359879_03493243.jpg

(散歩道:アジュガが咲き揃い始めました)

f0359879_06451765.jpg

(散歩道の西側:スズランが3分咲き)

f0359879_04141773.jpg

f0359879_04143685.jpg

(道具小屋前の寄せ植えも日に日に見栄えが良くなっています)


f0359879_04060631.jpg
f0359879_05320082.jpg

(道具小屋の前のシャクナゲもそろそろ満開です)




さて、そろそろ家に入って夕食の支度をするかな?と思って

片づけをしていたら、

後ろの方に誰かがいる気配がしました。




だれ?




人よりは小さいのですが、ウサギやリスより大きい何かが動いてるような気がしたのです。

振り返って見ても、何もいない。

気のせいにしてはリアル過ぎたので、目を凝らしてよ~く見ると、




↓こんな子がいました。アライグマです。

我が物顔で庭を歩いています。

f0359879_03502595.jpg




そう言えば、最近というか昨秋頃から、

ウサギ除けの柵に使っていた麻ひもがズタズタに切られて、

中の野菜が全部食べられたり、




コンポストが荒らされて、ネズミやウサギとは思えないような大きな足跡があったりとか、

リスやウサギ以外の動物が庭を荒らしている形跡がありました。




どうやら、その犯人はこの子?

すっごく怪しいな~ 118.png




見てると愛嬌があって、とても可愛いのですが、

この子は塀をよじ登ることができるみたいで、それが困ります。

私に気づくと、ササッと塀によじ登りました


f0359879_03384429.jpg



見た感じは私の体形に似てて、

ちっともすばしっこいようには見えないんですが


これが結構すばしっこいんです。




今、裏庭のウサギ除けを完璧にするために、ゲートとフェンスを立てる計画しているのですが、

塀をよじ登って侵入されれば、そんなもの、何の役にも立ちません。

あ~、これは大変💦 困った~!





アライグマの荒らし方はうさぎの何倍も破壊力があって、

昨年の秋以来、我が家の菜園は何もかもめちゃくちゃになったんです。


う~ん 118.png

疑わしそうに見られて気まずかったのか、アライグマはササッと後ろを向いて、


f0359879_03595348.jpg



アラヨッと…




ズズズーッと音を立てながら塀を滑り下りて、今度は裏隣の庭へ侵入したようでした。

悪いことさえしなければ、いつでも来てもらって良いんだけどな~(・_・;)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2018-05-01 05:28 | 裏庭全体

人をいざなう玄関~オフホワイト+グリーンのチューリップ




f0359879_00295610.jpg

(玄関のドアを開けたら見える景色)



オフホワイトに緑の縦縞が入ったチューリップ、グリーン・スピリット(Green Sprit)が咲き始めました。

一昨年の秋、前庭に50個植えた球根がモグラに食べられ全滅したので、

昨秋もう一度、同じ種類を同じ数だけ買って、植木鉢に植えておいたのです。

f0359879_00293494.jpg



球根のカタログを最初に見た時、

「オフホワイト+グリーン」という大好きな色の組み合わせに一目惚れ♡

どうしてもこれが欲しかった。

言わば、2年越しの悲願のチューリップ178.png

f0359879_00303226.jpg


f0359879_00311550.jpg

ついに咲いてくれました💚

チューリップとしては地味な色だけど、上品で大好きです。



f0359879_02340952.jpg



ドライブウェイから玄関に続く石段の所に、人を誘う(いざなう)ように並べてみました。

と言っても、最近は誰も家に招待してないので、

これを見るのは、コテージの住人2人と配達の仕事でやって来る人達ぐらいかな?


f0359879_01180160.jpg
(手前のチューリップ≪ピンクダイヤモンド≫はまだこれから)




私達が家に帰ると、花達がいつも温かく迎え入れてくれるので幸せを感じます178.png

このチューリップ以外の脇役もいい働きをしてくれています。


f0359879_00473079.jpg

石段と芝生の間に植えたイベリス


f0359879_00501927.jpg


石段横(車庫側)に植えた赤紫系のチューリップもまだ元気なので、


f0359879_00500724.jpg


オフホワイトチューリップとのコラボが楽しめます。

f0359879_00503329.jpg

ガレージ前のイベリス、

石段を上る時、真っ先に出迎えてくれるのがこの花です。



イベリスの周りを取り囲んでいるのは蔓バラ🌹

ここに植えたのではなく、下のセメントの割れ目から自然に生えてきたのだけど、

そのまま伸ばして、ガレージのドア上に這わせようと思っています。

どんな花が咲くかな?楽しみ✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。
ただ今メンテナンス中につき、ご案内のみ。


外国語を楽しむ


[PR]
by mimozacottage | 2018-04-23 03:57 | 前庭

散歩道に花を植え付け


今年は雨が多く、なかなか暖かくならない。

この辺りは、乾季になる夏以外は雨が多くて普通なのですが、それにしてもよく続く。



昨日は何日か振りにやっと晴れ間が見え、しかも一日中晴れたので、

午前中にサクランボの花の写真を撮り、ブログ記事をアップした後、

午後は2時間ほど前庭とキッチンガーデンの草取りをしました。

f0359879_02120476.jpg



雨でガーデニングが出来なかった間も、

雑草だけは雨の恵を受けてすくすくと育っていたので、草取りに思いの外時間を取られ、

178.png178.pngを植える時間ができたのは、やっと夕食前。




急げば、夕ご飯までにやり終えられるかな~? 頑張ってみようっと(〃▽〃)

晴れ間が見えたら植えようと用意していた花の苗、

やっと出番が来ました!


f0359879_00024974.jpg

ゴールドクレスト1個、ロベリア5個、アリッサム12個、ハンギングバスケット用のLicoris Plant(和名は不明)



ゴールドクレストは、道具小屋前ワイン樽プランターの寄せ植えに使って、

ロベリアとアリッサムはブルーガーデン風を目指している散歩道に植えます。

植えてみたら、ちょっと足りなかったけど…

f0359879_02155293.jpg

f0359879_02165228.jpg
(写真撮影は翌日≪今朝≫です)


散歩道から先に取りかかり、植えている途中でまたもや雨(´;ω;`)

濡れながらなんとか、散歩道の片方に苗を植え終えました。



実際見れば、結構綺麗になったと思ったんだけど、

う~ん、写真ではあまりパッとしない?

昨秋植え替えたアジュガはまだ蕾だし、買って来た苗は小さいし…



f0359879_03043935.jpg


アジュガの花が咲き揃う頃には、昨日植えた苗も大きくなって、

もっと見栄えがするのでしょう。楽しみです178.png




道具小屋前のワイン樽も頑張りたかったけど、

夫の「ご飯が出来たよ~」の声が聞こえたので、

庭で遊ぶ時間はこれでおしまい('◇')ゞ




家に入って、「私が庭で遊んでいる間に、夕食作ってくれてありがとねッ♡」って言うと、

夫「俺がキッチンで遊んでいる間に、庭を綺麗にしてくれてありがとう!」

…はッ!( ゚Д゚)、また1本取られっちゃったよ~( ;∀;)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。
ただ今メンテナンス中につき、ご案内のみ。

外国語を楽しむ


[PR]
by mimozacottage | 2018-04-20 03:29 | ホワイト/ブルーガーデン

水仙の後片付けとお礼肥




ワシントン州の西海岸、夏以外の季節は雨や曇りが多い。

夫と私は天気に不満を持たない方なので、鬱陶しい空模様がいくら続こうと平気だが、

庭仕事が思い通り出来なくて困ることがある。



だからこの季節、ちょっとでも晴れ間を見つけると、「鬼の居ぬ間の洗濯」という感じで、

お空のご機嫌が変わる前に慌てて庭仕事をする。



昨日は朝は晴れ、正午ごろ雨になるという予報が出ていたので、

朝の仕事もそこそこに外へ飛び出した。

歩道に面する柵の所に植えた水仙が枯れて、気になっていたのである。



庭の中なら少々枯れた花があっても放っておくが、

歩道の傍の花を枯れたままにしておくわけにはいかない。

おまけにそれは…お向かいの小巡り(こまわり)さんことRさんに見つめられてる水仙だ。



前日、たまたま歩道を歩いて、水仙が枯れているのに初めて気づいた💦

傍には、大きな花をつけたタンポポが3本もあった。Σ(゚д゚lll)ガーン



タンポポは日本では春の風物詩の一つだが、

「芝生いのち」の人が多いアメリカでは、「親の仇」のように忌み嫌われているので、

近所付き合い上、タンポポの花をほったらかしにするのはご法度だ。



夫は毎日ここを2回も歩いているのに、今まで何も言わなかった。

多分、何も気付いていないのだろう。



夫はRさんとは正反対の性格で、大抵のことは気付かないし気にしない人なので、

毎朝歩道を歩いてても、「水仙が枯れてるよ。」とか、

「雑草が伸びてるよ。」とか、私に言ったことがない。



「枯れた花や雑草を放っておくのは人の迷惑になる。」と言う私に対して、

「君は人のことを気にし過ぎなんだよ。」と笑い飛ばす。


f0359879_02510684.jpg



水仙は茎も葉もざくざく切ってスッキリ、周りの草取りや細かい落ち葉の掃除もした。

タンポポは根元をガンガン掘って、「親の仇」とばかりグサッと引っこ抜いた。

その後、水仙の周りにケイフンとコンポストを混ぜた「お礼肥」を漉き込んだ。



お礼肥…なんて良い日本語だろう!

植物が綺麗な花が咲かすのを当たり前と思わず、感謝の気持ちを持つ。

他の国の言葉で同じような意味のものがあるのだろうか?



ところで、朝の運動から帰って来た夫に聞いてみた。

「今日、歩道の所で何か気が付いた?」

「ああ、水仙を切ったんだね。そう言えば…花が前から枯れてたよね。」

なんだ、知ってたの?…だったら早く教えてよ。(;^_^A アセアセ…




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2018-04-14 03:30 | 前庭

お向かいさんから届いた嬉しいメール☆


1週間ほど前、お向かいのRさんから夫にメールが届いた。

宛先は「Mimoza & Darwin」になっていたので、夫が私にも転送してくれた。

元の英文を日本語に訳すると、こんな内容でした。




ミモザ&ダーウィンへ


お宅はいつも庭を綺麗にされているのに、

我が家の庭が見苦しくて、申し訳なく思っています。

そして毎朝、可愛らしい水仙やヘザー(エリカ)を見せてもらうのを家族全員で楽しみにしています。

近隣にこんな喜びをもたらしてくれてありがとう。


R, A, N, K&Kより
(Rさん、奥様Aさん、Rさんのお父さん、2匹のワンちゃんの名前)


f0359879_04172645.jpg

(玄関前のクロッカス:手前の方はウサギに食べられてしまいました( ノД`))




R家のRさん、言わば、この辺の自主自治会長のような方で、

ご近所のことは何でも知っている。

またそれが自分のお仕事のように人のことを知りたがるので、長い間彼のことが苦手だった。




私達がこの家に引っ越して間もない頃、

ダイニングルームのブラインドを閉めようとして、

向かいの家の窓から、誰かがこっちを見ているのに気付いた。




初めは偶然かな?と思ったが、

その後も向かいの家の窓には、いつも人影が張り付くように映っていた。

私達が向かいに面している窓に近づくと、その人影はス~ッと家の中へ遠ざかって行く。

それが1か月以上も続いたので、気味が悪かった。

(Rさんは腰痛で働けないらしく、一日中家にいる。)


f0359879_04195152.jpg

(車庫前のキャンディタフト:和名はイベリス?
これはこの家が建った後すぐに植えられたらしいので、推定年齢35歳)




後でRさんが直接話してくれたことだが、私達がここへ引っ越してくる少し前、

R家の隣(我が家にとっては斜め向かい)が一時貸家になって、ドラッグディーラーが住み着き、

庭はゴミだらけ、生ごみを漁るネズミも大量発生して、家は荒れ放題になってたそうだ。




Rさんはその家の様子がおかしいことに気付き、警察に通報、

警察官が家の中に踏み込むと、なんと、ドラッグ取引の真最中だったとか。

閑静な住宅地内で起きた初めての大事件で、住民のショックは大きかった。




私達がここへ引っ越した時、近所の人と親しくなりたくて、挨拶回りに行ったが(アメリカでは珍しい)、

Rさんはそれでも私達のことを怪しんで、窓から様子を見張っていたらしい。(やっぱり!)

1か月以上の覗き見後 偵察後、私達はRさんのお眼鏡にかなったらしく、

近所付き合いが始まったが、それでも私はしばらく彼のことが好きになれなかった。




日本で時々見かける「噂好きのおばちゃん」のような人がアメリカにもいるのだとビックリした。

夫はあっけらかんと、「Rさんのような人が近所にいたら、近隣が安全になっていいじゃないか。」と言ったが、

私は密かに、似たような性格の彼のお父さんを「お巡りさん」と呼び、彼のことは「小巡り(こまわり)さん」と呼んだ。


f0359879_04193747.jpg



今ではすっかり仲良くなって、旅行の時は彼に声をかけて出かけるし、

夏には裏庭のパティオに招待して一緒にワインを飲むこともある。

付き合い始めると、彼は変わり者だけど良い人だということも分かった。




シェルターで保護されていた犬を引き取って家族のように可愛がってるし、

困ったご近所さんがいれば、すぐに助けに行く。

私に対してもいつも親切で紳士的だ。


f0359879_04192323.jpg




長い間自信喪失だった私は、

夫と再婚して初めて、ありのままの自分でいいと思えるようになったが、

それでも時々、自分の値打ちや生きる意味が分からなくなる。




自分自身の癒しのために始めたガーデニングが、他の人にも喜びをもたらしている…

Rさんのメールで、自分も少しは社会の役に立っているのだと教えてもらった日でした。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。
アメリカ人ネイティブスピーカー(ミモザの夫)も参加中。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2018-03-31 04:49 | 前庭

前庭に春がやって来た!エリカ、水仙、クリスマスローズ



f0359879_00062051.jpg



ここ数年間、毎年この季節は日本へ遊びに行っていたので、コテージを留守にしていました。

春を告げる花、エリカや水仙を楽しむ前に日本に旅立ち、

花が終わる頃になって帰って来たのです。

f0359879_00065086.jpg



今年はインフルエンザの余波で恒例の日本旅行を中止したので、

数年ぶりにワシントン州の早春を楽しむことになりました。


f0359879_00070940.jpg



エリカやサクラソウが咲き、

アイリスやチューリップの芽が出て、大きくなっていくのを家の中から見ていましたが、




前の記事で言ったように、インフルエンザのトラウマで

風に当たるのが怖くなって、ずっと庭に出れなかったのです。

庭の写真を撮ったのもこれが今年初めて。


f0359879_00083335.jpg



ワイナリーの庭でクリスマスローズを見てから、

折角咲いても、誰にも愛でてもらえない我が家のクリスマスローズが気になりました。

f0359879_00095435.jpg



我が夫は毎日家の周りをウォーキングしてからジムに行ってますが、

彼は周りを見ずひたすら速足で歩くので、庭の些細な変化に目が行きません。




私が「アイリスの芽が出てるよ。クリスマスローズの花が咲いてるよ。」と言って初めて、

「それはどこだ?クリスマスローズって何だ?」と言うような人なのです。

リュックサックを背負って速足で歩く彼の姿に、「裸の大将」画家の山下清が重なって見える…



f0359879_00101188.jpg



夫は毎日最低2回はここを歩いていたのに、クリスマスローズに気付かなかった(・_・;)

おおらかと言うかなんと言うか…小さなことをまるで気に留めない。

それが彼の魅力だからいいのですが♡

f0359879_00451747.jpg
f0359879_00452724.jpg

f0359879_00445670.jpg


3年前、前庭ブロック塀の下にぐる~っと植えた14株のエリカ、

華やかで、離れた場所からもパッと目に入るのですが、

道がきついカーブになっているので、全体像が撮れなくて残念です。



f0359879_01482289.jpg

向こう側のエリカは8~9年前、柵の内側(右)に植えたもの、

とうの昔に柵を超えて歩道にはみ出している💦


f0359879_00124905.jpg


f0359879_00133014.jpg



玄関前の鉢植えチューリップ、

植える時は3月に日本へ行くので花が見れないかも?と心配でしたが、

旅行が中止になってラッキー?…花の初めから終わりまで見届けられそうです。



ほんの20分ほど前庭の草取りもして、スッキリ爽やかな週末でした✨





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村





語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。
米国人ネイティブスピーカー(ミモザの夫)も参加中です。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2018-03-21 02:03 | 前庭

ほんの微かな春の兆し


皆様こんにちは。

3日前から中米のコスタリカに来ています。


旅行に出発する前に書きかけた短い記事があったのですが、

時間が無くて更新できなかったので、今日はその記事をアップします。



f0359879_10571791.jpg

コテージでは雨が続いて、久し振りの晴れ間に裏庭へ出てみると、

和風ガーデンの前に植えたアイリスの芽が沢山出ているのに気づきました。



f0359879_10573717.jpg

地上は今が冬本番なのに、

地中では春を迎える準備が坦々と進んでいるんだ!


冬来たりなば、春遠からじ…心が弾みます。


f0359879_11134398.jpg


去年植えた白いマグノリアも芽吹く準備が出来て、猫柳のようになっています。


f0359879_11070433.jpg

f0359879_11080282.jpg

秋から冬の初めにかけて、庭の改造を頑張ったので、

今度の春はどんな庭になるだろう?それもすごく楽しみです。


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ


[PR]
by mimozacottage | 2018-01-13 11:21 | 和風ガーデン

コテージに引っ越して11年



この家に引っ越して今日で11年になりました。

私達がここに住むようになってから、中も外もずいぶん変わったので、その変化を比べてみました。



今は白い壁がすっかり馴染んでいるコテージですが、

この家を買った時、家の外壁は土色でした。


f0359879_02332871.jpg


裏庭はどうなってたかと言うと、

落ち葉がうずたかく積み重なって、長い間見捨てられていたような感じでした。


f0359879_01521396.jpg

(2006年11月:不動産屋さんの案内で初めて家を見に来た時)



ガーデニングに丁度良い広さの庭や、家の間取りなどが気に入って

この家を買うことに決めた後、

引っ越し用のトラックを借りて、運転手さんとも契約を結んだのですが、

引っ越し予定4日前になって、計18名の死者を出した突風がワシントン州を襲いました。




当時住んでいた所も引っ越し先の町も結局停電が7日半続き、一時はどうなることかと思いましたが、

引っ越しは予定通り行った方が良いということで、停電のさなかに強行しました。


f0359879_02530153.jpg

(2006年12月15日:ワシントン州を襲った突風の翌日)



引っ越し後、私の庭仕事は落ち葉の片づけから始まりました。


f0359879_02493408.jpg

(2007年2月の裏庭)

f0359879_02581687.jpg

(2012年春:裏庭西)


この辺りは西隣の大木の陰になっていたので、シェードガーデンにしていましたが、

2014年4月にお隣さんが木を切り、日が当たるようになったので、

シェードガーデンをホワイトガーデンに変えました。


f0359879_11324415.jpg

(2017年6月)


今年はホワイトガーデンをさらにブルーガーデンに変えましたが、

それがどうなるかは来年のお楽しみ☆彡

そして、こっちは引っ越し2か月後の裏庭の南側です。


f0359879_02553642.jpg

(2007年2月:裏庭の南側)


f0359879_03011861.jpg

(2012年6月:裏庭の南側)



イングリッシュガーデンに憧れていた頃です。

アーチはその後萌黄色というのかな?渋明るい黄緑に塗り替えました。



南門は、白いアーチを取り付け、バラ(クイーン・エリザベス)を絡ませていましたが、

巨大になって、風が吹く度にバラの枝がアーチを揺すぶり、ギシギシ音を立てるので、

前庭の工事の時、アーチとバラを取り除いてもらいました。




f0359879_03063819.jpg
(2012年7月:南門)





f0359879_04032380.jpg

(2014年8月:南門)



引っ越して来た時、前庭はどうなってたかと言うと…

コテージの前の持ち主(2代目)はガーデニングに全く興味がなかったらしく、

玄関横の花壇は土や花の代わりに、砂利が大量に詰め込まれていました。




私が前庭で最初にした仕事は、

醜い砂利や下に敷いてあったビニールを取り除いて土を入れ、

花壇を元に戻すことでした。


f0359879_02564795.jpg

(2007年2月:玄関横の花壇)



f0359879_03161476.jpg

(2012年6月:玄関横の花壇)


f0359879_07454538.jpg

(2016年6月:玄関横花壇)


前庭は2014年7月~8月に大掛かりな工事をして、ガラッと生まれ変わりました。


f0359879_04095740.jpg

f0359879_04100800.jpg

(2014年6月:工事前のドライブウェイと前庭)


f0359879_04102051.jpg

(2014年7月:前庭の工事中)


f0359879_02525065.jpg


f0359879_02534006.jpg

(2016年7月:前庭)


今はモグラに荒らされてボロボロになっている芝生、

1年半前まではこんなに綺麗だったんだ…(@_@)

前庭が生まれ変わったことより、今の芝生と1年半前の芝生の違いにビックリでした。(^^;)


今日はコテージの11年の歩みに付き合って下さって、ありがとうございました✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ





[PR]
by mimozacottage | 2017-12-19 05:59 | 裏庭全体

新しいハーブガーデンがここまで出来ました☆




裏庭の3つのガーデン(ブルーガーデン、ポタジェ、アイリスガーデン)に

囲まれた場所で作り始めたハーブガーデンは、

毎日少しずつ取り組んで5日間、結構それらしい形になってきました。



作業2日目:右上ブロックの向こう側がブルーガーデン、左上ブロックの向こう側がポタジェです。


f0359879_02100212.jpg



円形のハーブガーデンを作りたいので、丸い輪郭を作って、

ツルハシを使って芝生を剥がしています。



芝生を剥がしてハーブガーデンを作ろうと思ったきっかけは、

最近よく読んでいるロザリンド・クリージーさんの本です。

カリフォルニア在住の著者は「自然環境を守るガーデニング」を提唱されている有名ガーデナーの方です。



庭の芝生の面積を減らして、野菜やハーブを育てることで、

野菜を大量生産するために使われる農薬や、

スーパーで野菜を売るために使われる二酸化炭素の排出量を減らすことができると仰っています。



f0359879_09192145.jpg

(ロザリンドさんの家の前に作られたハーブガーデン:
On P.101 of "Edible Landscaping” by Rosalind Creasy)



アメリカでは庭の芝生の美しさを追求する人が多く、

ハーブや野菜は、裏庭の人目に触れない所に持ってくる庭作りが多いのですが、

一般家庭で野菜を栽培することの重要性を説くロザリンドさんは、

ご自宅の前庭に、野菜と花が混在する美しい庭を作っておられます。




私の庭は作業5日目:希望していた形や大きさになりました。


f0359879_02175007.jpg



剥いだ芝生を捨てる時、芝生についている土をなるべく落としたいので、

芝生を裏返しにして草刈り鎌でトントン叩いていきました。この作業は結構時間がかり、

寒い中で何日かやっているうちに、左手小指にしもやけが出来てしまいました。



こんなことになったのは小学校低学年以来、〇十年ぶりです。(*‘∀‘)

久し振りのしもやけを体験して、

雪の降る日に、母に作ってもらった頭巾と手袋をして学校に行ったことを思い出しました。



働いていた母に代わって面倒を見てくれていた祖母は、

学校から帰って来た私の手を取って、「ありゃりゃ、ミモザちゃんの手は凍えとる。」と言って、

両手を擦って暖めてくれたのですが、左手はしもやけになってしまったのです。


f0359879_02185807.jpg


さて、昔話はそれくらいにして…


芝生を剥がし終えた後は、レンガを積んでガーデンの枠を作るつもりでしたが、

セメントに含まれる水が凍ると、セメントの質が悪くなるらしいので、

その仕事は春まで待った方がいいのかな?と思っています。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにて語学サークルを始めました。
語学に興味がある方や英語の表現で質問がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-17 04:17 | ハーブガーデン

田んぼのあぜ道に彼岸花、コテージの前庭にスズラン


ちょっと季節外れの話題ですが、

秋口の風物詩の一つ、田んぼのあぜ道に彼岸花が多いのは何故だかご存知ですか?



「都会で生まれ育って彼岸花を見たことがない。」と仰る方もいるかもしれませんが、

田舎で育ったミモザは子供の頃、長閑な田んぼのあぜ道に毒々しいような赤い花が一杯咲いているのを見て、

あぜ道にはどうして彼岸花が咲くのだろう?と疑問でした。



かと言って、その頃は周りの大人に尋ねたり、

自分で調べてみることもなく過ぎて(パソコンもインターネットも無い時代(^_-)-☆)

大人になってからは彼岸花を見ることも少なく、その疑問のこともすっかり忘れていました。



ところが先日、私が前庭のモグラに手を焼いていることを知った姉が電話をくれて、

その疑問に対する答えを教えてくれたのです。



f0359879_01551911.jpg

(モグラ塚でボロボロになった我が家の前庭の芝生)



姉が言うには、田んぼのあぜ道に彼岸花が多いのは、田んぼを荒らすモグラやネズミを遠ざけるために、

毒性の強い花をあぜ道に植えることにしたという、昔の日本人の知恵だそうです。


f0359879_10121645.jpg
(あぜ道の彼岸花:この画像はhttp://www.hitafuji.com/4926.html さんからお借りしました)




姉はさらに、我が家の前庭にも彼岸花を植えてみたらどうか?と言うので、

「えッ~~~!…彼岸花をうちの前庭に?」

ミモザはその光景を想像して、ギョッとしましたが…(*_*;



モグラ除けのために、有毒性のある花を庭に植えるというのは、

危険な薬品やモグラ獲りのようなワナも使うより、良い方法かもしれません。



ちなみにこの説に関して、化学の情報を調べてみると、

彼岸花には「リコリン」と呼ばれる有毒物質が植物全体(花、葉、茎、根)に含まれ、

特に根の部分(球根)は毒性が強いそうです。



球根1個につき、約15㎎(0.015ℊ)含まれているリコリンは、

ネズミのような小さな生物では、1個分で1500匹分の致死量になるそうです。

(人間の致死量は10ℊなので、よほど大量に摂取しないと死亡する危険はない。)



姉はうちのきょうだいの中で一番賢く、困った時は何時も助けてくれるので、

今までたびたび彼女にアドバイスを求めたものですが、今回の姉のアドバイスは、

「半分だけイタダキ」ということにします(^_-)-☆



つまり、うちの前庭に彼岸花は植えたくないけれど、

スズラン(有毒植物です)なら植えたいかも♡

…ということで、スズランの毒性についてもちょっと調べてみました。



スズランに含まれている代表的な有毒物質は、「コンバラトキシン」と「コンバロシド」、

これらの物質は特に根や花に多く、体に取り込むと、

嘔吐や頭痛、血圧低下、心臓麻痺などを引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。



毒性の強さは、なんと青酸カリの約15倍だそうで、

強い毒性物質は花粉にも含まれるので、食卓にスズランの花を飾るのは良くないそうです。

くれぐれもご注意を!!

あと、庭や公園でスズランに触った時は手洗いが必要です。



スズランが有毒植物だということは昔から知っていましたが、

それにしても、あんな可憐な花にこんなに強い毒があるとは驚きでした。

庭や公園に植えるのはごく一般的だし、我が家の庭にも近所の人に分けてもらった苗が大量に繁殖しています。



先日、裏庭の改造でブルーガーデンを削った時、その場所にちょうどスズランを植えていたので、

根や発芽したばかりの白い茎が大量に出てきて、全部掘り出しました。

f0359879_02014211.jpg


(ブルーガーデンから掘り出したスズランの根)



スズランの根がモグラの通り道に達するかどうか? モグラ撃退に本当に効き目があるかどうか?

そんなことはまだ謎ですが、

スズランの花は大好きだし、我が家の前庭にもよく似合うと思うので、

芝生の周りにぐるりと植えて、上から霜よけのマルチをかけました。

f0359879_02040499.jpg


f0359879_02041626.jpg



このところ、コテージは朝晩氷点下に下がっています。

朝は地面が凍っているのですが、午後になると氷が溶けるので、

午後2時頃から2時間~2時間半ほどはガーデニングができます。



作業をしていると体は温かいのですが、手がかじかみ、

足先もジンジン冷えて、「しもやけになりそう~!」と思いながら、

やっぱり庭で仕事をせずにいられない…完全な「庭キチ」の毎日です。(≧▽≦)



それでは皆様、暖かくして幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-14 05:11 | 前庭